ここから本文です
TEAM星のブログ
TEAM星の鮎ブログ始めました!

書庫全体表示

福島県には人気の鮎河川があります。いやあった(過去形)かな?
代表的なのが伊南川ですよね。その伊南川が大変なことになってるようです。
解禁二日目の伊南川の様子。
イメージ 1
釣り人の姿がありません。
普通なら有り得ない光景ですよね。何をかいわんや・・・。
解禁も釣れなかったのでしょう。facebookの投稿でも良い記事はひとつもありません。

会津大川も悪そうですね。上流の田島地区は解禁に釣れたけど、その後はパッタリ。
下流の釣果情報など全く更新されておりません。聞こえてくるのは冷水病で流れたとかいう話ばかりです。

鮫川も冷水病で全然ダメ。なんで福島県の河川が今年は駄目なんでしょう。
思い当たるのは悪いのは放流河川だということですかね。鮫川は天然遡上もある河川なのですが、今年は遡上が極端に少なかったので、放流鮎が釣れなければどうしようもない川になってしまいます。

県内の河川に放流された稚鮎は同じ養魚場からの鮎という説もあります。
それが原因なら由々しき問題、責任問題にまでなるかもです。

唯一元気なのは久慈川です。解禁からずっと釣れていますし、病気の鮎なんか掛からないですからね。すこぶる川も鮎も健全です。久慈川の場合は一級河川でダムもない川なので天然遡上がしっかりありますからね。今年も長く楽しめると思いますよ。
それに久慈川の鮎は出水にも強いです。相当な大水が出ても流されないですぐに復活しますからね。今年の稚鮎はどこの鮎を放流したのか知りませんが、鮫川や会津大川とは違うのでしょうか?

地元が駄目というのは残念です。山形県の河川は絶好調だし、良い釣りをしようと思えば遠征しかないですね。旅行気分も味わえる遠征の釣りは楽しいのですが、そうそう頻繁に行けるものでもないですし・・・。
梅雨明けすれば鮎釣りも本番ですね。早く梅雨が明けないかなあ・・・。
良い情報が待たれます。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事