全体表示

[ リスト ]

 爬虫類は、双弓類、単弓類、無弓類に分類されます。頭蓋骨の眼窩(眼球が入っている孔)の後ろに孔が二つあるものが双弓類、一つだけのものが単弓類です。無弓類は絶滅しました。
ヘビ、トカゲ、ワニ、カメ、そして恐竜などはすべて双弓類で、哺乳類型爬虫類も現在の哺乳類も単弓類に属します。
恐竜やトカゲの祖先の双弓類の最も古い化石はスコットランドで発見された3億4千万年前のウエストロシアーナ、あるいはカナダで発見された3億1500万年前のヒロノムスという体長30cmのトカゲのような小動物だとされています。
  爬虫類➙双弓類(恐竜、亀、ワニ、トカゲなど)
           ➘単弓類(哺乳類型爬虫類―盤竜目➙獣弓目)➙哺乳類
イメージ 3
 一方、哺乳類型爬虫類の最古の祖先は、3億1千万年前のアーケオシリス、全長60cmほどのイグアナに似た動物です。あまり知られていないことですが、哺乳類型爬虫類は石炭紀の末からペルム紀末までの約5千万年の間、後代の恐竜と変わらぬほど世界中で大繁栄しました。
イメージ 1
イメージ 4
 
哺乳類型爬虫類は盤竜目と獣弓目に2つに分類され、先ず盤竜目が繁栄します。その中で最も良く知られているのは、下図のディメトロドンです。全長約2mで巨大なトカゲのような姿。体を暖めたり、冷やしたりするために用いたと思われる巨大な帆を背中に持っています。このディメトロドンは恐竜と勘違いされることがありますが、哺乳類の祖先なのです。
 
盤竜目はやがてすべて絶滅し、盤竜目の中から進化した獣弓目がその後を受けて大繁栄します。獣弓目の中には最大で体長5〜6mと、象ほども巨大なもの、下図のエステメノスクスのような奇怪な姿のものなどが化石となって多数発見されています。このようなグロテスクなものが私たちの祖先であると言われても受け入れ難いと思われるかもしれませんね。
でも、このグロテスクな種類は我々の祖先とは言っても傍系であり、リカエノプスの方が直系に近い種類です。哺乳類動物の姿に多少は似たリカエノ プスが属するテロケファスル下目から哺乳類が進化するのです。
余談ですが、単弓類であるヒトの頭骨には孔(側頭窓)が一つだけあります。しかし、巨大化した脳がはみ出ないように内側の骨が孔を塞いだために、孔が浅い窪みのように変化しました。その窪みに側頭筋(こめかみの筋肉)が納まっています。私たちの頭蓋は、3億年前のディメトロドンの頭蓋にあった1個の側頭窓をヒトは形を変えて引き継いでいるのです。
 
 
イメージ 2
 
 
 
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事