徹底検索、堀進

あちこちの優れた情報を引用させていただいて載せます。詳しくは本文を。

全体表示

[ リスト ]

UFO5

あなたがたの空に見かける、多くの搭乗機(※訳注:UFOのこと)は、闇の者達によって長い間開発されていたものなのです。銀河の軍隊である、光の側の搭乗機は、視界の外にいるようにしています。なぜならば、彼らの平和の意図のため、光の側は対立を避けるからです。彼らは身を守ることが十二分にできます。クインシー、本当が一番

ファースト・コンタクト後、アシュター・コマンドと銀河連合の船は、どんどん見えるようになります。太陽系中に配置されている船が、クローキングを解除して姿を現すからです。コブラ

目撃されたUFOとあなた方が読んでいる物の幾つかは、我々に属しているが殆どはそうではない。空にある「不可思議」な飛行物体は技術的な装置ではなく、主としてあなた方の科学者が理解できない自然現象(高空において自然に発生するプラズマフレアのような)を誤解したものである。とは言うものの、幾つかのUFOはあなた方自身の種(特に軍隊)、或いは異星人の種、そして最後に我々に属する実在の航空機なのだ(しかし、我々に属する航空機の目撃はごく僅かであり、我々は宇宙船を隠す特別な方法を有している)。
本当に我々の航空機を見てみたいなら、北極地方や南極地方、そして中央アジア(特にその山の上で)の空を見上げるべきだ。ラケルタファイル

太陽周辺に群がる巨大なUFO群
すべてのUFOは巨大であるのが特徴で、最も小さいものでも地球と同じくらいのサイズだという。
今年の1月18日に太陽周辺に現れた沢山の超大型宇宙船艦隊は、地球以外の文明を自ら見せているもので、彼らは地球規模の宇宙船を持っているのである。
太陽のスター・ゲート又はブラック・ホールを通じて太陽系に侵入してきた宇宙船は必要な時に、人類に対して緊急救援する能力を備えており、このような能力は宇宙の「干渉しない」法則を打ち破ることができる。米メディア、本当が一番

※この頃、寝るのが1時前後になってしまった。昨夜は2時半過ぎに寝た。
昨夜は晴れていたので、UFOが出てくれるかなと思っていたら、出てくれた。黒い模様を周囲に描いて、その中からUFOが出現した。普通の飛行機では模様を描くなんて不可能だ。

※昨夜見たUFOは少し変わっていた。空一面に模様が見え、そこにUFOが出現、クイッ、クイッとおどけたように光を発する。「これでどうや、これで記事にしてくれるか?」 とか言うように。

あるUFOの座席部をとても強力な変成器に繋いだものがあり、そのシートで操作する人間のサイキック能力を増幅させるのです。そして室内にものを具現化したり、時空を移動できるポータルを作ったりするといいます。コーリー

竹本氏は”巨大隕石を爆破したのはUFOだ。”と言っていても“宇宙人のUFO”としか考えておらず、実は地球人スミルノフ学派のUFOであるとは思いも及ばない。又、噴火口にUFOが入って行った映像から“マグマのエネルギーを取り出す為であろう。
ロシアはUFO研究を盛んに行ってきており、スミルノフ学派が物理学会に於ける反重力、テレポーテーション、タイムマシン研究に於いて世界に先駆けているのはその為である。http://ameblo.jp/allahakbar231/

※眠れないままに夜空を眺めていたら、UFOが現れました。中間の木枠の所で見えなくなりました。テレパシーで僕がどのように見ているかを感知しているのでは。
二つめのUFOは、うっすらと現れ、次第にはっきりとしたUFOになっていくといった現れ方。「ここに現れるぞ」と誘導したのでは。

※一昨日は久しぶりにUFOが出現してくれた。3回出現し、2回目までは薄ぼんやりとあらわれた。いろいろと工夫を凝らしてくれる。同じような出現の仕方では書くネタがなくなる。

※以前はUFOをときどき見ていましたが、UFOが見やすいように松の上の方をちょん切ってから、UFOは現れてくれなくなりました。植物といえども生命ですから、むやみに傷つけてはいけない。

時間が幻想であり、3次元の地球のために人類が創り出したものなので、”時間”にはいつもかっこを付けています。”時間”は実際には存在せず、全てのことは同時に起きています。”時間”は、人類が構築したものであり、この時点までは重要であなた方のホログラフの投影の中で起きるイベントのタイムラインをマインドが理解できる現実の創造のために必要でした。すべての現実はソースエネルギーのあなた方人間という媒体を通じてのホログラフの投影なのです。ミカエル、たき

2012年頃にはさらに100を越える球体がやって来ました。巨大サイズの球体で、円周で言うと月や海王星、木星に値する大きさです。この者たちは極めて進化していて、ネガティブなエイリアンの地球破壊を阻止しています。コーリー

※昨夜見たUFOはシリウス付近から出現し、急激に光が減少し終りごろにはほとんど光が見えなくなりました。これはたぶん、僕がどれくらい薄い光でも見えるか試していたのでしょうか。かなり薄い光でも見えますから。
20分ぐらい夜空を眺めていたらUFOは出現した。オリオン座流星群はほとんど見れなかった。

※昨夜見たUFOは涙ぐましいほどの演技をしてくれた。普通のUFOの出方では、このブログの話題にしてくれないため、歌舞伎で花道から千両役者が躍り出るような、そんな雰囲気の出方だった。しかもその時、室内で「シュルシュルシュル」とUFOのような擬音がしていた。指導霊と連動してのことだろう。

※最近のUFOの現れ方は少し違ってきています。まともに現れたら面白くないため、少し演技をするようになった。ライトを付けた時、消した時、ランダムにしている。ある時は2機のUFOが現れ、一方が片方にすり寄っていく。様々な工夫をしているので、次はどんな手を使うか楽しみです。桑名UFO定点観測所

月を飛行するUFO。アマチュアの天体観測者で、望遠鏡にビデオを繋いでいる人達が撮ってます。目撃はされているんです。本当が一番

※UFOはUFOが出現したことをこのブログに掲載してやらないと現れない。昨日も一昨日も現れた。晴れている夜に空を見続けていると現れる。一昨日は薄ぼんやりと光っているUFOといつもの光をつけたり消したりしている2種類のUFOが現れた。何か工夫を凝らさないと掲載できませんよ、UFOさん。UFOさん、出現していただいてありがとう。

写真を撮り続けて下さい。目の前の写真の中のUFOを見て、本物であることを疑いようもないことが分かるでしょう。これが世界中でより多くの目撃をもたらすプログラムの始まりです。私たちの存在に親しんだ人達の数がもっと多くなり、愛ある友人や導師として私たちがここにいると確信するまで、私たちは着陸はしません。
晴れた日に撮影するのが最善です。あなた方は神秘的な雲をみているのではありません。あなた方は私が言ったような姿を現した宇宙船を見ることになるでしょう。高解像度のカメラを持っているのなら、写真を引き伸ばして外壁の周りの光のような船の詳細、あるいは惑星、人工衛星、或いは航空機ではないことを示すために示されるパターンが見られるでしょう。
自分たちがデスクロージャープロジェクトの使者であると思って下さい。アシュター、たき

※二か月ほど、UFOの見れないところに寝ていたので、UFOを見ませんでした。元の位置に戻って2日目にUFOを見せてくれました。以前のUFOとは少し進化したようです。以前のUFOは1か所だけが光っているUFOでしたが、今回のUFOは全体がうっすらと見え、はっきりと光る部分もある。次ははっきりと見なくては。

闇の者たちは今では識別がほとんど出来ない多くの彼等自身の宇宙船を所有しているので、上空に宇宙船を見た後では自分の結論の出し方に注意しなければなりません。これが意味することは、事故が起きた時に私たちのせいにするのは間違っていることがある、ということです。サルーサ

宙に浮くホバーボード。ボードは低温保持装置を2つ備え、その中で超電導体が液体窒素により-197度に冷却され、永久磁石のレールの上に置かれることで浮上。「レールの磁場がホバーボードの超電導体の中に「凍結」されることで、ボードとレールの間に一定の距離が保持され、浮くことができるのだそうだ。ヤフーニュース

アルゼンチンに行っている日本人の話では、アルゼンチンやウルグアイではUFOは日常茶飯に見られるそうだ。その動きは全く従来の航空機とは異なり、ジグザグ、直角ターンなどおよそ不思議な動きをするという。これら南米の国々でUFOが大量に生産されていることは確実である。彼の言葉によると「ジャングルの中に突然近代都市があり、誰が住んでいるのか分からない」そうだ。なわ

宇宙機(UFO)の周辺には強力な磁場エネルギーが発生し、空気中に水分が存在する場合は、そのエネルギーを受けて、一瞬にして水蒸気化する。そうすると、水蒸気となった水分は(冷されて)雲となって現れることになる。円盤型の雲で風が強い日に上空で停滞している場合、ほぼ間違いなく、その中にUFOが存在する。今の冬の季節は、風の強い日が多い。晴れた日に東京湾上空辺りを数分眺めているだけでそうした不思議な感じの雲を見つけることが出来るだろう。一厘の仕組

上を見上げれば、大きい雲として私たちの大宇宙船を見る事が出来ます。私たちの宇宙母船からは多くの一般の人達が内なる光を放射して星のように輝いているのが見られます。シリウスの宇宙母船、たき

あなた方が”私は宇宙船を感じている”と信じれば、実際に宇宙船を見ていると想像する許可を自分に与えているのです。実際には五次元の想像力、透視力、透聴力を用いないと宇宙船は見られません。宇宙船は超感覚を用いれば捉えられるかもしれません。アルクトゥルス

銀河連合は巨大宇宙船を持っています。巨大宇宙船は、太陽系の内側にも、太陽系の近辺――オールトの雲より内側――にもあります。それらの宇宙船の目的は、銀河の中心から来るエネルギーの流れを振り向けることです。なぜなら銀河のセントラルサンはますます活発になっており、地球の生命を守ったり太陽系のバランスを保ったりするために、それらの宇宙船が、エネルギーの流れのバランスをとる必要があるのです。太陽活動をモニターし、太陽活動のバランスをとります。
そして小さめの母船もまた惑星地球の近くにいて、構造プレートの活動をモニターしています。もちろん、すべての核兵器もモニターしています。キメラグループの活動もモニターしており、もしも危険な状況になれば、彼らは介入します。コブラ

雲は多くの宇宙船です。これらは隠されています。☆雲はカモフラジューであるようです★そしてこのような形は地球ではデザインがありません。宇宙のコスモの一部なのです★私たちはデスクロジャーはすでに行われていて逮捕は進んでいます☆多くの者達の行くべきところが定まるでしょう。5次元は決断した者達の行くところなのです★クイーン

円盤に乗って、エジプトのギザのピラミッド建設現場という過去へ行き、彼が見たものの中には「彼らが指にはめた指輪からはレーザー光線が出て、それが当たった巨石は重量を喪失し、軽々と持ち上げる事が出来た」という情報もありましたね(記憶です)。これは、宜母愛子さんがクフ王のピラミッドへ入り、テレビ収録中で霊視した内容と等しいものです。宜母さんは「何か、石を浮かせて運んでいるわぁ」と言ってましたよね。
日刊工業新聞、2002年05月27日(月)号の第7面にありましたが、埼玉大学大学院理工学研究科の池野順一助教授、牛坂慶太大学院生らが、近赤外レーザー(波長1064n(ナノ)m)光を使い、ガラス基板上にある透明ガラス棒(直径5μ(マイクロ)m×20μm)の一端に当てると、その端部が瞬時に持ち上がって立ち上がるそうです。http://oriharu.net/

地球の周りには、多くのミッションについている多数の宇宙船が存在しています。実に彼らは人類史上いつでもここにいたのです。彼らは本当にここにいて人類が移行して生き残れるようにしてくれています。彼らの支援がなければ、この地球惑星は何度も繰り返し崩壊していたことでしょう。コブラ

彼ら闇の集団は、UFOのように見えるARV、つまり模造UFO船を持っており、こうした模造UFOを新しいエネルギー源と反重力を応用した推進システムによって動かしている。ブレア

※夜、南の空にシリウスよりも明るい星が輝いていた。あれ、変だなと思っていたら、だんだんと消えていった。時々そういったことがある。
別のある夜、雲がまばらにあった。星のひとつが大きく円を描いて見えなくなった。UFOは存在を知らせたくて、色々な工夫をする。

いまや極秘計画は、核兵器のみならず、光よりも早く進むいわゆるスカラー兵器または縦波電磁気兵器を保有している。これらの兵器は、ET宇宙機を追跡し標的にするために使用されているのである。
本当の問題は世界人口の1千万分の1、すなわちいまや全世界の純資産の半分以上を支配している200〜300人とその家族、および彼らの企業にある。
UFOの実在性を認めてしまうと、先進的エネルギー、推進、物理学というパンドラの箱を必ず開けることになるからである。このパンドラの箱が開くと、大手石油会社、巨大石炭関連産業、原子力発電は完全に時代遅れとなる。
一部のUFO目撃はET宇宙機を見たものである。しかし多くの場合、おそらく大部分は1940年代から開発されている地球性の反重力装置である。
世界はエイリアンによって侵略され、消耗させられているのではない。それをしているのは、これら人間嫌いな性癖を持ち、社会病質者であるモツ(世界支配者)なのである。
光よりも速く移動できるなら、宇宙の片隅にある我々の小さな場所を占領するのは容易なことだ。しかし、ETはそうすることに興味も無く、意図も持たず、その必要もない。彼らが我々から必要とするのは、我々の平和と協調のみである。http://www.peopleknow.org/ds08pro/DrGreersBlogJP.pdf

※アメリカはUFOを2000機ほど持っていますが、秘密にされています。
地球内部のアガルタ製のUFOが主に地球近辺に飛んでいます。他に太陽系内惑星の内部空洞からUFOは飛んできます。太陽系外からも飛んできます。これらは進化した霊的なUFOなので地球人の目には見えません。地球人の目に見せる必要があるときは物質化して見せてくれます。

葉巻型宇宙母船の見つけ方。葉巻型宇宙母船と言ってもいろいろあろうが、常時、日本上空に現れる編隊観測について、誰でも出来る方法を公開しよう・・・!
http://lance-modis.eosdis.nasa.gov/imagery/subsets/?subset=Japanで常時観測しているわけである。このサイトは、日本上空の衛星画像を毎日配信している。もっぱら観るのは、TrueColor。確認するのは、NDVI が識別しやすい。サイズは2km|1km|500m|250mとあるから、詳しく確認するには250mが必要だろう。つむじ風

巨大UFOが太陽に接近しすぎて消滅しました。大摩邇 ※プラズマで囲まれたUFOは独立天体化しています。引力の影響を受けません。太陽に接近しすぎて消滅などしません。太陽の中の大空洞へ瞬間移動したのです。

※昨夜は何度も何度もUFOを見ました。寝床に入ると同時にUFOが待ちかねたようにライトを点滅させだしました。UFOが見えている間中、”ありがとう。ありがとう”と感謝の言葉を送りました。すると、UFOがまた出てくれました。彼らは感謝されたいのです。UFOと私は愛し合っている、親しみあっているのです。

※今もUFOは時々見ています。夜のよく晴れた日に見ています。3日ほど前には、金色に光っていました。2日ほど前には同じUFOが連続で出てきました。彼らはUFOの存在を少しでも人間に知らせるため、涙ぐましい努力をしています。

小さな白い点のUFOは地球産であり本当のUFOは光の塊です★マザーシップは誰もなかに乗ってはいません☆クイーン

UFOでやってくる宇宙の人々が人類を攻撃したりすることはありません。もしそういうことがあるとすれば、そのUFOはアメリカ製のはずです。彼らはすでにUFOに似せて作った宇宙船を2000機ほど持っています。本当が一番

※昨日は久しぶりにUFOが姿を見せてくれた。夜空は青かった。UFOが出て、足早に通り過ぎた。通り過ぎたら、夜空は紫に変わった。夜空に細かな模様が現れた。変性意識だったのだ。模様はすぐに消えた。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事