全体表示

[ リスト ]

意外なほどかんたんに10分くらいで きれいにできたボーリング、でもエンジンいじりに慣れてない人、工具がそろってない人にはある意味危険な作業だ。 その辺をくどく念押ししておきたい。
 
 まず50カブクランクケースのボーリング作業について言えば、
 
 1. あくまで50mm系のサンドペーパーつきローラーがあったから俺だってやってみようという気になったのだ。 リューターあたりでカリカリ削ろうとしたら、、、大変というか不可能だろう。均等に削れるわけがない。きちんとクリアランスを取らなくちゃ意味がないし削りすぎもよくない。
 
 2. 奥まできちんと削るようにすること。入り口だけ削っても意味がない。奥のほうが削れてなくて、接触してたり、 あるいは1mmクリアランスが取れてなければ大変だ。 0.5mm以下だとエンジンがあったまったら接触するやもしれぬ。 金属の熱膨張率はたかいからね。そうなるとスリーブに無茶な圧力がかかるから大変だよ。 ちなみにオークションに内径52.4mm外径54だか54.5だか忘れたが、、、のスリーブのボアアップキットをボーリング不要と謳って売ってる販売者がいるとのお客様情報があった、、、、、、 ホンマにアホ販売者ばかりだな、、オークションは。 とりあえず入ったからいいだろうということなのだろうか? 今回俺がフィッティングに使った純正100シリンダーは外径54.4くらいだが、ボーリング前ケースに入るこたあ入ったよ。 が、完全にスリーブ奥がケース側奥にあたってる。 暖気後はスリーブが孫悟空の頭のわっかと同じだ。 そんなことわざわざテストしてエンジン壊すのもあほらしい。 たった800円くらいでサンドローラー買えますんで。面倒がらずにちゃんと加工しよう。
 
 3. 加工後は完全に清掃しよう。  特にベアリングにかみこんだ削りゴミは注意だな。 ほんの小さな粒でも動きが悪くなるから。俺のも作業後びくとも動かなくなった。 もっともそのうちこの程度は吐きでてしまうだろうが、 問題はベアリングというより、そのゴミがエンジン稼働中シリンダーに回ることだ。 なんせ横型エンジンのオイルフィルターはザル一枚ですから。シリンダー、ピストンが傷つきます。
 、、、ベアリングで思い出したが、 以前たまにベアリングの動きが悪い、品質大丈夫ですか? という質問が舞い込んできてたが、、、 ベアリングはわずかなゴミ、オイルの固着でも動きが悪くなります。 あまりケーススタディーの積み重ねもなく神経質になるのは、、、、気持ちは大いにわかるんだが、俺は返答にこまるよ、ホントに。 最近はその辺の質問に答えるのが面倒なんで、動きの悪いベアリングはパーツクリーナーで清掃して出荷してます。、、、、そうすると今度は、シャーシャー音がします。取り外したほうのパーツのベアリングはシャーシャー言いませんが大丈夫ですか? とくる、、、、、 潤滑してください。 シャーシャー言わなくなります。 無論それでも動きのおかしいベアリングがないとはいえないが、少なくともおれは今のところ、どんなに低品質と思われるパーツの(最悪はベトナム製)ベアリングでも、そういうのは見たことないな。 いまどき手作業でベアリング打ち込んでいるはずもなく、ではないかな? そのうち1個くらい当たるかもしんないですけど。 だから俺の商品は出荷前検品してるわけで。
 
 4. 50ケースで 56mm以上のボーリングは気をつけること。(54-55mmしかない50ケースの話 CD90ケースなら基本が56mmなんで1mm削ればたいていのシリンダーは入るようになる)  腕に自信がなきゃ+1mm以上の自家加工はやらないほうがいいい。 ケース奥のほう、特にスタッド回りはできるだけ強度を確保したいんで。 それに紹介したやり方はせいぜい削り込んでも1mmだから楽なわけで。2mm3mmと増えると大変だと思う。
 
 
 
 こんなとこですかね。 あと、今回純正50ケースをいじってて気付いたことを数点
 イメージ 1
 
オクに出してるCDケースなんかでも触れているが、鋳造時のバリ。
こんなもん純正50ケースにもいっぱいあるよ。 外側にも完成後 表から見えないとこにはいっぱいある。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2同じく 50ケース
真ん中あたりの仕上げが、ガタガタ、、、 これでもメイドインジャパン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3ちなみにこちらオークション出品中 CD90ケース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4同じく、、、、50ケースよりぜんぜんまし。
 
 どうしても皆さん新品購入時は細かくチェックしたくなってしまうだろう。 が、いろんなパーツの比較もなくいろいろ聞いてこられても答えるの大変なんで、あえて まあそこそこ品質みたいな言い回し、、、とかをオークション説明で多用することになるのだが、実際必ずしも日本製ホンダ純正=常に最高 ではないんですよ。 
 ミッション本体等稼動部分 負担が大きい部分は気を使うべきだし、無論その辺はやはり純正はずば抜けて抜群にいい。 が意外に あれー 純正でもそんなもんなの、ってとこもあるんですよ。 あるいは見かけは普通でも材質がいいとかね。 こだわるとこ こだわんなくていいとこ メリハリの見極めが肝心なんですね。 
 CDケースの商品説明でも書いてるが、プロのバイク屋で、このケースはバリが多いと文句言ってきたとこがある、、、これは論外、だな。 まあ、自分とこ以外の商品にコうるさくなる気持ちはわかるけど、、、。 それを聞いて参考にするお客さんが迷惑だ。
 
 
 
 
、、、、んー そういえばさらに思い出した。
 以前 CD90用に交換したオイルスピンドルが90互換クランクシャフトに当たる!? という相談がありましたが、 いろいろサイズ等データを聞いて見ると、あたるはずもなく 正常、、、 原因は正直そのときわかんなかったが、今回作業してるうちにひとつ思いついた。 それ、カムチェーンガイドスプロケットが表裏逆だと思う。 逆だとあたりますよ。   こういった相談も多いなー、、、多すぎなんで細かく返事しないようにしています。(マジでしませんよ、もう。多すぎなんで。) パーツのせいありきのところからこと細かく細かく聞き込んで、本来考えられない組みつけミスの発見に至るケース100%なんで。 一言何でもいいからサービスマニュアルとにらめっこで一から組みなおし。 該当車両のサービスマニュアル持ってなきゃまず買いなさい。 ミッション、ジェネレータ その他同じカブ系でもこまごま違うんで、トラの巻きは腰下は情報不足。 ってのがベストなアドバイスだと思う。
 ちなみにオイルスピンドルの方はその後どうしてるかな? もっと細いスピンドルだと当たらないとかって話だったが、、、そもそもカムチェーンガイドスプロケットが逆だとカムチェーンが直線で回ってくれず軸がずれるんで、ものすごく磨耗が激しそうだ。 爆弾抱えてますな。 あと、ネットなんかでスピンドル交換で解決しましたなんて話になると、さらに大変、、、、爆弾抱えたエンジンがたくさん増える羽目になる。 

この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

なんだかね〜。
ここまで説明しないといかんのかな〜。って思いますね〜。

他の業者なんか、
「取り付け説明は出来ません」
なんてのが普通ですよ。
どうかすると、
「自分で出来ない人は買わないで下さい。」
みたいなことを書いて有るじゃないですか。

私は、基本的に改造をする。ってことはすべて自己責任だと思ってますから、それが出来ない人は、
「金を払って、出来る人(バイク屋さんなど)に頼む」
というのが基本姿勢だと思いますが、どうでしょう。

「金が無い」とか「金を払うのが惜しい」
などと思うなら、人の責任にせず。もし失敗しても、勉強代と思ってやらなきゃ。

「そんなこと言われても絶対に失敗したくない。」
って、何でもかんでも聞いてくる人。たくさんいますけど。
どんなに色々他人に聞いても、まず、間違いなく失敗します。
それを勉強代と思えない人は自分でやることを、あきらめることです。
この管理人さん、本当に親身に教えてくれてます。でなければこんなブログ書かないでしょう。
一度一杯してみるのも勉強だと思いますが。どうでしょう。
ちなみに、私もかなり 削除

2011/3/9(水) 午後 10:34 [ 嫁の運転手 ] 返信する

顔アイコン

間違いの訂正と継ぎ足し。です。

一度一杯。ではなく。一度失敗です。

ちなみに、私もかなり。のあとですが

勉強代払いました。です。
すみません。 削除

2011/3/9(水) 午後 10:38 [ 嫁の運転手 ] 返信する

顔アイコン

どもです。
小生はこちらで購入させてもらった107ccを
50ccのクランクケースに入れるために
小型ルータでせっせと削りました。(笑

削るだけで1週間かかりましたが
自分で削って、それを組み上げる課程は
やっぱり楽しいです^^)ノ

2011/3/10(木) 午前 0:12 [ put*ko*nyu*nyu ] 返信する

顔アイコン

put*ko*nyu*nyuさん

50CCのシリンダーに105ぶち込んだんですか。

実は私も今、C90のシリンダーに105を入れようか、それとも50のシリンダーを削ろうか迷っています。
ミッションは、どう考えてもモンキーミッションの方が良さそうですので。
それに、マニュアルクラッチってのも魅力ですよね。

それをするに当たって頭の中に張り付いて離れない問題が一つ。
クランクケースの耐久力の問題です。
「強化ラー」なんてもんがありますが、あれは製作元でも書いて有るように、15000kmくらいしか持たない。らしいですね。
それにしては価格が高い。

そんなこんなで、put*ko*nyu*nyuさんにお聞きしたいのですが。ぶっちゃけ、「強化ラー」入れておられるのでしょうか。
もし、入れておられないのでしたら、実のところクランクケースの耐久力はどんなもんでしょう?

よろしかったら、お答え願えませんでしょうか。

2011/3/10(木) 午前 10:31 嫁の運転手 返信する

顔アイコン

>嫁の運転手さん
小生は強化カラー入れていません。

107ccはまだ、距離を走っていないので耐久性は判断できないのです。ほとんどのパーツを変更したので^^;慣らし運転中です。

コレを入れる前は50のクランクケースにタイカブ98ccを入れていましたが、ケースの耐久的は特に問題有りませんでした。
カラーはノーマル使用です。

クラッチは速く走るには魅力はありますが、
あの遠心も好きなのですよねぇ(^^)

あまり明確にお答え出来なくて申し訳ないです。

2011/3/10(木) 午後 11:30 [ put*ko*nyu*nyu ] 返信する

顔アイコン

put*ko*nyu*nyuさん
お答えありがとうございます。

>あの遠心も好きなのですよねぇ(^^)
そうなんですよ。それもあってどっちにするか悩んでいます。

モンキーに、3速遠心クラッチ&105CCだとほとんどオートマ状態で楽に走れそうですもんね。
しかし、4速マニュアルクラッチでブリブリ走るのも楽しそうで。

う〜〜ん!こりゃ迷うわ。 削除

2011/3/11(金) 午前 7:39 [ 嫁の運転手 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事