徹底検索、堀進

あちこちの優れた情報を引用させていただいて載せます。詳しくは本文を。

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ガン11

ヨモギから抽出される、アルテミシニン(artemesinin)と呼ばれる成分が、健康的な細胞1つに対して、1万2,000個もの癌細胞を死滅させた。
アルテミシニンと鉄分が結合して存在しているヨモギを食べる方が、やはり、簡単。大摩邇

癌細胞は免疫細胞とは正反対の環境を好みます。低体温、無酸素、ミネラル不足、高糖分、ストレスを好むのが癌細胞。
熱い湯に入る日本人は癌にならないためには好ましい習慣です。首やわき下の血管は太く深部体温が上がりやすい。

ガンにならない方法
ガン予防に効く食材はにんにく。今すぐ辞めたいタバコとマラソン。ガンを克服する最大の力は家族の絆(きずな)。

新潟医科大学の柳沢文正助教授が100人の癌患者に対して行った血液検査によると、100人の癌患者全員の血液が酸性だった。
「片瀬学説」も、「人間の健康は血液中の酸とアルカリの釣りあいによって左右される」と主張する。つまり、血液は常に弱アルカリ性であることが正しく、酸性に傾けば、様々な慢性病を引き起こすと言う学説だ。
もし、体内にガン細胞が発症しても、身体のPh値を弱アルカリ性に変えることが出来れば、ガン細胞はなくなるということになる。大紀元

発売以来、世界的に副作用被害が拡大している子宮頸がんワクチン。
10歳以上の女性が対象で3回接種します。若いうちの接種が推奨されているのは性交渉体験前が望ましいからです。そしてワクチンの効果は製剤によって4〜8年程。
でも、そもそも若い年齢層では子宮頸がんで亡くなる女性はいません。しかもワクチンで子宮頸がんを予防できる保証はありません。子宮頸がんがワクチン接種によって減ったという証拠は実はないのです。大摩邇

発癌性が気になるようであれば、半永久的あるいは永久的なタイプの毛染め剤は余り使わないようにしましょう。また、色の濃いタイプのものは発癌性の危険性が高くなります。
美容師、床屋、スタイリストなどの職業で日常的に毛染めの化学物質に曝されている人は更に発癌の危険性が高まります。
一部の研究では発癌性とは関連がないと結論づけています。まゆげやまつげに毛染め剤を決して使わないようにしましょう。大摩邇

医者は自分や家族が癌になった時、どんな治療をするのか。
99%の医者が抗癌剤を使わない。なのに、なぜ医者は効果が期待できない治療を患者に勧めるのか。
1988年のNCIリポート『ガンの病因学』で15万人の抗ガン剤治療を受けた患者を調べた結果、抗ガン剤は、ガンを何倍にも増やす増ガン剤だと断定している。大摩邇

癌患者の場合は、癌細胞に食料を与えない為に、古代ギリシャ人の食事のように、オリーブ油のオレイン酸で炭水化物のエネルギーを代替させる。佐野千遥

アルコールでがん転移促進 免疫低下、マウスで確認
アルコールによって免疫細胞の働きが弱まり、がん転移が促進されるとする動物実験の結果を、近畿大医学部(大阪狭山市)の犬房春彦教授らが22日、札幌市で始まった日本癌(がん)治療学会で発表した。
 人間でビール大瓶3本半または日本酒3合半に相当する量で転移は促進され、量が増えるほど転移数が増えた。

「現在のがん治療は根本的に間違っている」という信念のもと、「目からウロコ」のユニークながん治療を実践している医師がいる。5年前、京都・烏丸御池交差点近くで「からすま和田クリニック」を開院した和田洋巳医師(72)だ。和田医師を訪ねると、開口一番「難しい話ではありません。食事を変えれば、がんは治るのです」と断言した。るいネット

カナダのウィンザー大学の研究チームの研究成果により、セイヨウタンポポの根茎が癌治療に非常に効果的であることが分りました。
タンポポの根茎を使った治療を始めた結果、化学療法とは違い数日以内に癌細胞が消滅したのです。
タンポポの根茎は、癌細胞を破壊するだけではなく、胆汁分泌を促し、肝臓を浄化し、アレルギーを改善させ、コレステロール値を下げます。http://hituki8910.blog.fc2.com/

「われわれ専門家が国の総力を挙げて研究し取り組んでいても治せないのに、いくら治った人がいるからといって、素人さんの集まりで治るわけがない」こういう考え方が、医師だけではなく、一般の人にもがん患者さんにも広く浸透しているのである。
これはおそらくわが国初だと思うが、「ガンは治る」と標榜している「いずみの会」がNPO法人として認定され愛知県から認定証書を交付された。
http://www.izuminokai.or.jp/p02a-taikenki.html

がんにかかった場合、普通のクリニックや病院で抗がん剤投与、放射線治療を受ければ必ず死ぬ事になります。
携帯電話を肌身離さず持ち歩く事は、DNAを確実に傷付け癌になる危険大なので止める事!佐野千遥

ゲルソン療法(コップ一杯のニンジン・ジュースを日に何回も飲ませる)が結核を完治させた。今日不治の病とされる癌の患者にゲルソン療法を適用してみると、治る場合と治らない場合とがある。これは何故かと問うてみると、結核患者は微熱で体温が高いのに対し、癌患者は低体温であるからである事が明らかと成った。そこで、癌患者の体温を上げれば、ゲルソン療法で癌も治る。宗像久男

人工芝でサッカーをしていたワシントン大学の学生たちが立て続けに「がん」になりました。
その大学だけではなく全米各地の人工芝を使っている他の大学でも同様にリンパ腫などの血液のがんになった選手たちが多く確認されたのです。大摩邇

ほとんどのがんは、有毒化学物質や放射線などの「回避可能な外的な要因」によって発生することを示した論文が、Nature2016年1月7日号43ページに掲載された。
イギリスの疫学研究者DollとPetoは、数多くの科学論文をまとめ、アメリカ人のがん死亡の原因として、どの要因がどれくらいの割合を占めているかという寄与割合を推定し、1981年に発表した。食生活の改善により予防できるがん死亡の割合を35%、喫煙が寄与する割合を30%と推計している。
癌発生の遺伝的要因は5%程度とされている。大摩邇

秋田大学大学院理工学研究科の伊藤英晃教授らは、納豆に含まれる成分から抗がん作用がある物質を発見した。納豆をすりつぶして取り出した成分から抗菌作用のあるアミノ酸の塊(抗菌ペプチド)を抽出。ヒトやマウス由来のがん細胞に抗菌ペプチドを投与したところ、24時間以内にがん細胞が死滅することを確認した。大摩邇

チャイナ・スタディは疫学調査のグランプリといわれ、米英中共同の栄養研究プロジェクトで、約10億ドル近い費用をかけて調査しています。それで判明した事実は、「動物性たんぱく質は、史上最悪の発ガン物質である」という事実であり、近代栄養学を覆す内容になっています。ホールフード(未精製・未加工)の食事」をするべきだと結論しています。るいネット

癌は白い。白いのはカンジタというカビ。そのカビは重炭酸ナトリウムいう薬品に弱い。
『メープル重曹療法』は、「メープルシロップ」と「重曹」を3対1の割合で混ぜ合わせて煮詰めたもの(メープル重曹液)を摂取する方法で、「メープルシロップ」には「ブドウ糖」が含まれていますので、癌細胞が「ブドウ糖」と一緒に『メープル重曹液』の強アルカリを取り込むことによって、癌細胞だけが死滅する、という自然療法です。
この『メープル重曹療法』は、「アミグダリン(ビタミンB17)」を使用した『IPT療法』と同様の原理なので、基本的に「断糖しながら」行なうものだと思います。
「癌細胞とpHの関係」につきましては、『pHが7.4をわずかに超える環境では癌細胞は休眠状態となり、pH8.5以上の環境では癌細胞は死ぬ。
玄米菜食の生食(生玄米粉食+生菜食)ならば、ブドウ糖の摂取を極めて抑制でき、ブドウ糖の代替エネルギー源となる『短鎖脂肪酸』を大量に摂取できます。
食前と食後に『重曹水』を飲用しますと胃酸が中和されて消化不良を起こします。ですから、『重曹水』の飲用は、食前と食後は必ず避けること、つまり、『重曹水』は必ず「空腹時」に飲用。ゲームの達人

ゲルソン療法(コップ一杯のニンジン・ジュースを日に何回も飲ませる)が結核を完治させた。癌の患者にゲルソン療法を適用してみると、治る場合と治らない場合とがある。これは何故かと問うてみると、結核患者は微熱で体温が高いのに対し、癌患者は低体温であるからである。
体温を上げるには
”呂か、ジョッキングなどの有酸素運動をする。
▲レイン酸(オリーブ油)を生のままプレーン・ヨーグルトに混ぜて飲みこむ。熱を加えるとトランス脂肪酸になるので、加熱は避ける事。
J討鮨罎い唇り飯に塩をまぶして、後は刺激性のニンニクと生姜を相当量食べて良く深呼吸することである。炭水化物は癌に栄養を与えるからよくないが、炭水化物は高体温になる。
免疫力を上げるには、
ー分の尿を飲む。尿には殺菌作用が有り、殆ど無菌状態であり、自分の尿程安全な飲み物は存在しない。
⊂量のごま油、エゴマ油を3:1の割合で飲み込んで太陽に良く当たって、全体内の末端にホメオスタシス・免疫力の基本物質・エイコサノイドを生成する。
ブロッコリーをミキサーで砕いて飲みこむ。細かくミキサーで砕くと、生野菜は消化し易い物となり、更には消化を促進する働きをする。佐野千遥
普段、肥満の傾向が無い食生活、運動生活を送っていて、痩せ型の人は、絶食はやるべきではない。そのタイプの人達にとっては、体温が下がってしまって、免疫力が落ち込み、ろくな結果にならないからである。
肥満の傾向が有るか、ベッタベタな糖類、悪質油類が有り余るメタボ生活をしている人にとっては、ショック療法として絶食が役立つ。佐野千遥

実際に人の持つ恒常性は、病気のおよそ90パーセント以上を治せる力を持っています。ただしその恒常性には3つの必要事項があるのですが、それが快眠、快食、快便であり、それを正常に保てていないと充分に働くことができません。
ある末期癌患者。私の得意とする和漢方を飲んでもらい、さらに自然療法で使われるMMSという抗生物質で肝臓、腎臓、小腸、大腸にあるウイルスや細菌などの毒素を(殺すのではなく)、体外に追い出すための溶液を処方しました。また一切の動物性食物を中止し、和食と小食を徹底してもらい、消化機能に負担をかけないことで、大切な血液が消化のために働くよりも病気の治療に働くようにしました。さらに緑黄色野菜から作った青汁を飲み、タンパク質を果物や野菜から摂るようにアドバイスしました。小林健、zeranium

世界最凶の発がん性物質=二酸化チタンが何故、日本の多くの食べ物に!?
全く不溶性で、粉末ガラスを食べるに等しい!アメリカ癌学会は、地球上で5つの最も発がん性を有する物質の中に、二酸化チタンを挙げている。それは、喘息、癌、腎臓病、アルツハイマー病、そして不妊の原因と考えられている。
日焼け止め、化粧品、塗料、プラスチック、紙、インク、食品、歯磨剤などの製品に白色性と不透明性を提供するために使用されている。大摩邇

がんの早期発見・早期治療が有効だという根拠は 世界中を見わたしても 一つもありません。
転移がんを治す方法は 見つかっていないので 転移が見つかったら 治療をあきらめるのが 第1歩です。治そうと思うと 無理な治療に走り 命を縮めやすいからです。
身体への負担が少ないという 腹腔鏡手術!難度が高く 時間もかかる ・・・医療事故が多発してます
本物のがんは 見つかったときには とっくに他の臓器に転移しています。他方 がんもどきは 無害です。
手術が成功した=「合併症を おこさないで いけそうだ」の意味がんが治ったわけではありません。
欧米では がん手術と 抗がん剤治療 を 両方やるなんて 少数派です。
現実には 固形がんで 転移があったら 完治する見込みは ほぼゼロです。
余命3か月・・・「治療しないと3か月で死ぬ」と受け取れば 医者の 思う壺。
余命とは 平均値ではなく 生存期間中央値。幅広い・・・胃がん末期の 余命3か月の 実際の生存期間中央値は 1年前後。
日本人の9割を占める 胃がん 肺がん 大腸がん 子宮がんのような 塊を作るがん は 「治療しても しなくても 生存期間は 変わらない」「延命の可能性は むしろ 無治療の方が高い」
世間にあふれる がんが消えた 奇跡の生還の ストーリーも おできとおなじ「がんもどき」が自然に消えたのを がんが治ったと 吹聴しているだけです。
重粒子線治療・・・X線治療と比べて どこが優れているかは まだ不明。今までより 重い後遺症を 抱えるリスクが 高いです。大摩邇

脳腫瘍で余命1ヶ月と宣告⇒ネットで調べた療法を続け⇒脳腫瘍が消えた!!
バイオ・コンビネーション療法であり、免疫を上げる食品と、腸内環境の改善、活性酸素の消去、血流の改善、これらにより、結局は自己免疫を向上して、自分自身のナチュラル・キラー細胞を活性化させ、この細胞がガンを攻撃し、ガンを消滅させる事が自宅においても出来る事を見つけ出したのです。
 次に阿保徹教授の免疫学入門を読んで、免疫さえ上げる事が出来れば、ガンは治る事を知りました。アメリカは2001年頃にマクギャバン、レポートにより、ガンの原因は肉食にある事を発表しました。さらにゲルソン療法は末期ガンをも治している現実がある事を知りました。それは実に簡単であり、毎日、ニンジンジュースを飲み続ける事である事も知りました。
肉類を全く食べなく、タンパク質は魚と大豆などで確実に摂り続ける事です。生野菜を多く食べ、ビタミンを確実に摂り続ける事です。ただ生野菜は身体を冷やしますから、常に根のものの野菜を煮物を食べ続ける事により、体温を上げなければなりません。温度を少し上げるだけでも免疫力は上がります。
最後は、春ウコンが効果があったと思います。阿修羅

富山県砺波市にある「ナラティブホーム」は終末期の行き場のない人を受け入れる看取りの場である。この施設では延命治療は一切しない。完全に自然な最期だ。そうすると、体はやせ衰えていくが、逆に不思議な現象が色々起こるという。認知症がよくなったり、耳が聞こえるようになったりと、医学では解明できない不思議な現象である。医療に頼らない自然な最期には、本来人間が持っている色々な力が現れてくるのだ。http://blog.goo.ne.jp/hs33_001/

7〜8年前から、アメリカの国立がんセンターは、「がんの予防」を言い始めました。がんを予防するために無農薬有機栽培の野菜・果物・穀類を1日600グラム以上食べろという指針を出した。
筆頭にあげたのがニンニク。ニンニクは毎日食べろと言う。2番目が十字葉野菜。十字葉野菜というのは、ブロッコリーのように茎が十字の形になっている野菜です。キャベツの芯も十字に交差しているでしょう。こういう野菜が2番目にいい。
アメリカは保険会社に健康保険料金を支払っているので、患者が減ることが保険会社に有利になるから。阿修羅

ロシア連邦、中央ヤロスラヴリオンコロジー病院(ガン研センター)にて、五井野プロシジャーによる臨床試験が開始された。
三月六日より医学アカデミー協力の下に行われた合併病併発の最終末期ガン患者の臨床試験の結果、病院の院長は全員(100パーセント)に五井野プロシジャーによる有効性が認められたと発表した。
常人さえ、毎日飲用しても副作用が全くないどころか、生気がよみがえり健康体を保つことが出来る。るいネット

宝酒造によると、テングサやオゴノリなどの紅藻(海藻の一種)や、これらを原料とする寒天に含まれる多糖類(アガロース)から生成するアガロオリゴ糖と呼ぶ天然オリゴ糖ががんを抑制するという。
オリゴ糖は強固な高分子なので,胃酸で分解されず,小腸にも分解菌がいない。ところが,オリゴ糖は大腸や直腸に棲むビフィズス菌が分解しながら大増殖する。飯山一郎

ガンの苦しみは実はガンそのものが原因ではない。身体が病を脱却しようとして必然的に起きている治癒反応【発熱、痛みなど】を薬で抑えつけるので、体がそれに反発して失われた血流を取り戻そうとして、薬とも戦うことになる。血流を増やす反応は強く起こると痛みを伴う。薬とは逆に、「リンパ球移入法」という免疫力を上げる治療を行っている人は、ガンの三大療法を受けた人のような激しい消耗や苦痛を感じることはない。しかし、抗ガン剤や放射線治療と併用している場合は、治癒率が全く上がっていないそうです。

牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品が「がん細胞を活性化させてしまう」。
アジアの女性には乳がんが少なく、欧米の女性に多いことが分かりました。牛乳を止めたところ、がんがおとなしくなってきたというものです。るいネット

ガン10

毎日千回「ありがとう」と唱え続けたところ、末期ガンが消えてしまった。 「ありがとう」を25,000回言うと、なぜか涙が出てくる。その涙が2〜3時間出た後で、再び「ありがとう」を言おうとすると、本当に心の底から感謝の念が湧いてきて「ありがとう」の言葉が出てくる。
途中で、不平不満や人の悪口など否定的な言葉を発した途端に、これまでの「ありがとう」の言った回数がゼロにリセットされてしまうことです。
「ありがとう」を唱え続けた癌患者から、ガンが消えたり、医者から失明を宣告された人が、いつの間にか目がみえるようになったり、手術が必要と言われた子供さんの心臓の穴がふさがったり、信じられないような奇跡が次々と起きたのです。大摩邇
※人の死ぬ時期は、誕生前に高次元の存在と契約した日時であるが、はなはだしく霊性が高まったり、素晴らしい貢献をした場合は、指導霊が高次元の存在に、延命の嘆願をし、高次元の存在は延命を許可する。

抗ガン剤を使ったほうが早く死ぬのなら、なぜその薬が認可されるのだと。基本的に政府の認可というものは、癌が一時的に小さくなったということが証明されれば通るわけで、結果人々が早く死のうが遅く死のうが知ったことではありません。大摩邇

がん細胞に“ありがとう”と真から言えれば、不治のがんも治ってしまう!奇跡でも何でもなく、“ありがとう”と真から言えるようになれば、誰でも知らぬ間にがんは消えてしまうものなのです。
がん患者の相互扶助でがんを自然治癒させてしまうNPO法人「いずみの会」「いのちの田圃の会」に驚愕!
がんは、日本文化「今を感謝して受け入れ、今に集中する」を素直に受け入れれば治るんです。るいネット

癌で亡くなる患者の原因を調べた。それによると80%以上の人が、免疫力が極端に低下し、雑菌等の汚染で全身がカビに覆われて死ぬという実体が判明した。
深在性真菌症として、アスペルギルス、カンジダ、クリプトコッカス、ムーコルなどの接合菌。その症状はがんと同じ。
いわゆるがんとは、細胞の突然変異によって増殖した細胞の組織塊である悪性腫瘍が引き起こすものではなく、真菌の組織塊が、免疫力の低下などで内部臓器内で増殖拡大する現象であるということになる。

人参ジュースや生姜紅茶、腹巻きなどは、体温を上げることを助けてくれました。体温が上がってことで自己免疫力が上がり、自己治癒力が上がったのです。
ガン細胞は、低体温を好みます。35.1℃以下の体温ですと体内が、ガンの増殖場と化します。ガン細胞にも、弱点があります。高体温が苦手なのです。39.1℃以上の体温でガン細胞は死滅します。主事愉津をしないので、体は傷つきません。
朝の体温を36.5℃以上にあげる!だけガンは進行しません。ガンは再発しません。ガンは転移しません。大摩邇

調べたガン患者のうちの、・3分の2は、環境や血統の遺伝は関係なく、遺伝子のランダムな変異でガンが発生した。・3分の1は環境と親からの遺伝子が関係した。という結論となったのです。

日本人のガン死亡の44%はなんとレントゲン検査が原因!??がんになる確率は、発がん原因に暴露した回数(たとえばレントゲン検査の回数)に比例して高まると考えればよいでしょう。
?その状況は、ちょうど宝くじを買う場合に似ていて、何回も繰り返し買っている人ほど、一生涯のうちに当たるチャンスも大きくなるのと同じ。銀河系宇宙人

白米や白砂糖といった精白食品は「ブドウ糖の大量摂取となって、癌細胞を大いに育ててしまう」ことに加え、「体内を酸化させて癌を成長させてしまう」ので、癌患者にとって“超最悪食品”であるのは言わずもがなです!大摩邇

抗がん作用のある食物。,砲鵑砲 ▲ャベツ 4伝陝大豆 ぅ轡腑Ε、にんじん、セロリ、パースニップ(根菜) ゥ織泪優、茶、ウコン Ω縞董∩肝馨麦、豆腐、オレンジ Д譽皀鵝芽キャベツ、トマト、ナス、ピーマン、ブロッコリー、カリフラワー、グレープフルーツ ┘瓮蹈鵝▲蓮璽嵶燹▲丱献襦▲魯奪、タラゴン、オルガノ キュウリ、アサツキ、ジャガイモ、大麦、ベリー類。番号が若いほど効果的。大摩邇

年々増加している小児癌や小児白血病の原因が出生直後に与えられるビタミンKの薬剤である。大摩邇

僕以外の演者はすべて、大学や大学病院のそうそうたる名医ばかりが集まっていた。昼休みだったとき、控え室でみなが雑談的にいろんな話をしていた。いつの間にか話題が抗癌剤の事になっていた。抗癌剤がどれほど効かないかの話を一人がしだすと、皆が具体的な抗癌剤の名前をあげて、次から次にそれがどれほど効かないかを争うかのように、話し始めました。「結局、抗癌剤で治る癌なんて、実際にはありゃせんのですよ」と議論をまとめるように大御所の先生が言い出すと、皆そのとおりだという表情でうなずきました。立花隆、阿修羅

これまでにもがん治療に対する画期的な発見や治療薬はさまざまに存在してきたが、そのどれもが現在の西洋医療にとっては対立するものと見なされるために、病に苦しむ多くの人々を救う前に早々と、その芽を摘み取られて潰されてきたという歴史がある。レイモンド・ライフ博士やガストン・ネサンもそうであり、シモンチーニ医師や、日本でも著名なところでは丸山博士の丸山ワクチンや、五井野博士の五井野プロシジャーなどがある。大摩邇

ガンの最大の弱点は「超小食」〜ガンの最大のエサは「ブドウ糖」。
抗がん剤や放射線治療でどうしようもないくらい免疫力や体力を落とされているところに、ガンの最大のエサのブドウ糖を与えてガンが消えるということがあり得ますか?
アメリカのガン専門医たちは、通常のブドウ糖の点滴ではガンが増殖してしまうことを発見し、逆に、糖分が少なく、たんぱく質が多い点滴を行ったところ、ガン細胞だけを選択的に飢えさせることに成功した。大摩邇

アトピーもガンも、以前には稀だった病気の共通項は代謝異常。原因は簡単、薬によって代謝するメカニズムが狂う。大気、水、食物に含まれる代謝阻害因子が側面支援。大摩邇

西洋の食事であっという間に大腸がんリスクの体に!驚きの研究結果
戦前までは3食が和食でお米、野菜、穀物、魚と食物繊維、ミネラル豊富な食事で現代病など無縁の生活でした。ところが、戦後になってパン、牛乳、チーズ、ステーキ、ハンバーグ、ホットドック、フライドポテトなど肉、乳製品が日本の食卓に並び始め、今では日本人の食文化としてしっかり浸透しました。大摩邇

堀信一の癌のカテーテル治療。動脈塞栓術。癌への栄養補給・動脈をふさぐ治療。末期癌の人も苦しむことなく好転する。足の動脈からカテーテル(直径1ミリの管)を入れ、癌に通ずる動脈まで達する。その管から抗癌剤を入れ癌の栄養補給を断つ。日曜18時30・CBC

がんと闘う最高の武器は免疫システムである。(放射線や化学療法などのような)過酷な医療介入を受けた場合、免疫システムがダメージを受け適切に機能することができずに、身体に備わっている治療の最善の可能性を破壊することになります。
がんを発症した場合、がんを克服できるか否かを決定する最も大きな要因は免疫システムの強さである。
免疫システムを強くする一つの方法には、マンモグラフィーやその他のイオン化放射線への被ばく量を最小限度に抑えることです。
もし乳がんと診断された場合は、ご自身のビタミンDレベルを70〜100ng/mlに保たれることを強くお勧めします。太陽によく当たること。大摩邇

カナダのウィンザー大学の研究チームの研究成果により、セイヨウタンポポの根茎が癌治療に非常に効果的であることが分かりました。化学療法とは違い、タンポポの根茎を使った治療を始めた結果、数日以内に癌細胞が消滅したのです。
タンポポの根茎は、癌細胞を破壊するだけでなく、胆汁分泌を促し、肝臓を浄化し、アレルギーを改善させ、コレステロール値を下げます。
72才男。彼は最後の手段として自宅でタンポポの根茎のお茶を飲み始めたのです。そして。。。4か月後に彼は癌を完治させたのです。大摩邇

がん細胞は39.3度以上で死滅するので、体を温める事はガンに対抗する最良の方法です。もちろん39度の体温を維持するのは、体にとってウィルス感染など異常事態ですので、そうではなく体温を上げた状態を作る・・・という健康法とお考え下さい。
運動する。筋肉量を増やす。半身浴。サウナ。体を温める食べ物を食べる(生姜、ねぎ、唐辛子、他、陽性食品)。靴下の重ねばき。腹巻。35度ではがん細胞がもっとも増殖するので低体温の人は要注意です。
1回の岩盤浴で、AさんとCさんは、10日後も岩盤浴前より、NK細胞の高い数値が持続。岩盤浴の温熱効果が、骨の中の骨髄、胸の中の胸腺、お腹の中の腸管、リンパ節まで到達し 活性化と思われる。
鍼灸施術直後、各種白血球が増加、2・3日その数を保ち、数週間施術するとリンパ球も増  加。各種白血球の遊走速度速く、黄色ぶどう球菌に対する白血球の喰菌力が1.5倍に。
「乳ガン」については十四カ月経ちますと腹八分では五十四匹中十二匹がガンになりますが、腹五分では五十匹中一匹もガンにかからない。
遠赤で土鍋を使用すると9.4と、もっともアルカリ化した。また酸化還元計で計ると、プラス350-500の水道水が50-150程度に還元された。これらから、遠赤クッキングヒーターを使うと明らかに還元力が発揮されることがわかる。
中国トルファン。世界でもっとも海から遠い盆地、夏は摂氏40度の日が40日続くので、火州、熱砂でガンやリュウマチ治療。
直ぐに頭に浮かんだのが、サウナや酵素風呂。家庭では、40度〜42度くらいのお風呂に、毎日少し長めの時間、入浴すれば良いという事になりそうです。大摩邇

ゴーヤ。水にわずか5%に希釈した苦瓜ジュースはすべての4つの膵臓癌細胞株の研究者が厳しく試験した結果、癌細胞の損傷に著しい効力を示しました。瓜は2つの癌細胞の生存能力を90%削ぎ落し、別の二つの癌細胞を驚異的にも98%まで叩きました。るいネット

線虫でがんの早期発見。シャーレの逆端に健康な人の尿を10倍に薄めて1滴垂らすと、線虫たちは尿を避けるように隅に動いていく。次に、がん患者の尿を同じように垂らすと、線虫はわらわらと近寄っていき、約30分後には大半が尿の近くに集まった。阿修羅

奏効率とは、抗がん剤使用後4ヶ月間内に、画像診断上の面積でがんが半分に縮小し、その状態が4週間続いた患者の比率。20%以上で「有効」となる。奏効率が高いと聞くと、「効く薬」と思いがちだが、実はそうではない。抗がん剤は毒性が強いので、投与直後はがん細胞とて一時的に萎縮する。
一度は効いた抗がん剤は、その後「耐性」をつけていく。がん細胞が急速に抵抗力をつけ、自らの遺伝子を変化させて抗がん剤への耐性を獲得するのだ。
今の抗がん剤が効かなくなったらまた違う種類の抗がん剤を投与というのがセオリー。この繰り返しとなる。
その間、猛毒である抗がん剤により免疫力はただただ蝕まれ、体力はどんどん奪われ、更に免疫力が落ちたがための副作用(肺炎、感染症など)によって死に至るという最悪なシナリオとなってしまうのだ。るいネット

ガン細胞が正常細胞に比べて3〜8倍のブドウ糖を取り込む。ガン治療では、増殖を促す糖を投与することはタブーのはずだが、ガン患者にブドウ糖の点滴を行う病院は多い。「医者を見たら死神と思え」との言葉通り、医療業界は患者を食い物にする、私益最優先の邪心業界であることがわかる。
ガンの弱点について。ガンの最大の弱点は「超小食」ということ。もっとわかりやすく説明するなら、「ガンの最大のエサがブドウ糖」ということ。
アメリカのガン専門医たちは通常のブドウ糖の点滴ではガンが増殖してしまうことを発見し、逆に、糖分が少なくたんぱく質が多い点滴を行ったところ、ガン細胞だけを選択的に飢えさせることに成功した。
ガンというものには、白米などブドウ糖に代わりやすいものをたくさん食べてしまうと、増殖と転移が異常に早くなるということです。大摩邇

末期癌の克服。中国人ドクターの食事療法とは、キャベツ、しいたけ、ゴマやかぼちゃの種、豆腐、もやしでできた食事に加え、なすとズッキーニに青野菜を入れたスペシャルドリンクを飲むことです。
また、その食事指導は加工食品、乳製品、全ての肉は一切禁止でした。1日に一回か二回の食事には玄米を食べるようにしました。
サプリメントなども一切やめました。私の中国人ドクターはハーブをとれば十分であるとアドバイスしてくれました。確かによくよく調べると、ビタミン剤にはヒ素や毒性成分が含まれている。るいネット

4百例の自然退縮を分析、その生還に共通する要素を探り当てようとした。結果はどうであったか……。「全員に共通することは、必ず何かの方法を固く信じていたということです。ある人は、人参ジュースが、ガンを殺すと思い続けていましたし、ある人は、グレープフルーツジュースが、また別な人は、高山での生活が、ガンを殺してくれると信じていたんです。
どんな方法を試みるかということよりも、何かをどこまで信じられるかということなんです。信仰で治ることがあるのも、そのためなのです。
どうにもよくわからない治療法にしろ、治っている人たちは「治ることを確信している」ということです。ところが、今の医療では、患者は医者から、「〇〇治療を受けないと、大変なことになりますよ」と脅され、自然と患者は無力感に陥り、絶望してしまう。大摩邇

癌の十箇条。日本ホメオパシー医学協会
ヾ發ある事を全面的に受け入れる事。
癌があるからといって恐れない事。
4盍吃瑤房蠅鬚△憧發亡脅佞鬚垢觧。癌は全身の腐敗を食い止めるために犠牲になってくれた細胞。
ご發隆吃瑤猟砲澆和里あなたに助けを求めている姿。自分の体に自分がいじめてしまった事を謝ろう。
タべたい物を食べ美味しくいただく事。
自分らしく生きる事。そのためには、抑圧してきたことを全部解放する事。感情を出してわがままになる事。止めてきた症状を出す事。
Г笋蠅燭った事、自分が喜ぶ事をどんどんやる事。
┐發自分を 虐めない事。この世的価値観から霊性的価値観に変えていく事。
癌はあるが生きている事に感謝し、今までの生き方を変え、小さな事にも喜びを持って生きる事。
信仰心を持ち、神仏、先祖に畏敬の念を持ち、毎朝祝詞と般若心経を唱えよう。大摩邇

アメリカは日本とは違い、三大療法から代替医療へとシフトし始めて以来、毎年 3000人くらいずつ、ガン死亡者が減り続けています。アメリカでもヨーロッパでもガン治療の主流が「代替医療」か「治療しない」ことによってガン患者の死亡率がどんどん低下している中で日本は…
カナダでは、・ガン患者の 22%に対して何の治療もしない(無治療がもっともガンが治りやすいことが、カナダの研究でわかったため)抗ガン剤治療は、全体の 5%のみ。大摩邇

ジョン・カンジス(JohnKanzius)は、2003年にリンパ腫にかかった。彼はその病気を治したい一心で、腫瘍とガン細胞だけを殺すガン治療法を開発した。その方法とは、腫瘍にナノサイズの金属粒子(金や白金)を注射し、外部から電磁波を照射して金属粒子を加熱し、ガン細胞を焼き殺すというものだった。ガン細胞は熱に弱く、42℃以上で死滅する。
そのとき彼が発明したのがラジオ周波数発生器(RFG)である。そのRFGを使って、塩水に14MHzの電磁波を照射すると塩水が燃えることを発見した。電磁波によって塩水が電気分解され、水素ガスが発生したのである。http://newscience.air-nifty.com/

鶴見式酵素断食療法。癌になったら、毛細血管の所の血の巡りが悪く低酸素状態になる。そこにブドウ糖を与えると癌が大きくなる。活性酸素が癌の餌を大量供給する。
水と塩さえあれば一応、理論的には断食しても3ヵ月半は大丈夫です。断食といっても少しだけ、ジュースとか、おろしたもの。それを摂ると良い細胞ができてくれます。活性酸素を掃除する物質を摂りながら、余り食べないでいると、最後にガンはアポトーシス(自殺)します。るいネット

ガン9

マラリアは致死株を、ガンも確実に死に至るレベルのガン細胞をマウスに植えて、実験しました。結論からいうと、低たんぱく食のエサにしたら抵抗力が強くなっていくことがわかりました。それも、たんぱく質の割合を下げれば下げるほど、抵抗力が強くなっていく。たんぱく質の割合を5%、0%まで減らしたら、全部のマウスが生き延びた。さらには、ガンも転移が消滅していた。

「ありがとう」という感謝の言葉で「癌が治る」という奇跡的な生理現象は、世界の医学界でも認知されています。心身一如という言葉は有名ですが、厳密に言えば、意識は肉体の上位層にあります。ロンドン大学名誉教授のアイゼンク博士の研究では、●性格によって、癌死亡率に77倍も大差が生じる。●性格を変えたら、癌は10分の1以下になる。とまで述べています。大摩邇

現代の「ガンの三大療法」での治療が一段落する頃には、リンパ球の数が激減してしまいます。つまり免疫の戦う力が無い状態で治療が終わる。すると、今度また、ストレスがかかってガンが再度勢いを盛り返した場合、もう身体は対抗する力がなくなっているので、ガンがすばやく進行して手の施しようが無くなる。現代医学の「ガンの三大療法」は、ガンを「根本的に治す」には適さない方法だそうです。ガンを自然退縮に導く自然の力=免疫力を高める方法では、熱が出たり、痛みが出たりする時期が「一時的に来る」が、「治癒」に向かう為に必要なものであると「理解する」事が必要。http://oriharu.net/jprdc.htm

ガンの自然治癒例によれば、ガンに罹患(りかん)後、自然治癒した人全員が、丹毒(急性の皮膚細菌感染症40℃以上の発熱がある)や肺炎にかかって発熱した人だった。以後、発熱により、ガンが治った症例はいくつも確認され、ヨーロッパの自然療法病院では、ガン患者を45℃くらいの熱い風呂に入れたり、アルミホイルのようなもので体を包み熱を加えて体を温めたり、というような温熱療法が行なわれてきた。大摩邇

よもぎが癌細胞を死滅させる!!ヨモギから抽出される、アルテミシニン(artemesinin)と呼ばれる成分が、健康的な細胞1つに対して、1万2,000個もの癌細胞を死滅させた。アルテミシニンは、ただそれだけでも、健康的な細胞の約100倍もの癌細胞を選択的に死滅させることができるだけでなく、抗がん剤よりも34,000倍も正確に癌細胞だけを死滅させることができます。
ヨモギの旬は4月下旬から5月上旬です。是非、この時期、ヨモギ餅やヨモギを使ったお粥など、召し上がってみてくださいね。大摩邇

口腔ガンや咽喉ガンと診断されて、危険な放射線治療を受けなければいけない場合、重曹を水に混ぜてうがいをすることで、放射線を中和することが可能です。重曹は、放射能汚染除去に強い威力を発揮します。 
アメリカのニューメキシコ州ロス・アラモス国立研究所のドン・ヨーク氏は、ウランに汚染された土壌の浄化に重曹を使用しました。重炭酸ナトリウムは土中からウランを分離させて結合します。現時点でヨーク氏は汚染された土壌サンプルから92%のウラン除去に成功しました。」
放射性毒を体内から排出するためには、お風呂のお湯に海塩と重曹を1/2カップずつ入れてください。毎日20〜30分間を約3週間、または、2日に1度、6週間、そのお湯に浸かります。」
体に付着した放射能を洗い落とす方法は塩と重曹ををまぜたお風呂。1〜2カップ塩と1カップの重曹を入れたお風呂に20分間つかると皮膚についた放射能をほぼ落とせるらしい。これは放射線治療した患者やX線を浴びた人に有効とされていた説。外側だけが汚染されているお野菜も同様の洗浄方法で。
重曹水や塩水に30分ほど浸してから水で洗う、という方法もあるみたいですね。野菜も肉も魚も、浸し洗いが有効。洗い方でかなり放射能も化学物質も農薬も軽減できるようです。イチゴのつぶつぶに農薬が集中してるみたいです。大摩邇

9.11事件でのWTCビル救助隊員のうち、25,000人がガンを発症しているそうです。25,000人という数字から推測されるのは、9.11事件勃発時のWTCビルへの航空機衝突直後、事件現場に入った救助隊員の大半がガンに罹っているのではないでしょうか。大摩邇

アメリカでもヨーロッパでもガン治療の主流が「代替医療」か「治療しない」ことによってガン患者の死亡率がどんどん低下している中で、日本は依然としてガン死亡率が増え続けている。今のアメリカのガン死亡率は、1990年代からどんどんと下がり始め、今は1970年代くらいのレベルまでに戻っています。
現在のアメリカでは、約60パーセントの医師が代替医療を推奨している。つまり、抗ガン剤や放射線治療から抜け出したことにより、「ガン死亡者を減らすことにアメリカは成功しつつある」ようなのです。大摩邇

ガンなどの病的細胞組織の表面はプラスイオン帯電物質ですから、そこにある特定の周波数を持つマイナスイオン電子波動を照射しますと、ガン細胞が破壊的な共振作用を引き起こして自滅してしまいます。マイナスイオン電子波動によって病的細胞が次々と破壊されていきますと、免疫力が一気に高くなり、そこから自然治癒力が働き出していきます。http://blog.goo.ne.jp/tres-cerdidos/

西脇院長は日本で唯一、「超高濃度ビタミンC点滴」と「断糖食事療法」を同時に取り入れることにより、次々とがん患者を救っているという。副作用はほぼゼロの代替療法。東京・目黒の小さな病院「ハタイクリニック」点滴を単独でやる場合、週に3回以上を勧めています。合計30回を超えたあたりから効果が見え始めます。早ければ約1カ月で腫瘍マーカーが下がり始め、2カ月半で転移したがんが消えた人がいました。糖質を取ると一番先にがんに“食べられちゃう”からダメ。糖質を断って、がん細胞を“お腹がすいた状態”にして、ブドウ糖にソックリのビタミンCを食べさせる!治療中は肉、魚、卵、豆腐中心の食生活だ。http://www.rui.jp/

メタボリック症候群の治療のために使われている「ジクロロ酢酸(DCA)」を、培養された肺がん細胞、乳がん細胞、脳のがん細胞に作用させたら、がん細胞だけがアポトーシス(自殺)し、正常細胞が残ったそうです。ジクロロ酢酸(DCA)はがん細胞のアポトーシスのスイッチをONに切り替える働きがあるそうです。 http://oriharu.net/

医療産業が度々本当は化学療法は癌の治療として効果がない事を主張しているにもかかわらず、それらの情報は無視し、それを明らかにしようとはしません。
ハーディン・B・ジョーンズは癌患者の予後を25年研究してきた。彼は、治療を全くしなかった患者に比べて、抗がん剤を使った患者の方がかなり早く亡くなっただけでなく、とても苦しんで亡くなっていった数多くの、様々な部位に出来た癌患者さんを診てきました。
ジョーンズ博士の研究によれば、治療を拒否した癌患者は平均12年半生存しましたが、治療を受け入れた患者さんの生存期間はたった3年でした。

日本人に胃がんが多いのは米の研磨にアスベスト(石綿)を用いているせい?Merlissが日本の米研磨に使うタルクを調査したところ、アスベストと同じ物質が8〜30%含まれているのを発見した。

元カルフォルニア大学バークレイ校の内科と生理学の教授の、ハーディン・B・ジョーンズは癌患者の予後を25年研究してきて、世間で言われている事とはうらはらに、化学療法は効果がないと結論づけています。彼は、治療を全くしなかった患者に比べて、抗がん剤を使った患者の方がかなり早く亡くなっただけでなく、とても苦しんで亡くなっていった数多くの、(様々な部位に出来た癌)患者さんを診てきました。http://blog.goo.ne.jp/tumuzikaze2

抗がん剤は、がん細胞だけなら良いが普通の細胞まで破壊するから 良くない ぽっちゃり体型で筋肉質が少ない人なら 効果あると思うが そう言う体型の人はがんにかからず 糖尿か心筋梗塞になるはず 遺伝子も関係あるが 体型が統計上 一番わかるはず 何故か発表されてない。ブログコメント

検診によってがんの発見率は高くなっても死亡率は変わらず、むしろ上がるというのです。それならば、痛い思いをして毎回病院に行って検査するよりも、残された時間を有意義に使ったほうが人生が豊かになると思うのです」大摩邇

ガン治療の代表的薬剤である『抗がん剤』日本では、未だ当たり前に使われている抗ガン剤ですが、2014年、WHO理事会は、2014年5月の理事会で「抗ガン剤を用いるガン化学療法は、極めて危険性が高く、加盟国政府に全面禁止を勧告する」と決議。
一方、大量の抗ガン剤の在庫を抱える日本厚生省はWHOの抗ガン剤禁止ニュースの配信を差し止めたという。
抗ガン剤は、ごく一部の腫瘍は縮小するが、ガン細胞はみずからの遺伝子を変化させ、より凶暴なガン細胞になることは分かっています。抗ガン剤複数投与により、死亡率が7〜10倍になる決定的事実も報告されています。

厚労省が発表する市区町村別の「がん死亡率」。平均を100とした数値だが、がんによる死亡者の少ない自治体を並べてみると、奇妙な一致があった。男性の2位、女性の1位は静岡県掛川市。同じく静岡県の藤枝市、磐田市、浜松市もトップ10に名を並べている。また、埼玉県の所沢市の名もある。いずれも緑茶の産地として有名な場所である。緑茶に含まれるポリフェノールやカテキンが、がん予防に効果があるのだろうか。
米をたくさん食べている町の人は、健康寿命も高い。日本人はやはりパンは合わないのかもしれない。健康な老人になりたかったら、お茶とご飯だ。阿修羅

この方は両胸の乳がんが腰の骨に転移していて近県の癌センターに入院しています。8万円の三井の温熱器を買っていただいて注熱の仕方と注熱する部位などをお教えしました。腰、胸、お腹、甲状腺などです。そして娘さんが毎日病室で注熱されているとのことです。ところがまだ20日も経っていないのにドンドン元気になってきまして、自分でベッドの上に座れるようになったとのことです。
一度に大量の癌細胞を死滅させると、腎不全、心不全で患者が死亡するので、気を付けねばならない。温熱療法は徐々に遣ると大きな効果が出て、癌を必ず消滅させる。
統合医療的手法(AWG、波動水、気功の手翳しによる温熱療法、タヒボ茶等の漢方、針灸、副交感神経を活性化するための呼吸法 [解糖系の無酸素呼吸でなく、ミトコンドリアを使う酸素呼吸]、音楽療法、音叉療法等)が推進されるべきなのである。大摩邇

末期癌から生還した人が行ったこと、“緩榲に食事を変える。⊆N屠,麓分で決める。D彰兇暴召Αぅ蓮璽屬肇汽廛螢瓮鵐箸領呂鮗擇蠅襦ネ洌気気譴心蕎陲魏鬚放つ。Δ茲蠢宛きに生きる。Ъ囲の人の支えを受け入れる。┝分の魂と深くつながる。どうしても生きたい理由を持つ。 http://blog.goo.ne.jp/hs33_001/

ハルダクラーク博士は生物学の研究を通してガンは寄生虫が原因である事実を突き止め、迫害を恐れず発表した。寄生虫に加えてウィルス、バクテリア、あるいは真菌などの徴生物が関与しているものがあり、種類によって多少、対応が異なる。しかし、あくまでもすべてのガンの根底にあるのが奇生虫である。
良心的な自然治療家は、定期的な駆虫が万人の健康に絶対不可欠である事実を絶えず強調してきた。寄生虫を呼ぶような肉類・魚介類の生食いが愚行である事を強調してきた。
仮に抗ガン剤、放射線、外科手術などでガンの増殖が止まったとしても、それはそこに寄生していた肥大吸虫の成虫がたまたま死んだだけの話であり、全くのマグレ当たりである。
ただし、一切のプロピル・アルコール含有製品の使用を即座に停止すれば、ガンは再発しない。
寄生虫の卵が、酒のアルコールでも孵化しやすくなるのは自明の理で、寿司や刺身に付きものの酒は何を意味するか。
寄生虫感染の防止上、一切の肉類、牛乳、魚介類は完全に熱を通してのみ安全性が確保できる。母親が吸虫に感染していれば、母乳を通して幼児に感染する。
肉類は完全に熱を涌すと同時に、ペットの糞尿には細心の注意を払い、ペットに触った後には必ず手を良く洗う必要があるが、加えてガンの原因となるプロピル・アルコール含有製品は避けなければならない。阿修羅

ヾ發箸郎挧ζ發慮恭棒己由来のエネルギー産生装置が、嫌気的解糖作用を亢進させて、細胞分裂を暴走させる現象である。大きな代表的な原因は、過剰なる糖の摂取で、糖の過剰な摂取で、嫌気的解糖作用の亢進が起きる。そもそも、いかなる生命体の生体にとっても糖は相容れない物質である。(生体の糖化のリスク)、るいネット

癌患者においては、1.低体温。2.高血糖。3.体質が酸性に傾いている。以上のことをオットーは、観察の結果発見した。るいネット

現代医学では抗ガン剤や放射線を使ってガン細胞を殺そうとするが、それは同時に人体の免疫力も弱めてしまう。これに対して松浦の「AWG治療」は、マイナスイオン電子波動をガン細胞に作用させてガン細胞を自滅・自壊へと誘い、さらに免疫力を高めてガンと免疫力の力関係を一気に逆転させてしまう。
松浦が開発したこの「AWG」はその先達、ロイアル・レイモンド・ライフとガストン・ネサンの理論と技術を引き継ぎながらも、それらよりはるかに進化したものだった。るいネット

現代医学では抗ガン剤や放射線を使ってガン細胞を殺そうとするが、それは同時に人体の免疫力も弱めてしまう。これに対して松浦の「AWG治療」は、マイナスイオン電子波動をガン細胞に作用させてガン細胞を自滅・自壊へと誘い、さらに免疫力を高めてガンと免疫力の力関係を一気に逆転させてしまう。
松浦が開発したこの「AWG」はその先達、ロイアル・レイモンド・ライフとガストン・ネサンの理論と技術を引き継ぎながらも、それらよりはるかに進化したものだった。るいネット

大麻は癌の特効薬。カンナビディオールは何千人もの患者に、非毒性治療の希望を与える。マリファナに存在するカンナビディオール(CBD)という物質が、がん細胞の成長を遅らせ、腫瘍を育てる細胞の形成を妨げるため、がんやその転移と闘うのに役立つという確信が強まっている。
カンナビスの「一般的な」使用による薬理的、毒物的な影響は、直接的に向精神性物質を摂取することになるだけでなく、熱分解、すなわち紙巻きの「麻薬タバコ」の燃焼の過程で生み出されるその他の物質による脅威に晒されることにもつながる。るいネット

抗がん剤という存在のアホさ加減は、すでに多くの国民の知るところとなっているが、それでも抗がん剤を使おうとする人が医師どころか患者側でもこれだけ多数いることに、日本人の愚かさと洗脳を感じずにはおれない。抗癌剤の多投与グループほど短命。キチガイ医、大摩邇

都立駒込病院名誉院長の森武生医師はこう話す。たとえば、ステージbの直腸がんの場合、5年生存率は欧米では30%程度。だが、これまでに5000例以上の手術を受け持ってきた森医師の実績だと、5年生存率は60%を超える。逆に考えると、経験が浅い医者が手術を行えば、5年生存率はさらに下がる可能性ももちろんあるというわけだ。阿修羅

癌。治るか治らないかは、発見されたときの大きさには必ずしも関係なく、発生したときから持っているがん細胞の性質で決まっているのです。ゆっくりと大きくなるが、周囲の組織に浸潤することも転移することもない"のんびり型"と、小さいうちから浸潤や転移をする"せっかち型"があるのです。のんびり型は放置しても症状も出にくく、命とりにもならないのですが、せっかち型は、早い時期から浸潤や転移を起こしているので治療をしても治癒することがなく、残念ながら長生きもできない。せっかち型を手術するとより悪性度が高まって、急速に再発進行して命とりになることがある。手術をして完治するのは、のんびり型がほとんどなのです。医者にもそれが「のんびり型」か「せっかち型」かすぐには分からない。

1日1杯のカフェイン入りのコーヒーで皮膚癌を抑制。紫外線で損傷した皮膚細胞をカフェインで死滅させ、損傷した細胞が癌化する事を防ぐ。69%皮膚がんが少ない。阿修羅

末期癌

がんの末期から生還した人の共通項目。“緩榲に食事を変える。⊆N屠,麓分で決める。D彰兇暴召Αぅ蓮璽屬肇汽廛螢瓮鵐箸領呂鮗擇蠅襦ネ洌気気譴心蕎陲魏鬚放つ。Δ茲蠢宛きに生きる。Ъ囲の人の支えを受け入れる。┝分の魂と深くつながる。「どうしても生きたい理由」を持つ。

発ガンのプロセスを阻害酵素を含む食品は「生アーモンド」にわずかながら含まれている。エドガー・ケイシーのリーディングに生アーモンドを一日2個ほど採れば決してガンにならないとあります。生のアーモンドはAmazonで簡単に購入できます。 (加熱は有効成分減少) どのような種類のガンにも有効。効きにくいというガン種はありません。末期ガンは5割程度の治癒実績。この医薬品はビタミン剤なので処方箋なくても購入可能ですが、Web上では「取り扱いしていません」と表記されています。名称は「ビオタミン」、「ビオトーワ」この成分が含まれている飲料水は「リゲイン」です。したがって販売目的と違った意味で売れている。ひふみ神示、日月神示

末期ガンの55%が完治する凄い薬があるそうです。三共製薬のビオタミンと、東和薬品のビオワート。ガンの薬ではありませんがどんなガンにも有効だそうです。でもこの論文は、学界で黙殺されているそうです。簡単にガンが治ると、ガンの研究機関が困るからだそうです。医療業界も儲からなくなるからだそうです。

末期癌の告知でウツ状態になることが多いが、発想の転換で心が健康になったから心身とも立ち直ったものと思われる

62才宮大工の頭領、医者から末期の胃がんで余命3ヶ月と宣告される。余命の人生好きな事しようと、頭領は延命治療を拒否し九州の湯治場へ。毎日、温泉三昧の結果3ヶ月たっても生存。そのまま1年間湯治場に滞在し続けた後に帰ると、ガンは完全に消滅していた。
35℃は、がん細胞が最も増殖しやすい温度らしいです。逆に、体温を39.6℃以上に保つと10日位でがん細胞は全滅するらしいです。この位の体温だと正常細胞のダメージはないらしいですので、温泉に浸かることなどは効果的なのでしょうね。

末期癌で余命1年と診断された患者さんの中に何人かは癌が完治した人がいる。こういう奇蹟的な回復を成し遂げた患者さんの行動を分析した医者がいて、その分析の結果、完治した患者さんにはある特徴的な行動が共通して見られた。「それはどういう行動かわかるか?」とおじさんから聞かれ、
「最後まであきらめずに病気と闘おうとしたという行動では。」と私は答えた。「そういう患者さんは残念ながら多くの場合、治らなかった。完治した患者さんのほとんどは、余命間もないと知ってからは、自分の体のことはもういい。自分が生きている間に少しでも社会の役に立てることはできないか、人のためにできることはないか、とボランティアや奉仕活動を一生懸命やって、自分の体のことは考えなかった人たち、こういう人の中に癌が完治した人がいる。」
http://blogs.yahoo.co.jp/k_fujita53625/884375.html
※人は生まれる前の契約で何歳で死ぬということがすでに決まっているのだ。60歳まで生きると契約してあった人は60歳で死ぬ。長生きさせておいたほうが、霊性が進化するとなれば、60歳以上生きれる。他人のためになることをやり続ければ霊性が進化し、延長が許可される。

癌は治る!末期癌でも治る!免疫賦活で速やかに治る!と書いたのは、もう一年半前の話だ!!癌の治療中の患者は8割感染症で死ぬ!!癌では死なないのである!?それは、抗癌剤で、免疫不全を起こすからだ!!大摩邇

末期がんなどの際に神経が傷ついて起きる「神経障害性疼痛(とうつう)」という激痛の原因を動物実験で突き止めたと、福岡大学の高野行夫教授(薬理学)らが英科学誌電子版に21日発表した。脊髄で「CCL―1」というたんぱく質が増えるのが原因。CCL―1の働きを妨げる物質をあらかじめ注射しておくと、激痛を感じなくなる予防効果がある。ヤフーニュース

医師の手を離れた末期癌患者に春ウコンを勧めた. 経験したどの種類の癌にも同じように効いた. 癌ばかりでなく, 治らないと言われている糖尿病や原因が良くわからないシェーグレン症候群やうつ症状などの疾患が, 次々と春ウコンで抑えられることがわかってきた. ウイルスにも, 細菌にも, 自己免疫疾患にも効いた.春ウコンは, 言われた通りに1日30gを3分割して服用したところ, 翌月10日前後のX線検査では, 3cmの白い円形の癌が, 缶詰のパイナップルを斜めから見たように楕円形に黒い切り込みが入り, 中央が黒く抜けた状態となってきた。春ウコン研究会

転移した末期がんにも効く 世紀の発明! がんの特効薬(FAS阻害薬)これで本当にがんが消える。阿修羅

栄養素療法。免疫力の差なんですね。免疫力や治癒力が高ければ、絶対癌は退化することが可能。免疫力や治癒力を上げていくのは何かというと食べ物でしかないんだ。まず一日13杯の人参ジュースから始まるんですね。栄養補助食品はもちろん採りました。完全無農薬の生野菜、煮たり焼いたりした野菜、果物ですね。それから青汁を飲んだり。末期癌の人が二か月で健康体になった。

ガンの原因の35%は食事、30%はタバコであると言われています。その他のアルコールや食品添加物なども加えると、ガンの原因の70%はあなた自身で選べる条件なのです。ガン細胞を消滅させるには、この「免疫力」のスイッチを入れてあげるだけで良いのです。私が「たとえ末期ガンでも、手遅れということはありません」と言っているのはこの為です。http://www.gankaifuku.com/

リボ核酸「マイクロRNA」の一種を悪性がん細胞に導入すると、正常な細胞に変化する。たんぱく質の情報を持たない小さなリボ核酸「マイクロRNA」の一種を悪性がん細胞に導入すると、正常な細胞に変化することを、鳥取大の三浦典正准教授らの研究グループがマウスの実験で発見した。末期がんなどの治療に応用できる可能性があるという。wanton

飼っていたトイプードルが医者に「余命三ヶ月の末期癌」と診断されるほど酷い状態だったのに、知人から貰った「ビワの種の粉末」をそのペットに与えてみたところ、数週間ほどで癌が治ったようなのです!ビワの「種」にはビタミンB17が豊富に含まれている。ガン治療の専門医であるジョン・A・リチャードソン博士は「ビタミンB17はすべてのガンに100%近い制御率を示した。猛毒の物質に変化するので、ビワの種を食べる際には、アミグダリンが除去された種であることが好ましい。銀河系宇宙人

ガンの最大の弱点は「超小食」ということ。 もっと分かりやすく説明するなら、「ガンの最大のエサがブドウ糖」という事。現代医学(特に日本)は、 いまだ末期ガンで口から食物が入らなくなってきた方にブドウ糖の点滴をしています。るいネット

末期癌患者が獣肉を食すことは命を捨てる自殺行為に等しい。

ガンになる原因の6割は心にあり、ガンを治す力の6割は心にある。良い言葉(言霊)を繰り返し口に出して「治った心」を作れば末期からでも生還できる。いずみ会

神経波磁力線で末期癌患者も三ヶ月ぐらいで癌が消滅する。脳性小児麻痺も神経波磁力線を1ヵ月使ったところ、歩けるようになった。リュウマチが1週間で回復したとか、病気で難聴になっていたが神経波磁力線をかけたら、すっと聞こえるようになった。政木、大摩邇
神経波磁力線は空気エンジンの一部を使ったもの。わずか60Wから出力1万Wの神経波が発生する。同じ周期の信号を連続して与え続けると、人間の体には必ず弊害が起きる。人間の神経と同じ波を、時間を変えて与えると、筋肉や神経は疲労せずに、細胞は活性化される。政木和三
※神経波磁力線発生器は、厚生省が極めて役立つものであるのに不認可にしたので今は売っていない。オークションなどで中古品が売られている。

食べもので一番身体に悪いのは牛乳なんです。牛乳を飲んで育った人が病気になる確率は、飲まない方に比べて20倍。末期癌患者には丸山ワクチン。大摩邇

末期癌から生還した人が行ったこと、“緩榲に食事を変える。⊆N屠,麓分で決める。D彰兇暴召Αぅ蓮璽屬肇汽廛螢瓮鵐箸領呂鮗擇蠅襦ネ洌気気譴心蕎陲魏鬚放つ。Δ茲蠢宛きに生きる。Ъ囲の人の支えを受け入れる。┝分の魂と深くつながる。どうしても生きたい理由を持つ。 http://blog.goo.ne.jp/hs33_001/

ケフィア(ケアミン)。末期癌にも効く不老長寿食。多くの乳酸菌が混合。
プロポリス。  数百種類の成分を含む。数種類の抗癌物質を含む。ある濃度では癌細胞が死滅し、濃い濃度では正常細胞も死滅。末期の乳ガンも患部にぬったり服用したりすると治る

ガン8

殆どのガンは重曹で治るそうです。私が薦められたうがいの方法は、小さじのスプーン一杯に、ヤクルト1本分の量ほどの水で薄める事です。取り敢えず重曹でうがいを行い、20%に薄めて少量飲むことを薦められました。るいネット

「細胞のがん化」は必要に迫られて起きているとも考えられます。つまり、体内が危機的な汚染状況におかれた場合に、がん抑制遺伝子が機能停止し、がん(原)遺伝子が始動して、細胞のがん化による浄化措置を行っているということです。大摩邇

白血球とガン腫の両者には、活性酸素を大量に発生させ有害物や病的細胞を処理するという共通点がある。胃ガン→吐血、肺ガン→喀血、大腸ガン→下血、腎臓・膀胱ガン→血尿、子宮ガン→不正出血等々、ガンの特徴的な症状としての「出血」があるが、それは血液の汚れの浄化反応の表れと考えてよい。
がんの原因は除草剤と農薬!がん細胞は肝臓を守るための浄化装置だった。大摩邇

ガンをはじめ、すべての病気は「人体の酸化現象」として捉えることができる。したがって、人体を構成する細胞一つひとつの「酸化状態」を改善しない限り、ガンは治らない。
にもかかわらず、現代医学は、手術で人体を切り開くことにより、内臓まで空気にさらして「酸化」させ、その上、手術中には「酸化力」の強い「麻酔剤」の投与や「輸血」を行なう。おまけに、手術のダメージからまだ覚めやらぬ患者の身体に、これまた「酸化力」の強い「抗がん剤」や「放射線」を浴びせかける。これでは、まるで「酸化のフルコース」である。
「ガン患者の身体は、もともと酸化している」。むしろ、「酸化したがために発ガンしたのだ」と言える。それなのに、その患者さんに強い「酸化作用」を持つ「抗がん剤」や「放射線」を浴びせかける。だから、「毒の上塗り療法」としか言いようがない。大摩邇

がん。癌にはアルカリが有効。アルカリのうち重炭酸ナトリウムを使った理由は、それには強力な殺菌力があり、薬物とは違い、カンジダはそれに「適応」することが出来ないからです。るいネット

ガンになってから、自然治癒した人全員が、丹毒(急性の皮膚細菌感染症40℃以上の発熱がある)や肺炎にかかって発熱した人だった。大摩邇

ガンが死滅する39・3℃の熱を光や音の周波数に変換出来ると奇跡が起こせる!。大摩邇 ※癌に特定の周波数の電磁波を当てると、癌細胞の温度が上がり、39.3度以上になるとその癌細胞は死滅する。

生化学博士エルネスト・T・クレブス鏡い蓮◆屮ンの原因はビタミンB17の欠乏症にある。腫瘍はその防御反応があらわれるためである」として、ビタミンB17を用いたガン治療を提唱しました。また、アメリカのガン治療の専門医ジョン・A・リチャードソン博士は、「ビタミンB17はすべてのガンに100%近い制御率を示した」として、250例中、248例に効果があった臨床報告を発表。
アミグダリンは、、健康な細胞に対しては必要な栄養素となり、正常な代謝活動を向上させ、ガンの発育を間接的に抑制させる働きを持っています。それと、ベンツアルデヒドが無害物質に中和するとき、モルヒネ以上にガンの痛みを和らげる力も持っています。
ビワの生葉75gを金属性の円筒の中で加熱し、円筒の先から出る熱せられたビワの葉の成分を含んだ蒸気を、家兎の腹部に約9センチのところから吹きつけるというものでした。この実験の結果、濁った血液がわずか5分でアルカロージス(弱アルカリ体質)に変わり、骨組織も体内臓器も健康になり、体重が増えることがわかりました。
青酸というと「猛毒」と思われがちですが、ビワの葉のアミグダリン青酸配糖体は不活性の安定した物質で、青酸だけが遊離した状態で存在しているわけではありません。
大摩邇

胃がんだけではなく、白血病や乳がんなどを除くと、がんが再発した場合、抗がん剤を使うことによって延びる命は、だいたい数カ月と言われる。入院も必要だし、生活の自由は大幅に制限される。その犠牲を払って得られる延命効果が、たった数カ月。
癌新薬の厚生省認可。がんの大きさが半分以下になって(がんが消えるのではない)4週間、新たな転移や再発のない患者が、5人に1人以上あれば認可される。5人のうち4人が効かなくてもよい ということ。効いた1人も、4週間以後に悪くなってもいいということだ。これで果たして「効く薬」といえるのだろうか。大摩邇

癌に最適な食事は玄米。体を異化作用の状態にする為には断食が効果的です。しかし、断食では1〜2か月しか持たない。玄米食と塩なら異化作用の状態にすることができる。玄米と塩で3〜5年は間違いなく異化作用を持続し続けることができます。るいネット

免疫を抑えれば、がんは猛烈に増殖する。免疫を抑えれば、がんの再発率は跳ね上がる。免疫抑制剤であるステロイドホルモンを投与すれば、がんにとっては、最大の敵である免疫が弱められる訳ですから、勢いを得るのは当たり前のことなのです。銀河系宇宙人

癌は最も治し易い病気。同化作用の延長線上にガンがあります。なぜかというと、私達が食べた食べ物の中に沢山の毒素が含まれているからです。これも年々歳々ひどくなってきています。
体を異化作用に傾けるとガン細胞は消える。異化作用とは、簡単に言うと断食です。有害性の大きいものから先に排除されていくのです。第1番目にガン細胞が排除され、2番目には有害が化学薬剤です。
体内に蓄積された、“毒素の刺激”によって、赤血球やリンパ球が融合し合うことで、ガン細胞に発展していく。ガン細胞が赤血球とリンパ球に逆戻りしてくれれば、ガン細胞は消えてしまう。るいネット

癌になったらなるべく病院へ行かないように。治療方法が間違っているから。
がんは細胞内感染によるミトコンドリアの栄養障害で起きると言っている西原克成さん。
ジョン・ホプキンス大学の医学論文で、水虫の薬を服用するとがんが縮小すると書いてある。大摩邇

ナノマシンが体内病院を実現する。今、一人の工学者の作ったマシンが医療の世界で注目を集めている。抗がん剤を包んだ一種のカプセルで、血液中に流すと、がん細胞とぶつかった際にだけ、その細胞膜の中に取り込まれ、関係のない細胞を傷つけることは一切ない。東京大学の片岡一則教授の開発したそのカプセルはナノマシンと呼ばれている。http://wired.jp/special/2015/nextworld/

前立腺がんは日本人の男性がんの罹患者数で4位ですが、2025年に年間10万人を超え、1位になると予想されています。男性ホルモンであるアンドロゲンにより発症、増殖するがんで、進行がんではアンドロゲンの分泌や働きを抑えるホルモン剤が薬物治療の第一選択薬となります。阿修羅

認知
約15万人について調べると、胃の上部3分の1に発症したのは258人、その下の部分に発症したのは1412人で、下部胃がんについては、野菜を最も多く取った男性は、最も少なかった男性に比べ、発症の危険性が78%に下がった。男性より野菜を多く取る女性については差が見られなかった。阿修羅

シモンチーニが重曹でガンを治しているのは、カンジダ菌を殺菌しているから。重曹液の点滴で乳酸アシドーシスを治している、という事実はまだ書かれていません。ヨウ素にしてもMMSにしてもセシウムにしても、アルカリによる殺菌作用でガンが治っている。日本では情報が足りない、情報がコントロールされている。アメリカでは、セシウム療法で多くの人がガンを治している。酸性に傾いたガン細胞周辺を、セシウムが最も効果的にアルカリ性に戻す。大摩邇

ガンになる原因の6割は心にあり、ガンを治す力の6割は心にある。良い言葉(言霊)を繰り返し口に出して「治った心」を作れば末期からでも生還できる。いずみ会

慢性病は意識がつくり出している。怒りや恨みや憎しみなどの感情を持つと、それが悪い遺伝子を活発にしてしまい、ガンや心臓病の原因となる炎症を起こす。一方、喜びや愛、他人の成功を喜ぶという感情を持つと、良い遺伝子が活発になり、身体は病気にかかりにくくなって、肉体年齢も若返る。
最新の脳研究の成果として、意識(心)で脳を上手にコントロールして「使う」ことによって、良い遺伝子が活発になり、身体は病気にかかりにくくなって、肉体年齢も若返る。素晴らしい人生を築くことができることが判明してきました。いずみ会。http://www.izuminokai.or.jp/kaihou.html

「癌は治る」「こうすれば早期発見」「名医はここにいる」などと放送はするが、癌の根本原因について触れないのは、スポンサーの食品会社に配慮するから。これもメディアコントロール。食品添加物が大きな癌原因になっているけれど、それに触れると食品会社の広告が減るから、それを言わない。銀河系宇宙人

私は 泣くことさえ、自分に許していなかったのです。「自分を許さない気持ち」 が、私の体内にガン細胞をつくった一因であると、ずっとあとになってわかる。「今の私はガンだけど、けっこう幸せじゃん!」と思えるようになりました。生きていることに感謝するようになった。「もういいよ。いままで、よく頑張ったね」と声をかけました。私は はじめて自分をいたわったのです。生理の経血のなかに黒い血の塊がありました。癌は治った。るいネット

余命1年、“遺言”を本誌に語ったドクター・中松氏が、飲んで食べて治す「がん撲滅食」の新発明を発表!(週プレNEWS)癌に効く食べ物を発明した。癌撲滅ロボットを発明し癌を克服する予定。一見すると、86歳という年齢を考えても元気すぎる様子。阿修羅

  抗癌剤
もっとも多用されている抗癌剤のルーツは、化学兵器の「マスタードガス」。発癌死亡率は通常の41倍。肺癌は50倍。それを抗癌剤という薬に仕立てたのはロックフェラー財団。それを作り出した研究者はノーベル賞を受賞した。
  SPAマーカー
これは前立腺癌の指標だが、米国政府機関が「無効」と断定。理由は「誤診を招く」とは! 同じく乳癌検診のマンモグラフィX線検査も否定された。この検査は発癌リスクがある。
  CT検査
日本の癌患者の10人に1人は、CT(コンピューター断層撮影)によるX線被爆で発癌。被爆X線量はレントゲンの最低でも300倍。精密検査や3D撮影は被爆量が青天井となる。
  癌判定のあいまいさ
現代医学に癌細胞の定義はない(近藤誠医師)。細胞病理医は朝に癌と断定した標本を、夕方には「癌でない」と言ったりする! 知らぬは告知される患者のみ。
  定期健診 
「発癌性の危険のある胸部X線検査を国が強制している。もし拒否すれば雇用主は罰金で、拒否した従業員は解雇。これらの健康診断に、予防効果は一切ない」岡田正彦
  3億円抗癌剤
もっとも高額といわれる抗癌剤「ペグイントロン」は、1グラム3億3170万円だ! 超猛毒であり、原液を打ったら即死。売り上げは国際医療マフィアに。
  前立腺癌
日本人では悪性はわずか2%。残りの98%は良性(いわゆる「癌もどき」)。前立腺癌は菜食・小食で改善する病気なのだ。
  ニセ癌告知
早期胃癌(欧米では「異形上皮」とされ、癌ではない)、大腸粘膜癌(同じく「異形成」で無治療が普通)、ポリープ癌(やはり「高度異形成」)。日本人の患者は騙されている。
  乳癌
ただの乳腺症を”乳癌”とだまして乳房を切除する悪徳医が横行している。全摘は”証拠隠滅”のため。子宮癌も9割は良性”上皮内癌”なのに全摘されている。
  無治療のすすめ
「癌治療を受けた人の余命は3年、受けなかった人は12年6ヶ月。4倍以上長く生きる」(H・ジェームズ博士) 抗癌剤、放射線、手術で癌患者は”殺される”のだ。
  輸血発癌
輸血の42%は癌患者に行なわれている。輸血は臓器移植と同じ。免疫力を低下させるので発癌、再発を促す。喉頭癌では輸血組は再発が4・6倍増になった。
  マイロターグ 
白血病患者に打つファイザー社製の”抗癌剤”。「患者の90・5%が死亡」という超猛毒。海外では全面禁止、日本では野放し。1グラムなんと4800万円の猛毒!
  安保理論
癌は低血流、低酸素、低体温で起きる。癌細胞はエネルギー源を酸素から解糖系に変えて生き延びる原始細胞だ。だからストレスを避け、血流、酸素、体温の改善で治る
  マクガバン報告
米国人は「高カロリー、高たんぱく、高脂肪、高精白、高砂糖」の”5高食”で癌になっている。(米国議会上院栄養問題特別委員会。膨大な調査報告書 1977年)
  デヴュタ証言
抗癌剤の投与で、癌細胞は遺伝子(ADG)を変化させて耐性を得て、抗癌剤を無力化する。化学療法は無効だ。(米国立癌研究所・NCIのデヴュタ所長の議会証言 1985年)
  米国東海岸リポート
肺癌患者743人を調査したところ、2、3種類の複数抗癌剤投与群は、単独投与群より死者数が7〜10倍! 中でも3種類群がもっとも早死にした。縮小癌も3種類群は5ヶ月から8ヶ月で再増殖した。
  NCI報告
抗癌剤には強烈な発癌性があり、癌患者に二次癌を多発させる(米国立癌研究所 1989年)。米国政府は3大癌療法(抗癌剤・放射線・手術)は有害無益であると結論づけた(米国議会癌問題調査委員会報告 1990年)。
  チャイナ・スタディ
摂取する動物たんぱくを、10%から20%に増やすと発癌率は11倍。5%を20%にすると約20倍に。動物たんぱくは、史上最悪の発癌物質である(2005年)。zeranium

末期癌患者が獣肉を食すことは命を捨てる自殺行為に等しい。
癌細胞は酸性で、健康な細胞はアルカリ性! すべての病気は、体内が酸性であることが根本原因! 重曹水は、癌の「酸毒」を中和する『制酸療法』である!
アメリカ政府は、癌の三大療法(抗がん剤・放射線・手術)が本物の癌を発症させることを認める。ガンの三大療法を否定し始めたアメリカ。
腸内がアルカリ性の時に悪玉菌が繁殖し、酸性の時に善玉菌が繁殖する。
日本の癌医療は、世界的に理解されている食事療法・少食療法・断食療法・免疫療法などの自然療法は「癌を治す根拠が無い」と一切無視して、化学療法だけを通常療法としているのです。
生活習慣病とは慢性的な『乳酸アシドーシス』である! ビタミンB1を不足させない! 【癌細胞とは、「乳酸」が蓄積して『乳酸アシドーシス』を起こしている細胞である!http://cancer-treatment-with-diet-cure.doorblog.jp/

癌温熱療法。360度あらゆる角度から癌腫瘍に焦点を合わせて遠赤外線を照射できる仕組みを作る必要がある。http://yaplog.jp/kenchicjunrei/archive/92

「AWG」電子波動照射機での癌治療は効かない場合が有る。電子を亜光速までスピードを高める必要がある。http://yaplog.jp/kenchicjunrei/archive/92

乳がん発見のためのマンモグラフィーは放射線を使うので、かえって乳がんにかかる率を上げてしまっている。zeranium

重曹の20%水溶液でガン細胞を消滅させることが出来る。患者は直ちに病院を退院して、4、5日〜1週間までの絶食をして、重曹の20%水溶液を飲む必要がある。しかし、野獣生活に近い人間が哺乳動物を殺した死体の肉:牛肉、豚肉等を食べるな。野菜と魚を食すべし。時に鶏肉を食しても良い。http://tatsmaki.at.webry.info/

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事