ここから本文です
びわ湖ローカルエネルギー研究会
地域エネルギーとネットワーク

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

転載



仏電力公社が米原発市場から撤退、シェールガス革命で
2013年 07月 31日 10:44 JST
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE96U01320130731/

7月30日、 世界最大の原子力発電事業者であるでフランス電力公社(EDF)が、米国の原子力発電市場から撤退する方針を示した。

 [パリ 30日 ロイター] -
 
 世界最大の原子力発電事業者であるでフランス電力公社(EDF)(EDF.PA: 株価, 企業情報, レポート)は、米国の原子力発電市場から撤退する方針を示した。安価なシェールガスの登場で電力業界の状況が様変わりしていることが背景。

米国では、シェールガスによる発電コスト低下を受け、複数の原発が閉鎖、もしくは閉鎖予定となっている。

同社のアンリ・プログリオ最高経営責任者(CEO)は「米国の目覚しいガス価格低下は、数年前まで想像できなかった。これにより、他のすべてのエネルギー源に対する競争力が大幅に高まった」と述べた。

同社は、米国内で原発5基を運営する合弁会社コンステレーション・エナジー・ニュークリア・グループ(CENG)から撤退することで、提携先の米エクセロン(EXC.N: 株価, 企業情報, レポート)と合意。2016年1月─2022年6月に適正価格でCENG株をエクセロンに売却する権利を確保した。

同CEOは「米国の原子力開発を取り巻く環境は現在好ましくない」と指摘。今後、米国では再生エネルギー事業に注力する方針を示した。

同社は、フランス国内の原子力発電事業が好調なことやイタリアでのガス価格再交渉を理由に、2013年の利払い・税・償却前利益(EBITDA)の予想を「0─3%増」から「少なくとも3%増」に上方修正した。

上半期のEBITDAは6.9%増の97億ユーロ、純利益は3.5%増の29億ユーロだった。
転載



デンマーク流「自然エネルギーは地域のもの」
斉藤 純夫
2013年7月29日号掲載
http://www.kankyo-business.jp/column/005384.php
.
筆者は自然エネルギーの成功事例として、むやみやたらに北欧やドイツのことを紹介、礼賛することを好まない。実際にはすべてが成功しているわけでもなく、苦労しながら、改良しながら進んでいる状況だからだ。 

しかし、欧州の自然エネルギーの取り組みから学ぶべきことは多い。 

今回はデンマークの事例を紹介したい。 

デンマークは欧州のなかでも、人口550万人、国土面積は九州と同程度、と小さな国だが、風力発電の設備容量は416万kWと日本の風力発電設置容量261万kWを上回る(出典:Wind energy database)。このため、電力の20パーセント以上を風力発電が賄う。この点では世界一の風力発電大国でもあると言えるだろう。 

ここに至るまでのプロセスは他の国の風力発電と大きく異なる。 

この国では、「自然エネルギーは地域のもの」を他人任せや権利主張ではなく、国民合意形成を作り、それを自ら勝ち取っている。一部の政治家や官僚が風力発電を推進したのでは無く、国民として偏西風という恵まれた風力資源を生かして風力発電をやっていこうと決めている。 

デンマークは世界で売電事業としての風力が始まった国ともいえる、そして、多くの風車メーカーも生まれ、そして、世界一、二位を争うヴェスタスというメーカーも存在する。風力発電機はデンマークの主要輸出品目でもある。自然エネルギーが雇用を生んでいる、とも言えるだろう。 

デンマークの風力発電は黎明期の取り組みは、風力発電は地域の人、地域の団体しか立てることができない、というルールで始まった。デンマークは農業が盛んな国であり、農家が各々の農地に一本というようなマイ風車という形となっている。 これはGoogle earthで、デンマークを眺めてみると、それがよくわかるので、一度覗いてみて欲しい。 

現在は風力発電機の大型化や洋上風力などの推進もあり、マイ風車というような話ばかりではなくなっているが、風力開発を行う場合も、プロジェクトの20パーセントを地域枠として解放しなければいけないルールなど、やはり自然エネルギーは地域のものという考えが根付いている。 

ここから学ぶべきことは、やはり自然エネルギーとどう向き合っているからだろう。 

筆者の推察も混じるが、自然エネルギーとは農業の一種として捉えられてるのではないか、と思う。 

農地では太陽エネルギーを光合成で食糧に変えている。同じように、太陽光発電であれば、その土地に受ける太陽エネルギーを太陽電池を通じて電気に変えている。風力ももともとは太陽エネルギーが生み出したものであり、風力発電の電気も、ちょっと無理がありそうな考え方だが、やはり農作物ではないだろうか? 

ちなみに世界トップを争うヴェスタスも発祥は農機具を作る会社だった。であれば風力発電機も農機具の一種なのかもしれない。 

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事