ここから本文です
空と 風と 自転車・・・そして山歩きmo
自転車と山歩きを愉しみながら・・・私らしくのんびりと・・・

書庫全体表示

立春も過ぎて   暖かい日が多くなってきたような・・・

一緒に  雪山へ行こうね  と  約束していたので

行ってきましたよ!!

松山の  山女  かたっくりさん  です

私にとって  山の  大先輩になります


彼女は  四国では有名な  山女さんで  

もちろん   私も憧れの  素敵な山女さんなのです(*^-^*)

貞光の  道の駅で  待ち合わせて   私の車で   出発です

行先は   剣山  の予定です

この日のために   先日  雪道運転の練習で

見の越まで来てたんですよ(*^-^*)



にぎやかに   お喋りしながら   徳島の剣山方面へ向かいますよ

R438  を  登ってきたけど

いつもの  つづろ堂から  あるはずの  雪は全くなし(@_@。



「え〜〜   この間は  雪あったのになあ〜〜

   今年は本当に雪が少ないね」

などと  ぶつぶつ  言いながら進んでゆくと

やっと   第5ヘアピンから   雪が・・・

いや  雪道というより   氷道( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)



ずるずる  滑る感じが  タイヤ通して  伝わるけど

登りなんで   なんとか  進みます


イメージ 1

うっすら雪の下は

ガチガチの  氷

四駆 新品スタッドレスで

悪路走行用のXモードでも

ズルズル感が・・・




これは  下りが   怖いな・・・(*_*;



なんとか  スキー場跡まで   来たけど

平坦になっても   滑って  斜めになりながら   走ります(:_;)

一人だったら  泣いてますね  きっと😢



「夫婦池で   チェーンつけますね」と  車から下りたら

もう  スケートリンク状態で   ツルツル(+_+)

歩くにも   車に掴まらないと   歩けません・・・



チェーンつけるにも   危ないな〜〜と  いうことで

ラ・フォーレ前の   アスファルトがむき出しになっているとこで

装着することに



イメージ 2
チェーンも  新品

お店で  付ける練習しただけ

トリセツ見ながら

あーだ?? こーだ???

わっかんね〜〜〜




イメージ 3

それでも  なんとか  付けて  

「剣山2km」の看板です
  

ここからは   

下りのカーブ連続で  

山側に  側溝があるんですよね


側溝は  怖くてたまらない  私

もし  落ちたら  この車は  そう簡単に  出せない

谷側には  ガードレールあるけど  下は 崖

もし  ガードレールの切れ目から  落ちたら・・・



「無理しないで   丸笹山でもいいですか?」

「全然  いいよ〜〜(*^-^*)  命かけて  行くことないし♡」 

ということで   夫婦池から  丸笹山へ  行くことにしました

丸笹山   1712m   徳島県   

準備して   スタート


イメージ 4


登山口


カタックリさん


明るくて

素敵な方です






トラバース道を行くことに  しました

穴吹川の   源流に   青い氷が  あるそうで

見てみたい・・・と  意見が一致



イメージ 5

私は  6本爪

カタックリさんは  8本


2センチくらいの雪の下は

固い雪氷




滑らないかな〜〜??

ちょっと   不安

8本持って来れば   ヨカッタな〜〜


イメージ 6

カタックリさん


ザックカバーに

フードが付いてる


へ〜〜

こんなのがあるんだね


カタックリさんは   ちょ〜〜〜〜 ベテランの山屋さんです

じつは  ロッククライミングもされます!!

初めて  会ったのは   瓶が森の西壁を   クライミングしてたのを

車道から応援した時

何時間もかけて   岩場を登って来るのを   見てました

「すごいな〜〜  すごいな〜〜」って

背が高くて  手足が長くて  本当に  カッコいい方

何より   明るくて  前向きで  穏やかで

素敵な方なんですよ♡

山の経験も   豊富で  話が面白い(*^-^*)
 


イメージ 7


出だしは

なだらかな

雪道


気持ちいいね






誰も  歩いてなくて   あるのは  鹿の足跡のみ



イメージ 8


ここは   危険地帯

慎重に  進みます



滑ると   谷へ落ちてしまいます


カタックリさんの   踏み跡を

トレースして  行きます






イメージ 9

ひとりだと

びびりながら  

通過するような所だけど


ガンバって  ついて行きます




慎重に・・・

下を見ないで・・・





危険個所を抜けて   また  森歩き

綺麗な 雪の森

でも  雪の下は   がっつり  凍ってます

6本爪では   慎重になります

気を付けてきましょう!!


イメージ 10

ここも  危ないよ〜〜


あれっ

青い氷だ!!

穴吹川の源流 に 到着








イメージ 11


本当に   青いね〜〜

遠くから見る方が

青色に  見えます



わ〜〜   綺麗だ!!



でも ここも

ガチガチの氷道




アイゼンの爪を   しっかり立てます

頑張って   キックステップで  進みます

落ちませんように・・・・



イメージ 12


離れて  📷


青い氷の塊











イメージ 13

結構

大きいな



つんつんする

カタックリさん







イメージ 14

また  なだらかな  ルート


トラバース道は

急傾斜道が  あるけど

森は  きれいだから

だ〜〜い好き💛



ここも  いい感じね










イメージ 15
なんだかんだで

赤帽子山と

丸笹山山頂の

分岐


山頂方面へ向かいます








イメージ 16

鹿害が  ひどいので

ネットを張った木


なんだか

可哀想ね・・・(+_+)







イメージ 17


ガスが出てきて

一気に  霧氷の森へ


うわ〜〜綺麗ね!!

って  二人で

声を上げます





イメージ 21


ついつい

足を止めては  パチリ


カタックリさんが  

撮ってくれてましたね


ありがとうございま〜〜す








この先  広々とした  雪原になりました

山頂へ 直登しよう!!  って  言って

それぞれ   自由に登りますよ


イメージ 18


カタックリさん

ふぁいと〜〜!!













イメージ 19


がしがし  登っていきます





よ〜し  私もいくぞ!!












イメージ 20

しっかりと

アイゼンの爪を立てて

登ります


爪が立ってないと

滑落しますね・・・



前爪がないので   思い切り  前傾姿勢です

声を  かけあいながら

写真を   撮り合いながら   登っていきますよ



イメージ 23

カタックリさんも

ガッツリ

爪を立てて

登ります


こちらも   前傾姿勢です



笹に  近づくと   思い切り  はまってしまいます

一歩一歩   確認しないと  落とし穴に  落ちるんだよね〜〜

緊張の瞬間です



イメージ 24


ふ〜〜い



やれやれ

登山道に戻りました









イメージ 25

山頂

1712m

やっほ〜〜〜(*^-^*)



真っ白で

な〜〜んも  見えんな


目の前に 剣山が あるはずなんだけどね




さすが  山頂は  風も   冷たく吹き付けるので  

さっさと  下りましょう!!



イメージ 26


森の中に入ると

風も  落ち着いてきました


また  お喋りが  始まります



あっという間に

下りるんだろうけど

もったいないな〜〜



なんて  ぶつぶつ  言ってると


イメージ 22


ひろ〜〜い  原っぱを発見('◇')ゞ

ちょっと 遊びましょ〜〜♡







先日の   剣山での  人形が  面白かったので

また  チャレンジしてみました(^^♪

イメージ 27
ど  す〜〜ん

って  倒れたら

雪が固くて

痛いのなんの・・・

( ノД`)シクシク




大笑いです!!

やまじじいさんに  教えてもらった  蝶に挑戦!!

手足を  動かす・・・


こ=かな?



イメージ 28
こんなのが  

出来ました


カタックリさん

「蝶より

蛾かも〜〜〜」

だって



二人で  あれこれ  やってみたけど

もう  可笑しくて  大笑い( ^)o(^ )

私は  尻スキーで  遊びましたよ

そしたら  カタックリさんが   

もぞもぞ  歩き始めました

「何やってるんですか〜〜〜?」





イメージ 29
あははは===

「す  き」

だって〜〜♡


上手だね==

!(^^)!




いっぱい 遊んで  お腹も  減ってきたので

車まで  戻って   食事にしましょう!(^^)!




イメージ 31


あと   チョット


楽しかったね(*'▽')















イメージ 30

私が作った

煮込みうどん


美味しいって

言ってもらえました

🌸





イメージ 32

カタックリさんは

おやつと  コーヒーを

作ってくれました





ここで   ジムニーが  先に  下っていきました

ビッグフットで  4輪にチェーンを  巻いて

雪煙を上げて   走っていくのを見て

チェーン  持ってきてヨカッタ   と  つくづく思いましたよ




イメージ 33


さあ   緊張の下り

車を信用して

ゆっくり下ります





もう  ずっと  右に 左に  と  お尻をフリフリ('ω')

1回だけ   ぐる〜〜〜っと   回り始めて

スピンするかと  思った瞬間に  ブレーキが効いて

停まりました(@_@。

本当に   チェーンを  巻いててヨカッタです

カタックリさんが  隣で  落ち着いて  乗っててくれるので

とても  心強かった

ありがたいことですね('◇')ゞ

イメージ 34

雪も 無くなってきたので

チェーンを  外します


こんな  ハンドルで

締め付けたり 緩めたり

私でも  何とかできました



でもね〜〜   何も考えずに  外し始めたので

後から  タイヤを  動かしたり

つなぎ目が  どこか分からなくなって  まるで  知恵の輪状態・・・

寝そべって  車体の下から  覗き込んで   外しました・・・

何事も  経験だね〜〜

次に   チェーンを  使うのは  いつになるのか

願わくば  もう  氷道は  勘弁だな〜〜('ω')



この後  カタックリさんは  車中泊して

徳島市方面に向かい   中津峰山を  翌日  登るそうです

そんな  バイタリティーある  山女さんって  カッコいいな〜〜♡

ご一緒できた  カタックリさん  ありがとうございました

イメージ 35


とっても  綺麗な  雪の森

秋の忘れ物の   葉っぱが残ってました

モノトーンの世界で  こんな色があると

嬉しくなりました




今回は  運転道も  登山道も  ガチガチに  凍っていました

一人では  怖くて仕方なかっただろうけど

二人だと   頑張れた

そのことが   ちょっと  自信になったかな  と思います

いい   経験ができたね




静かな  森に響く  笑い声

楽しかった時間

もう  冬は  終わってしまいそうだけど

また  素敵な  森歩きができますように




  • 顔アイコン

    雪道というよりは氷道の運転、お疲れ様でした
    初めてのチェーンも大変でしたね
    山も氷で、今回は氷づくしでしたね
    青い氷はとても神秘的で素敵ですね
    いつも素敵な風景をありがとうございます

    チェーンの付け方ですが、四駆のフォレスターですが、基本的には前輪駆動ベースなので、前輪に巻いた方が正解だと思います
    その方が、車も安定して走行でき、横滑りにも強いと思います
    逆にGT-Rなんかは後輪駆動ベースなので、後輪に巻いた方が正解です
    また、ちょっと力は要りますが、パンクしたときのタイヤ交換するみたいに、車をジャッキアップして、チェーンを巻くと、装着しやすいですよ 削除

    [ げんさん ]

    2019/2/18(月) 午後 0:35

    返信する
  • > げんさんさん
    なせ青い滝になるのかはよくわからないけど、とても綺麗でしたよ(*^^*)
    石鎚山の近くにタカタルの滝があります。西日本一の落差132mの滝が凍結したら青く輝くんだって。行ってみたいけど難所の連続で、危険なので1人では行けないのです(-_-)いつか青い滝を見てみたいなぁ〜

    チェーンはお店の人も前輪に付けるように教えてくれました。ただ、山専門の人が、下りのコーナーがきつい時は後輪に付ける方がスピンをしにくいと話してました。剣山は7つのヘアピンカーブがあったので、今回は後輪に付けてみました。確かにスピンした時は、後輪から回り始めたので、剣山の下りは後輪がいいのかなあ〜と思いましたよ。

    普通の雪道は前輪に付けるようにしますね。アドバイスありがとうございました(^^)v

    しずく

    2019/2/18(月) 午後 4:22

    返信する
  • ワァーオここで食べるおうどんどれほど美味しいか想像し、お腹がグゥーとなりそうです。
    危険な雪道と言いながら、後ろからカメラを撮るしずくさん、すご〜

    [ あんず☆ママ ]

    2019/2/19(火) 午前 1:01

    返信する
  • 顔アイコン

    > あんず☆ママさん
    マイナス3度の世界で食べるうどん!(^^)!
    自分で作っておいてなんですが、アツアツでとっても美味しかったですよ
    今度、会ったら作るので食べてくださいませ・・・笑

    歩きながらのカメラはまだいいですね(*'▽')
    実は自転車の記事の写真も常に走りながら・・・がほとんどです

    しずく

    2019/2/19(火) 午後 9:54

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事