ここから本文です
お気軽にお問合せ下さい!

書庫全体表示

こんにちは。
年末に向けてご不要なギターを売却される方が多くなってまいりました。
査定に出したものの、思うような金額に至らない・・・という方も多いのではないでしょうか?

当店の場合、やはりどのように使われていたかを重視させて頂いております。
弦を張ったまま、何十年も押し入れの奥に収納されていたギターは必ず調整と修理が必要です。

しかし、オーナー様は別に悪気があったわけではなく、仕方なくそのような状態になってしまったのだと思います。

もし、そのようなギター(楽器)を査定に出される場合は、査定に出される前に見栄えだけは良くしてあげてください。劇薬でなければ多少洗剤を使っていただいても構いません。(マジックリンはヤバヤバです)

そして、自信をもってお気軽にお電話ください!こちらから消去法で質問いたします。
2分後にはほぼ正確な査定価格を提示致します!

そんでもって、今度は買う場合。
これはですね、「店で実物を見て爆音で鳴らしてみてから買う!」に尽きます。

大手楽器店でギターを買うとき、「試演したときは素晴らしかったけど持って帰ってスタジオで弾いたら・・・あれれ?」の経験ありませんか?

私も今から30年近く前、憧れのファイヤーバードを買い、楽器店のヒュース・アンド・ケトナーのアンプで試演奏しましてですね、「思ったより低音が出るじゃん!」店員さんも「you,買っちゃいなよ!」という事で即時購入。(あのドでかいハードケースを持って電車によくも乗ったもんだ)次の日、スタジオでマーシャルに突っ込んだら・・・ペケペケやんけ!という事で改造しまくったのですが、どうにもならず後日売却・・みたいなことがありました。
(もちろん、個体差の選球眼と技術が伴っていれば購入時点で気づいたのではないかと反省です)

当店にお越しのお客様はご使用のアンプやエフェクターを持参し、防音室内で爆音試演される方がいらっしゃいます。
これは正解です!
説得を受け入れるより納得しましょう!

「ブログ見た」でお持ち込みでの売却は15%査定アップです!この機会にどうぞ!

0120-07-3986 Hot&CoolGuitars

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事