ここから本文です
お気軽にお問合せ下さい!

書庫新着情報

記事検索
検索

全1ページ

[1]

お待たせいたしました!

1/6 神田 SHOJIMARUでのライブレポート。

今回は「アサやん」の愛称で親しまれるG,浅野氏の機材を紹介する。

小生、「浅野くん」と呼んでいるのだが、46を過ぎて「くん」は無いだろ!という突っ込みが細かく入ると仮定し、この場では「アサやん」と呼ばせて頂く。

アサやんは地元、綾瀬にある「やた〇い楽器」さん(小生も非常にお世話になっている、穴場的な楽器屋さん)に小学生時代から入り浸り、ムスタングタイプのギターを小学生ローンで購入した筋金入りのギター小僧であった。組んだ方もすごいが、組ませてくれた方もゴイスーな話である。また元号が変わろうとしている昨今だが、昭和のユルユルな空気感を思い出す。
その後、「野球と音楽、どっちをとるか・・・」小さな胸は悩みぬいた末、篠塚モデルのグローブを後輩に譲り、ギターを選択したのである。

小生のように「女子にモテたい=ギター(弾けなくても持っていればモテる)」という不純な動機とは若干、若干ではあるが異なり、純粋に音楽が大好きでギターを始めたギター小僧であった。(当時はまだギター=不良とういレッテルがあったから面倒だった)

とにかく人格者で、内外問わず氏のファンは多い。万天狗にかかわる全ての人間から絶大な信頼を得ており、過去・未来、魂尽きるまでこのバンドのギタリストとして君臨することは間違いないのである。
多くを語らなくとも、初対面の人物をも虜にしてしまうその性格は、ギターという武器で一気に増幅。オーディエンスの心と視覚、聴覚を強く刺激し続けているのである。

小生の知る限り、フェンダーストラト、テレキャスター、アンペグルーサイト(アクリルボディー)やギブソンのヘリテイジ・コリーナV、(←のちに譲ってもらいました)ES-345など様々な機種を乗り換え、現在は主にシェクターストラトと以下に紹介する素晴らしいレスポールと出会うのである。

それではアサやんの愛機をチェックしてみよう!

イメージ 1Gibson LesPaul Deluxe 1970


レスポール・デラックスは1968〜1980年まで製造されたギターである。本機は1969年製造、1970年に上市された個体である。
現在では非常にプレミアムなギターとして1958年〜1960年に製造された、いわゆる「バースト」と呼ばれるレスポールを望んだファンの要望に応えるかたちで登場したギターであるが、良質な材料が括弧している当時、なんとかバーストのサウンドに近づけようと試行錯誤して誕生したギターである。メイプル、マホガニー、薄いメイプル、マホガニーといった具合に4枚の木材から構成された特徴的なボディーは、横から見ると「まるでパンケーキのようだがや」という事をトムかスティーブあたりが発したことから「パンケーキボディ」と俗されるようになった。この「パンケーキ」がこのギターの価値に大きな影響を与える。ピックアップはエピフォンのホールピース付きミニハムバッカーを搭載。実は1959年などに搭載されたPAFと呼ばれるピックアップよりもコイルのターン数が多く、よりエッジの効いたサウンドが実現できるというのがこのピックアップの特徴だ。トップのゴールドは「ブラス粉」がしっかりと混ざっており、経年使用により汗や水分と化学反応を起こし、緑色に変色することがある。
このギターはフルオリジナルをキープ。もうすぐ半世紀、48年経過した現在も本当に素晴らしいコンディションである。
イメージ 2


アサやんは主にピックアップセレクトはセンターポジションを採用しており、リアはフルテン、フロントのトーンとボリュームでサウンドメイクしている。
今回のライブでは、これまでになくフロントピックアップを採用し色気のあるトーンを我々に届けてくれた。

やはりステージでの最高のサウンドはオーディエンスに届けるのはもちろん、プレイヤー自身も感じたいものである。


イメージ 3

最後にアンプ。SEIMOR DANCANの・・なんだっけ?
非常に珍しいオールチューブ、2チャンネルのギターアンプである。
当店の試演奏用に採用したのだが、氏が気に入り採用された。
年末から1/6 神田SHOJIMARUで使いたいという氏の要望の元、ひそかに真空管をGROOVE TUBEに全交換。コンディションは良好で表現を前面に押し出してくれる新しいヨロズ・サウンドを演出してくれた。
5Wから100Wまでダイヤルで可変が可能で、お決まりのセッティングのまま環境に合わせて出力変更ができるという優れもの。
本番前に音が出ないという事で小生が確認を行ったところ、スタンバイスイッチが入っていないという初歩的なアクシデントがあったが、慣れてしまえばオッケー!
今後もこの機材の組み合わせで抜群のサウンドを届けてくれると確信している。

次回はハミさんことB,成田氏の機材紹介!


「男らしい」という言葉が正しいのか・・・「ストレートなロック」という表現が正しいのか・・・

非常に浅い領域で、「愛だの恋だの」語るバンドが多い中、魂を絞り出すようなサウンドと表現力を兼ね備えた万天狗。

このバンドに魅了され、ライブに足繁く通わせて頂いております。

私の中学生時代の大先輩であり、ギターを始めるきっかけとなったVo,G伊藤氏

常に最高のギターサウンドを追求する手を休めることなく走り続けるG浅野氏

ブリンブリンのベースサウンド!このバンドの屋台骨を支えるハミさんこと成田氏

ドラムのハシモに至っては小学生時代からのお付き合い。
足立区中川にある長門児童館で幼少期を共に過ごし、駄菓子屋「やまが」で50円分のおでんを頬張った仲である。
ゼビウスをやれば必ず1機やらせてくれた心優しく頼もしい後輩である。
本名は橋本くん。

メンバーは全て半径5km以内在住、20年以上のお付き合いながらもお互いをリスペクトし、毎回最高のパフォーマンスでオーディエンスに感動を与え続ける。

平成31年1月6日、神田にある「THE SHOJIMARU」での使用機材を紹介する。
今日はVo,Gでこのバンドのフロントマンである伊藤氏の使用ギターからチェック!

予め申し上げるが、本当にギターが上手い!よくもあれだけ魂込めて歌いながら上手く弾けるものだと感心してしまうのである。

イメージ 11974 Fender Telecaster Custom

テレキャスターカスタムは1972年から製造され、
フロントに搭載されたCunifeと呼ばれるワイドレンジハムバッカーと、リアに搭載されたグレーボビンピックアップを組み合わせることにより、様々なサウンドメイクが可能となっている。

氏は10代の頃、初めて買ったギターからテレキャスターシェイプにこだわりを持っており、スタジオやライブでも複数本のテレキャスターを使い分けている。(イレギュラーは小生の息子の結婚式でレスポールを弾いて頂いた事くらいか?)



イメージ 2
このギターはフルオリジナルスペックを担保しており、ご覧の通り45年の歳月を感じさせない素晴らしいコンディションである。重量は4.4kgとテレキャスターでは比較的重量感のあるスペックだが、すべては素晴らしいサウンドを演出するためにレオ・フェンダー氏の計算の上、成り立っていることを感じさせる。
全てのギターには計算式が成り立っているのである。







イメージ 3

氏はこのギターを少々ブーストさせプラグインするのだが、一般的なテレキャスターのように耳に突き刺さるサウンドとは異なり、奥行き、まとまりのある良質なヴィンテージ・ギターサウンドを表現している。
これまでのライブではピックアップポジションをセンターにし、フロントピックアップのボリューム&トーンで音を作っているケースが多かったように記憶するのだが、この日はリアピックアップを採用する機会が多く感じられた。このギターの魅力をまたひとつ発見したライブであった。

BODY:アルダー
NECK:メイプル
PICKUP:オリジナル

良いギターだから必ず良い音が出るものではない。
何よりもギターへの愛情が溢れんが故、特性をしっかりと把握したパートナーシップが大切である。

おそらく、氏の一生の相棒になるギターだろう。

次回はG,浅野氏の機材紹介です。お楽しみに!



お問い合わせについて

在庫リスト掲載分やその他に関するお問い合わせは、直接電話かメールにてお願い致します。

「おー!探してたんだ〜!買っちゃおう!」
の前に、都内及び近郊の方はご来店いただき実物をご確認ください。

遠方の方はメールでお問い合わせください。詳細な画像やスペックをお知らせいたします!

ただ単に遊びたい方も事前にご一報いただけましたら幸いです!
https://www.hot-and-cool.jp/instrument←こちらをクリック!

こんにちは。
年末に向けてご不要なギターを売却される方が多くなってまいりました。
査定に出したものの、思うような金額に至らない・・・という方も多いのではないでしょうか?

当店の場合、やはりどのように使われていたかを重視させて頂いております。
弦を張ったまま、何十年も押し入れの奥に収納されていたギターは必ず調整と修理が必要です。

しかし、オーナー様は別に悪気があったわけではなく、仕方なくそのような状態になってしまったのだと思います。

もし、そのようなギター(楽器)を査定に出される場合は、査定に出される前に見栄えだけは良くしてあげてください。劇薬でなければ多少洗剤を使っていただいても構いません。(マジックリンはヤバヤバです)

そして、自信をもってお気軽にお電話ください!こちらから消去法で質問いたします。
2分後にはほぼ正確な査定価格を提示致します!

そんでもって、今度は買う場合。
これはですね、「店で実物を見て爆音で鳴らしてみてから買う!」に尽きます。

大手楽器店でギターを買うとき、「試演したときは素晴らしかったけど持って帰ってスタジオで弾いたら・・・あれれ?」の経験ありませんか?

私も今から30年近く前、憧れのファイヤーバードを買い、楽器店のヒュース・アンド・ケトナーのアンプで試演奏しましてですね、「思ったより低音が出るじゃん!」店員さんも「you,買っちゃいなよ!」という事で即時購入。(あのドでかいハードケースを持って電車によくも乗ったもんだ)次の日、スタジオでマーシャルに突っ込んだら・・・ペケペケやんけ!という事で改造しまくったのですが、どうにもならず後日売却・・みたいなことがありました。
(もちろん、個体差の選球眼と技術が伴っていれば購入時点で気づいたのではないかと反省です)

当店にお越しのお客様はご使用のアンプやエフェクターを持参し、防音室内で爆音試演される方がいらっしゃいます。
これは正解です!
説得を受け入れるより納得しましょう!

「ブログ見た」でお持ち込みでの売却は15%査定アップです!この機会にどうぞ!

0120-07-3986 Hot&CoolGuitars


やっと冬らしくなってきましたね。
皆様、ご体調など崩されていませんか?毎年恒例、インフルエンザも猛威を振るうでしょうから予防接種などの対策が必要ですね。
ギターも人間同様、体調を崩しやすい時期です。特にビンテージのアコギはご注意ください。湿度が足りていないとクラック発生の要因となります。
人間同様、50%程度の湿度が一番良いようです。加湿器などを駆使し、愛機を守ってあげてください。

本日はわたくしの所有するギターを紹介致します!
イメージ 1






















Ibanez FV(正式な型番分かりません!教えて!)
これはジャンク品をお譲り頂き、コツコツと組み上げたギターです。
ストリングブッシュ部分をなぜかドリルでほじくってしまっており、穴がガバガバになっていました。
俗にいう「木の部分」さえしっかり治せば使えると踏み、木工パテやらマホガニーの粉とタイトボンドをマゼマゼした接着剤を使い、現在では問題なく使用できる状態です。その昔、本家のKORINA-Vを持っていたのですが、まあ、音は使い物にならなかったですね・・・ルックス一本勝負のギターでした。この子にはGRECOのDRYを装着しまして、ペグはPRSのものを流用いたしました。材質はセンですかね?はっきり言って音がイイ!シールドジャックが画像の通り最低のところについていまして、座って右足で固定することができません。重量が2.6kgと超軽量なので立って弾く専門です。


FENDER 1979 ストラト
この子は・・・倉庫にありました。どうしたんだっけな?迷子になっていたのを保護したという事にしておいてください。
ネックは取り換えられている可能性がありますが、アッセンブリブリとボディーはオリジナルです。
70年代のストラトは重くて硬い音という勝手な先入観がありましたが、その通りです。重くて硬い音。そんで無駄にパワーがある!
個人的にストラトは好みではないのですが、レイボーンやジミヘンのサウンドを聞くと急に欲しくなりまして・・・私のプレイスタイルですと、弾いている間にどんどんボリュームが下がっていってしまいます。なんかミュートもしづらいので座って落ち着いた曲を演奏する際に使うことにしております。

以上、第1回 プライベートなギターでした。

弾いてみたい方、ちょっと貸してほしい方、お気軽にご来店ください!(要予約)



全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事