ブログ版「長崎遠めがね」

長崎港を出入りする船と 大浦周辺の出来事などを紹介しています

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

会社の壁に掛けてあるカレンダーの 9−10月の絵が
リンデン伯画の「金比羅山からの眺め」でした。
ネット情報によると リンデンはオランダの伯爵で
安政2年(1855)に4ヶ月間 長崎に滞在したそうです。

今日は とても良い天気だったので 金比羅山に登りました。

遠くに見える島の位置などから リンデン伯の絵は 金比羅山の頂上で描いたもののようです。
撮影した画像と比較すると 山や島の位置が正確に書かれています。
ただ 縦方向が1.3倍ほど延びていて 山の高さが強調されていました。

アップした画像も高さ方向を1.3倍拡大し 絵と同じようにトリミングしました。

著作権の関係から リンデン伯の絵は紹介できないので
ネットで探してみましたが 見つけることが出来ませんでした(泣)

絵の副題に「人が目にし得る最高のパノラマ」と書かれています。

この記事に

閉じる コメント(1)

この写真は何故か遠い昔の長崎の風景のようで
さすがに見事な構図ですよね!
傑作♪

2008/11/20(木) 午後 6:05 [ - ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事