正林堂 本の気休め

群馬県渋川市の小さな本屋が、本に関する話やお客さんとの会話、地域での出来事、ホームページの更新情報などを気ままに綴ります。

全体表示

[ リスト ]

私の手作り栞 その2

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

かれこれ私の手作り栞のバラエティーも、
万葉歌だけで12種類、
その他を含めると14種類あまりになった。

伊香保万葉歌の9首
「伊香保ろの 八尺の堰塞に 立つ虹の 顕ろまでも さ寝をさ寝てば」
「上毛野 伊香保の嶺ろに 降ろ雪の 行き過ぎかてぬ 妹が家のあたり」
「上毛野 伊香保の沼に 植え子水葱 かく恋むやと 種求めけん」
「伊香保風 吹く日吹かぬ日 ありといえど 吾が恋のみし 時無かりけり」
「伊香保嶺に 雷な鳴りそね わが上には 故は無けれど 児らによりてそ」
「伊香保世欲 奈可中次下 思ひとろ 隈こそしつと 忘れ為なふも」
「伊香保ろに 天雲い継ぎ かぬまづく 人とおたはふ いざ寝しめとら」
「伊香保嶺の 阻の榛原 わが衣に 着き寄らしもよ 一重と思えば」
「伊香保嶺の 阻の榛原 ねもころに 将来をな兼ねそ 現在し善かば」

渋川市の花でもあるアジサイの万葉歌2首
「あぢさゐの 八重咲くごとく 八つ代にを いませわが背子 みつつ偲はむ」
「言問はぬ 木すらあぢさゐ 諸弟らが 練りの むらとに 詐えけり」

子持の万葉東歌
「子持山 若かへるでの 黄葉つまで 寝もと我は思う 汝は何どか思ふ」

9首の伊香保万葉歌は、これまで地元では、伊香保温泉周辺でしか取り上げられていなかったのですが、そもそも万葉の時代の伊香保とは、現在の伊香保温泉周辺だけのことではなく、榛名山周辺の広域(特に東南域)を指していたことなので、合併渋川市にとってとても大切なテーマだと思っています。

詳しくは「かみつけの国 本のテーマ館」内「伊香保万葉東歌の世界」をご参照ください。
http://kamituke.hp.infoseek.co.jp/

群馬県人であれば上毛カルタは、だれでも覚えているが、榛名山周辺では、この9首の伊香保万葉歌こそ誰もが知っているようになって欲しい。

さらに、なぜ伊香保という地名を詠んだ万葉歌がこれほどまでに集中しているのかということ、
群馬の古墳の数が奈良県の2倍にものぼるということが、
古代においていかに群馬が東国の中心地として栄えていたかを想像させる理由にもなっている。

話は群馬という地名の由縁、
榛名神社と伊香保神社の勢力逆転の歴史
大和政権と東国支配の関係、
古代東山道のはたした役割、
古代政権にとって最大の資源である金銀銅水銀など鉱物資源入手ルートなど、
次から次へ、この栞が尽きない話題を提供してくれる。

またこの万葉歌は、その季節ごとに使い分けることもできる。

紫陽花の2首は、もちろん6月の梅雨時
夏には「雷な鳴りそね わが上には 故は無けれど 児らによりてそ」と
   「八尺の堰塞に 立つ虹の」の歌
秋には「子持山 若かへるでの 黄葉つまで」
冬には「伊香保の嶺ろに 降ろ雪の 行き過ぎかてぬ」

もっとも万葉仮名は、ただの古語とは異なり、とても解釈の難しいものもたくさんあり、
専門家の間でも意見がまとまらないようなものが多いので、
それこそ自信をもって素人なりに、より面白い解釈を提供することもできる。
普及させるには、学問的に正しいかどうかよりも
面白いかどうかを優先させて、落語的解釈をどんどんしていこうかと思っている。

とりあえず、この伊香保万葉歌だけで
5万枚作成普及が当面の目標です。

次回には子持万葉歌と「子持の眠り姫」のことを書きます。

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

「博学・見識」この上なき、御名(=銘)文。「凄いッ!」の一言に尽きます。亡父の遺著(FAX済の原稿草案を御参照くだされ度く候)138頁に、水沢道路傍に「万葉歌の揮毫碑」を遺したとありますが、良くその意味が理解できる超秀逸と言うか、亡父になりかわり亡父以上に丁寧にその重要性を教えて下さっている凄い御論文デス=本当に。本日中に石にかじりついてでも、ない頭をしぼり本御論文を精読し切る覚悟を決めました。亡父の面影を偲びながら、目を真っ赤にして〜〜〜。亡父の遺訓と感激しながらデス〜〜〜。昨晩、同じニックネームで「手作り栞 その3」へも投稿させて頂いてしまいました。 THANNK YOU VERY MUCH!デス。

2009/4/25(土) 午後 1:31 [ hxd*d8*9 ] 返信する

顔アイコン

アジサイの2首について特筆されているのが、是また奇遇というか奇跡そのもの。渋川市花だというのも、初めて知りましたが、小生の実家にはアジサイの油絵(半抽象的な作風)が長く掲出されておりました。よく絵画には、「不思議な力がある」とのお話を聞きますが、その為かいつしか小生は花と言えばアジサイと言う人間に成っておりました。満90歳で昨年黄泉へ旅立った亡母への花のプレゼントといえば必ずアジサイそのものでした。 年老いた亡母にプレゼントした「鉢植えのマリンブルーの紫陽花」のその青色の鮮明さは、今でも昨日の事の様に脳裡に鮮やかに蘇ります。枯れた後も捨て難くドライフラワー状態にして、今でも「亡母の遺品」として大切に我が家に保管してあるのです。 その忘れがたき青色の美しさの故にです。 小生は、絵画と同じ普通の紫陽花(大き目の花が沢山密集した品種)が好きですが、亡父は何故か「ガク紫陽花」が好きで庭で今でも咲くのは、殆どその品種ではあります。 アジサイは、まさに小生にとって「心の故郷の花」といっても過言ではありません〜。

2009/4/25(土) 午後 3:10 [ hxd*d8*9 ] 返信する

顔アイコン

また、紫陽花のお話です。2〜3年前の読売新聞群馬版に故小渕元総理の葬儀の時?だかの紫陽花を、前橋市内の男性が自分の庭で移植だかして丹精込めて育てた処、毎年真っ白い紫陽花が元気良くたくさん咲き誇るようになった、と言う記事が大きく写真入りで掲載されていた記憶があります。

2009/4/25(土) 午後 4:17 [ hxd*d8*9 ] 返信する

顔アイコン

かように、今でも紫陽花にまつわる話題が尽きないだけでなく、遥か昔の万葉の時代にも愛され、今日まで秀逸な万葉歌2首が遺されているという事は、紫陽花の魅力の実力は「崇高かつ不動」なものなのだという事を教えてくれていますよネ〜。♪
もう直ぐ紫陽花の咲き誇る季節到来ですね。毎年上毛新聞等に掲載される紫陽花のカラー写真等を切り抜き、部屋のあちこちに貼って癒されています。♪

2009/4/25(土) 午後 4:31 [ hxd*d8*9 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事