オーディオ・音楽・映画大好きオヤジの独り言

あまりお役に立ちそうなブログではありませんが、ご覧頂ければ嬉しいです。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

下の文章はある女子高校生のものです。あまりにも悲しくて、読んでいて、涙が出て来ました。


「本当は、ここに書くべきではないと思うんですけど少し辛くなったので書かせてください(;ω;)

私は今高校三年生なんですが、学校の現代社会の時間がとても辛いんです。
前は三時間、靖国神社について学びました。でも、その中で先生は右翼は暴力的だ、都議会選で自民党がかったらあなたたちの未来が心配です、などと言って安倍さんや右よりの考えを否定してくるんです。それは違う、聞きたくないって思っても授業中だからどうしようもないんです。
定期テストには小泉首相の靖国参拝における問題点などについて朝日新聞の切り抜きを沢山読まされ、かかせられました。私は靖国参拝に賛成だったのですが定期テストで沢山点を落としたくなかったので書きました。悲しかったです。
また、今日は慰安婦問題について学びました。違う社会の先生だったので、もう大丈夫だ、と思ったら中山議員の国会での慰安婦問題についての名演説を否定し、慰安婦だったという人々の体験談を収録した韓国の映画をすこしみせられました。
友達は皆真面目だから先生がくれた資料(朝日新聞の切り抜きがほとんど)を熟読しています。先生も、今の日本の高校生でこれがわかる人はみなさんぐらいです、といって左の思想を押し付けてきます。おかげで学校で安倍さんを指示する人は少ないし、皆天皇制も直ちにやめるべきだといいます。自分の考えを主張すると皆から冷たい目で見られるし先生も敵に回すしで怖いです。
違う意見を持つ人の主張を聞ける、という面では良いのですが、尊敬する安倍さんや議員の方々を酷く言われると傷つくし、辛いです。私が間違ってるんでしょうか…?はやくこの学校を卒業したいです…」
 
 
*やっぱり日教組は今も何も変わっていないことがわかります。

開く コメント(5)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事