正林堂 本の気休め

群馬県渋川市の小さな本屋が、本に関する話やお客さんとの会話、地域での出来事、ホームページの更新情報などを気ままに綴ります。

全体表示

[ リスト ]

告発の時代は終わった

イメージ 1

連休明けからはじめる予定のフェアの
パネルだけが出来上がった。

毎年、この時期は新緑の行楽シーズンにあわせた企画をしているが、今年は
「木を植えた男」フェア

児童書絵本の『木を植えた男』をメインイメージにして、
内容軸は、世界一木を植えた男、宮脇昭の本を中心にする。

そして群馬で立ち枯れ問題にずっと取組み森林の復活に貢献している宮下正次さん。
群馬出身の環境問題のエキスパート、富山和子さん(男じゃないけど)
自然らしい植生の再現で黒川温泉の再生を成し遂げた
後藤哲也さん

などを軸に組み立てる予定。

宮脇昭の古本で見つけた本をめくっていたら
「告発の時代は終わった」という言葉が目に飛び込んできたので、ちょっとわかりにくいかもしれないけど
これをサブタイトルにしてみた。

木を植えるということが、これから人間の根源的営みとして
身近に誰もが考えるようになってほしい。

環境問題や様々な社会問題は山ほどあり、
政治告発も必要なことではあるが、
これからなによりも大事なのは、
自分たちが何を作っていくかということで、
自分が生み出せることにこそ
エネルギーを集中するべきだとの思いが
宮脇昭の姿勢から強く伝わってくる。

「木を植える」
ただそれだけのことから学ぶことは
とても多い。

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

お久しぶりです、難しいテーマに挑んでおりますねえ(^_^;)。『木を植えた男』は好きな児童書の一つですw(^o^)丿

2007/4/29(日) 午前 3:22 猿吉君ビールはジュース!! 返信する

顔アイコン

難しい印象になってしまったかもしれませんが、ベースは、ただ「木を植える」です。これからの時代の根本思想だと思います。

2007/4/29(日) 午後 10:53 [ hos*no*p ] 返信する

顔アイコン

初めまして。いきなりのファン登録、たいへんアリガトウゴザイマス☆ 宮脇先生の本、とてもオモシロイです。そして色々と考えさせられます。行動してみたくなります。ゼヒ世にひろめてみてください。批判も色々あるようですが、果たしてこれだけの実績をあげられた方が他にいるのでしょうか??

2007/6/3(日) 午後 8:27 [ tat*uk*_933* ] 返信する

顔アイコン

樹さん、こちらこそありがとうございます。ご専門のようですが、すべての人たちに「木を植える」という行為の価値、伝えていきたいですね。是非、これからいろいろ教えてください。

2007/6/4(月) 午前 6:28 [ hos*no*p ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事