ほぉすけ釣行記

今期もわかさぎ開幕。。。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]





前回からの続きです。





日没になったので、取り敢えず晩飯にします。








イメージ 1

この日の日中にぷーおさんが、シオ(小さいカンパチ)を釣ったので刺身用にキープしておきました。








イメージ 2

この日の夜と、次の日の朝のみ白飯が貰えます。

朝から振って、昼もまともに食わずに振り続けているので、晩飯はガッツリ食います。

釣った魚の刺身と、温めて食べるレトルト食品、あとカレーですね。

ってゆーか、やっぱカンパチって小さくても美味いな〜。。。












イメージ 3

今回、残念な事にコーヒーを買い忘れてしまったので、食後に味噌汁です。(笑)










食後はワームで遊びます。



浅場なので昨日よりは釣りになりますが、反応は多くはありませんね。












イメージ 4


魚見た時に、「オジサン」だ。。って言うのは何となく分かりましたが・・・

食えるかどうかは知りませんからリリース。。

あとで調べたら、オジサンって高級魚で刺身が美味いらしい。。。食えば良かった。(笑)










イメージ 5

カサゴですね。

ぷーおさんはアカハタも釣ってましたね。


ビッグワームしか持って行って無かったので、反応が少なかったかも知れませんね。

もっと3インチ位のワームも持ち込めば良かったかも??














体の疲れも蓄積してきた事だし、今日も夜は寝ますよ。。





イメージ 6

この磯は余り平らな場所が少なかったので、それぞれ何とか寝れそうな場所で寝ます。

蚊が多かったので私も寝袋出して、顔も防虫ネット被って寝ようとしましたが・・・

暑くて暑くて・・・

結局寝袋からも出て、Tシャツ・パンイチで寝てました。(笑)

当然蚊に刺されまくりました。(^^;

磯泊まりの時は、天候急変時に直ぐに逃げれる様に本来パンイチなんかで寝ては駄目ですよ。(笑)

















翌朝も当然暗い内からトップを投げ続けます。





イメージ 7


イメージ 8

撤収は11:00・・・

このまま何もなく終わってしまうのか。。。


浅くても近くの磯でもヒラマサ上がってますし、回遊を信じて投げ続けます。





すると、ぷーおさん。。

「きた〜〜〜〜!!!!」



!!!!



結構曲がってる!!


ギャフ持って急いで駆けつけます。



ぷーおさんのファイトスタイルには笑わせてもらいましたが・・・(笑)


頑張れ頑張れ。。。(笑)




浮かせた所をギャフでキャッチ。。











イメージ 9

ヒラマサ!!スレだけど。(笑)    おめでとう!!




良かった。。。

2人で青物ボウズかと思ったけど最後の最後にやってくれました。(^^;







その後も時間イッパイまで振り続けましたが、反応を得ることは出来ず。。。


















イメージ 10

これで今回の男女群島釣行は終了となりました。









この後、順番に撤収のお手伝いをして帰りの船も爆睡。。。







帰ってから・・・・







イメージ 11

クエはかなり大型の物も上がってましたね。

手前の大型は17キロだったみたいです。


















今回青物は確かに薄かったですが、やはり釣る方は釣ってるって感じでしたね。

我々は初めてってのもありますが、ちょっと磯替わりし過ぎですね。(笑)

後で考えれば、始めに乗った磯で粘るのが一番チャンスがあったような気もします。

でも色々乗せて貰って楽しかったから良いのかな。。。(^^;



それにしても・・・・


某有名アングラーさん・・・・釣果半端ない。(笑)(笑)

マジでレベルが違うな〜〜。。












これにて男女群島釣行は終了ですが、この後も休みは3日間あります。。。












まだ、戦いは終わらない・・・・









北海道釣行じゃないけど。(笑)
宜しければポチッと応援お願いします。





開く トラックバック(0)



前回からの続きです。





あじか磯釣りセンター近くに魚市場があり、その駐車上にて車中泊しました。







イメージ 1


フィット・・・フツーに車中泊出来ます。(笑)

もっと大きな車借りようかと思ったけど、これで良かった。。。(^^;





出船は13:00ですが、我々はあじかに送ってある荷物をほどき準備しなければなりませんから早めに行きます。












イメージ 2


イメージ 3


・・・遂に来ましたね。

あじか磯釣りセンター。。。黒船軍団に圧倒されます。(^^;



ここで届いている荷物を受け取り準備します。

当初考えていたより荷物が増えたため、急遽近くの釣具店にバッカンを買いに行きましたが、

それ以外は滞りなく準備出来て、12:00過ぎには船に荷物を積み込みます。





ってゆーか・・・


時期が時期なせいでしょうか?(^^;

10人ちょっとのお客さんですが、雑誌やネット、you tubeで見たことのある著名な方々が沢山。

別に人と闘う訳ではありませんが、ビビります。(笑)

後で知りましたが、途中何度かお話させて頂いていた方々も撃投モニターさんだったりで・・・

猛者だらけです。(笑)(笑)







荷物をすべて積み終わると、男女群島に向けて出港です。

今回お世話になったのは「ブラック カイザー」でした。







イメージ 4


イメージ 5

船内には仮眠スペースがあるので、3時間ちょっとの船旅中は寝て過ごせます。







私も寝ていましたが、やがて船のエンジン音が静かになると皆準備して動き出します。




私も準備して上にあがると・・・





圧巻の男女群島の風景が広がっています。








イメージ 6

有名な帆立岩。。これだけは直ぐに解りました。



北側の磯から徐々に釣り人を降ろしていき・・・

我々が呼ばれたのは最後の方でしたね。。





我々が上げてもらったのは沖の赤瀬というポイント。。。




流石に興奮が抑えきれませんね。(笑)

逸る気持ちを抑えて、タックルを準備。。。












イメージ 7

今は日没も早いので、夕マヅメ迄の短い時間集中してキャストします。


潮はもの凄い勢いで流れてます。。。

大潮から中潮に向かうタイミングだったと思いますが、想像以上ですね。


暗くなってからも釣果が出た記事は読んだことあるので、取り敢えず19:00位まで振り続けますが反応はなし。







すっかり暗くなったので、取り敢えず夕飯。。。







イメージ 8


イメージ 9

この日は簡単に食べれるカップ麺とおにぎり類です。








イメージ 10

まだ満月に近いので凄く明るい夜でした。






夜はワームでロックでもやろうかと準備していましたが・・・

このポイント、ドン深な上に手前の岩がオーバーハングしていて、

ちょっとでも根掛りすると手前でPEが岩と擦れて直ぐにラインブレイクしてしまいます。

後ろの下の赤瀬との水道は流れ早くてとても底取れず。


アレコレ試しますが、どうにも釣りになりません。

途中ぷーおさんがデカイ根魚っぽいの掛けましたが、それも手前で擦れてブレイク。。。


潮止まりのタイミングまで待てば釣りになったかも知れませんが、

余りロック用のシンカー持ってきてないので、これ以上無くす前にこの日は寝る事にします。







イメージ 11

ここは結構広い磯場なので、快適な寝床もあります。

ぷーおさんは寝袋で寝てますが、私は防寒のジャケット着てそのままごろ寝。。。














翌日・・・

4:00前位から準備して振り始めます。。


相変わらず潮の流れは早く、本流に乗せると途中恐ろしくなる位着底しません。






そして・・・

4:30頃、遂に待望のアタリ。。

まだ真っ暗だし、グローでスロー気味に・・・と撃投ノーマル 105g ピンクグローでシャクっていると。

フォール中に急にラインが走ります。

流れも急激なので半信半疑ながら、ベールを戻して合わせをくれてやると、確かな生命感!


でも余り走らないし、青物じゃないな。。。

根魚??


流れの中でトルクのある引きですが、味わった事のない引きですね。

足元まで寄せてくると、サイズ的には抜けそう。

おりゃ〜!! とそのまま抜き上げ。




????



確認すると、ちょっと意外な魚でした。












イメージ 12

真鯛。70cm。。



イメージ 13

北海道では釣れない魚種なので、結構嬉しい♪
















その後、朝マズメもトップを中心に狙っていきますが青物の反応は無し。

朝の見回りのタイミングで瀬替わりを選択します。

















イメージ 14


イメージ 15

このタイミングで釣果をクーラーに入れたり、瀬替わりしたり出来ます。

ルアー組はやはり苦戦を強いられている感じ。

それでも釣ってる方は釣ってますね〜。。。















イメージ 16

遠くに見えるサメ瀬をバックに、石鯛を狙う釣り師。。。滅茶苦茶カッチョいいです。
















イメージ 17


次に乗せてもらったのは、恐らくハナグリ島の石塚の鼻だと思われます。

ポイントは聞いてから乗るわけじゃ無いので、初めてだと何処が何処だか解りません。(笑)

ここは女島とハナグリの間の水道なので、流れが完全に川ですね。(^^;

潮が効いている時間帯はホントにどうしていいのか解りません。


今までショアジギと言えば、潮の効いている流れを探し流れを釣る事をイメージしていたのに、

そんな常識が全く通用しません。

取り敢えず投げ続けはしますが、この激流に魚が付いているのか?流心を外した方が良いのか?

エキスパートの皆さんは、これをどう考えて攻略してるんだろう??




そうこうしているいる内に潮が緩んで流れが落ち着きました。

ちょっと足場が高いので魚が回遊してくるのが見えます。


チャンスとばかりにダイペンキャストすると・・・

着水バイト!

一度重みが乗りましたが、合わせを入れるとフックアウト・・・


少ないチャンスなのに・・・(T_T)







その後、沖でトビウオが逃げているのが見えていましたが・・・

段々と近づいてきます。。



もうちょい、もうちょい・・・







射程範囲までトビウオナブラが入った瞬間にキャスト。。


と・・・同時に・・・・

トビウオの後ろで、ボゴッ!!とマグロが跳ねるのが見えます。



うわっ!大チャンス!!




丁寧にプラグをダイブ。。




1発目で水面炸裂して、ヒット!!






合わせをくれてやると、ジャーーンプ。。


????



あれ???




魚・・・長い・・・・




シイラだ。。(ーー;)





バイトしたのはシイラでした。(笑)




足元まで寄せてきますが、足場高いしどうしよう。。。

シイラ持って帰らないしな〜。

どう見てもメーターオーバーだし、抜ける大きさじゃない。

ギャフ打ちたく無いし、どうする??


と2人で話していると、足元でジャンプ。。。

オートリリースしてくれました。(^^;











その後は特に反応なく、再び瀬替わりの時間が来ます。




本来繁盛記であれば、良いポイントは誰か入ってるんでしょうけど、今回は少人数ですからね。

初めてですし、出来るだけ色んなポイント見てみたいので再び替わらせて貰います。



毎回瀬替わりしてスミマセンね〜。とポーターさんと話していると、

「そんな事何も気にしなくていい。折角遠くから来たんだから、色んな所見て楽しんで行ったらいいよ。。。」

との優しいお言葉。。。







この後上げて貰ったのは、これも恐らくですが吉田瀬の4番。

正面に帆立岩とSOSを望むポイントです。







イメージ 18


イメージ 19

ここも・・・凄い激流。(^^;

帆立岩に向かって投げると、撃投ハイパー200gでも着底に40〜50秒掛かりますね。

ツインパ8000にPE5号巻いてるので、着底したら糸殆ど無くなっちゃう。(^_^;)

やっぱ8000スプールじゃダメだな〜。。。


男女では結局ジグは殆ど200gばかり投げてます。











イメージ 20

ぷーおさんも頑張ってます。(笑)

やっぱりアキュラ100HHだと激流&ヘビージグをシャクるのは結構厳しいものがありますね。












イメージ 21

そう言えばこの辺の海ってウミガメが滅茶苦茶居ますね。

どのポイントでも見かけました。

ウミガメ居ると魚釣れないって、どっかのブログで読んだ気もしますが・・・気のせいでしょう。(ーー;)














イメージ 22

結局このポイントでは魚っ気は何もないまま、定時の船が来ました。

残ろうか悩みましたが、ベイトも全く見えないので、最後も替わらせてもらいました。












イメージ 23


最後に上げて貰ったのは、二重鼻。


ここは女島と下の赤瀬の水道ですが、男女でもこんなポイントあるんだ・・・って位浅いです。

ジグは必要ない位の浅場なので、日没までトップを投げ続けますが反応なし。。。












時期的に厳しい事は覚悟していましたが、男女に行けば魚は居るって思いはどっかにありました。

いや〜、甘かったですね〜。(笑)








画像枚数が限界なので、続きます。。。











北海道釣行じゃないけど。(笑)
宜しければポチッと応援お願いします。






開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事