ここから本文です
星田英利の「酒と涙とリクガメとウサギ」
星田英利の日常。ママと子供と生き物と私。

書庫全体表示

あつし、そのままでいい。そのままの素直さで生きていけたら、ほんと素敵だ。ありがとう。

有希、全体を見わたす気遣い、ほんと素敵だ。ありがとう。

夕子ちゃん、あなたのケラケラと転がるような笑い声、ほんと素敵だ。ありがとう。

セイラ、あなたの明るさとにじみ出る芯の強さ、ほんと素敵だ。ありがとう。

小春、あなたの堂々とした新しいスタート、ほんと素敵だ。ありがとう。

美奈、あなたの愛嬌と対応能力、ほんと素敵だ。ありがとう。

ロック、あなたの作品に対する意識と姿勢、ほんと素敵だ。ありがとう。

サーラム、あなたの何に、誰に対しても溢れる愛情、ほんと素敵だ。ありがとう。

ともひろ、あなたのこれでいいと妥協せずに挑んでいく姿、ほんと素敵だ。ありがとう。

市川ちゃん、あなたの後輩を優しく見守り先導する姿、ほんと素敵だ。ありがとう。

八木、あなたの誰をも愛し、誰からも愛される姿、ほんと素敵だ。ありがとう。

会社の人、あなたの行動力と人をやる気にさせる力、ほんと素敵だ。ありがとう。

あと、我々が東京、名古屋、大阪となに不自由なことなく表現できるようにしてくれた全てのスタッフさんたち、ほんとにほんとに素敵だ。ありがとう。


お父さんは、10歳と2歳の子どものお父さんに戻ります。


ほんとにほんとにありがとう。

イメージ 1

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事