徹底検索、堀進

あちこちの優れた情報を引用させていただいて載せます。詳しくは本文を。

全体表示

[ リスト ]

歴史7

惑星ナクシティでは、クシオスティンという名前の人物が死んだ。その魂の入ったモーセはエジプトで、エジプト人の両親から生まれました。エジプトからユダヤの地、カナンへ行くのに3年半かかった。宇宙船から毎日、マナを与えた。彼らが渡ったのは紅海ではなく”葦の海”であり、彼らがそこへ着いた時、3機の私たちの宇宙船が”フォース・フィールド”を用いて、かなり浅かった海水を押し開いたのです。zeranium

メシアの誕生を知ったヘロデ王はためらいなく、その地域にいた2606人の赤ん坊を殺す命令を下したのです。この殺人が行なわれている間、私たちはマリアとヨセフと赤子、それに2頭のロバを催眠状態で宇宙船に避難させ、エジプト近くのある場所へ連れて行きました。
生まれたイエスは超能力はできなかったが天才だった。イエスは14歳の時、12歳の弟オウリキを連れて、両親の家を後にしてビルマ、インド、中国、日本へと旅に出ました。イエスは日本に着いた時、50歳になっていました。彼は青森県の新郷村に住みつき、そこで結婚して3人の娘をもうけました。そして45年間そこで暮らし亡くなりました。
ティアウーパ星からは第二のキリストが送られた。このキリストは死者を蘇らせたり、数々の超能力ができた。彼の任務は愛と善意のメッセージである”お互いに愛し合う”ことを伝え、また魂の転生と不死に関して人々を啓発することでした。しかしこれはその後、聖職者たちによってすべてが歪められてしまった。zeranium

昔、ロシアにヘブラ人の乗った宇宙船が不時着した。8人乗っていたが5人亡くなり3人残った。男1人に女2人。寒くなったので南へ目指した。イスラエルの地に住みつき子孫を増やした。ユダヤ人となった。ヘブラ→ヘブライ。

イルミナティと地球外の闇の勢力は、このコブラ地下組織を破壊するための攻撃を1996年に行って、地下トンネルと洞窟で激しい戦闘が行われ、コブラ地下組織はほとんど破壊され、アガルタ人もほとんど追放されました。
1999年の初頭に、プレアデスは惑星X上の抵抗運動と連絡を取り、イルミナティに対する大規模な攻撃を開始しました。イルミナティは三週間後に敗北し、火星と月の基地に逃げ込みました。
2000年と2001年には、イルミナティは、月と火星及びそのほかの太陽系の基地を失った。全ての残留レプティリアン、ドラコニアン、レティキュランの勢力も同じ時期に太陽系から掃討されました。
これが闇の者たちをパニックに陥れ、最後の拠点である地球を確保するために、9/11事件を起こしました。
2012年の1月と2月の初めには、抵抗運動は、イルミナティの手にあったほとんどの黄金を捕獲しました。この黄金は抵抗運動の地下室にほかんされていて、イベントが起こった後で、人間に返却され、全ての人たちの豊穣を意味する新通貨の裏付けになります。 コブラ

コブラとは。抵抗運動は、地球人の組織であり、悪意の地球外生命体であったが、数年前に光の側に転向したアヌンナキ、とその手下のレプティリアンによって組織された闇の地球人のグループである、ブッシュ一族、各国の王室に代表される闇のカバールによって追われてニューヨークの地下トンネル深くに逃げ込み、宇宙人の協力を得て組織されたグループである。コブラ、本当が一番

西郷隆盛は明治天皇がニセ(大室寅之祐)であることを知っていた。明治天皇は西洋の帝国主義の傀儡になってしまったわけですが、そういう天皇が邪魔をすれば切るだけだ、という趣旨の詩を書いています。島津斉彬は病死、後を継いだ久光はぼんくら。西郷を島流しした。
フリーメーソンは中国と朝鮮と日本を互いに戦わせようとしていた。西郷は、「自分は韓国に行ってよく話し合って、一緒に西洋と戦おう」と言いに行こうとしたのです。それができたら次は北京に行って、清国の政府とも話し合いたいと公言しています。征韓論ではなく遣韓論。なわ

秦帝国から日本へとやってきた一団がいる。徐福である。八爬鳥の言葉を信じれば、徐福が率いてきた童男童女と技術者たちは物部氏となった。物部神道がユダヤ教であり、物部氏がユダヤ人だったとすれば、当然ながら秦始皇帝はもちろん、徐福もまたユダヤ人であったに違いない。るいネット

ヤマトという言葉はヘブライ語で「神の民」を意味する「ヤマトウ」のことで、古代イスラエルの国家ではないかと指摘。そこからシルクロードを移動し、日本列島に渡来して打ち立てた王朝が大和に違いないと主張した。アイデルバーグによれば、古代天皇家は失われたイスラエル10支族であるという。るいネット

昔、宇宙連合に属していない星もあった。その星はニビル星という。そこに住む種は愛の送受信機が身体に組み込まれていないという特徴を持っていた。彼らの技術力はかなり高く、宇宙船なども作れるレベルなのに愛が無いので、覇権争いなどで星自体が破壊されまくって、自滅に向かっていた。その破壊っぷりはニビル星の軌道が変わってしまうほどで、どんどんと軌道を外れて変な方向へ暴走していってしまったのだ。
宇宙連合としては、そのような星が宇宙をさ迷っていては 迷惑なのだが、だからといって”ニビル星を排除しよう”などとはならない。あくまで宇宙連合の基本方針は”愛”なのでニビル星を更正させる方向で話は進められた。どう更正させるかというと、それはニビル星人に”愛の送受信機”を組み込むしかないという事になる。
そこで崩壊寸前のニビル星が“もう住めない状態”になった頃を見計らって近くに“地球”という、住むのに丁度良い星を漂わせる事にしたのだ。
ニビル星人たちは、地球に着地した。
地球は3タイプの宇宙人で始まった。1.宇宙連合の科学者たちが作った宇宙人のクローンのような原始地球人。2.ニビル人。3.内緒で地球に紛れ込んだ宇宙連合の科学者数人。
ニビル人は王族となって、一般人を奴隷化した。宇宙連合は視察隊を送り込む事があった。それがかの有名なイエスキリストである。ニビル人はキリストを処刑した。
密かに地球人に紛れて残った宇宙連合の科学者たちは身を隠しながら、古代ヘブライ地方で12氏族として着々と子孫を増やしていった。彼らは元々宇宙連合の技術者でかなりの知識とサイキックなどの能力を持っていたために弾圧される事になる。いよいよ弾圧が激しくなるという時に彼らはそれを予知できたので、約束の地(実は日本)へと逃れる事となる。この時、12氏族の中で2氏族が逃げ遅れた。この2氏族は結局弾圧され潰され、奴隷や娼婦などにさせられてしまう。
2氏族は、悪知恵を働かせてお金儲けに走るようになっていく。その手掛かりとして、まず村を襲い略奪した金で貸金業を営むようになる。そし て、資金力を増やしていき、やがて諸国の王族などに対して資金を調達できるまでになり、金を条件に身内を王族と婚姻関係にしたりしながら権力層に食い込んでいく。やがて彼らは領土を持たないけれど、王族や政治に入っていき、国などを影で支配するようになる。そして自分たちだけが優秀な血統であるとうたうユダヤ教を作った。ニビル人と2氏族は交わっていき世界の支配者となる。
12氏族の内の失われた10氏族のほとんどはお告げにより日本にたどり着いていた。彼らの目標は12氏族が再会して共に国を建国する事なのに・・・。潰そうとしている日本に実は探し求めていた“失われた10氏族”の末裔がいるとは知らずに。ティアラン、たき

神功皇后の時代以降、日本は、朝鮮半島を阿修羅から救うため援軍を送ってきました。天智天皇の時代の白村江の戦いもそうです。豊臣秀吉の時代の朝鮮出兵も、実は阿修羅と戦っていたのです。幕末から明治初期にかけても、阿修羅との間で朝鮮半島を巡る攻防が続いていたのです。知っとうや

西郷隆盛は少なくとも4人が存在し、西南戦争終結時に大連に逃げ延びた。西南戦争を逃げ延びた西郷隆盛(川崎尚之助)は、大連経由で李氏朝鮮に入ります。この時に、一緒に連れて行ったのが、大河ドラマ八重の桜の主人公山本八重(後の新島八重)なのです。山本八重は西郷(川崎尚之助)とともに李氏朝鮮に渡たるため、別人に山本八重にすり替わってもらったのです。その別人の山本八重が、後に新島八重となったのです。
西郷と八重が日本から逃れて朝鮮半島に現れます。そして、天の采配で高宋と閔妃にすり替わり、李氏朝鮮を阿修羅の手から取り戻そうとします。閔妃は1895年10月に暗殺されることになりますが、これはすり替わった山本八重ではありません。閔妃にすり替わっていた山本八重は、暗殺を逃れ、秘密裡に帰国し、なんと晩年の勝海舟にすり替わるのです。知っとうや

ニューヨークの自由の女神像は男だった。ディオニソスという男。バッカスという酒の神。ゾロアスター教(拝火教)だから松明を持つ。オリンピックの聖火リレーもゾロアスター教の儀式。本当が一番

すり替えられたのは、明治天皇だけではありません。維新の英傑、大久保利通、桂小五郎、坂本龍馬、岩倉具視、大村益次郎、副島種臣、大熊重信など、多くの為政者が1867年後半から1870年頃にかけてすり替えられていったのです。知っとうや

幼少から華美飽食させ、異性を与え、龍よ虎よともてはやせば、人間なぞたわいもない役立たずに育つものよ。役立たずに育てば松平の領地はわしの物じゃ。今川義元。しかし、竹千代の家来たちは竹千代を甘やかして育てませんでした。大摩邇

ヤファウェは唯一絶対神ではありません。クニトコタチノ大神に隠退を迫ったのは、ニビル星の原ヤファウェをはじめ、宇宙からやって来た多くのETである神々でした。クニトコタチノ大神は3度目の天の岩戸開きの失敗の責任を取り、自ら隠退したのです』
「4度目の天の岩戸開きの現在は、クニトコタチノ大神が本来の主宰神に復帰する時期ですね?」『その通りです。しかし地球を支配している(ETである)神々の中には、国常立大神の復帰を望まない勢力があるのです。本当が一番

イルミナティの首都は、まず、バビロンに建設され、次に、ローマに移り、そして今、ロンドンに在ると。バビロン、ローマ、ロンドンは、それぞれ別の存在、別の国家と体制であるかのごとく見せかけられているが、それは家畜人たるべき地球原人向けの作り話である。アイク

西暦391年、アレキサンドリアの大図書館が破壊されたとき、アトランティスについて記述した「10万年以上にわたる人類の真の歴史」と呼ばれる文書が、他の数千の書物とともに破壊された。アレキサンドリアの大図書館を破壊したのは、キリスト教会=ローマ法王庁である。キリスト教を捏造したイルミナティがそれを破壊した。そのイルミナティの本体は異星人である。アイク、本当が一番

※地球のでき方:宇宙船に乗った進化した生物が、星のかけらを寄せ集めて、この地球を創りました。星のかけらが集積するのを自然に任せていたら、何億年もかかりますから、そんなに待っていられません。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事