全体表示

[ リスト ]

渓流デイキャンプ






ちょっとご無沙汰してます。(^^;



GWから余り休みもない為、サクラも行けてません。。。

まぁ・・・サクラ熱も今一つ盛り上がらないので、ひょっとしたらこのまま日本海は終了になるかも?

なんか、釣れる年だ。。と聞くと逆にテンション下がる天邪鬼気質も影響している様な気もしますが。。(笑)





んで、前も書きましたが最近キャンプ熱が盛り上がってますから、キャンプの事をよく考えています。






私が以前よくキャンプに行っていたのは、15年位前になるでしょうか。。

当時は本州で相方と2人でキャンプ場に行っていました。



それからソロ活動が多くなり、場外(主に林道脇等)で簡単キャンプがスタイルになっていました。



しかし、北海道には当然クマ問題がある訳で・・・そこら辺の場外に簡単にキャンプは出来ません。

釣り熱も高い事だし、そんなこんなで私の北海道キャンプ生活は終了していた訳です。







ですが・・・

最近また興味をもって調べ始めると、場所に寄りますがキャンプ場でのソロもアリな気はしてきました。

なので、ちょっとづつまたキャンプ用品を買ってみたり。。。


それでもやはり景色の良い場外でやりたい熱もあるので、キャンプ地を探して放浪したりしています。







ちょっと前置き長くなりましたが、夜勤明けに渓流デイキャンプに行ってきました。


自宅からもそんなに離れてはいませんが、人は殆ど来ない川沿いです。



ホントはサッサとデイキャン遊びするつもりでしたが、

久々の林道ですしキャンプ地を探しながら最上流まで行ってみました。



最上流部でちょっと釣りもするつもりでしたが、以前は空いていた場所がゲート封鎖されていたので断念。






目的の場所に向います。










途中・・・





イメージ 1

おっ。。タヌキだ。。。。





イメージ 2

なんか凄い申し訳無さそうな顔をしている。。。(笑)

冬はモコモコですが、やっぱり春にはちょっと細っそりするんですね。







で・・・到着。。。


釣りも可能なポイントですが、余り時間もないので今日は釣りはしません。

サッサと設営。





イメージ 3

何種類か張り方を練習して・・・今回はコレにしました。


今回は車が近くに置けるので椅子も出してますが、本来椅子は持ってません。

基本的にバックパックキャンプが出来るように組んでいます。

それにしても椅子がダサい。(笑)

キャンプ&釣り遠征用に、新たにバックパックも買いましたが、余りポッケがない為バックinバックになります。

小さな袋類は家に転がっていた物なので、統一感がなくてコレもカッコ悪いですね。(笑)

まぁ、小物類は追々揃えます。


今回河原なので、始めてポールで立ててみましたが結構手こずりました。

下も柔らかくソリステ20しか持ってなかったので、それも苦戦しましたね。

バックパックキャンプでペグを山程持つ訳には行かず、ソリステも重いからアルミに変えようと思っているので、

やっぱりメンドくさいけど、ペグもクラフトが一番かも知れませんね。








もう夕方なので、飯にします。


イメージ 4


イメージ 5

何度かやってますが、焚き火で飯を炊くのも少し慣れました。

弱火がネックなんだよな〜。。。












イメージ 6

飯は適当です。

出る時に相方がくれた麻婆豆腐をぶっかけた麻婆丼に、途中にAコープで買ったジンギスカンです。


焚き火があるので、当然肉を焼きたい衝動に駆られますが・・・

熊エリアで肉を焼くのは本来宜しくない気もしますね。

そうなってくると、渓流キャンプメニューは結構絞られてしまいそうです。







熊エリアでの食後はサッサと洗い物をして、食べ物の匂いを消すのが鉄則。。。と、何処かで読みました。。。




イメージ 7

コーヒーの匂いって、熊にとってはどうなんだろう。。。








イメージ 8

どうしても枕にしている木は燃やしきれないので、そこら辺に隠して次にまた使います。(笑)


あとは残った灰の処理をして、撤収です。







今回遊んだ場所も、電波もない山の中ですが・・・昼のデイキャンなら何ともありませんね。


実はちょっと前に、実際に泊まることが出来るんだろうか??

と・・・同じ場所で22時頃まで焚き火をして過ごした事がありました。。。


が・・・

やっぱ怖いですね。(笑)

どれだけシュミレーションしてみても・・・ヤバイでしょ。ヒグマの戦闘力。(笑)


これで1泊すると言っても、上画像のタープの下に寝袋出して寝るだけなので、一撃でガブリ。。です。(ーー;)


色々検索したり、本読んだりして自分の中での熊との精神的な関わりは出来ているつもりでいますが、

やはり暗闇+圧倒的なワイルド・・・恐怖を感じずにはいられません。




もしやるとするなら、やっぱり寝袋は無理ですね。。

慌てるとジッパーが開けられませんし、ミノムシ状態でヤラレ放題です。

寝るとするなら靴も履いたままで、ブランケット泊がいい気がします。

そんで、撃退スプレーはホルスターから出した状態で手元に。。

火は怖がらないらしいが、やはり存在アピールにはなるので、絶やさない様に。

ランタンを灯し続けるのも良いかも。。

あとはテント周りに鈴付きの簡易バリゲードを作るのも効果的な気がします。


まぁ、これなら寝れない事もないかな。。。(笑)






取り敢えずデイキャンプなら安全に楽しめますし、これからもちょくちょくやってみます。

泊り無しなら荷物も随分減らせますし、バックパック背負って釣り上がり、その場でデイキャンも面白そう。

渓流釣りも最近マンネリ化していたので、丁度良いかも。(笑)













そう言えば、最近導入した上で使っているタープ。

3×3mの色んな形で張れるタープですが、結構面白いですよ。




以前近所で練習に試し張りしてみました。






イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13


イメージ 14


イメージ 15


イメージ 16


イメージ 17


状況に応じて色々張れますが、やっぱり基本はリッジラインが張れる場所がないと厳しい。

ポールは持ちたく無いので、今回みたいな河原で長い木が落ちてないとどうなるかな・・・


まぁ、あとはやりながら工夫していくしかないですね。(^^;








次の休みは・・・波が良かったら日本海サクラ行こうかな〜〜。。。








宜しければポチッと応援お願いします。







この記事に

閉じる コメント(14)

顔アイコン

とっても楽しそうですが。。
くれぐれも、熊には気をつけてくださいませ。(^-^)/

喰われてしまったとか。。シャレになりませんので。。orz

2018/5/13(日) 午後 1:51 へっぽこ 返信する

まさかこのまま泊まるのでは…と一瞬期待しましたが流石に無理ですね(笑)
それにしてもキャンプ飯旨そうです!

2018/5/13(日) 午後 2:01 [ はるみち ] 返信する

顔アイコン

> へっぽこさん
そうですよね〜。(^^;
やっぱり熊は洒落になりません。(笑)
安全な範囲で模索していこうと思います。。。

2018/5/14(月) 午前 9:23 [ ほぉすけ ] 返信する

顔アイコン

> はるみちさん
この場所なら泊まれると思いますが・・・
寝れるかどうかは別問題。(笑)
真っ暗な渓流で一人でいると、緊張感半端ないですね。(笑)

2018/5/14(月) 午前 9:28 [ ほぉすけ ] 返信する

顔アイコン

MKです。本来デイキャンってお気楽な感じがするのですが、そのまま泊りもできるような本格的なものですね。荷物少なくしてバイクで林道なんかも楽しそう。でも、バイクだと熊にあった時、怖そうですね。

2018/5/14(月) 午前 10:42 [ frb*379 ] 返信する

ほぉすけ君が中学生の頃にやっていた『キャンプスタイル』に原点回帰した感じですね(笑)🎵
キャンプって、きっと、この『何も無いスタイル』が良いんだろうなあ✨
ただ、外で遊ぶ、自然と戯れる、
ん〜、良いなあ〜✨
くれぐれも、ヒグマと遊ぶ、ヒグマと戯れる事が無いようにねっ❕❕

2018/5/14(月) 午前 11:14 [ akiji ] 返信する

楽しそうな事してますが、
熊には気を付けて下さいね^_^;
私も春キャンしてないので
のんびり薪ストーブで温まりながらやりたいんですけど行けてないです。

2018/5/14(月) 午後 6:44 [ YUT ] 返信する

やっぱり山中ですと熊が気になりますか。
道南でも山が海岸線まで迫っている場所では、熊の目撃情報がありますので油断なりません。
キャンプ場だと比較的安心できるのかな。

2018/5/14(月) 午後 8:33 北遊人 返信する

渓流キャンプの恐怖良く分かります(笑)明るい内は全然いける気がするんですけど、暗くなると雰囲気が豹変するんですよねぇ〜(T.T) 着々とシステムが完成してますね!僕もギアの見直しをして、ミニマル化を考えてるんですけど、荷物を減らす為の道具がまた増えるんですよね(笑)釣り同様、スタイルを変えないとマンネリ化してしまうのも事実なので仕方ないですね〜(*・ω・人・ω・*)

2018/5/15(火) 午後 7:04 [ redstar ] 返信する

顔アイコン

> MKさん
まぁデイキャンとしては頑張った方でしょうか。(^^;
タープ泊だと寝るのもお手軽なので、デイでも泊まりでも余り装備は変わりませんね。(笑)
バックパックでバイクキャンプされている方もおられますね。。

2018/5/15(火) 午後 8:26 [ ほぉすけ ] 返信する

顔アイコン

> akijiさん
中学って言うか、小学生の頃からこんな事ばかりやってますが…未だに楽しいとは、まぁ幸せなことです。(笑)
大人になって、金も使えるし欲しい物も買えるようになりましたが、その分失ってた物が多いな〜とあらためて思いましたね。(^^;

2018/5/15(火) 午後 8:33 [ ほぉすけ ] 返信する

顔アイコン

> YUTさん
熊は十分注意していますが、一体どこで線引きするべきか悩みます。(^^;
YUTさんもキャンプ行かれてましたもんね。色々やる事多くて悩みますね。(笑)

2018/5/15(火) 午後 8:35 [ ほぉすけ ] 返信する

顔アイコン

> 北遊人さん
そうですね〜。普通に目撃情報がある場所ですからね。(^^;
ってゆーか街中でない限り、何処でもいるって印象ですけどね。
キャンプ場も100%では無いでしょうけど、精神的には100%安全です。(笑)

2018/5/15(火) 午後 8:38 [ ほぉすけ ] 返信する

顔アイコン

> redstarさん
便利な道具は多々あれど、やっぱり売っているものは機能が限られますからね。自分で色々自作やカスタムしていきたいですね〜。
ワカ道具もそうですが、アレコレ考えるの滅茶苦茶楽しいですね。(笑)

2018/5/15(火) 午後 8:42 [ ほぉすけ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事