正林堂 本の気休め

群馬県渋川市の小さな本屋が、本に関する話やお客さんとの会話、地域での出来事、ホームページの更新情報などを気ままに綴ります。

全体表示

[ リスト ]

以前のブログで、小学館に続いて世界文化社からも、DVDのオペラシリーズが出たことを紹介しました。
その際、今後の企画でワーグナーの大作も是非入れて欲しいものだと書きましたが、
その声が届いたのかどうだか、小学館のほうのシリーズの特別版として、「指輪」が出ることになりました。

いかに名作オペラを網羅していようが、この作品を除いて名作シリーズはないだろうと思っていたのは、私だけではないだろう。


DVD BOOK 魅惑のオペラ特別版
「ワーグナー ニーベルングの指輪」 全4巻

  指揮 ダニエル・バレンボイム  バイロイト音楽祭より


第1回配本 8月20日発売
 「ラインの黄金」 定価 本体3,600円+税
第2回配本 9月中旬
 「ワルキューレ」 定価 本体4,700円+税
第3回配本 10月中旬
 「ジークフリート」 定価 本体4,700円+税
第4回配本 11月中旬
 「神々の黄昏」 定価 本体4,700円+税


これが出てくれれば、

残るは、アルバン・ベルクの「ルル」だ。


余談ですが、今日の日経新聞に
野田秀樹の新作歌舞伎「愛陀姫」のことが出てました。

ヴェルディのオペラ「アイーダ」を戦国時代版に仕上げて
中村勘三郎とのコラボで上演。
ふたりの新作歌舞伎は今回が三作目。

「野田はナイル川、長良川の連想から、物語世界を美濃と尾張の争いに翻案。アイーダは愛陀姫(七之助)、ラダメスは木村駄目助左衛門(橋之助)になり、祈祷師に細毛、≠原(福助、扇雀)を配して語呂合わせも健在だ。思い切った演出も試みる。オペラの三重唱をイメージして、三人が音韻を合わせてしゃべる演技に挑戦。巨大な絵巻物のような装置(堀尾幸男)を巻いたり延ばしたりする」そうです。

むむむ・・・、観てみたい。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

はじめまして☆☆


楽しい記事が沢山ありそうですね!携帯からのお邪魔なので、家に帰ってから続きを読ませてもらいます。 削除

2008/8/3(日) 午前 11:33 [ あや ] 返信する

顔アイコン

ありがとうございます。最近こちらのブログは本の紹介に特化して、その他の内容は「かみつけ岩坊の雑記帖」に引っ越しました。

2008/8/8(金) 午後 8:12 [ hos*no*p ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事