徹底検索、堀進

あちこちの優れた情報を引用させていただいて載せます。詳しくは本文を。

全体表示

[ リスト ]

UFO飛行原理

エイリアンUFOの飛行では、底部に据えられた三つの磁力線照射装置を使用する。磁力線の3点交差によって炉心部にプラズマを発生させ、交差ポイントを移動させることで、機体ごと交差先に移動させていくのである。
プラズマに包まれた場合、機体が急加速すると、人体の毛髪や血液に至るすべてのものに同じ加速度が働く。急停止やジグザグ飛行においても同様で、プラズマが支配するUFO内部は、外の景色が見えなげればホテルのスイートルームと変わらない状態を維持するのだ。
航空機に急加速度が加われば、パイロットの体は後方に押しつけられるが、それは人体が機体と同時に加速度を受けていないためである。ところが、プラズマに包まれた場合、機体が急加速すると、人体の毛髪や血液に至るすべてのものに同じ加速度が働く。世界の真実の姿を求めて

強力な電荷をもつプラズマは金属質の物体を強く引き付け、条件次第ではそれを空中に浮き上がらせることもできる。プラズマは必ずしも赤やオレンジ色の光球とは限らず、不可視や金属状(電子壁が光を反射して、もしくは周囲のダストを回転させて)になることもある。世界の真実の姿を求めて

UFOは、基本的に有体プラズマ兵器システムを応用したもので、唯一違うのは、プラズマ発生装置が外部でなく、飛行装置に搭載されているということである。つまり飛行装置の底部3カ所に黄金率φのプラズマを発生させる「磁力放射線照射装置」を配置し、中央に「炉心」を持つ構造になっている。これは俗にいうアダムスキータイプ。

スカリーは「磁力線どうしが交わると熱と分解、閃光が生じる。円盤は磁力線を交差させることによって推進する」と言う。この情報は飛鳥昭雄が元米情報機関関係者からのリーク情報として紹介する「エイリアンUFOの飛行では、底部に据えられた三つの磁力線照射装置を使用する。磁力線の3点交差によって炉心部にプラズマを発生させ、交差ポイントを移動させることで、機体ごと交差先に移動させていくのである。」という話とよく似ている。

水分子がプラズマで覆われると、プラズマの性質により水分子が独立天体化します。プラズマで包まれた独立天体は、自由に現れたり消えたりテレポテーションが可能です。

あるUFOの座席部をとても強力な変成器に繋いだものがあり、そのシートで操作する人間のサイキック能力を増幅させるのです。そして室内にものを具現化したり、時空を移動できるポータルを作ったりするといいます。コーリー

宇宙機(UFO)の周辺には強力な磁場エネルギーが発生し、空気中に水分が存在する場合は、そのエネルギーを受けて、一瞬にして水蒸気化する。そうすると、水蒸気となった水分は(冷されて)雲となって現れることになる。円盤型の雲で風が強い日に上空で停滞している場合、ほぼ間違いなく、その中にUFOが存在する。今の冬の季節は、風の強い日が多い。晴れた日に東京湾上空辺りを数分眺めているだけでそうした不思議な感じの雲を見つけることが出来るだろう。一厘の仕組

円盤に乗って、エジプトのギザのピラミッド建設現場という過去へ行き、彼が見たものの中には「彼らが指にはめた指輪からはレーザー光線が出て、それが当たった巨石は重量を喪失し、軽々と持ち上げる事が出来た」という情報もありましたね(記憶です)。これは、宜母愛子さんがクフ王のピラミッドへ入り、テレビ収録中で霊視した内容と等しいものです。宜母さんは「何か、石を浮かせて運んでいるわぁ」と言ってましたよね。
日刊工業新聞、2002年05月27日(月)号の第7面にありましたが、埼玉大学大学院理工学研究科の池野順一助教授、牛坂慶太大学院生らが、近赤外レーザー(波長1064n(ナノ)m)光を使い、ガラス基板上にある透明ガラス棒(直径5μ(マイクロ)m×20μm)の一端に当てると、その端部が瞬時に持ち上がって立ち上がるそうです。http://oriharu.net/

ビーフェルド・ブラウン効果を用いた反重力装置。幅6センチのアルミ箔で1辺90センチの三角形を作り電極とし、その上数センチのところに細い銅線を一方の電極として固定した。この電極間に2万から3万ボルトの電圧をかけると機体は宙に浮き、見学者の大歓声があがった。知恵袋

物質環境においては光の速度より速く行くことはできないが、物質環境を越えた磁場に押し入る事ができれば、どんな速度でも...光の何百、何千倍のスピードでも行くことができる。同時に磁場と重力場を生成するときは、質量は独立しているので、光の速度は関係なくなる。ケッシュ

「この「重力波」は、「115」のエネルギーを進行方向に放出することによって時空の歪みを作り、その歪みをUFOがサーフィンするという形で前に推進する」ラザー、井口和基 ※115とは元素番号115。

私がとても期待するのは、過去の私の(円盤の推進原理の)文献研究などにより、遠赤外線領域の周波数の、極(ご)く極く狭い周波数において、「重力」との干渉が期待されると思うからです。重力周波数の(遠赤外)レーザーを単に物体に照射するだけで、その物体は重量を失うというものでした。周波数は、電波と遠赤外線の丁度、境界領域ではなかろうか?(可変波長レーザー装置:日刊工業新聞、2003.08.26(火)第10面。オリハル

「ヴィマナ」は自由自在に空を飛ぶ架空の乗り物。アフガニスタンに侵攻した米陸軍の兵士たちが、洞穴で「ヴィマナ」を発見した。洞窟から取り出そうとしているうちに、少なくとも8人の米軍兵士の姿が突然”消滅”した。大摩邇

UFOで太陽系へ来るのに途中の空間を「飛行」するわけではありません。彼らは単に、宇宙空間の目的とする座標に焦点を合わせて、その場所へ「瞬間移動」して「出現」するだけなのです。

空間は、何か物体が占める体積でなく、その物体そのものの位置的な性質に過ぎません。ですから、星から星へ移動しようとするとき、ひとつの物体の位置的性質を変えることによって、物体のホログラフィー的宇宙における位置が変化します。

宇宙船は思考を水晶で増幅し五次元以上で飛ぶ。三次元から次元上昇し、五次元以上で飛ぶ。進化すると宇宙船で飛ばなくなる。思考の力で宇宙を飛ぶ。

地球製UFOの「TR3B」の推進原理と言っても、せいぜい電磁パルスエンジン程度のものである。電磁パルスを電磁ソリトンを作ってその反動で浮くというようなちゃちな代物である。要するに、空気砲の電磁パルス版のようなものを作って、電磁空気砲のようにして、ドーナッツ状(つまり、トーラス状)の電磁ソリトンをぽんぽん発しながらその反動で浮くのである。だから、本質的に時空間を変形して推進する地球外生命体の発光するエンジンとは異なる。大摩邇



  反重力

宇宙情報によれば、日本では曲折を経て、放射能除去技術は東芝と子会社の米ウェスチングハウス社が、クリーンエネルギーのテクノロジーは日立製作所が、反重力テクノロジーは三菱重工が、それぞれ実用化に当たり、その成果を無償で提供することになる。日本と地球の命運

真空は、S極単極磁石とN極単極磁石で充満した空間だ。SとNが対となって、質量O(ゼロ)空間が実現する。何もない真空は、実はエネルギーの充満した空間である。それによると、陽子や電子といった素粒子もこの理論で容易に解明されているし、重力や核力やその他の力も統一理論で解明される。井出治

日本がケッシュ財団より宇宙船USBスティックを受け取った最近の国です。日本大使に2012年11月2日13:30に手渡しました。放射能を包み込む重力場宇宙技術を使って福島の核汚染を除去し人々を助けることができます。全ての国はKeshe財団より宇宙リアクター技術の同じ特許並びに設計図を受け取ります。ふるやの森

「メタマテリアル」とは、光を含む電磁波に対して、自然界の物質には無い振る舞いをする人工物質のことである。それを研究している科学者達がいる。透明マントを作ったり、重力を遮断したり。清水美裕 http://ameblo.jp/huc/

アメリカのアーカンサスの地下には別の非常にユニークなクリスタルがあります。「重力のアーク・クリスタル」と呼ばれています。その洞窟は非常に特殊なクリスタル洞窟です。反重力エネルギーの装置があるのです。ライトワーカー・マイク

反重力装置と様々な無公害の乗り物がこれまでの交通手段に代わりもはや道路は不必要になり大地は再び息を吹き返します。地球上のあらゆる場所への移動は人工知能によって廉価で感覚的にガイドされ事故が起きることはなくなります。気温は年間を通して適温に保たれるようになり自然災害はなくなります。マーク・ヒューバー

グレベニコフ教授は、1988年にある昆虫のチキン質殻には反重力効果があることを発見した、反重力で物体が見えなくなったり、、歪んで見えたりすることまで突き止めた。彼は時速1500KMというスピードで飛行可能な反重力プラットフォームを製造し、それを使って高速移動してきた。
この重力効果は、わずか数種の昆虫だけだからではなく、幅広く自然現象から見出される。ミツバチが消滅する事件では、当初は気候変動などで、ミツバチが地球の両極に移動した可能性がある。反重力の多空洞構造が蜂の巣の「六角錐形状」。メキシコで六角形の電信柱から宇宙人が出現した。

バカボン(山田貢司)ブログの研究。昆虫学者グレベニコフ教授は、1988年にある昆虫のキチン質殻には反重力効果があることを発見し、1990年には実際にその甲虫の殻を使って空を飛んでいるのです。反重力装置を完成させているのです。虫が多次元空間を移動する。http://d.hatena.ne.jp/JIIJI1941/

昆虫学者グレベニコフ教授は、1988年にある昆虫のキチン質殻には反重力効果があることを発見し、1990年には実際にその甲虫の殻を使って空を飛んでいるのです。反重力装置を完成させているのです。虫が多次元空間を移動する。http://d.hatena.ne.jp/JIIJI1941/

グレベニコフ教授は、1988年にある昆虫のチキン質殻には反重力効果があることを発見した、反重力で物体が見えなくなったり、、歪んで見えたりすることまで突き止めた。彼は時速1500KMというスピードで飛行可能な反重力プラットフォームを製造し、それを使って高速移動してきた。
この重力効果は、わずか数種の昆虫だけだからではなく、幅広く自然現象から見出される。ミツバチが消滅する事件では、当初は気候変動などで、ミツバチが地球の両極に移動した可能性がある。反重力の多空洞構造が蜂の巣の「六角錐形状」。メキシコで六角形の電信柱から宇宙人が出現した。

マーク・スタンボーが一種の空中浮揚を可能にしたある実験を行なっていたことを知った.一部の関係者の間でそれは電気重力浮揚,または反重力と呼ばれている.
彼が行なっていたことは,どうやら高電圧電源を得ることだったらしい− 一つの直流電源だ− 彼は直径約1フィート,厚さ4分の1インチの銅板(複数)を使った.それぞれの上部と底部の中央部からはリード線が出ていた.次に彼は,基本的にそれらをポリカーボネイトまたはプレキシガラスのような,一種のプラスチック樹脂に埋め込んだ.あるいは他の種類の透明な樹脂に埋めて,その銅板や物質が見えるようにした.そしてそこから気泡などをすべて追い出すために,あらゆる事をしたようだ.そうすれば,電気がその物質を突き破って通過する経路をなくすことができる.実験は,この配列を持ったキャパシタ− サブプレート・キャパシタ − にどれだけ電圧をかけられるかを見ることだった; その絶縁物質が突き破られるまでに,どれだけの電圧をかけられるか?
絶縁破壊。マイヤーセルの絶縁コートと似たようなしくみ。
さて,彼は約100万ボルトまでの電圧を実現した.そしてその物体が浮揚し始めた.

巨大なテスラコイルだと思い当たった.それは一種の屋外変圧器のようなものだ.起きることはこうだ.もしこの大きい直径のコイルに電気を通すと,それは一つの場を発生する.

中央の円柱にあるこの大きな真空室,これはすべての部分の内側にある− 回転円板の内側,テスラコイルの2次コイル(複数)の内側,乗組員区画の内側− その真空室の中には水銀蒸気がある,そうブラッドは主張した.水銀蒸気は電気を通す.だが,あらゆる種類のイオン化現象をも発生させる.これらの小さな水銀分子は異常な電荷の帯び方をする.だから,不完全真空の中にある水銀蒸気に途方もない量の電流を流すと,何か特別な,異常な現象が発生する.

このようなシステムを手に入れ,それを始動させると,そのシステム内のあらゆるものが質量を失い始める.システムを流れている電子もまた質量を消滅させる.このことは何を意味するか?そのシステムとその大きなテスラコイルを流れているすべての電子が質量を失うとともに,それはまた完全な超導電体になる.これにより,このシステムの効率は際限なく向上する.ここに飛躍的な効率が得られることになる.あたかもこのシステム全体が液体窒素に浸かるか,ある温度では完全な導電体となる純粋の銀あるいは純粋の金でつくられたようなものだ− それは軽くなり,信じられないほどの速度に加速される.


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事