ここから本文です
☆Cool Rides☆クールライズ☆
http://www.coolrides-web.com 当社ホームページです

書庫全体表示

ばったばたで

こなさなきゃいけないことこなせず焦ってます
皆さんも年度末でお忙しいことでしょう


そんなこといってると、ブログの更新は怠り、ネタはあるけど書いてない
そのうち書くのも面倒になって
ってことに良くなるので・・・書きますよ〜


今回ご紹介の80yコルベット
イメージ 1

フルエアロにデイトナマスク、ツインターボフードと時代を感じさせるスタイルですが、今見ると逆に新鮮だったりします
やりすぎない感じがちょうどいいのか、綺麗にしてるからなのか・・・


今回は車検での預かりです

が!
触媒が付いていません
こりゃいかんなと
C3は昔は車検用のマフラーを持っていたりしたんですが・・・
今はそんなのも通用しないし、やはり環境にもよくないってことで交換することに

マフラーがすでにワンオフでデュアルに引きなおされていた為、頭を悩ませます。
このブログをはじめっから読んでる人はまたオリジナルのマフラーキットか!?
なんて思うでしょうが
このC3はアルミヘッドにボアアップと軽くいじってあり、マニュアル換装済みという、ちょびっと本気仕様
しかもオーナーさんはデュアルの時の抜けのよさがお気に入りだったと・・・
せっかく引きなおすんだったらステンレスがいいな〜なんて言われて・・・
ワンオフで作ることに決定!

でも現在は設備が乏しい為、外注でお願いすることにしました
と言っても、もちろん当社の拘りとお客様のご要望をばっちりかなえる為
腕もしっかりしていて、こちらの言いたいことが言わずとも伝わるような、そんな関係の方
整備のお師匠さんでもある新潟のシェルビーさんにお願いしました
以心伝心というか・・・ポイントとやりたい感じと、車の仕様を伝え、後はお任せ
お任せでやってもらっても絶対に希望通りの物ができてくると確信があるからできることですね
基本的にうちではこだわりを実現させる為、すべて自社で作業します
ですが、今回頼んだシェルビーさんはうちのお師匠さんでもあるため、むしろこだわりはうちより上?

で、希望は
ステンレス
触媒はスポーツ触媒を出来れば片側1本づつ仕様
車高がかなり低く擦りやすいので、できるだけ上側に取り付け
出口は今まで使っていたボーラのステンを仕様
デュアルで後ろまでひっぱてきてもいいけど、バランスパイプをつけて欲しい
とこんな感じでしょうか

作業を進める上で先ずはリフトアップして各部の点検と、どんな感じで引きなおすかのプランを・・・
ヘダーの錆がひどいので、せっかく引きなおすのだからと、ヘダー交換を追加
ラジエターからの水漏れも発見、オーバーホール
ショックもブッシュが抜けちゃってるので、フロントショックは交換
イメージ 3


ヘダーは無いとマフラーの作業に入れない為速攻でアメリカオーダー

ステンレスマフラーの材もすべて揃いさ〜作業
と・・・・
ヘダーを外した際にいや〜な物を発見したと報告が・・・
ヘッドから水が漏れた跡があるんだけど・・・
ってうっそ〜ん!!
イメージ 2

びっくり
何で??
製品不良か??
ヘダーに隠れてるところだし、ほんの少しの水漏れなんで、エンジンの熱で蒸発し、下までたれることも無く発見できなかったんですね
さ〜どうしましょう
エーデルのアルミヘッドの中古なんて滅多なことでは見つからないだろうし、新品交換するとなるとかなり高価・・・
かといって鉄ヘッドの中古に交換しましょうって言ってもお客さんは納得しないだろうし・・・

仕方ない修理しましょうか!?
水漏れ箇所を綺麗にして溶接で埋める方法があります
レースカーのエンジンなんかは良くこの方法で修理するんですよ〜

ってことはヘッドは外して修理する為エンジンも降ろしてしまった方が楽!?
で、エンジン降ろすんだからついでに全部ばらして、チェック!?

う〜ん・・・
最初はステンレスマフラー引きなおしで、後は普通の車検整備の予定だったのに
かなり大変なことになってきましたよ〜

とりあえずお客さんに報告
相談し、修理の方向で良いと

じゃいっちょお願いします!!シェルビーさん!!
と・・・

そんなこんなしてる間にマフラーを先に作っていただきました
出来上がったマフラーは・・・・

次回のお楽しみってことで


この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事