正林堂 本の気休め

群馬県渋川市の小さな本屋が、本に関する話やお客さんとの会話、地域での出来事、ホームページの更新情報などを気ままに綴ります。

全体表示

[ リスト ]

 長く日航機事故の遺族の連携を支え続けた「8・12連絡会」事務局長の美谷島邦子さん
による本が出ました。

 
イメージ 1
『御巣鷹山と生きる―日航機墜落事故遺族の25年』
美谷島 邦子
新潮社 定価 本体1,400円+税
 

 8・12連絡会事務局長の美谷島さんならではの特徴が随所にみられる本ですが、な
かでももっとも多くの遺族たちと25年間寄り添ってきた美谷島さんの視点が、序章の部分にとてもよく出ているので、少し長い引用になりますが以下にまず転載させていただきます。
 
 「乗客の年齢は0歳から80歳代まで。509人のうち、223人が出張や商用、124人が帰省客
だった。家族や同僚など複数で乗った乗客は296人、1人で乗ったのは213名だった。関西
圏の乗客が多く、330名いた。

 著名人も多く乗っていた。歌手の坂本九さん、ハウス食品工業の浦上郁夫社長、神経
生理学の権威である塚原仲晃さん、阪神タイガース球団の中埜肇社長――。

 月曜日の東京―大阪便ということで、ビジネスマンも多かった。朝日新聞社の調べに
よると、住友銀行調査第一部長の木田一男さん、湯川昭久住銀総合リース副社長など。企
業関係者では、社長職を含めて経営者が28人、福社長、専務、常務ら重役32人、部長職38
人、次長・課長職31人。銀行、証券、建設、商社、紡績、百貨店、不動産……さまざまな
分野にまたがった企業の管理職は150人を越えていた。

 1日15便もあり、東京―大阪の550キロをわずか1時間でいく利便性が、企業の管理職に
飛行機を選ばせていた。しかしそれは、頭脳を奪い、屋台骨を折る深刻な打撃を、企業に
与えた。

 松下電器産業は、グループ系列会社を含めると社員17人(システム推進部部長一木允
さん、本部企画担当参事南慎一郎さん、システム推進部副参事秋山寿男さんなど)、家族
6人、婚約者1人の計24人を一度に失った。電通大阪支社は7人(永田昌令次長や営業局の3
人など)、象印マホービンは芦田育三・デザイン室長ら3人の人材を失った。チッソは、
ポリプロ繊維事業部だけで6人が死亡した。

 中小企業社長の死は、もっと深刻だった。例えば、日本音響電気社長の小林法久さん
。働き盛りの死は、企業を、そして家庭を破壊した。年に150回くらい東京―大阪間の便
に乗る人や、平均して1週間に3回ほど東京への日帰り出張をするという社員もいた。

 大相撲伊勢ヶ浜親方の妻子3人もいた。また、女優の北原瑶子さん、オリンピック自転
車競技選手、美容体育研究家や、華道みささぎ流の副家元も乗っていた。お盆休みという
ことで、ディズニーランド帰りの家族連れや友人仲間も多かった。その年の2月に結婚し
たばかりの若い女性もいた。神戸市の私立親和女子高校の3人の先生は、修学旅行の下見
に出かけた帰りだった。

 遺族となったのは、401世帯。そのうち22世帯は、一家全員が亡くなった。一度に8人
の家族を亡くした方もいた。母子家庭になったのは189世帯で、およそ半分を占めた。妻
だけになった家庭は37世帯、子供たちの一部が欠けたのは35世帯、夫婦だけになった家庭
が24世帯、父子家庭が13世帯、夫だけが残されたのが14世帯、そして、子供だけが残され
た家庭は7世帯あった。

 一度に一家8人が亡くなる。一瞬にして、20組以上の家族が全員亡くなる。想像を絶す
るような事実を新聞報道から抜き出し、心身が震えた。

 一瞬のうちに明日を失った人の中に、50人を越える10歳以下の子供や幼児がいた。そ
のひとりである私の息子・健の話をしたい。」
 

 と、いいながら、結局本書の多くは、家族や身内のことよりも圧倒的部分を事故にか
かわった多くの人たちとの出会いを通して語られています。

 結局、誰一人責任ととることなく今に至るこの史上最大の航空機事故。
遺族がなによりも求めているのは、原因の究明と真相の解明であり、それが明らかにされ
ない限り明日の空の安全はない。自分たちの犠牲は活かされない。

 その答えを求めて25年間、8・12連絡会の活動を続けてきた。
 多くの人の支えと出会いのなかで、息子の「ママ、一人で帰れる?」との最期の言葉に
導かれるように、振り返ると自身が迷いながら25年間生きてきた。

 北海道に住むある遺族は、テレビの取材をきっかけに夫の遺品であるスーツケースを
、15年目にして初めて開けたという。

 多くの遺族の支えになりながらも、美谷島さん自身、写真を見れるようになったのは
、七回忌が過ぎてからという。

 事故から5年後、前橋に向かう新幹線に乗るとき、息子の知らない2階建ての新型新
幹線をみて「健ちゃん、ママと一緒に乗ろうね」と呟いた。
 その時、心のなかに息子がストーンと入った感じがしたという。息子はいつも私と一緒
にいる、心の中で生きている、と思うことができるようになったという。

 だれもが、それぞれの生活のなかで、それぞれの時間とともにそのような体験をして
生きています。

 毎年、御巣鷹の尾根に登る人たちのなかには、日航機事故から9年後に起きた中華航
空機事故で夫と実父母を亡くした永井祥子さんもいます。
 なぜ登るのかと聞くと、「すこし前を歩く日航機事故の遺族の姿をみて、私もあと9年
はこうして生きていこうと思ったから」と話してくれたという。

 史上最大の航空機事故の惨事は、いかなる専門家や評論家の言葉よりも重く、この遺
族たちの8・12連絡会の歩みとともにあったといっても過言ではありません。

 連絡会が賠償問題の窓口にならないこと、心のケアを遺族同士のつながりからはじめ
、少しずつ社会の理解を広げてきたこと、後の阪神淡路大震災、信楽高原鉄道事故、中華
航空機事故、JR西日本脱線事故などの被害者たちへ、この8・12連絡会からはじまった
運動がどれだけ多くの力を与えてきたことか。

 その活動と問いかけに、運輸行政や企業はまだまだ応えきれていません。

 しかし、こうした遺族の涙と悲しみをかみしめながら続けてきた活動によって、少しず
つ前進することが出来ました。

 美谷島さん、多くの遺族のみなさん、ありがとう。

 本書の一行一行が、私たちがこれから歩いていく足元に確かな光をあててくれます。
 
  そして、御巣鷹に登る人は、これからも決して絶えることはありません。
 
 
 
               以上、私の個人ブログ「かみつけ岩坊の雑記帖」より改題転載
 
「かみつけの国 本のテーマ館」に本書とともに以下の本を加えました。 
 
 
門田隆将 『風にそよぐ墓標 父と息子の日航機墜落事故』 
     集英社 定価 本体1,600円+税
 
寺田博之 『JAL123便事故 安全工学の視点から検証する』 
     文芸社 定価 本体1,200円+税
 
青山透子 『天空の星たちへ 日航123便あの日の記憶』 
     マガジンランド 定価 本体1,428円+税
 

この記事に

閉じる コメント(11)

顔アイコン

もう四半世紀経過しまったんですね・・・。

この事故は本当にいろんな意味で日本の分岐点となる事故でした。
私としては報道のありようが非常に気にかかった事故で、また
多くの人の人生がそこで終わりになり、そして残った人たちの
人生まで狂わせてしまった、にも拘らずそれから以降の航空安全
に対する航空会社の体質は何も変わらなかった・・・。
つくづく考えさせられることの多い事故でした。
そうでした、こんな蒸し暑い夏の日のことでした・・・。

2010/8/8(日) 午後 7:29 オールドパッション 返信する

顔アイコン

ほんとにそう感じます。
こうした遺族の長い活動をみると、事故調をはじめとする専門家や政治家は、いったい何をやっているんだろうと思います。
日航も、この時こそが経営再建の最大のチャンスでもあったのに、それを活かせないばかりに今に至ってしまいました。
本書も実にたくさんのことを教えてくれます。

2010/8/8(日) 午後 8:12 [ hos*no*p ] 返信する

顔アイコン

こんばんは。

以前の「沈まぬ太陽」の記事で、飯塚訓著「墜落現場」と「墜落遺体」の二冊が紹介ありましたので読みました。TVでの壮絶な映像ばかり記憶にあり、金属疲労、ダッチロールなどの新語を覚えたけで、その責任の問題の結果や、まして本に書かれていた事などは思いもよらない事ばかりで、読んでもう半年も経つのにまだ何度も持ち出しては読んでいます。私は何も知らないのだとつくづく思います。またこの本を読んでみます。ご紹介ありがとうございました。

2010/8/8(日) 午後 9:21 べる 返信する

顔アイコン

べるさん、ありがとうございます。この事故だけではなく、まだまだ涙の枯れない人もたくさんいますが、この遺族の方たちの活動が、私たちにたくさんのことを教えてくれました。
一行読み進むごとに涙にくれるのもツライことですが、本書もぜひ一読おすすめします。

2010/8/8(日) 午後 10:20 [ hos*no*p ] 返信する

顔アイコン

犖譱秣觧海叛犬る畛笋皸豕い貌匹鵑任靴泙い泙靴拭そうした中、上野村の黒澤丈夫元村長さんがお亡くなりになりました。8・12連絡会に哀悼の意を表するメールを送っておきました。
事故の風化が心配されていますが、正林堂さんのHPが廃止になりましたね。私のサイトhttp://www.goennet.ne.jp/~hohri/n-index.htmはなんとか継続していますが、アクセス数が一日150人を割るようになりました。でも頑張って続けていきます。

2011/12/29(木) 午前 9:46 [ y64*085* ] 返信する

顔アイコン

お知らせせせず、申しわけありませんでした。正林堂のテーマ館から「かみつけの国 本のテーマ館」として独立して下記アドレスに引っ越しました。http://kamituke.web.fc2.com/ たしかにかつての爆発的アクセスは、うちもなくなりましたが、風化していかないようにお互いに息長くがんばりましょう。

2011/12/30(金) 午後 4:52 [ hos*no*p ] 返信する

顔アイコン

明日、27年目のその時を迎えます。亡くなられた520名の方々のご冥福をお祈りします。同時に、空の安全のみならず、あらゆる面における安全な社会の到来を祈念します。

2012/8/11(土) 午後 0:31 [ k_e*200* ] 返信する

顔アイコン

日航ジャンボ機墜落事故から今日12日で27年をむかえました。昨晩は上野村役場前の神流川で日航機の事故だけではなく東日本大震災の被災者、関越道バス事故の犠牲者、また昨年12月に亡くなった上野村村長の黒沢丈夫さんらの冥福を祈る燈籠流しが行われたようです…。どうぞ安らかに。今秋には「墜落の村」(仮題)河出書房新社から発売され、著者は日航機事故で県警幹部として身元確認に携わり、「墜落遺体」の著書で知られる飯塚訓さんです。山深い過疎の村が現場となり、村民らが懸命に遺族や事故に向き合う中で生まれた人間ドラマに心打たれ、5年まえから構想を温めてきたそうです。是非冥福を祈りつつ読んでみたいです。

2012/8/12(日) 午前 9:15 [ よっちん ] 返信する

顔アイコン

この死亡者名から歴史を辿って行くと、、
結論から言うと、やっぱ?漱石や湯川秀樹さんたちがテロ勢力の実質戦勝側に抵抗してNo Bellノーベル軍事兵器利権で成立された国連で、
何とか、その勢力を抑えようとして頑張った人たちのシンボルとして?
住友金属系の湯川寛吉が湯川秀樹を世界で羽ばたかせ、
原子力地震兵器への抑制を託したのではないか?
半田氏らすり替え工作員に私の周辺が囲まれてしまった時、
我が家の救世主?のように現れてくれた企業戦士仲間が、新婚旅行にハワイに行けと言ってたのに、どうも、観光利権が歴史を蝕んでるように辟易していた私は、生まれて初めてずうっと行きたかった北海道をお願いした。
そこで、準備されたのが、奥入瀬の流れとともに、八甲田山が組み込まれ、まだ、何もこれから起こされるテロリズムを夢にだに思うことのなかった私は、この企画をした夫の兄の住友仲間に戸惑った。
当時の中之島のロイヤルホテルは住友銀行の堀田正三さんの妹さんが婚礼を営業されてらして、曲直部先生は、私たちの仲人を最後に、まだ定年まで余裕があるのに、大慌てで、国立循環器病センターへ移られた。続く 削除

2015/1/30(金) 午前 11:50 [ takokuro ] 返信する

顔アイコン

大安吉日の週末は、日本を代表する外科学会の重鎮の先生は、実際は8件、同ホテルでの仲人の依頼があったというのに、私たちの結婚だけ一つに絞られ、とても珍しいことですのよ、と夫人は仰られた。
主賓の祝辞だけ、席を外され、披露宴を回られたそうだ。
吹田市に先生のご新居のためなのか?寿町が2区画作られて、やがて万博と阪大医歯学部が豊中ではなく、吹田市に作られる布石を敷かれていた?
豊中の歴史は、江坂に戦前あった紡績工場がのちのトヨタ自動車となったこと。。スイス、ジュネーブの歴史予測は慎重に布石をはって、平和を守ろうと有能で人心をまとめる人徳を持った逸材を育て派遣する。。
イスラム、ユダヤ、カトリック、プロテスタント、神道、仏教と戦後定義づけてきたテロ組織が、テロリズムの解決を不可能にし、冤罪を作り上げることで、テロリズムの実力が拡大して行ってる。。バカバカしい。。
自分たちがしたテロリズムの罪をかぶせて、すり替わって平和を築こうとしている。。続き 削除

2015/1/30(金) 午前 11:53 [ takokuro ] 返信する

顔アイコン

本当の解決は、まず、勇気を持って、自分たちのしてきたことを、もういちど、薬物を使ってでも記憶を回復させ、心から反省することからしか始まらないのではないか。
世代を終えれば、直接テロに手を染めず、理想的に育てた自分たちの子供達のッ夢物語の社会が始まる、というのは、、どうも、、2000年前のイエスの犠牲と同じ繰り返しを繰り返すだけではないか。 削除

2015/1/30(金) 午前 11:56 [ takokuro ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事