ここから本文です
星田英利の「酒と涙とリクガメとウサギ」
星田英利の日常。ママと子供と生き物と私。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

ご報告。

わたくし、星田英利、


本日6月1日付で
俳優部に移籍しました。


1999年に上京して、
2005年にR–1ぐらんぷり優勝、
2011年に「カーネーション」撮影、と
なぜか6年ごとに自分の中で何かが大きく変わる出来事や、ものすごくものすごくいい刺激を与えてくれる出演者やスタッフさんたちに囲まれて “この世界に入って良かった!”と鳥肌がたつような作品との出逢いがありまして。

そして、
2017年に、いま放送中の「宮本から君へ」の撮影。心底、出逢えて良かった、続けてて良かった、と感じさせてくれた出演者、監督、スタッフさんたちの作品に対する情熱の波にずぶ濡れになって、またこういう場にいたい!また「カーネーション」や「宮本から君へ」のような作品に参加したい!と思い、そのきっかけが少しでも多くなるように俳優業に比重を置こうと移籍を決めました。


とはいえ、カテゴリーが俳優・役者になってももちろん変わることなく、漫談という名の「ひとり喋り」コントという名の「ひとり芝居」で劇場には立たせていただきますし、バラエティにも出させていただきますますので、そちらの方もよろしくお願いいたします。笑

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事