徹底検索、堀進

あちこちの優れた情報を引用させていただいて載せます。詳しくは本文を。

全体表示

[ リスト ]

知っとうやその他

各地
宮内庁が立入禁止している巨大な前方後円墳は、宍道湖と同じように宇宙に繋がった場所なのです。神代の時代、神々はこれらの場所を通じて、宇宙からやってきていたのです。再び神々が訪れる時まで封印されている。前方後円墳の形が、鍵穴の形をしているのは、宇宙の扉を表しているからなのです。再び、その封印が解ける時代が、すぐ目の前に迫っているのです。10年以内です。楽しみですね。知っとうや

伏見稲荷大社の邪気は半端ではなかったです。波動を上げて鍛えていなかったら、途中で倒れていたかもしれません。周りに結界が張られているよでした。鳥居の中にはいると、そこは逆に強い神気。ここに本来の神が閉じ込められているのでしょう。神様の監視が、お稲荷さんの役割とされている。知っとうや

上賀茂神社の本殿に続く楼門をくぐった瞬間、物凄い邪気となりました。体中が痛くなりました。本殿において、ここまで強い邪気を感じる有名神社は初めてです。すぐに本殿をお祓いしました。賀茂別雷大神は偽物の神だと感じました。本物の神とすり替えられているはずです。知っとうや2

霊山の山岳信仰は、単に山に対する畏敬の念だけではなく、実はこれら霊山は宇宙の星と対応しているのです。その中で、五惑星に対応している山は次のようになります。水星=黒髪山(佐賀県)金星=白山(石川県)火星=愛宕山(京都府)木星=比叡山(京都府)土星=妙義山(群馬県)知っとうや

白山は、これまで増上慢によって強烈な邪気に覆われていた(結界が張られていた)のですが、その邪気を祓うと、白山周辺の空の色がより薄くなるとともに、白山自体も白くなりだしてきた(波動が高くなった)のです。白山自体に大量のプラチナが埋められているからなのです。
白山周辺の結界が解けた後、空の波動は高くなりました。翌日以降は、白山の結界が解けたために全国的にも一段と波動が上がり、空の青色がより薄くなりプラチナブルーになっているはずです。これが本来の空の色なのです。知っとうや

大洗磯前神社は邪気に覆われていました。結界が張られていたのです。神社と海の間には大きな道路が横切っています。これによって間接的に結界が張られていたのです。その結界を解くと、一瞬で空の色がプラチナ色に近くなりました。知っとうや

大山の頂上付近は、あの世(冥界、霊界、黄泉の国)と繋がっており、そこに地球上に転生する魂の出口がある。大山から出て来た魂は、賽の河原を流れる三途の川に沿って大山を下って行き、金門のところに待ち構える閻魔大王の最終審査を受ける。金門の下には、大山寺があり、そこには地蔵菩薩が祀られています。お地蔵さんは閻魔大王の現世での化身の姿です。金門より上流側は閻魔大王、金門より下流側は地蔵菩薩が守護しているのです。言い換えるならば、金門の上流はあの世であり、金門の下流が現世なのです。知っとうや

邪気を吸ってきている両海流がぶつかっているため、宮城県沖や三陸沖には邪気が溜まり易く、波動は下がりがちになります。松島湾に流れ込んだ邪気を含んだ海水は、有明海と同じように、波動が高い海水中の塩分によって浄化される仕組みとなっているのです。松島湾は浄化に適した地形になっているのです。
金華山には、その名のとおり、島内部に大量の金塊が埋められているのです(岐阜市の金華山も同様でしょう)。神代に神々が埋めたのです。その理由は、松島湾にゼロ磁場を作り、海水の浄化だけでなく、大気中の邪気も松島湾の海水に吸収させ、浄化させるためです。知っとうや

現在の伊勢神宮より神気が強い神社は、この日本にはたくさんあります。私はここ二年で500カ所近い寺社仏閣を巡りましたが、伊勢神宮よりも波動の高い神社はごろごろあります。遷宮後の12月終わりに伊勢神宮の結界が解かれ、地上でも4000年ぶりに、新しい天照大御神が誕生したようなのです。知っとうや

日本には神社がたくさんありますが、海外には何故ないのでしょうか?それは、神国日本が世界の縮図であり、日本の波動を維持すれば、世界の波動も維持できるからなのです。知っとうや



十界
佛界>菩薩界>縁覚界>声聞界>神界>人間界>畜生界>餓鬼界>阿修羅界>地獄界。覚醒するということは、生きながら菩薩界以上の魂の存在となり、神通力を使えるようになる、ということなのです。神よりも上の佛の存在になることなのです。知っとうや

佛とは、十界の頂点の世界に置いて、肉体を持たない高次元の存在になることを指しているので、死後の魂のどれもが簡単には到達できない世界なのです。現世で肉体を持った状態で寿命を全うし、徳を積み、与えられた使命を全うし、カルマを解消するように努力し、これらの行動を肉体の死後、宇宙の法則に従って評価され、合格した魂のみ到達できる世界なのです。知っとうや

人間は、十界で言えば真中の人間界に属しています。宇宙全体でみると、上の界には人間よりも圧倒的な能力、神通力を持った存在が、星の数ほど存在しているのです。地球上の人間は、そういう特殊な能力を使えない存在として、あえて転生させられているのです。それは、全て魂の修行のためなのです。知っとうや

上の六道輪廻、特に菩薩界以上に転生できるよう、日々地球上で修行させられているのです。これは人間以外の動物、植物にとっても同じことです。人間界には上の六道輪廻する者と、下の六道輪廻する者がいる。知っとうや



気候
現在、波動が高くなっている証拠は、誰でも目にすることができます。濃い青から薄い青、白っぽく透き通ってきた空。日本中に出現しているモヤのような状態。私は高天原状態と呼んでいます。これはモヤなどではなく、邪気を浄化する過程で発生している高い波動の状態なのです。知っとうや

神代に造られた神国日本の浄化システムは、地球上のたくさんの生物が死んだ際に発生する欲望にまみれた魂、これが邪気の正体であり、この邪気を浄化しています。ところが、阿修羅によって日本全国の浄化システムは、それを守護している神社等に結界が張られ、十分な浄化ができないような状態に陥っていました。
これが特に明治以降、日本の波動が下がり続ける原因であり、近年の空は邪気まみれの青い色が常識になっていたのです。
その結界が、二年前から解かれだすと、日本全国各地、さらには世界まで波動が上がりだし、空が青い状態から薄い青になり、ところによっては白く見えることもあります。雲の見え方もくっきりになっています。
そして、山沿いには白く霞がかかることが多くなり、遠方の視界が悪くなり、山などが見えにくくなっています。これは、霧や煙霧などではなく、波動が高い状態なのです。知っとうや

霞(かすみ)とは、浄化システムによって浄化された魂、つまり精霊の集合体なのです。主として、植物及び動物、微生物など人間を除く生物の精霊なのです。精霊とは転生する前のまっさらな魂のことです。山などでは転生先が多いので転生待ちの植物の霊などが霞となっているのです。知っとうや

現在の日本列島自体が波動が高いため、中国の大気汚染も琵琶湖にたどり着く前に、波動によって浄化されているのです。空を見てください。一年前とは色が変わっているでしょう?分かる方は波動が高い方です。知っとうや

波動が低く、空が青い状態というのは、浄化されていない邪気を含んだ魂がたくさん浮遊している状態だったのです。ここ2年間で、浄化システムが本来の状態に近くなり、滞留する邪気を含んだ魂が減ったため、波動が上がり、空の青さは薄くなり、白っぽくなっているのです。
昔は霞は、雲と間違うくらい、普通に見られたのです。現代人は、霞を見たことがなかったので、阿修羅のPM2.5という欺瞞にまんまと騙され、騒いでいるのです。本当に恥ずかしい限りです。知っとうや

今年の6月の季節外れの猛暑日は、地球の波動上昇が影響していると思います。波動が本来の状態に戻ることで地球、日本の気候は、本来あるべき姿である、昔の正常な状態に戻りつつあるのだと考えています。
波動が上昇している原因は、全国の寺社仏閣を中心に、これまで阿修羅によって張られてきた結界が解かれ出したからです。
霞はモヤとは違います。霧とも違います。人間レベルの科学力では解明できないもの、浄化された無数の魂の集合体なのです。邪気が神気に変わったものです。
明治以降、邪気が大気中を覆うことで、太陽光を遮断し、季節が一か月ずれていたのです。それが浄化しだして、一か月のずれが無くなる。今年の秋は早く訪れる。知っとうや

原発問題はもう大丈夫です。日本の波動が上がっていますから。ただ、一方で、最近原発ゼロを推進している輩も現れていますが、こちらも正義の味方という訳ではありません。世論を惑わせるためです。
阿修羅は、日本の波動が上がり、そして国民の波動が上がり、神国日本を支配できなくなることを恐れているのです。いろいろなニュースを流し、世論に怒りや悲しみなどの感情を常に持たせることで、国民の波動が上がり、目覚める(覚醒する)のを抑えているのです。
現在、日本の波動は日々上がっています。3年前とは雲泥の差です。東海地震や南海トラフ地震など全く心配ありません。それは、神国日本の浄化システムが復活しつつあることが主要因なのです。
PM2.5の濃度が高いと言っているだけです。これがマスコミを使った洗脳ですよ。
花粉症にかかる方も波動が低いのですよ。自分の波動を上げれば、薬を飲まずに花粉症も治ります。現在市販されている薬は、ほとんどが毒です。知っとうや

地震で、その地域の波動が高ければ、低い波動エネルギーを相殺し、揺れが小さくなるのです。現在、日本全体の波動はだんだん上がっていますから、大地震の心配はないのです。知っとうや



健康
戦後の高度成長期以降、成人病が急激に増加した背景には、本物の食塩が流通しなくなったことが大きいのだと考えています。天然塩は波動が高く、ひとつかみ鍋に入れるだけで、憑依霊が逃げていく。知っとうや2

憑依の重傷な状態の典型が、躁鬱状態です。躁鬱は、現代では精神病とされていますが、実際には畜生霊や邪神などによる、本来は宇宙の法則では許されない、憑依によるものなのです。現代はストレス世界ですが、そのストレスに耐えきれず心が弱った時に憑依され易いのです。
憑依が重篤な状態になったことを、私はウォクーインと呼んでいて、この場合は、自分の意思が、肉体に入り込まれた憑依体(浮遊霊)によって、完全にコントロールされてしまいます。知っとうや



波動
宇宙の悪い状態を早急に解消する必要があります。解消する方法は地球の波動を上げることです。地球の波動を上げれば、地球と同期している反地球の波動も上がります。今、地球の波動は日々上がっています。このままのペースで行けば、近い将来、このような宇宙の悪い状態は解消されます。それには私は十年もかからないと考えています。知っとうや

霊性の高かった先人たちは、波動低下を防ぐために、開発によって自然の形を変える場合、その場所に神を勧請し、祀ったのです。そして、祀った神の神力により、遮られ低下してしまう波動を修復してもらっていたのです。知っとうや

ご祖先の供養は、人間誕生以来の我々のご祖先を崇め、現界で存在している我々を守護してもらうためなのです。祖先供養が如何に重要なものなのかが、お分かりいただけると思います。知っとうや



邪気
稲荷系神社への結界の張り方。増上慢のパートナーである金毛九尾の狐が、食料の神である大宜都比売神に憑依、すり替わり、白狐霊に呪いをかけ操ったのです。洗脳されてしまった日本人は、呪われた白狐霊を、商売繁盛の守り神として各地や自宅にまで勧請し、その結果、稲荷神の呪いによって邪神の結界が張られ、その場所の波動が下がったのです。知っとうや

邪気とは、波動の低い魂の集合体だと思います。波動の低い魂の集合体とは、言い換えれば、生前の怨念、悲しみ、苦しみ等が魂に染みついた状態の魂が集まったものだと思われます。知っとうや

邪神は、佛や神が守護する神国日本の神社や寺院に、その守護が広く社会へ及ばないようして人類を支配するために、時間をかけて結界を張ったのです。その結果、日本の波動は下がり、空は青くなり、人間は洗脳され霊性を失い、天の守護の方法であるインスピレーションやテレパシー能力が使えなくなっていったのです。知っとうや




その他
プラチナ(学術上の正式名称は白金)。プラチナは、それ自体の波動が高いこともありますが、もっと重要な事は、浄化作用があることです。自動車の排気ガスの浄化用触媒として使われている。波動の低いものを相殺し、波動を高くする。知っとうや2
日本全国には、古代からプラチナの浄化作用に着目して、プラチナが埋められているのです。その主な場所が神社や古墳だったのです。知っとうや2
自動車の排気ガスは波動が低く、波動が高い生物である人間に対しては害を与えます。排気ガスをプラチナ触媒に通すことで、排気ガスの波動が上がり、人間にとって害が少なくなる、と言えると思います。知つとうや2

不動明王とは、簡単に言えば、宇宙のトップである大日如来の化身とされている、インド神話に起源を持つ神です。不動と名がついているくらいですから、「揺るぎない正義の信念によって、地域や人間界などを守護する」存在のようです。不動明王は、成田山新勝寺を初め、真言宗や天台宗など密教系の寺院を中心に祀られていて、●●不動という寺院も全国各地にあります。知っとうや2

修験道(しゅげんどう)は、山へ籠もって厳しい修行を行うことにより、悟りを得ることを目的とする日本古来の山岳信仰が仏教に取り入れられた日本独特の混淆宗教である。修験道の実践者を修験者または山伏という。知っとうや2

胎児から人間へと生を受ける準備をしていた魂は、流産によって生を奪われてしまうと、ショックでへそを曲げてしまい、その後簡単には六道輪廻に戻ろうとせず、成仏できない。そして、そのままの状態にしておくと、そのような魂は、阿修羅の悪い誘いに乗って浮遊霊と化し、憑依等によって人間に悪戯する可能性がある。水子供養が必要。知っとうや


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事