徹底検索、堀進

あちこちの優れた情報を引用させていただいて載せます。詳しくは本文を。

全体表示

[ リスト ]

生まれ変わり

転生(てんせい, てんしょう)とは、死後に別の存在として生まれ変わること。肉体・記憶・人格などの同一性が保たれないことから復活と区別される。また一部の宗教では再生とも言われる。仏教では、特に輪廻と区別はされていない。wiki

転生を扱った学術的研究の代表的な例としては、イアン・スティーヴンソンによる面接調査がある。スティーヴンソンは1961年から生まれ変わり事例の調査を始め,最終的に2000 例を超える「生まれ変わりを強く示唆する事例」を収集した。そして考察の結果、スティーヴンソンは最終的に,ある種の「生まれ変わり説」を受け入れている。wiki

生まれ変わり(転生)研究の第一人者とされるのが、アメリカのヴァージニア大学医学部精神科のイアン・スティーヴンソン博士である。博士によれば、最年少の例で一歳から前世の記憶を話しはじめるが、普通は、三〜四歳から話しはじめ、七〜八歳を境にして、前世の記憶をしだいに失っていくという。

「前世」の死から「現世」の生までの間隔は,死の直前という例から数十年後という例まで大きくバラついている。「前世」は,非業の死を遂げた人物であることが多く,殺人被害者の場合は,加害者に対して敵意を見せる。「前世」が,自殺者であることは少ないし,動物であることはほとんどない。

類魂という仕組みがある。英語ではグループソウルといいます。個霊は単独で存在するのではなく、グループに属しています。数百のものから千を越すようなものまで大小さまざまなグループがあるといいます。グループに属する他の人の体験も自分の体験となるのです。何千、何万という人生体験をすることが出来てしまうのです。http://www.geocities.jp/heartland1422/geosubd.anoyo2.htm

ものすごく一生懸命に生きているのに、常に苦労を背負って生きているような人もいれば、何の苦労もなく楽々と過ごしているような人もいます。この違いというのは、前者は、魂の器、霊格の高い人であり、その器も大きいので、様々な試練に耐えられる人、また、その魂、霊格の高さ故に、あえて厳しい試練が与えられている人です。つまり、霊性進化の最短コースを生きている人です。後者は、魂の器がまだ浅く、人としての生まれ変わりも少ないので、このような人に大きな試練を与えてしまっては、すぐに倒れてダメになってしまいます。ですから、今回は、あまり試練を与えないように、苦労知らずの、リハビリ期間の人生となっているのです。

悪いことばかりしていたら、魂は濁ってしまいます。来世は低俗な星に生まれることになります。低俗な星では苦しみが多いです。善いことばかりしていたら、この低俗な世の中は卒業し、善い人ばかりの星に生まれ変わります。善い人ばかりの星では善いことばかりが起ります。

さんざん修業して神の心に近づいた人は生まれ変わって修業する必要がありません。しかし、まだその域に達していない人は生まれ変わって修行する必要があります。生まれ変わりと生命の連続 http://blogs.yahoo.co.jp/horisusumu8/12183869.html 生まれ変わりと生命の連続2 http://blogs.yahoo.co.jp/horisusumu8/12183996.html 生まれ変わりの村 http://blogs.yahoo.co.jp/horisusumu8/9084305.html

死後、生まれ変わりを選択すると、次の生で様々な役柄を共にするソウルグループといっしょになり、いろんな計画を立てます。特にご縁や出会いのシンクロを先に創造します。その運びによって次の人生があらかじめプラニングされます。 本当が一番

「日月神示」に、「高度の霊は無限に分霊する」とハッキリと書かれている。高級霊は無限に分霊することにより、その目的をより多くの人間たちに行ってもらうために、あえて分霊しているということ。だからイエスの魂と言っても、この地球上にイエスの魂を持っている人は、何人もいるということだ。
よく自分は○○の生まれ変わり(世間に名の知れた魂を名乗る人が多い)と言う人がいるが、それはあくまでも○○の魂の一部を持っているだけということ。ふるやの森

人は生まれ変わりをくり返しながら、今生では魂のこの部分をキレイにしましょう、次に生まれ変わったときは他の部分をキレイにしましょう、とテーマを与えられて生まれてきます。なわ

もう1つのタイムスリップの方法とは『転生』をつかう方法である。「生まれ変わり」である。われわれは生まれる前はみな霊界で霊体の状態である。ということは未来へも過去へも行ける、つまり、過去に行って生まれることも可能なわけである。kanazawax.exblog.jp

動物界と人類とのつながりの精神を高めるという特別な目的で、そのような姿に選んで転生した高く進化した人間たちの魂もいます。愛がその鍵です・・動物たちはあなたたちに無条件に、あるいは無制限に愛する方法を示してくれます。マシュー88


あなた方が遭遇する肉体的に、又感情的に苦痛な経験はこの特定の転生の前にあなた方のスピリチュアルガイド達及び教師達の助けによってあなた方が設定したレッスンなのです。アルクトゥルス、本当が一番

アルコンはもはや地球には居ない。秘密社会は、まだ存在する。法王は、セント・ジャーメインの転生体である。法王については心配の必要はない。ワシントンDCの者たちは地球を操作はしていない。舞台裏では多くのことが行われている。これは主創造主が行っていることなので我々は介入出来ない。ゾラ

あなた方は死というプロセスを通じて地球という現実の外に出た後に、別の体に入って別のタイムラインへと転生する必要がありました。これはそれぞれのタイムラインの周波数が違うからです。
過去においては一つのタイムラインから別のタイムラインへの急激な移行は、心理体、及び肉体を分解させてしまいました。今では、あなた方が次元上昇と変態のプロセスを通じて移行し、ライトボディー及び松果体という”スイッチ機構”を活性化させたので、最低限の障害でタイムラインを切り替え、あるいは飛越できます。ミカエル、本当が一番

人間とは魂の容器です。魂が人間の本体です。魂が人間という容器をコントロールしているのです。人間が死んだらその人間はただの容器になります。そして魂はその容器から抜け出します。新しい容器ができたら、魂はその容器に入り込みます。転生です。ヤドカリみたいなものです。

無数の多次元転生が同時に起きていて、あらゆるものが他のあらゆるものに影響する時間のない領域であるコンティニュウム(時空連続体)が、とりとめのない漠然とした概念でほとんど理解不可能であるため、光の領域からのメッセンジャーたちがあなたたちのリニアル(線形)時間枠にふさわしく表現できたもっとも近いプロセスが輪廻転生です。けれども、たとえばアルバート・アインシュタインが誰々として輪廻転生するということではありません。マシュー84

※過去も未来も同時に起きる宇宙においては輪廻転生というものは無い場合がある。前世というものは魂が別れ、別の魂の存在だったりする。

次々に順番に転生を繰り返すことは事実ではなく、私たちが意識を向けることに決めた転生を、今、体験しているということなのだと思う。

ハンディのある人はかわいそう?小学生より中学生が、中学生より高校生が、より難しい勉強が与えられています。人生を何度も転生すると、より難しい課題が与えられます。難しい課題が与えられているのは、人生学校の上級生なのです。上級生に向かって、かわいそうなんて無いでしょう。

ライトワーカーとは、この地球を、光の次元へのアセンションを手助けするために転生してきた人たちです。ライトワーカーは、まさに、この物質界で天使の役割を担う存在です。そして、アセンションした5次元地球で、実際に、その肉体に翼を持つ天使として、生きていくのです。

普通一般の方々の多くは、火星からやって来た魂の群れです。それ以外では、いま・この時期に、あらゆる星系から地球支援のために転生して来た、宇宙種族の魂を持つ存在たちであり、これをよく、ライトワーカー、ワンダラーと呼ばれることがあります。現在(西暦2010年7月19日)の時点において、ライトワーカー → 10万7842人
ワンダラー → 1万8948人。全員が光につながっている。この人たちは独特の個性があり、見れば解る。

火星表面に最も多く生息しているのが巨大な虫、サンドワーム。「Sand_worm」は、かつて、地球地表上に人類として生きていた生命体、あるいは魂であり、凶暴凶悪な犯罪行為や、宇宙の法則に対して、真っ向から反した者、といった方々が、火星へと転生させられて、個と個が塊のようになり、このような姿形に変えさせられてしまいました。

弥勒菩薩さんの分け御霊を頂いている方々が、36人居てすでに、この地球物質界に転生して来ています。2021年までは自分から名乗ることは無い。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事