ほぉすけ釣行記

今期もわかさぎ開幕。。。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

遠征。。(対馬へ)






平成30年4月12〜16日




いや〜。。。何だか忙しくて、放置状態になってました。(^^;


遠征から帰ってから、ようやくワカ道具の整理と片付けをして・・・

遠征道具の整理もして・・・

超久々のキャンプの準備をしたり・・・




遠征記事も釣れなかったし、書くのヤメようかと思いましたが、

ちょっと落ち着いたので、簡単に書いておきます。(^^;











ホントは男女群島に行くために準備していましたが、当日の天候は大荒れ直撃。(笑)

しかも全国的に。(笑)(笑)


前日にあじかに連絡をして、船が出ない事が確定。。




今回は船が出なければ、完全にキャンセルしてしまう事も考えていましたが、

キャンセル料も馬鹿になりません。。。

どうせなら九州に渡って、それから気の向くまま釣り歩くのも楽しいかな・・・。。。

って感じで取り敢えず九州へ飛びます。




機内でも天気予報をチェックし、釣りが出来そうなエリアを検討。。


最終的に愛媛県佐田岬周辺のショアジギ&うどんツアーか、対馬ショアジギに絞り込みます。




釣果情報は特に見つけれませんが、対馬も行ってみたかった所。。。

チャンスがあるなら今回は対馬を目指してみることにします。



が・・・一つ問題が・・・




福岡、博多港から出船するフェリーは0:00発。22:30には乗船手続きをしなければなりません。。。

我々が福岡でレンタカー借りる時間がおよそ18:00・・・

荷物は長崎県の平戸、あじか経営のサムソンホテルに届けてあります。


つまり18:00から長崎に荷物を取りに行き、とんぼ返りで22:30に博多港に戻ってくる必要があります。(笑)

Googleマップで、片道2時間。。。しかもここは北海道ではありません。(ーー;)


時間通りにいったとしても、30分しかマージンがない。(笑)



これはかなりイチかバチかの勝負になりそうです。



飛行機がちょっと到着遅れてやきもきしながら、ダッシュでレンタカー屋へ。。。




レンタカー屋さんがもの凄く迅速対応だったお陰で、18:00前には出発する事が出来ました。(^^;

今回も前回借りたホンダフィットが快適だったので、フィット(同クラス)ってので予約しましたが・・・

やっぱ(同クラス)って、他の車種になる事もあるのね。。。

初めに出されたのが、スズキのスイフトだったので焦りました。

スイフトだとロッドケースすら入りませんからね。(^^;

フィットも余りがあったので借りれて良かった。。。

これからは車種限定予約しないとな・・・




んで・・・・







イメージ 1

いけいけ〜〜〜♪♪


コンビニに寄る暇もなくダッシュ。。

車を借りたレンタカー屋が、たまたま都市高速の近くだったのでマジで助かりました。



急いでいる時に限って途中道間違えたり。。(笑)





んで、Googleマップの時間通りに2時間で到着。。

ホテルに預けてあった荷物を引き取り・・・


ダンボールごと無理やり押し込みます。(笑)




イメージ 2

は、入った。(笑)


良し!急いで戻るぞ〜〜。。


で・・・トンボ帰り。(笑)




無事、時間通り博多港へと到着。。。

ダンボールの荷物を解き、釣りが出来る準備をします。




イメージ 3

我々は車で渡りましたが、ここのフェリー会社なら車運んでもお安めです。

本来車運ぶのはコスト的に馬鹿らしいですが、何せ我々は大荷物ですし・・・

このレンタカーと使わない荷物をここに置き去りにするのも心配ですしね。


因みに大人一人往復8000円。4m未満の車+運転者1人で往復30600円。

なので一人あたり11000円程プラスすれば、車ごと行けます。





















車で移動中に対馬の情報を色々集めましたが、どうやらこの時期にショア青物は厳しそう。。

春マサのデカいのが有名ですが、それはオフショアの話みたいですね。

対馬南部の渡船屋では瀬渡しすら出せないと断られました。



何軒かあたった結果、乗せてくれそうな船宿を発見。

電話すると、前日の連絡にも関わらず、もの凄く親切な対応。

そして明日なら乗せてくれると。。。


宿も安いし、渡船・宿共に上対馬の「Swell"s」さんにお願いすることにしました。









イメージ 4

船は個室にしてくれたので、この時間にリーダーを組みます。

船は4時間程で到着しますから、リーダー組んだら少しだけ仮眠。。。










んで・・・・


4:00過ぎに対馬、厳原港へ到着。

厳原は対馬の南側ですから、そこから上対馬まで2時間程掛かります。



コンビニ事情も分かりませんから、近くで食料調達して移動します。










イメージ 5

待ち合わせ場所に到着。。

対馬は「ツシマヤマネコ」ってのがいるらしく、アチコチに飛び出し注意看板とか、ヤマネコ物が見られます。(笑)




んで、船長と合流。。。

電話での印象通り、滅茶苦茶良い感じの方でした。



初めにお世話になる宿に案内して頂き、そこで釣りの準備をして・・・・






イメージ 6

沖磯に渡ります。

磯渡しは代表の船長ではなく別の船長さんです。











で・・・・



イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


何とかやってきました。対馬の海。。。(^^;

凪いでますが、ここが波あたってないだけで、この日ここ以外に乗れる場所は無いそうな。

晴れていれば、韓国が見える磯場です。(韓国まで50キロしかありません。)











イメージ 10

テンション上げて振り続けますが、反応はありません。

やっぱり朝マヅメは外してるからな〜。(^^;


でも今回は竿が出せただけでも良しとしないとな〜〜。




当然釣りをしている時間が一番長いですが、釣れてないから書く事ありません。(笑)





ホントは磯替えもしてくれますが、今日は乗れる磯がないとの事で・・・終了までここで振ります。


で、何もないまま終了。。。







宿に帰ると、飯を出してくれます。

因みに今回飯も頼んでみましたが、1泊2食付きで6500円で泊まれます。

素泊まりは4500円です。





イメージ 11

民宿って感じではなく、こういうの何て言うのかな?外からこの部屋に直接入れます。

コテージ?みたいな感じ?お隣と壁は繋がってますが。。。

夜釣りなんかする人にとっては、いつでも出入り出来るし気楽ですね。



イメージ 12

風呂もトイレも付いてます。

エアコン、床暖房付きで、釣り道具も洗って乾かせますし。言うことなしですね。。







この後、ちょっとエギングで出かけてみますが、まだ水温低くて厳しいみたいですね。

体力的にも限界が近いので、サッサと帰って寝ます。





翌朝。4:00から活動開始。。


この日から荒れますから渡船は出来ません。ポイント教えて貰ったので、地磯巡りです。。。










で・・・初めに入った磯で・・・・

たったの30分ですが、始めて魚の反応を得ることが出来ました。


トップを投げると、毎回反応があります。

しかし、乗りません。。。


乗ってもバレる、バレる。。。私は連続3バラシ。。(ーー;)


魚も小さそうなので、プラグデカイし、フックもデカイ??


船長から、乗らない時はミノーが良いから、ミノーは必須と言われて持ち込んでいますが・・・

トップで反応出ているので、私はトップで続けます。


で、やっとキャッチ。。。


・・・・・


(笑)(笑)(笑) 

ブリッ!!!!(笑)


え〜〜。ブリもいるの〜〜〜。(ーー;)




恐らくはヒラマサだらけなのに・・・




ぷーおさんはヒラゴ1本と、立派なヒラマサ1本仕留めました。。。




で・・・時合終了。。。。




・・・・(ーー;)


マジか・・・・


魚の反応滅茶苦茶あったのに・・・・

やっと釣れたら、それがブリとか・・・・(ーー;)


もう「遠征で狙った魚釣れない病」です。

もうコレ呪いでしょ〜。(T_T)





当然、まだチャンスはあると投げ続けますが・・・

反応なし。。。




移動します。










イメージ 13

雨&防風なので、風裏、波裏を求めて歩きます。

午前中は波は予報より低かったですが、午後から波も出てきます。








イメージ 14

フィットは大活躍。(笑)

良い車だわ〜〜。。。







イメージ 15

雨はずっと降ってますが、それ程強い雨足ではありませんでした。








イメージ 16

2人でショット。。。の画像が、ドヤ感強くてウザかったので、

タイマーに間に合わなかった微妙ポーズの1枚で。(笑)









今回訪れた上対馬の地磯は遠浅が多く、磯に立って足元ドン深なんてポイントは殆ど無いようです。

その為、例え天気が良くても足元は濡れます。ってゆーより、ザブザブ行かないと先端の岩に立てません。

この時は大潮だった事もあり、干満差は1mオーバー。朝渡れた岩も帰りには腿まで浸かって帰りました。(笑)

ウェーダーでも悪くはありませんが・・・磯にウェーダーは危険が伴いますから、

やっぱりウェットが欲しくなりますね。

宿で隣に泊まっていた韓国ロックショアマンはフルスーツを着てました。


まぁ、暖かくなればタイツ&ハーパンスタイルで濡れても良いかも。。









イメージ 17

ジグは殆ど使えませんから、持ち込んでいるルアーはこれだけです。

元々男女用で準備してますから、今回はもうワンサイズ落としたラインナップが欲しい所でしたね。

今回は磯歩き用のリュックも持ってきてませんから、このルアーだけをベストに入れて磯歩きしています。










イメージ 18

マズメのスパイクはウェーディングシューズみたいな作りですから、濡れても水ハケ良いですが、

シマノのこの磯靴は基本防水です。なので、濡れると水が抜けません。

足の中がタプタプ歩き難いので、時々水を抜いて靴下を絞ります。(笑)











イメージ 19

朝反応のあったポイントに戻り、夕マヅメを攻めようと粘りましたが・・・

立っているのがギリの風と、波も頭から被り放題になってきたので早めに納竿。。。






最終日に備えて早めに就寝します。




宿は夜のうちにチェックアウトを済ませて、朝そのまま発つ事にしました。



翌朝3:00起床。3:30には宿を出ます。





昨日反応があった地磯に下りますが、波の向きが変わりモロにアタってますね。

取り敢えず先端に立ちますが、釣りになりません。


何とか釣りになる所で勝負しますが、反応を得ることが出来ず。




朝マズメが過ぎた時点で、移動します。






一気に厳原方面まで走り、近くの地磯に入ります。




イメージ 20


イメージ 21

こちらは嘘みたいに凪いでますね。



このポイントは水深もあり、昼間の回遊もありそうですが・・・

時間いっぱい迄降って終了。。



これにて対馬遠征は終了となりました。




この時期ネットで探しても、中々ショア青物の情報はありませんが・・・

タイミング次第ではありますが、十分釣れるみたいですね。


我々よりちょっと前に来られた組は2〜3日でヒラマサ100本以上釣ったそうです。(笑)





対馬なら飛行機で短時間でこれますし、ヒラマサ狙いになりますが来る価値は十分にありますね。

今回は時期がちょっと早かったですが、もうちょっと水温上がったら、釣り物も多くて楽しそうです。

近々リベンジに来ようかな〜〜。






ふぅ・・・・

リベンジ先ばかりが増えていく。。。(笑)(笑)









宜しければポチっと応援お願いします。






開く コメント(18)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事