ブログ版「長崎遠めがね」

長崎港を出入りする船と 大浦周辺の出来事などを紹介しています

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

版画集「長崎八景」の中に160年ほど前の大浦の様子が描かれた「大浦落雁」があります。
画像は「長崎版画 大浦落雁」のキーワードでWEB検索できるとおもいます。

その背景に ふたつの山が見えています。右奥遠方に見える山は「唐八景」または「星取山(大平山)」
のどちらかです。
そして 左に描かれている山が 私は特徴的なその形から「英彦山」ではないかと思いますが

数日前WEB検索で見つけた 長崎市のWEBマガジン「ナガジン」の中では「どんの山」と書かれていました。
そこで 現在の画像を見て 参考にして頂きたいとおもいます。

1枚目の画像は大浦川の上駐車場屋上からの画像です。右に「星取山」の中継塔が2本見えています。

2枚目は少し移動した所から 建設中のマンションの奥に「どんの山」が見えます。 

3枚目は松ヶ枝埠頭の北端から 左隅が「英彦山」です。

「ナガジン」の記事はトップページ右の 特集バックナンバー一覧 から入って
08年3月の「越中先生と行く・・・」の2ページ目下にあります。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事