ここから本文です
俊平の雑学研究所
ご来場いただき有難うございます。開設当時は雑学を集めていましたが、最近はネタ切れ気味です。

書庫全体表示


イメージ 1


これはインテリアなのかそれとも生き物なのか。英国・ロンドンに拠点を置く発明家でエンジニアのジュリアン・メルチオリさんは、2017年に世界初の生体工学シャンデリアを生み出していた。現在、英国の国立博物館であるヴィクトリア・アンド・アルバート博物館V&Aに展示されているという、そのシャンデリアの名前は「エクスヘイル(exhale / 息を吐く」という。
 
「エクスヘイル」は世にも珍しい室内の空気を浄化するシャンデリアだというのだ。バイオテクノロジーやエンジニアリングをどのようにして日常生活に取り入れるかというテーマにフォーカスした作品なのだという。植物の葉をかたどったモジュールに生きた微細藻類が注入されている。照明のこれに光が当たり、光合成をすることで室内の空気を浄化する仕組みだという。
 
シャンデリアの明かりが光合成を促し、人間が生活する空間を照らし、微細藻類は二酸化炭素を吸収して酸素を供給するのだ。ハンドメイドで制作されており、3つの異なるサイズの葉っぱ型モジュールが放射状に並んで美しい円を描く。植物や貝殻が自然の中で形作る姿をイメージしており、生きるための資源を絶えず交換している人間と物との間の新たな共生関係を探ったデザインとなっている。
 
ジュリアンさんは「エクスヘイル」について、人間と物との間の交換は、生物圏のシステムがどのように機能しているかを我々に思い出させてくれる。そのシステム内では最終的に無駄は存在せず、どんなものでも価値ある資源となると述べている。「エクスヘイル」はヴィクトリア・アンド・アルバート博物館のコレクションの一つということで残念ながら商品化はされていないようだ。


【参照:Biglobeニュース】




こちらのブログも始めました

  • アバター

    商品化できると売れそうですが
    途方も無い値になるんでしょうね凸

    まっちょん

    2019/3/30(土) 午前 9:37

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事