ここから本文です
びわ湖ローカルエネルギー研究会
地域エネルギーとネットワーク

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

関係者にとっては、想定外の事態ではないと思いますが。

【ともに「草や藻、ビニールなどのごみが毎日のように発電機の水車に絡まり、安定的に運転できない」】




転載
---------------------------------------------------------------

阿蘇市に設置の小水力発電、2年超停止 再稼働見込めず

熊本日日新聞 | 11月8日 09:28

2015年6月から運転を停止している阿蘇市宮地の小水力発電所。取水口に大量の草が絡まっている
阿蘇市小野田の小水力発電所。左下の取水口から藻や草が入り込むため2015年9月から発電をやめている
 熊本県が阿蘇市に設置した2カ所の小水力発電が運転を停止し、2年以上稼働していないことが7日、分かった。水車式の発電機に、流れてきたごみが頻繁に詰まることが原因。施設の採算性を5年間にわたり検証するモデル事業だが、稼働は設置期間の3分の1を下回り、再稼働は見込めない状況だ。

 県農村計画課によると、同市小野田に設置した出力3・3キロワットと宮地の出力3・0キロワット。それぞれ約2500万円(小野田は出力1・8キロワットの太陽光発電を含む)かけて県が整備し、無償譲渡された地元の阿蘇土地改良区と一の宮町土地改良区が、それぞれ管理している。

 両土地改良区によると、小野田は2012年4月、宮地は13年5月に発電を開始。水害や落雷による故障もあったが、これまでの稼働期間は11カ月と14カ月にとどまり、それぞれ15年9月、同6月から運転していない。

 ともに「草や藻、ビニールなどのごみが毎日のように発電機の水車に絡まり、安定的に運転できない」といい、これまでの総発電量は、小野田が315キロワット時、宮地は426キロワット時にとどまる。総売電額は、それぞれ1万1464円、1万5221円。計画では1年間に2・1万キロワット時、2・6万キロワット時発電する見込みだった。

 県農村計画課は「当初の想定よりごみが多かったのは事実。どんな所に設置すれば効率よく運転できるか本年度中に検証したい」としている。(松本敦)






転載
----------------------------------------------------------------------

源泉を活用した「バイナリー発電所」、宝温泉と洸陽電機が稼働

  • 工藤宗介=技術ライター、金子憲治=日経BP総研 クリーンテック研究所
  • 2017/11/09 09:53

洸陽電機(神戸市)は、源泉の余剰熱エネルギーを活用した「バイナリー発電所」が完成したと発表した。

 「バイナリー発電」は、地熱発電の技術の1つ。一般的な地熱発電が地下からの蒸気で直接タービンを回すのに対し、バイナリー発電では、蒸気や熱水で水より沸点の低い液体(作動媒体)を加熱・蒸発させ、その蒸気でタービンを回す。

 今回、稼働したバイナリー発電所は、洸陽電機と奥飛騨宝温泉協同組合(岐阜県高山市)が建設を進めてきたもので、宝温泉の源泉からの余剰熱を活用した。名称は、「奥飛騨第1バイナリー発電所」で、11月6日に竣工式を開催した。

 同発電所は、神戸製鋼所製の小型バイナリー発電機「MBー70H」を設置した。奥飛騨宝温泉協同組合3号泉(温泉給湯用源泉)を活用する。送電端電力は49.9kW。年間の発電量は、一般家庭110世帯分に相当する約37万kWhを見込む。

 源泉の余剰熱を活用したバイナリー発電としては東海3県で初めてという。バイナリー方式の採用により、宝温泉に加盟する旅館と組合員に安定した給湯を行うとともに、組合員の給湯利用料の安定化を目指すとしている。

 洸陽電機が自社発電所として設備設計、施工、維持管理を行う。発電した電力は中部電力に全量売電する。宝温泉と洸陽電機は、4つの源泉所有者と洸陽電機が設立した「奥飛騨自然エネルギー合同会社」と連携し、エネルギーの地産地消を推進するとしている。

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事