ほぉすけ釣行記

サクラシーズンですが。。。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全88ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

5月17日 ソロキャンプ




前回の休みに日本海サクラ狙いに行ってきましたが、釣れませんでした。(^^;


まだチャンスはありそうですが、これで今季の日本海は終了になりますかね〜〜。。。


もし気が向いたらまた行きます。(笑)




今回は海も荒れますし、キャンプに行ってきました。



キャンプ場ですが、ぷーおさん情報で中々希望にかなっているキャンプ場との事なので・・・

昨日の夜勤明けから向います。



家での所用を済ませてからなので、ちょっと遅くなっちゃいましたが14:00過ぎには到着。。





今のスタイルにしてから初のソロキャンなのでウキウキです。(笑)

今回はキャンプ場だし、熊の心配もする事なくノンビリできるぞ〜〜〜♪♪




ってなテンションで現場入り。








ん?? なんか、看板立ってるな。。









イメージ 1









・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




ふ〜〜〜ん。。。(ーー;)









まぁ、警告はありますが・・・・

キャンプ場ですからね。。。(^^;




一応、熊の事は完全無視の方向でしたが、10%位考えながら行動します。(笑)












ここは管理人さんも不在の無料キャンプ場です。

施設はお世辞にも綺麗とは言えませんが、私みたいな人間には丁度良いですね。(笑)



本日も貸切&誰も通りません。














良さそうな場所を見つけて設営。。





イメージ 2

なんか素材になる木も沢山置いてあるし、ありがたく使わせて頂きました。

今日は夜から朝まで結構な雨が降っていましたから、途中のホームセンターで薪も買ってきました。

薪一束800円にはビビりましたけど。(笑)



この時は止んでいますが、いつ雨が降ってもいい予報だったので焚き火を守れるようにフラップ付きで、

寝る時にはクローズ出来るような張り方をしてみました。






イメージ 3

後ろから見たらこんな感じ。

目の前には川が流れています。

川が遠そうに見えますが、写ってませんが手前にも流れがあり降りたところも直ぐに川です。

場内の炊事場の水は出ませんでしたから(シーズン中は出る?)、簡単な洗い物は川でも出来ますね。


ここの唯一残念な所は、川の対岸が国道なので結構車の音がします。(^^;














イメージ 4

直火跡もあったので、直火もOKなのかも知れませんが・・・

色んな意味で、基本的には焚火台を使っていきたいです。

普通に焚火台でも良いですが、どうしてもベタ座りだと高くなってしまいますから今回はこれでいきます。

荷物も減りますしね。

現地調達の木のペグ、それに焚火台用のアミとヒートンです。 (諸先輩方のパクリです。(笑))








イメージ 5

中々の強度ですね。ビクともしません。

ただ、地面の質によっては使いにくいかも知れませんね。


私は一度に沢山の薪は乗せませんから、もっと細いペグを使っても良さそうです。













イメージ 6

この前秀岳荘に行って、新たにユニの「ちびパン」を買いました。

フライパンも悩みましたが、やっぱソロが基本なのでコレで良いかな。。。











イメージ 7

あとコレも買いました。

コイツはホームセンターで見つけましたが、見つけた時カンドーしましたね。(笑)

鹿番長が出しているバーべキューの串ですが、焼けた食材を一度に抜けるように金具が付いています。

この金具のお陰で、串の先端が固定されます。(カシメてあるので金具は抜けません。)





これを・・・






イメージ 8

焚き火の五徳にします。

平打のステンなので強度も抜群。幅を変えれば大鍋からシェラカップまでいけます。

しかも当然串になります。 素晴らしい。。(笑)


これ2本入りで500円台だったはず。。

いや〜、焚き火の五徳に何千円も出すのは納得出来なくて色々探していましたが、

これは大変気に入りました。  これ流行るでしょ〜。(笑)











イメージ 9

まぁ飯は適当ですよ。

スーパーで生ラム見つけたので焼いてみます。

我が家は相方が羊好きじゃないので、普段は食べれません。(笑)






イメージ 10

それにしても・・・

久し振りに買った薪使ってみましたが・・・

すんごい使いやすい♪

広葉樹で割るのは硬かったですが、良く燃えるし、煙は少ないし、凄く火がコントロールしやすい。

これは800円でも価値あるわ。(笑)







もうスグ飯炊けるって時になって、そう言えば箸が無いことを思い出し・・・急いで箸作り。。。

お気に入りの箸がどっかにいっちゃんたんだよな〜〜。確か遠征には持っていったのに。(ーー;)












イメージ 11


で、夢中で箸削ってたら焦がしたわ。(笑)









イメージ 12

ちびパン、持つとこ熱いから焚火パンみたいに取手付けてみた。(笑)

そう言えば肉焼いた画像無かったな。生ラムも旨いですね。。。












イメージ 13

玉ねぎアルミで包んで焚き火にぶち込んでおきました。

旨そうに見えないけど、想像以上に旨かった。(笑)















イメージ 14

飯食ったら、一応熊対策でサッサと洗い物して匂いの付いたゴミは車へ収納。。。


フェアーのハンドランタン久々に使うけど、画像で撮ると結構明るいですね。ホントは暗いですけど。(笑)

コイツは雰囲気もまずまずですが、何より長時間燃焼が強み。

熊対策で夜通し点けておきたいのでコレにしましたが、結局10時間点けっぱなしでもまだ大丈夫でしたね。











イメージ 15


イメージ 16


イメージ 17


イメージ 18


久し振りにソロの夜を満喫して就寝。。。。















翌朝・・・


6:00位には起床。。











イメージ 19

こんな感じにクローズ出来ますよ。

心配してた雨は降りませんでしたが、結構風吹いてたし寒かったのでクローズ正解だったかも。











イメージ 20

丁度スタッキング出来るので、ブッシュバディストーブも持ち込んでますよ。

木質ストーブは本来の使い方は勿論、焚き火の後に残った炭も全部燃やし尽くしてくれるので便利です。

出来るだけ消炭を出さずに終わりたいですからね。





適当に寛いで、この後タープを何種類か張ってみようと思っていましたが、

丁度片付け中に雨が降ってきたので9:00前には撤収としました。








楽しかったな〜〜。





また行きます。。。






釣りネタじゃ無いけど、ポチッとお願いします。



この記事に

開く コメント(16)[NEW]

開く トラックバック(0)

渓流デイキャンプ






ちょっとご無沙汰してます。(^^;



GWから余り休みもない為、サクラも行けてません。。。

まぁ・・・サクラ熱も今一つ盛り上がらないので、ひょっとしたらこのまま日本海は終了になるかも?

なんか、釣れる年だ。。と聞くと逆にテンション下がる天邪鬼気質も影響している様な気もしますが。。(笑)





んで、前も書きましたが最近キャンプ熱が盛り上がってますから、キャンプの事をよく考えています。






私が以前よくキャンプに行っていたのは、15年位前になるでしょうか。。

当時は本州で相方と2人でキャンプ場に行っていました。



それからソロ活動が多くなり、場外(主に林道脇等)で簡単キャンプがスタイルになっていました。



しかし、北海道には当然クマ問題がある訳で・・・そこら辺の場外に簡単にキャンプは出来ません。

釣り熱も高い事だし、そんなこんなで私の北海道キャンプ生活は終了していた訳です。







ですが・・・

最近また興味をもって調べ始めると、場所に寄りますがキャンプ場でのソロもアリな気はしてきました。

なので、ちょっとづつまたキャンプ用品を買ってみたり。。。


それでもやはり景色の良い場外でやりたい熱もあるので、キャンプ地を探して放浪したりしています。







ちょっと前置き長くなりましたが、夜勤明けに渓流デイキャンプに行ってきました。


自宅からもそんなに離れてはいませんが、人は殆ど来ない川沿いです。



ホントはサッサとデイキャン遊びするつもりでしたが、

久々の林道ですしキャンプ地を探しながら最上流まで行ってみました。



最上流部でちょっと釣りもするつもりでしたが、以前は空いていた場所がゲート封鎖されていたので断念。






目的の場所に向います。










途中・・・





イメージ 1

おっ。。タヌキだ。。。。





イメージ 2

なんか凄い申し訳無さそうな顔をしている。。。(笑)

冬はモコモコですが、やっぱり春にはちょっと細っそりするんですね。







で・・・到着。。。


釣りも可能なポイントですが、余り時間もないので今日は釣りはしません。

サッサと設営。





イメージ 3

何種類か張り方を練習して・・・今回はコレにしました。


今回は車が近くに置けるので椅子も出してますが、本来椅子は持ってません。

基本的にバックパックキャンプが出来るように組んでいます。

それにしても椅子がダサい。(笑)

キャンプ&釣り遠征用に、新たにバックパックも買いましたが、余りポッケがない為バックinバックになります。

小さな袋類は家に転がっていた物なので、統一感がなくてコレもカッコ悪いですね。(笑)

まぁ、小物類は追々揃えます。


今回河原なので、始めてポールで立ててみましたが結構手こずりました。

下も柔らかくソリステ20しか持ってなかったので、それも苦戦しましたね。

バックパックキャンプでペグを山程持つ訳には行かず、ソリステも重いからアルミに変えようと思っているので、

やっぱりメンドくさいけど、ペグもクラフトが一番かも知れませんね。








もう夕方なので、飯にします。


イメージ 4


イメージ 5

何度かやってますが、焚き火で飯を炊くのも少し慣れました。

弱火がネックなんだよな〜。。。












イメージ 6

飯は適当です。

出る時に相方がくれた麻婆豆腐をぶっかけた麻婆丼に、途中にAコープで買ったジンギスカンです。


焚き火があるので、当然肉を焼きたい衝動に駆られますが・・・

熊エリアで肉を焼くのは本来宜しくない気もしますね。

そうなってくると、渓流キャンプメニューは結構絞られてしまいそうです。







熊エリアでの食後はサッサと洗い物をして、食べ物の匂いを消すのが鉄則。。。と、何処かで読みました。。。




イメージ 7

コーヒーの匂いって、熊にとってはどうなんだろう。。。








イメージ 8

どうしても枕にしている木は燃やしきれないので、そこら辺に隠して次にまた使います。(笑)


あとは残った灰の処理をして、撤収です。







今回遊んだ場所も、電波もない山の中ですが・・・昼のデイキャンなら何ともありませんね。


実はちょっと前に、実際に泊まることが出来るんだろうか??

と・・・同じ場所で22時頃まで焚き火をして過ごした事がありました。。。


が・・・

やっぱ怖いですね。(笑)

どれだけシュミレーションしてみても・・・ヤバイでしょ。ヒグマの戦闘力。(笑)


これで1泊すると言っても、上画像のタープの下に寝袋出して寝るだけなので、一撃でガブリ。。です。(ーー;)


色々検索したり、本読んだりして自分の中での熊との精神的な関わりは出来ているつもりでいますが、

やはり暗闇+圧倒的なワイルド・・・恐怖を感じずにはいられません。




もしやるとするなら、やっぱり寝袋は無理ですね。。

慌てるとジッパーが開けられませんし、ミノムシ状態でヤラレ放題です。

寝るとするなら靴も履いたままで、ブランケット泊がいい気がします。

そんで、撃退スプレーはホルスターから出した状態で手元に。。

火は怖がらないらしいが、やはり存在アピールにはなるので、絶やさない様に。

ランタンを灯し続けるのも良いかも。。

あとはテント周りに鈴付きの簡易バリゲードを作るのも効果的な気がします。


まぁ、これなら寝れない事もないかな。。。(笑)






取り敢えずデイキャンプなら安全に楽しめますし、これからもちょくちょくやってみます。

泊り無しなら荷物も随分減らせますし、バックパック背負って釣り上がり、その場でデイキャンも面白そう。

渓流釣りも最近マンネリ化していたので、丁度良いかも。(笑)













そう言えば、最近導入した上で使っているタープ。

3×3mの色んな形で張れるタープですが、結構面白いですよ。




以前近所で練習に試し張りしてみました。






イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13


イメージ 14


イメージ 15


イメージ 16


イメージ 17


状況に応じて色々張れますが、やっぱり基本はリッジラインが張れる場所がないと厳しい。

ポールは持ちたく無いので、今回みたいな河原で長い木が落ちてないとどうなるかな・・・


まぁ、あとはやりながら工夫していくしかないですね。(^^;








次の休みは・・・波が良かったら日本海サクラ行こうかな〜〜。。。








宜しければポチッと応援お願いします。







この記事に

開く コメント(14)

開く トラックバック(0)

海サクラ




平成30年4月26日



少し前になりますが、海サクラ狙いに行ってきました。

今季は何度か行ってますが、タイミング合わず釣れてません。。(^^;



今回も波が高くなるので、行くのは止めようと思っていましたが・・・

夜勤明けの日、夕マヅメだけなら振れそう。。。


相方も行きたがっていましたし、相方連れて夕マズメ3時間勝負に行きました。









15:30位には振り始めたかな?









んで・・・・










イメージ 1


ドン。。。

今季初。。


61cm。

秤忘れたので、重さ分からず。。

今季はデカイのばかりだと聞きますから、これでアベレージ位なのかな?


デカイの釣れた時のために、秤も持ち歩かないと・・・(笑)







かなり暗くなってからも、一度乗りましたが手前で痛恨のバラシ。。

コイツも結構デカそうでした。(^^;





相方は今回奮わず。。。





結構凪いでたので、翌日の朝も振れるんじゃ?  と、車泊してみましたが・・・

朝マズメはやっぱ結構荒れてて釣りにならず。。

早々に撤収しました。






今季サクラ熱イマイチでしたが、やっぱ釣れると嬉しい。。。



また行きます。。。








宜しければポチッと応援お願いします。





この記事に

開く コメント(16)

開く トラックバック(0)

久々のキャンプ





平成30年4月21〜22日




タイトルにもある通り、久し振りにキャンプに行ってきました。(^-^)



ワカ釣り時期からredstarさんとタイミング合えばキャンプに行きましょうと話していましたが・・・

たまたま今月に一緒の休みがありましたから、出撃してきました。




と言っても、私はキャンプ道具は大方処分してしまいましたから、結構redstarさん任せですが。(笑)

ソロテント・タープと遊び道具だけ持っていきます。

因みに、redstarさんはシーズン20泊以上やっちゃう超強者なので頼りになります。(笑)(笑)






21日私は夜勤明けで出撃。。。




redstarさんと待ち合わせ場所に到着して、フィールドを探します。。


因みに、キャンプしようと意気投合したのも・・・私が場外キャンプ派だからってのもありました。


redstarさんも結構場外されるみたいなので、コラボになった訳です。






んで・・・以前redstarさんもやった事があるポイントへ。。。








イメージ 1

私はムーンライト2型にペンタの小川張りにしました。

この形にする事多いので、ムーンライトのフライにDカン付けようかな・・・










イメージ 2

redstarさんはテンマクのワンポールテントですね。

結構デカイのに、慣れもあるでしょうがあっと言う間に立ててましたね。



タープもテンマクなのかな??

この日は風が強かったので、タープは屋根と言うよりは壁の様に張っています。









イメージ 3


イメージ 4

ここ、ホントは湖なんですが・・・

海岸が決壊して海と湖が繋がり、水が無くなってました。(^_^;)

少ない水辺に白鳥が集まっています。











イメージ 5

この日redstarさんがウッドストーブデビューで、ソロストーブ「キャンプファイヤー」を持ってきているので、

私は久々にワイルドストーブを出しました。

そう言えば、コイツはまだ3回位しか使ってなかった。(笑)









イメージ 6


イメージ 7

晩飯は女子の好きそうなアヒージョと、更に女子の好きそうなおつまみ作ってくれました。(笑)

スゲー旨かったけど・・・お洒落さんかっ!(笑)(笑)




流石にこれだけキャンプしていると、持ち物全てが洒落てますな〜〜。。

色合いも統一されているので、私が持ち込んだプロックスのあぐら椅子がスゲーカッチョ悪いですね。(笑)



あと、ジンギスカン食ったら・・・私が持ち込んだ食料は食えませんでした。(笑)













イメージ 8

ソロストーブ「キャンプファイヤ」は初め見たときデカ過ぎると思ったけど、かなり使えますね。

ワイルドストーブも悪くないけど、やっぱ五徳が使いにくいかな。。(中華の方が優れている。(爆))







二人で静かな夜を過ごしていると、途中から、釣りのオジサンがやって来られまして・・・


なんと・・・0:00スタートで何名か集まり、年に一度の「ウグイ釣り大会」を行うとの事。。

ウグイ釣り大会??(笑)

ちょっと耳を疑いましたが・・・実際に開催されていました。(笑)(笑)






途中、オジサンが「拾った薪じゃ燃えにくいだろ。。これ使え使え。。。」

と多量の薪をくれましたから、遠慮なくファイヤ。(笑)




イメージ 9

結構寒い夜でしたが、これ位焚けば流石に暖かかったですね。(笑)



んで・・・適当な時間に就寝。。。。















翌朝は目覚ましも掛けずに爆睡し・・・



イメージ 10


朝は、昨日食えなかった肉を食います。

これ、例のメガオさんの無菌豚「肩ロース」です。   やっぱ旨い。。











イメージ 11

ウグイ釣り大会の模様。(笑)

かなり大型まで釣れてましたね。。

ってゆーか・・・それより驚いたのが、たった一晩で水が回復しています。(笑)










この後、のんびり片付けて・・・

ちょっと渓流でもやりますか。。。と川を覗きに行くものの、雪代酷くて釣りにならず。。

そのまま解散となりました。





redstarさん、有難う御座いました。(^-^)

久々に楽しかったです。。是非ともまたやりましょう。。。。





久々に思いっきり焚き火して、キャンプして・・・

やっぱ楽しかったな〜〜。

ちょっとキャンプ熱に火が付いたので、久々に道具も増やそうかな。。



最近はブッシュクラフトキャンプのスタイルも定着してきているようで、アイテムも増えましたね。

ちょっとそっち寄りでアイテム増やして、今季は何度かキャンプに出かけてみようと思います。(^-^)








釣りじゃないけど、ポチッと応援お願いします。








この記事に

開く コメント(14)

開く トラックバック(0)

遠征。。(対馬へ)






平成30年4月12〜16日




いや〜。。。何だか忙しくて、放置状態になってました。(^^;


遠征から帰ってから、ようやくワカ道具の整理と片付けをして・・・

遠征道具の整理もして・・・

超久々のキャンプの準備をしたり・・・




遠征記事も釣れなかったし、書くのヤメようかと思いましたが、

ちょっと落ち着いたので、簡単に書いておきます。(^^;











ホントは男女群島に行くために準備していましたが、当日の天候は大荒れ直撃。(笑)

しかも全国的に。(笑)(笑)


前日にあじかに連絡をして、船が出ない事が確定。。




今回は船が出なければ、完全にキャンセルしてしまう事も考えていましたが、

キャンセル料も馬鹿になりません。。。

どうせなら九州に渡って、それから気の向くまま釣り歩くのも楽しいかな・・・。。。

って感じで取り敢えず九州へ飛びます。




機内でも天気予報をチェックし、釣りが出来そうなエリアを検討。。


最終的に愛媛県佐田岬周辺のショアジギ&うどんツアーか、対馬ショアジギに絞り込みます。




釣果情報は特に見つけれませんが、対馬も行ってみたかった所。。。

チャンスがあるなら今回は対馬を目指してみることにします。



が・・・一つ問題が・・・




福岡、博多港から出船するフェリーは0:00発。22:30には乗船手続きをしなければなりません。。。

我々が福岡でレンタカー借りる時間がおよそ18:00・・・

荷物は長崎県の平戸、あじか経営のサムソンホテルに届けてあります。


つまり18:00から長崎に荷物を取りに行き、とんぼ返りで22:30に博多港に戻ってくる必要があります。(笑)

Googleマップで、片道2時間。。。しかもここは北海道ではありません。(ーー;)


時間通りにいったとしても、30分しかマージンがない。(笑)



これはかなりイチかバチかの勝負になりそうです。



飛行機がちょっと到着遅れてやきもきしながら、ダッシュでレンタカー屋へ。。。




レンタカー屋さんがもの凄く迅速対応だったお陰で、18:00前には出発する事が出来ました。(^^;

今回も前回借りたホンダフィットが快適だったので、フィット(同クラス)ってので予約しましたが・・・

やっぱ(同クラス)って、他の車種になる事もあるのね。。。

初めに出されたのが、スズキのスイフトだったので焦りました。

スイフトだとロッドケースすら入りませんからね。(^^;

フィットも余りがあったので借りれて良かった。。。

これからは車種限定予約しないとな・・・




んで・・・・







イメージ 1

いけいけ〜〜〜♪♪


コンビニに寄る暇もなくダッシュ。。

車を借りたレンタカー屋が、たまたま都市高速の近くだったのでマジで助かりました。



急いでいる時に限って途中道間違えたり。。(笑)





んで、Googleマップの時間通りに2時間で到着。。

ホテルに預けてあった荷物を引き取り・・・


ダンボールごと無理やり押し込みます。(笑)




イメージ 2

は、入った。(笑)


良し!急いで戻るぞ〜〜。。


で・・・トンボ帰り。(笑)




無事、時間通り博多港へと到着。。。

ダンボールの荷物を解き、釣りが出来る準備をします。




イメージ 3

我々は車で渡りましたが、ここのフェリー会社なら車運んでもお安めです。

本来車運ぶのはコスト的に馬鹿らしいですが、何せ我々は大荷物ですし・・・

このレンタカーと使わない荷物をここに置き去りにするのも心配ですしね。


因みに大人一人往復8000円。4m未満の車+運転者1人で往復30600円。

なので一人あたり11000円程プラスすれば、車ごと行けます。





















車で移動中に対馬の情報を色々集めましたが、どうやらこの時期にショア青物は厳しそう。。

春マサのデカいのが有名ですが、それはオフショアの話みたいですね。

対馬南部の渡船屋では瀬渡しすら出せないと断られました。



何軒かあたった結果、乗せてくれそうな船宿を発見。

電話すると、前日の連絡にも関わらず、もの凄く親切な対応。

そして明日なら乗せてくれると。。。


宿も安いし、渡船・宿共に上対馬の「Swell"s」さんにお願いすることにしました。









イメージ 4

船は個室にしてくれたので、この時間にリーダーを組みます。

船は4時間程で到着しますから、リーダー組んだら少しだけ仮眠。。。










んで・・・・


4:00過ぎに対馬、厳原港へ到着。

厳原は対馬の南側ですから、そこから上対馬まで2時間程掛かります。



コンビニ事情も分かりませんから、近くで食料調達して移動します。










イメージ 5

待ち合わせ場所に到着。。

対馬は「ツシマヤマネコ」ってのがいるらしく、アチコチに飛び出し注意看板とか、ヤマネコ物が見られます。(笑)




んで、船長と合流。。。

電話での印象通り、滅茶苦茶良い感じの方でした。



初めにお世話になる宿に案内して頂き、そこで釣りの準備をして・・・・






イメージ 6

沖磯に渡ります。

磯渡しは代表の船長ではなく別の船長さんです。











で・・・・



イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


何とかやってきました。対馬の海。。。(^^;

凪いでますが、ここが波あたってないだけで、この日ここ以外に乗れる場所は無いそうな。

晴れていれば、韓国が見える磯場です。(韓国まで50キロしかありません。)











イメージ 10

テンション上げて振り続けますが、反応はありません。

やっぱり朝マヅメは外してるからな〜。(^^;


でも今回は竿が出せただけでも良しとしないとな〜〜。




当然釣りをしている時間が一番長いですが、釣れてないから書く事ありません。(笑)





ホントは磯替えもしてくれますが、今日は乗れる磯がないとの事で・・・終了までここで振ります。


で、何もないまま終了。。。







宿に帰ると、飯を出してくれます。

因みに今回飯も頼んでみましたが、1泊2食付きで6500円で泊まれます。

素泊まりは4500円です。





イメージ 11

民宿って感じではなく、こういうの何て言うのかな?外からこの部屋に直接入れます。

コテージ?みたいな感じ?お隣と壁は繋がってますが。。。

夜釣りなんかする人にとっては、いつでも出入り出来るし気楽ですね。



イメージ 12

風呂もトイレも付いてます。

エアコン、床暖房付きで、釣り道具も洗って乾かせますし。言うことなしですね。。







この後、ちょっとエギングで出かけてみますが、まだ水温低くて厳しいみたいですね。

体力的にも限界が近いので、サッサと帰って寝ます。





翌朝。4:00から活動開始。。


この日から荒れますから渡船は出来ません。ポイント教えて貰ったので、地磯巡りです。。。










で・・・初めに入った磯で・・・・

たったの30分ですが、始めて魚の反応を得ることが出来ました。


トップを投げると、毎回反応があります。

しかし、乗りません。。。


乗ってもバレる、バレる。。。私は連続3バラシ。。(ーー;)


魚も小さそうなので、プラグデカイし、フックもデカイ??


船長から、乗らない時はミノーが良いから、ミノーは必須と言われて持ち込んでいますが・・・

トップで反応出ているので、私はトップで続けます。


で、やっとキャッチ。。。


・・・・・


(笑)(笑)(笑) 

ブリッ!!!!(笑)


え〜〜。ブリもいるの〜〜〜。(ーー;)




恐らくはヒラマサだらけなのに・・・




ぷーおさんはヒラゴ1本と、立派なヒラマサ1本仕留めました。。。




で・・・時合終了。。。。




・・・・(ーー;)


マジか・・・・


魚の反応滅茶苦茶あったのに・・・・

やっと釣れたら、それがブリとか・・・・(ーー;)


もう「遠征で狙った魚釣れない病」です。

もうコレ呪いでしょ〜。(T_T)





当然、まだチャンスはあると投げ続けますが・・・

反応なし。。。




移動します。










イメージ 13

雨&防風なので、風裏、波裏を求めて歩きます。

午前中は波は予報より低かったですが、午後から波も出てきます。








イメージ 14

フィットは大活躍。(笑)

良い車だわ〜〜。。。







イメージ 15

雨はずっと降ってますが、それ程強い雨足ではありませんでした。








イメージ 16

2人でショット。。。の画像が、ドヤ感強くてウザかったので、

タイマーに間に合わなかった微妙ポーズの1枚で。(笑)









今回訪れた上対馬の地磯は遠浅が多く、磯に立って足元ドン深なんてポイントは殆ど無いようです。

その為、例え天気が良くても足元は濡れます。ってゆーより、ザブザブ行かないと先端の岩に立てません。

この時は大潮だった事もあり、干満差は1mオーバー。朝渡れた岩も帰りには腿まで浸かって帰りました。(笑)

ウェーダーでも悪くはありませんが・・・磯にウェーダーは危険が伴いますから、

やっぱりウェットが欲しくなりますね。

宿で隣に泊まっていた韓国ロックショアマンはフルスーツを着てました。


まぁ、暖かくなればタイツ&ハーパンスタイルで濡れても良いかも。。









イメージ 17

ジグは殆ど使えませんから、持ち込んでいるルアーはこれだけです。

元々男女用で準備してますから、今回はもうワンサイズ落としたラインナップが欲しい所でしたね。

今回は磯歩き用のリュックも持ってきてませんから、このルアーだけをベストに入れて磯歩きしています。










イメージ 18

マズメのスパイクはウェーディングシューズみたいな作りですから、濡れても水ハケ良いですが、

シマノのこの磯靴は基本防水です。なので、濡れると水が抜けません。

足の中がタプタプ歩き難いので、時々水を抜いて靴下を絞ります。(笑)











イメージ 19

朝反応のあったポイントに戻り、夕マヅメを攻めようと粘りましたが・・・

立っているのがギリの風と、波も頭から被り放題になってきたので早めに納竿。。。






最終日に備えて早めに就寝します。




宿は夜のうちにチェックアウトを済ませて、朝そのまま発つ事にしました。



翌朝3:00起床。3:30には宿を出ます。





昨日反応があった地磯に下りますが、波の向きが変わりモロにアタってますね。

取り敢えず先端に立ちますが、釣りになりません。


何とか釣りになる所で勝負しますが、反応を得ることが出来ず。




朝マズメが過ぎた時点で、移動します。






一気に厳原方面まで走り、近くの地磯に入ります。




イメージ 20


イメージ 21

こちらは嘘みたいに凪いでますね。



このポイントは水深もあり、昼間の回遊もありそうですが・・・

時間いっぱい迄降って終了。。



これにて対馬遠征は終了となりました。




この時期ネットで探しても、中々ショア青物の情報はありませんが・・・

タイミング次第ではありますが、十分釣れるみたいですね。


我々よりちょっと前に来られた組は2〜3日でヒラマサ100本以上釣ったそうです。(笑)





対馬なら飛行機で短時間でこれますし、ヒラマサ狙いになりますが来る価値は十分にありますね。

今回は時期がちょっと早かったですが、もうちょっと水温上がったら、釣り物も多くて楽しそうです。

近々リベンジに来ようかな〜〜。






ふぅ・・・・

リベンジ先ばかりが増えていく。。。(笑)(笑)









宜しければポチっと応援お願いします。






この記事に

開く コメント(18)

開く トラックバック(0)

全88ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事