全体表示

[ リスト ]

ここんとこご無沙汰で、、、体調不良でしてね。 過酷な オークション出品 梱包 発送 取引先との交渉 仕入れ 商品テスト の流れに戻るまでもうちょっとお待ちください。
 
 とはいえ取引先との交渉 仕入れはぼちぼちやってますので、商品はそこそこにある。
で、近いうち出すつもりなのが
イメージ 1
 
 107で定番のメーカーのおてごろアルミシリンダーの50mmタイプを使ったホンダ純正部品をふんだんに使った100キット
俺的には69mmシリンダー49.5mmクランクユーザーにとっての 日本1週キット的な感じ。 7cc我慢する分 ピストンやメタルヘッド、ベースガスケット類を贅沢に本物のホンダ純正にしてみた。
 
 ん? 何で純正の鉄シリンダーではないかって? だって純正鉄の箱がしょぼい割りに本体の重さがあるんで、輸送中にボコボコになるから。過去の経験から言って破損率50%を超える、、、から。
 ホントは100や107なら鉄のほうが静かだし、よっぽどいいんだけど、、、。無論放熱効果は落ちるだろうが、実際のとこ一般用途では全く 鉄で問題ない。
 
まあ、一方で、このアルミの中華製造元も、ハイクオリティーでもなんでもないんだが、過去なんら問題が起きたこともなく、性能もよく、しかもハイクオリティーではないといいつつ、仕上げ色がよく、くみ上げたときの見栄えはすばらしく、安いしね。 まあ、これはこれなりにいいと思うよ。 無論、何でもいいといってる訳でないのはくどくど今まで言ってきたとおり。 シリンダーは稼動部分がなく、それなりの精度さえでてればいいから使ってるだけ。 稼動部分の多いヘッドやミッションは 純正パーツや俺が製造元に直で相談 製造依頼したものしか扱ってないことからもわかるだろう。 稼動部分がなくともスタッドボルト等、中華だとすぐ捻じ切れちゃう アルミ品質が悪いとすぐ割れるカバー類のようなパーツも理屈は同じ。
 
おっと、今日話したいのはこういったことではない、、、
 100cc以上だとどうしても ボーリング ってやつが付きまといますな。 面倒です。 高いです。 加工に出してる間バイクに乗れません。  
 CD90クランクケースでさえ開口部はせいぜい平均56mm、50カブ系だと54mm強から55mm弱、、、、ちなみに90ケースも50ケースもホンダ純正ケースはものすごくこの直径にブレがあります。 50ケースに限って言えばだからこそ各社外メーカーは52mmの1mmスリーブつまり53mm
イメージ 4(シリンダー本体よりのとこはもう少しさらに広め
 C100純正シリンダー、写真だとわかりづらいが、根もとは54.4mmくらいある)
までしか出さないわけだし、 90ケースだって、一応俺が扱ってるケースは平均56mmだけど、うわさでは、物によっちゃ最大径54mm強しかない C100EXのシリンダーですら加工なしで入らないものもあるそうだ、、、、、、 てか、みなさん何の話かわかってますか?  スリーブとケース開口部は最低1mmのクリアランスが必要って話で、 かつ52mmt+1mmスリーブだから53mmあいてりゃいいという解釈は成り立たないという話ですよ。 わかりやすくたとえれば、53mm径の1mmスリーブのシリンダーがあったとして、カブ50ケースが最低でも54mmはあるにせよ、これじゃあ最低必要なクリアランスは取れませんよということ。 当然52.4や52.5mmなら殆どの場合はまるかもしれないが、やはりNG。ぴっちり入ってもクリアランスが取れなきゃ意味がない。てかやばい。危険。
イメージ 3要するに純正ケースのぶれもふまえて 確実に50ケースに入るのは52mmまでということ。 でなきゃ海外ホンダ純正で昔から幅広く使われてる52.4がとっくに大手社外のスタンダードになってますって。
右写真は右ケース部。左は54.5mmくらいしかない。文句を言っちゃいけない。ホンダ純正品だってただの大量生産品です
 
 で、まあその対応策としてゲタキットなるものがあるわけですが、、、つくづくよくあるパターンで、 ゲタキットご購入いただいたあとで52X63のシリンダー買う方、、、多いっすね。 それはそれでいいんだけど、せっかく50X69mmキット出すし、しかも純正パーツ込みでお安いんで( クランク、100キット カムチェーン スタッドその他必要部品込みでゲタキットと同じくらい) 上記の事情でわざわざ52X63mmキットを買うくらいなら、どうだろう、リスクはあるが、自家ボーリングしてみては? というのが今回のテーマだ。  
 では詳細に移ろう。
 まず、ポイントとなるのは、
 1. 50X69mmシリンダーの最大外径はホンダ純正も マニアックアルミも54.2-54.4mmくらいある。 何で50mm内径でこんなにスリーブが厚いんだと文句を言っちゃいけない。 厚いからピストン打音が静かだし(特に鉄シリンダー) 耐久性も高いんだ。
 2. 一方で50クランクケース開口部は54mm中盤前後。どんなに運がよくても55mm以上はない。
 ということ。 が、一方で必要となるクリアランスは55.5mmほどもあれば、言い訳なので、工夫次第では自分で加工できるんじゃないか? と思えなくもない。 精密に2mmも3mmも削るのは大変そうだが、全体に0.5mmも削ればつまり+1mmが可能なわけだ。
 
 が、とにかく本来プロの内燃機やさんのお仕事、 たとえリスクは承知の上、しかも0.5mmづつの削りにせよ細心の注意を払い、奥のほうまで削れる、かつ手軽でかんたんな 安上がりなツールが求められる。
 
 で、あるんですわ、ええものが。 イメージ 5
普通にDIYなんかで売ってますね。
 
 
50mm直径で5Cmくらい奥行きがある。 この作業にぴったりだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6 ブログの字数制限に引っかかりそうなんで手短に行く。
 外側入り口だけでなく、内側の出っ張りも均等に削ること。 スリーブは殆どクランクシャフトに当たらんばかりの距離まで入ってゆきますんで。 ただし、シャフト固定部回りは絶対に削らないこと。
 
 力を入れないように 慎重に。均等にだ。 そういう意味でもこのサンドペーパーつきローラーは都合がいい。 無理に力を入れてもペーパーが滑るんで。
 
 
 
 
イメージ 210分間くらいシャリシャリやった結果がこれ。
 
うーーーん 必要以上にプロな仕上がり。ナイスだ。
 無論クリアランス、サイズは文句なし。
 
 たとえばこれが内径54mm径 スリーブ1mmシリンダーとかだと、いやおうなしに最低でもケース側56.5mmくらいに拡大が必要になるんで、そうすると自己責任、かなりリスキーな作業になると思っているが、全体に少し削ればセーフゾーンの内径50mm外径54.4シリンダーは、わざわざ内燃機やさんにお願いするほどかなとも思えてくる、、、
 
 
 
字数がやばそうだ。 続きは後日。 注意点とかあるんでね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(5)

顔アイコン

おー、こんな工具があるんですね。
直径15mmくらいの小さいのは持ってるんですけど。
あの時言ってくれればリューターで削らなくても良かったのに。

ホームセンターに行って見てこよう。
今度C90のケースに105CCぶち込みますんで、この方が綺麗に削れそう。 削除

2011/3/8(火) 午後 10:21 [ 嫁の運転手 ] 返信する

顔アイコン

この作業のネタ、もとは運転手さんの作業を見せてもらったとこからきてるので、元祖は運転手さんのほうですね。パクラセテ頂きました。 15mmでしたっけ? てっきりもう少し大きいのをお持ちかと思ってました。 工具の50mmって大きさはポイントですね。

2011/3/10(木) 午前 7:40 maniacmoto 返信する

顔アイコン

なんだネタ元は私だったんですね。

何しろ金がね〜もんですから、自分でやるより他無いですわ。
その代わり、リスクも失敗も自分持ちです。
もちろん失敗しても文句なんて言いません。

put*ko*nyu*nyu さんもおっしゃってるとうり、自分でやって見ると面白いし勉強になると思います。

結局、自分でやってみないと身につきませんからね。
習うより、慣れろ。です。

2011/3/10(木) 午前 10:09 嫁の運転手 返信する

顔アイコン

実践しました。私のケースは、段差が激しく、サンドペーパーで削ることができる状態ではなかった。初めに段差修正、その後仕上げにペーパーが掛け、経の微調整・取り付け確認で完了した。私のケースはC90でした。

2011/3/29(火) 午後 2:07 [ yuu*in*os*toku* ] 返信する

顔アイコン

どうも純正ケースの開口部段差は、、、90系ケースのほうが報告が多い気がします。55mmもなかったとか、段差がすごいとか。 思えば50の純正ケースは社外の52mmシリンダーが、ほぼ全員問題なく入ってると思うわれ、、うーん、しかし一応キタコの虎の巻にも50ケースも段差があってまれに要加工のものがあるからチェック、と書いてあった記憶が。88ユーザーとかカジュアルユーザーが多いので、とりあえずスリーブが入ってしまえばよかろう的なことをする人が多いだけで、実際はやはり段差ありのものもあり、単に報告がこちらにあがってこないだけなのかもしれませんね。

2011/3/29(火) 午後 7:37 maniacmoto 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事