ここから本文です
空と 風と 自転車・・・そして山歩きmo
自転車と山歩きを愉しみながら・・・私らしくのんびりと・・・

書庫全体表示

記事検索
検索

全100ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

5月の記事から 2ヶ月近くたちました

相変わらず家族の色々な出来事が続いて
バタバタな毎日(*_*)

でも それは どちらかというと
明るい未来への 出来事なので
頑張れそうです‼️




さてさて 悩んでいたこと

ヤフーブログが 閉鎖になる

どうしよう

あれこれ 考えてきました


別の場所へ 移行する人
これを機会に 止めちゃう人


ブログを始めて 8年になりました
そう 私も 8才年取ったねぇー

学生だった子供たちも 社会人になり
私も 自分の時間を
色々と 楽しめるようになったね
このブログと一緒に 過ごしてきたなぁ


「しずく」は 猫の名前なんですよ
まだまだ 元気だけど 君も 年取ったね

白猫しずく

イメージ 1



色々と 聞いてみると

スマホの GPS機能を使って
記録が残せる ソフトがあるんだって

山歩きは ヤマレコ など
自転車は ストラバ など

地図上に 移動したルート、時間、距離が記される
へぇー 便利そうだなぁ♥️


実は パソコンやスマホを 見てるのが
苦手になってきました(*_*)
文字を読むのが 疲れるんですよね。、
年を取るって こんなことなんだなぁ


あまり 年を取らないうちに
日本の山を 歩きたい、、、と
思うようになりました

北アルプス 南アルプス 八ヶ岳
思いを馳せる山々です
自転車は 山歩きのための 体力作り

そんな風に 考えてみようかなぁ?
って 思っています


イメージ 2


ブログを通じて 県外の方とも
楽しく交流させてもらえました

今回の記事で終了とさせていただきます

遊びに来てくださったみなさま
本当に 感謝です

ありがとうございました
新年あけまして  おめでとうございます

今年も  よろしくお願いします

*****2016年  12月31日********

大晦日から  初日の出を  見るために

     石鎚山へ  行ってきましたよ


石鎚山  西日本最高峰  1982m   愛媛県 


イメージ 1


ロープウェイ



下谷駅から

   成就駅へ






昔の人は  ここを歩いて

    登ってたんやな〜






イメージ 2


あっと いう間に

   雪国へ


瓶が森が  見えていますね





ザクザク  雪の感触を  楽しみながら

      成就まで   ゆっくり  ゆっくり



イメージ 3



はい  成就です



石鎚山が  見えてる・・・








イメージ 5


中宮成就社



安全祈願









イメージ 4


遥拝殿から


山頂を望みます


あそこまで

無事に

行けますように




神様の  お山へ・・・

    さあ  行きましょう


イメージ 6


神門


ここが  登山口ですよ


気を引き締めて

  スタートです



今回は  単独です!!


   のんびりと   歩き始めました

イメージ 7

ぎゅっと  締まった雪



アイゼン無しで

行く方も  いますが

私は  アイゼン装着します


すッ転ぶのが  目に見えてるものな・・・







イメージ 8

下山してくる人も 結構いますよ


この方は  大きなザックですね〜










イメージ 9


前社ヶ森


やれやれ


ここまで来たら

少し  ほっとします





ここで  一休み(*'▽')













イメージ 10


夜明かし峠



この先は  鎖場になります








イメージ 11


瓶が森が  目の高さ


空が  綺麗ね

  

気持ちいいな〜!(^^)!








イメージ 12


二の鎖場  避難小屋 到着



ここで  泊まるか

山頂へ行くか・・・


休憩して  考えよう!!




イメージ 13

あ・・・

ワンちゃんだ===(*^-^*)


可愛い〜〜 






イメージ 14

山頂まで  

行ってきたんだって



ポメラ二アン と 

トイプードル MIX


ふわふわ〜〜♡







*****許可を頂いて  掲載させていただいてます
               ありがとうございます******



イメージ 15


ママの ザックに

背負われて 

下山していきました



頑張ったね〜〜






イメージ 16

テント泊の方も・・・







山頂にも  泊まってる方が数名   との  情報で迷いました


ここで   休んでると  もう  上まで行く気が  失せてしまって

今夜は  二の鎖場  避難小屋で  泊まることに(*^-^*)



日の出 目指して  夜中に  登ることにしましょう〜〜




イメージ 17


明るいうちに  夕飯


一応  年越しそば






松山の  Nさんも  来られてました(*^-^*)

 <Nさんの ブログ → http://yakaimissm.blog.fc2.com/ >

知り合いに  出会うと  ホッとしますね

イメージ 18


今夜 ここで泊りの方は

全部で6名



それぞれ 

 思い思いに  

  過ごしています





2016年  12月31日(土)  の  夜が  更けていきます

************************************************

2017年  1月1日(日)  


午前3時起床   出発準備を始めます!(^^)!


実は  もし 山頂まで行けなかったら

成就に お泊りの方が  朝駆けしてくるのに  合流させてもらおうと

考えていたのです



4時過ぎ  2名の方が   やってきました!!

他の方は  まだ   眠っています

松山のNさんも  出発されますよ!!


イメージ 19

夜中は  かなりの風


ルンゼには  雪崩れて

深い雪が・・・

膝まで  埋もれるけど

先頭さんが  トレースを

作ってくれます

ありがとうございます




私一人では  怖いな・・・


吹き溜まり  以外は  前日の  トレースがしっかり  残っています

鎖場の  巻道の  階段も  見えてるから

かえって  アイゼンを  ひっかけないように・・・




見上げると   満天の星☆

    流れ星も  見えます☆☆☆

          なんだか   感動〜〜

ゆっくり  山頂目指して   風の中  登ります


山頂泊りの  風雪さんとも  再会して  新年のご挨拶

  <風雪さんのブログ  →  http://takawai.blog.fc2.com/ 

知ってる方に  お会いすると  ホッとしますね〜〜〜(*'▽')




イメージ 20



山頂にて


空が  染まります







イメージ 21


だんだん   人も増えて



風も  弱くなってきました







イメージ 22



みなさん

ひたすら 待ちます







いよいよ

     初日の出   


神様のお山   で迎える   ご来光です


イメージ 26



















ああ   なんて  綺麗なこと・・・



どうか  今年1年  穏やかに  過ごせますように・・・


もう  災害や  事故や  悲しいことが  起きませんように


  心から  お願いしました


イメージ 23


山頂神社も

朝陽に  輝きます



みなさん

嬉しそうですね






イメージ 24

可愛い  山ガールさん





撮影させてもらいました




ありがとうございます









    
みなさん  それぞれ   新しい年を  楽しまれてました

こんな  年明け   

心が  豊かになりますね

イメージ 25



さあ   下山です



どんどん

  登ってくる方も  います




イメージ 27

二の鎖小屋で

休憩しようと思ったら

いっぱいで

ここで  朝食にしました


すごい眺め====



この下は  石鎚山の  北壁で

転げると  なん百メートル 下まで  ・・・・(*_*;


アイゼンを  引っ掛けないように   要注意ですね!!


イメージ 29



綺麗な影



今年最初の  影〜(*'▽')














イメージ 28


夜明し峠




この先は  

山頂は

見えなくなります



振り返って


お別れを告げます










成就から  朝駆けしてきた  ペンタ君と Tさん

ありがとうございました


イメージ 30



















新しい年を  神様のお山で迎える

   なんて  素敵な年明けなんだろう


皆様にとって   良いことが  たくさん  ありますように



今年も  のんびりと  楽しく  マイペースで

       過ごせますように






秋晴れの  気持ちのいい日

    石鎚山  遥拝の山  瓶が森 へ  行ってきましたよ(*'▽')

          2016年  10月  30日(日)



前日ついて   日の出を  見てきました


イメージ 2


石鎚の神様

おはようございます







紅葉シーズンの  日曜日  たくさんの  人が  登ってました


今日は  のんびりしないで   さっさと   下山です!!


そう  瓶が森ヒュッテは   もう廃屋  

    解体して  新しく  避難小屋を  建設するそうです


そのために  西条市が  片づけの  ボランティア募集してて

    私も   及ばずながら  参加表明しました〜!






イメージ 21

宇和島から来られた

Zさんの  JEEP



うっわ〜〜〜〜〜


かっこいい!  かっこいい!!


36年物だそうです(*'▽')


もう  ガン見  させてもらいました




ドアは  ぱこっと   丸ごと外して   室内へ  ぽいっ!!

フロントガラスは   ばたん  って  前倒しで  風が びゅ〜びゅ〜


おもしろ〜〜い(*^-^*)




イメージ 18

メーター類

あ〜   いいな〜










イメージ 20


ボンネット開けてくれました










イメージ 19



めちゃ  シンプル


すっきり〜〜








そうこう  していると

西条市の  職員さんが   受付の用意


イメージ 17



ん?


なんだ

あの  黄色い箱






蜜柑とかを   運ぶ箱ですね????



イメージ 1


朝ごはん食べて


受付しました!!






















イメージ 3

こんな  幟も・・


うん〜〜

頑張るぞ!!!

盛り上がってきましたね!(^^)!



どうやら  黄色い箱で

ヒュッテの中に   残された

荷物を  運び出すみたい





イメージ 4



綺麗な青空の下


ヒュッテへ

  向けて



出発(#^.^#;)!



















イメージ 5

20分くらい  歩いて


ヒュッテ  着





イメージ 6



森の中の  赤い屋根



たくさんの人が

利用してた  そうです





イメージ 12


もう 

崩れそうで

危険ですね・・・










イメージ 11


まだ

たくさんの  荷物が

残っていました






人海戦術で


運び出すんだ===











イメージ 7
こちらは

若い  警察官さんたち


力強く  大きな荷物を

   運んでました




頭が  下がりますね

   ご苦労様です

イメージ 8今治の  nさん


またまた  偶然 

駐車場で  お会いしました





当日申し込みで   一緒に  参加することに

   知り合いの方が  一緒で  楽しいね〜〜(#^.^#)



イメージ 9


ドコドコ


大きなものは

こんな  機械が 

頑張ってくれます!!





何度も   行ったり   来たり

    私は  ノロノロ  なので   往復  小1時間  


すれ違う  タイミングが  だんだん   追いつかれて

  しまいには  追い越されてしまいます・・・



リュックは  背中にフィット  するけど

   この   黄色い箱は  紐が  肩に  食い込んで  痛い(*_*;



イメージ 22



しんどくなると

空を見上げて


休憩〜〜〜






イメージ 10

綺麗な影ね〜〜




これも  休憩


結構  バテテきた・・・・




腰が  痛いよ。。。。











イメージ 13


この風景に

癒されつつも

   限界だ・・・・( 一一)





イメージ 24

お昼にしましょう!!


の声で

みなさん  休憩







私も  駐車場まで戻って  お昼にしますね〜

    あれ?  駐車場は  いつの間にか  車が  いっぱい( ゚Д゚)



イメージ 14


たくさんの 登山客

みなさんが   

ご苦労様〜〜と  

声かけて  くれました





イメージ 15


これだけ  トラックに

積み込んで!!


全部  運んできたんや!!



さ〜〜て   お昼ごは〜〜〜ん(#^.^#)



イメージ 16


nさんの

キャンピングカー



テーブル出てきました


わ〜〜 すごいな!!



みなさんと  あれこれ   お喋りしながら  楽しいね〜!(^^)!

   

大して  役に立たなかったけど

無理しない程度に   頑張りました(#^.^#)



イメージ 23





















若い  警察官さんや  市の職員さん

   グループや  お友達同士での  参加の皆さん

今回  私にも声をかけてくれた   山写真の  みなさん

     お疲れ様でした 
 


登山道の  草刈りや  橋の架け替えや

  いつも   山ボラ  してくれる  皆さんの  お陰で

       安全に   快適な  山歩きが  出来ています


たまには   私も   協力しないとね!!

(皆さんの   半分も  運べてないけど・・・)


石鎚の神様も  喜んでくれたかな?

もう お山は   霧氷や  雪の季節が  やってきます



また   綺麗な   お山に出会えますように




おい  お山するか?

   父が  そう  尋ねると

うん  お山する!

   子供の  私は  いつも  そう答えていました




父が  亡くなって  1年半

今でも   お山するか? と  いう  父の声が   聞こえる気がします



なので   久しぶりに   お山へ  行ってみましょう


西日本最高峰 石鎚山 1982m 愛媛県

****************************************************
この記事は  個人の記録・日記 として 楽しんでいるものです。
山歩き計画の 参考には なりません。
関係機関での  確認を  必ず行ってください。
信州の山々に  比べると  標高も低いですが
やはり  事故は  年間通じて  起きていますので
装備・事前準備は  念入りに行って  安全に  楽しんくださいね。
質問などあれば  分かる範囲で  お答えしますのでお尋ねください。
******************************************************


イメージ 1

午前2時半

土小屋登山口から

出発です


ガスの中  のんびりと・・・




途中 2〜3人の方に   追い越されました

いつもは   平日の夜中に  登るので

     人に会うことなんて   滅多にないけど

         やっぱり   連休とあって  人が  多いのかな?



5時前  いつもと  変わらない  ペースで  着きましたよ!(^^)!


イメージ 2


うわ〜

雲海だ===


綺麗ね・・・






でも   でも    でも    ビックリ!!


イメージ 4

カメラマンさんの列



すご〜〜〜〜


イメージ 5












この  雰囲気に   タジタジな私

    せま〜〜くて   くら〜〜くて   足場の悪い 場所

       ぎっしりの   人たち・・・  




だ〜れも   綺麗ね〜〜  とか   すごいね〜〜  とか

    言わなくて   黙々と  撮影してて・・・・

なんだか   居心地悪くて・・・・    

         私には   無理だ〜〜〜(*_*;




私は   コンデジで  撮ってた  女性と  

      綺麗ですね(*'▽')と   話してました

        
神職さんも   「危ないので  気を付けてください!!」  と   

    何度も  行ったり来たり


本当に   危ないですね

早々に   切り上げて   安全地帯に  引っ込みました



イメージ 8



天狗さん


ご機嫌麗しくて




綺麗な雲








紅葉も


いいね〜









あと  1週間くらいが  見ごろかな・・・って  言ってました





イメージ 3


こんな  石ゴロゴロ

真っ暗だと

あぶな〜い('_')




こちらも  狭い所で  落ちると   大変なことになりますね


イメージ 6



綺麗な  雲


皆さん  熱心ですね!!








イメージ 7

雲と  Nさん



遇然  お会いしました


雪のシラサ山荘  以来です







イメージ 9


ダウンを  着てても

震えていたけど

陽が  登ると  暖かくなりました


パン食べて  下山しましょう






イメージ 10

瓶が森




nさんの  後ろに

くっついて

きょろきょろしながら

下ります





あ〜〜

気持ちよかったな〜








イメージ 11


3の鎖付近

綺麗に見えてる




北壁


天狗岳です




イメージ 12

2の鎖場からは


ガスの中



しっとりとした

   森です





イメージ 13



ガスも  薄れてきて

   陽が 射してきました




たくさんの  方々が

 登ってきますね



こんにちわ〜

  


すれ違うのも  大変なくらい  登ってきます

   気を付けて〜〜   楽しんでくださいね〜〜〜



イメージ 14


2のベンチ




あと  少しです!!







イメージ 15


瓶が森側から

雲が  流れてきます




笹が  光って  綺麗ね






イメージ 16



青空とお山


神様に感謝です



また  来ますね





たくさんの人で

  賑やかやろな











イメージ 18
土小屋で  アンケート

よりよく 安全な  登山のために

必要なことは  何だろう??






イメージ 17
nさんの車

中は  ベッドや テーブルが

   あるんですよ〜〜

すご〜〜いな!(^^)!


瓶が森へ  いってみるという   nさんと  お別れです

色んな  山々のお話し   ありがとうございました!!

また  お会いできますように(*'▽')



私は  スカイラインを  下って  面河渓谷へ


手作り額の  aさんの

  写真展が  山岳博物館で  行われているので  見学!!

すご〜〜い  写真ばかりで  満足です

イメージ 19

渓泉亭で  おうどん  

   いただきました






 
ゆったり  くつろいでると  

  山頂で会った  四国中央市のtさんも  下山してきました



聞くと   aさんと  待ち合わせて 

    面河渓谷を  お散歩するとのこと・・・


イメージ 20

で  ここでも

急きょ  ついていきましたよ


地元 久万高原町 の

aさんに  案内してもらえる

なんて  ラッキー





イメージ 21


面河グリーン


この川が

高知県の

仁淀川へ つながってゆく


綺麗な  澄んだ水





本当に  綺麗だわ〜〜








イメージ 22

水面に  グリーン




撮影する aさん






それを  見学する私



かっこいいな〜







イメージ 29


こうゆう  所まで

   来たのは  初めてです


aさんと  tさん




おしゃべりしながら  散歩撮影

    のんびりしてて  楽しいな〜〜(*'▽')


イメージ 24

虎ケ滝

奥に  滝があありますよ






イメージ 23
水しぶきが上がって

水煙も・・・



もしや  虹出たりして


なんて  言い合ってると


先を  行っていた  aさんが

   虹出てますよ〜〜  て  呼んでくれました



イメージ 25

わ〜〜


本当や!!


すごいな〜〜


虹や〜〜















イメージ 26


ふと  見ると

aさんが  ぎりぎり  の所で 

  撮影中

うわ〜〜 すご===い!!!







イメージ 27

すごい場所で

撮影する aさんを

撮影する tさんを

撮影する 私・・・??


おもしろ〜〜い(*^-^*)











イメージ 28

陽も傾いてきた



この 太陽の

日の出を

  山頂で見て

斜陽を 

  面河で見る


綺麗な一日でした










人の多さには  ビックリしたけど

  皆さんに  会えて  よかったな〜




今日は  ワンコにも   たくさん  会いましたよ

イメージ 30

石鎚山で 山頂まで  行くという  ワンコ達

イメージ 31








イメージ 32

面河渓谷で  会った  大きなワンコ


リボンが  付いてて  可愛い〜〜(*^-^*)



(飼い主の方に 許可を頂いて 撮影しています)





みなさん  それぞれ  休日を  楽しんでいますね



イメージ 33

















人が  たくさん  集まる所は

   苦手だったのに   今回は   なんとなく  行ってみました


改めて  石鎚山の  人気が  よく分かりました

   どうか  事故や  怪我や  嫌なことが  起きませんように


久しぶりに  お会いした 皆さん  

   楽しい時間を   ありがとうございました



でも  なんだか  疲れたな

   人の  少ない時に  また  のんびりと

       お山を   愉しみたいと  思います


季節は  秋から  冬に  近づいて  来たようです

    また  綺麗な  風景を  眺めたい・・・








2日目

2016年   9月27日



山小屋の朝は  早いのです

4時には  みなさん  起き始めます(*'▽')

4時半には  自家発電で  小屋に  電気が付くので

出発される方  準備する方  で  活気が  あふれます



イメージ 1


日の出を見るため

  スタンバイ!!



たくさんの人が

   集まります





イメージ 3いい色に  

染まってきました!!


ワクワクする(#^.^#)


富士山 の シルエット





イメージ 2

日の出とともに

ガスが

湧いてきて・・・


不思議な感じ・・・・






これは  これで なかなか  素敵でしたよ〜〜〜!!

でも   あっという間に  辺り一面  ガスってしまいました('_')



イメージ 4

食事をとって

さて

どうしよ・・・


真っ白で  

  風が吹きます




日本1位は  富士山

日本2位は  北岳  そして  3位は  間ノ岳(あいのだけ)

この  3位は  北岳の  お隣さんで

北岳山荘から   往復4時間  の  縦走


いくつかの  ピークを  越える  縦走で  ほとんどの人が

北岳と  間ノ岳  を  セットで  愉しみます



私も  初めは  そのつもりだったけど

    1日目で  足が  パンパン

        間ノ岳は  諦めて  北岳へ  向かうことにしました




イメージ 5


北岳に  

向かい始めたら



霧が晴れて

富士山が

見えたよ



無理は  しないで  正解ってことかな?


イメージ 6


北岳山荘と

間ノ岳




いつかまた

行けますように





イメージ 7


さ  

北岳に

向かいましょう


3200mの峰へ




時間に  余裕ができたので

    雷鳥を  さがすことに・・・



北アルプスは  時々  見られるそうですが

   南アルプスは  激減して   絶滅寸前だそうです


山小屋の  人に   大体 の  見かける場所を  聞いて

   1〜2時間  粘って  探してみようと  出発です!!




この辺かな〜   と   きょろきょろ  右見て   左見たら

  あれ?   何か  おる??



わ====   雷鳥や!!!   本物や!!!!


そ〜〜っと   ザック  降ろして   カメラ出して  

     全然  逃げませんよ


イメージ 8

分かりますか?


真ん中の  上の方

  グレー と  白





イメージ 9


拡大!!


胸が  冬毛の

真っ白に なってます



可愛いな〜!(^^)!


初めて  見た!!





教えて  貰った  ポイントで  10秒で 発見するなんて

   ラッキ〜〜(#^.^#)

15分くらいは  目の前から  逃げないで  じ〜〜ってしてました


後から来た人に   話したら

その人も  見たい!!  って  待ってたけど

  もう  出てこなかった・・・






イメージ 11

雷鳥観察が  終わったら

また   ガスが・・・

 
急登を  見上げて

ぜ==は===  が

  始まります



山頂は  見えませんよ




ゆっくりでも

十分  時間ありますね






イメージ 10

あの  ギザギザ

越えるのかと

覚悟したけど





トラバース道


あれは  あれで

怖いな・・"(-""-)"


左下は

見えなくなるほどの

急斜面

切れてますよ





イメージ 12


踏み出したら

休む所なんて  ないから

息を整えて  

  さあ  行きましょう 





斜面を  登ったり

  岩を  越えたり

   トラバースだったり
    









空気が 薄いからかな   200m  くらいの  標高差が  きつい


イメージ 13

崩れ防止策かな?




ず〜〜っと  頭の上に

 こんなのが 続くのが  

  見えると  げんなり




写真を撮ることを

理由にして

止まってばかり  (*_*;







それでも  人が  行き交うと  

   一人じゃない  って  安心します(*^-^*)

ピークが  見えるたび

    期待しない  もくもくと歩く  と  言い聞かせながら


イメージ 14

つ、、着いた?

ここ?


人が  いっぱい!

写真を 撮ってる!

ザック 担いでない!




ちょっと   顔が  にやけてしまう〜〜(#^.^#)




イメージ 15

日本第2位 

 北岳 3193m


着いたよ〜〜





山頂からは   南アルプスの女王 仙丈ケ岳  や  甲斐駒ヶ岳が

   見える・・・はず



1時間以上   待ったけど    

     とうとう   ガスったまま・・・( 一一)


それほど   寒くなかったから   気持ちよかった





さ  今日の宿   肩の小屋  へ  下りましょうか

     肩の小屋は   北岳の   すぐ下なので  気が楽です!




イメージ 16


少し  下りたところで

物凄く  お腹がすいてきました





お昼  食べるのを

忘れてた!




ぐ==  ぐ==


ザック降ろして

   何か 食べることに




イメージ 18


こんなのが  私は

   食べやすいですね(*^-^*)


あ〜〜  美味しい!!




さ  肩の小屋に  着きました(*^-^*)


イメージ 17

ここは  できるだけ

予約してください!

とのこと


私も  昨日 電話しました



****************************************************
ただ  広河原は  緊急用に  回線確保 してるそうなので
電源off を 呼びかけています。稜線にでれば 下界の 電波が 入るので
つながるようになります。やはり  docomo が いいようですね。
広河原に 入る前か 稜線で  電話をしましょう。
私は  前泊した  北岳山荘  から  電話しました。
皆さん  お気をつけて〜〜
****************************************************



イメージ 19


本当なら

すごく見晴らしが

いいはず・・・


残念((+_+))





イメージ 20

小屋の中


1枚の  敷布団に

2人分の 毛布






夜には  いっぱいに  なったけど

私は  単独だったので   もう一人の  単独女性と  ご一緒でした

とても  気持ちのいい方で  居心地よく  過ごせました


ありがとうございました(#^.^#)


イメージ 21

トイレも  綺麗でした


軽食も  いろいろ  ありますよ


イメージ 22




























夕陽も  星も  見れず  18時すぎには  寝ました

    今日も  無事で  ヨカッタ

            おやすみなさい〜〜





3日目

2016年  9月  28日


イメージ 23

4時ころ  起きた時は

見えてたのに

日の出ころには

また  ガス・・・



もう  天気は  下り坂になるばかり

  風も   すごくて   立ってても   揺さぶられます



イメージ 24

荷物まとめて

   下山します





少し  稜線歩き




イメージ 25


風の中


雨粒も 当たります




何も  見えない




イメージ 26

少し行ったところで

稜線から 

外れて  右股ルートへ


行きに  悩んだルートですね




イメージ 27

何も  見えない中


色付いた葉っぱ



わ〜〜

  綺麗ね(*'▽')




秋色・・・だね






どんどん  下ります

イメージ 28

足が

痛い位

下ります


下りしか

ないのです






シダがね

黄色く色付き

海みたい




こちらも

 あちらも

  秋色ね〜




イメージ 34


二股分岐


1日目は  ここで

しばし  悩んだな




左股ルートで  正解!!

   とても   いい  歩きに  なりました(*'▽')


イメージ 30



綺麗な  お花





イメージ 31







そのうち  雨が  本降りに  なったけど

    雨具を  着ないまま  歩きました

      火照った  体に  気持ちいい雨と  なりました




広河原から  乗り合いタクシーで  芦安に到着


イメージ 32



ここから  始まって

ここで  おしまい


胸が  いっぱい









イメージ 33


北岳登頂記念




頑張った 私














イメージ 29



































この 真ん中の  沢を  登り詰めたんや


   なんだか   夢見てたみたい





四国からは  遠いけど   やっぱり  山は いいな


    また  時間を作って   来れるといいな



無事 下山 出来たことに   感謝です

  声をかけてくださった  皆さんに  感謝です

      単独ということで  気にかけてくださった 方に  感謝です

          綺麗な  秋色に  染まる  山々に  感謝です


これを  読んでくださった みなさま  ありがとうございました


    おしまい











全100ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事