ここから本文です
☆Cool Rides☆クールライズ☆
http://www.coolrides-web.com 当社ホームページです

書庫64y Corvette

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

またもや間が空いてしまいましたが
続きです
 
気を利かせたつもりが裏目に出て
本来の姿に戻してあげようとか
ついでにこっちの部品にしよう
ってことで頼んだ部品がなかなか揃わないと言う
 
なんと言っていいのか・・・
 
兎に角時間がかかりまして
 
板金屋さんに舞い戻ったのが前回でしたね
 
ここからは
下地は出来ているので
もっかい面出しながらサフェを研いで
いよいよ塗装
 
綺麗に染まっていきます
 
塗装が終わりましたら
部品の組み付け
 
ウェザーストリップ類は当然すべて新品に交換しながら
ドアやライト類などばらした物を戻していきます
 
ドアのチリなど新品のウェザーが入ったことで、かなりずれてしまったので
何度も何度も調整してもらいます
 
エンブレム類も当然新品
テールレンズやグリルも新品
換わってない所はドアハンドルとバンパーくらいでしょうか
本当はドアハンドルやバンパーも綺麗にしたかったけど今回は程度も良かったし、予算の関係でパスしました
 
そんでやっと板金屋さんから戻ってきて
うちでの手直し
板金屋さんがばらしたところを修理屋目線でも一度チェックです
 
すると以前にだいぶ手直し&引き直しをしたはずの配線類
まだやっつけてないやつが居ました
イメージ 1
パワーウィンドーの配線です
ギボシだし・・・丸めてギュってしてあるし・・・
 
勿論綺麗にやり直しましたよ〜
 
そしたらもっかい板金屋さんで最終の磨きとチリチェック
 
そしてそしてやっと完成した姿がこちら
イメージ 2
 
ちゃんとした写真がなくて申し訳ない・・・
急いで納車したもんだから写真撮ってないです
 
今度撮っときますね
 
イメージ 3
パールホワイトなんですがね
コルベットのパールホワイトってかっこ悪くなりやすいので
板金屋さんと綿密な打ち合わせの上
かなり綺麗なカッコイイパールホワイトになったのではないかと
イメージ 4
 
サイドエグゾーストになってZZ4サウンドも最高です
エアコンもバッチリ効くし
言う事なしのピッカピカコルベットに変身しましたよ!
 
 
やっぱC2クーペカッコイイな〜
 
 
 

この記事に

さ〜続きですね
 
エンジンルームの塗装
そしてエンジンを載せてラジエターをつけてと
大まかな作業は順調に?終わっていたわけなんですが
この時点で実は予定よりはかなり遅れ気味
 
早く進ませたいところですが
 
サイドマフラー取り付けの時点で欠品発覚
オーダーの際にサイドマフラー着けるのに必要な部品をある程度洗い出して
足りない物あったらそいつもオーダーしといてね〜
って言ってあったんですが
見事に欠品有り
オリジナルエキマニも入手困難でいまだ未着
 
欠品部品を速攻で頼んではみたものの
すぐには来なくて・・・
 
ついでに本来はショートウォーターポンプのレイアウトのはずが
エンジン載せ換えの際でしょうロングウォーターポンプになってて
わざわざメンバーを切開してまでの大技!?
なぜこんな事に??
なので、こいつもショートウォーターポンプに変えてやろうと思ってエアコンのブラケット類も頼んであったのですが
オルタネーターブラケットが足りなくて・・・・
オリジナルエキマニに合わせる為にオリジナルブラケットが必要なのですが、その辺に転がってるだろうと高をくくっていたのですが
見事本国オーダーに
 
こいつらが届かない事には先に進まない・・・
 
1ヶ月以上は部品待ちの状態が続いてしまいました
 
で、やっと到着早速装着
 
イメージ 1
ZZ4にあわせて2,5インチのエキマニ&エグゾーストを揃えました
 
オルタネーターブラケットが未着の物がありますがエンジンルームもほぼ完成
イメージ 2
早速火を入れます
 
迫力のエンジン音がたまりません
う〜ん最高
 
動くようになりましたので
外装の塗装の為またもや板金屋さんへ旅立ちます
 
 
続く
 

この記事に

お待たせしました
第2弾です
 
板金屋さんで下地を作った64君は
サフェの状態で一度工場へカムバック
 
イメージ 1
エンジン&ミッション、その他もろもろを抜きまして
イメージ 2
バッテリートレイは錆びてぼろぼろで、フレームの方までキッタなくなってます
 
この状態でまたもや板金屋さんへ
エンジンルームを綺麗にペイント
要らない穴などは埋めてもらってペイントです
勿論純正チックに半艶黒!
イメージ 3
板金屋さんからまたもや舞い戻った64君
 
エンジン載せる前に
色々なパーツのフィッティングなど見て、バッテリートレイはリプロパーツよりしっかりしたトレーを作成したり
細かな事をやりまして
 
エンジンを載せる準備をしていきます
 
エンジンの方もニューとはいえちょいと心配ですので
イメージ 4
各部のトルクチェックなどやります
イメージ 5
さすが綺麗
 
さ〜
合体です
イメージ 6
ラジエターの位置決めなんかもしまして
ブラケット作成
イメージ 7
イメージ 8
なんだか一気に進んだ気がしますね〜
ATオイルクーラーのラインはもともと載せ換えATで後付オイルクーラーだったのでAT用のラジエターに交換し、ライン新規作成
 
エアコンキットも取り付け位置を慎重に・・・
イメージ 9
イメージ 10
 
このあたりまではわりとサクサク作業進んでいたのですが
ここから細かな部品が足りなかったりでアメリカオーダー
そいつがなかなか揃わず作業が止まりがちに・・・
 
アメリカに何度催促してもなかなか返事が・・・
丁度この時期、アメリカの方の担当さんが入れ替わり
勝手がかなり変わってしまった時期と重なった事も有り
こちらももどかしさを隠し切れません
 
次回に続きます
 
 

この記事に

当初長くても2ヶ月くらいと考えていた64yコルベットプチレストアプロジェクト
N様には大変ながらくお待たせし、御迷惑とご心配をおかけしておりましたが
本日無事に納車することが出来ました
 
記録を調べましたらば、10ヶ月という時間を費やしておりました
 
言い訳になりますが、部品待ちや作業待ちの時間がほとんどを占め
それを文句一つ言わずジッと待ち続けてくださったN様には感謝以外の言葉は見つかりません
 
今回の経験は必ずや次なるプロジェクトに生かされることでしょう
 
 
ってな硬い感じで始まりましたが
 
ほんとにホントに時間がかかりました
 
思い起こせば一昨年になるでしょうか
事あるごとにオールペイントとエアコン取付を熱望されておりました
イメージ 1
写真では綺麗に見えますが、艶がひけてきてるところもあります
が、、、何しろ黄色いのが気に入らないとNさん・・・
それはいかんです。せっかくの愛車が気に入らない色だ何て私も絶対に許せません!
色替えプロジェクトスタートです!!
一昨年の年末頃からなんとなく内容を決めてって〜
 
オールペンとエアコンは絶対で〜
エアコン取り付ける際にエンジンも降ろしちゃうかもってんで
エンジンも載せ換えを画策
本来64yコルベットは327のはずなんですが
この327、私個人的には結構お気に入りのエンジンでしてオーバーホールしてあげたいところ
ですが・・・現車は307に載せ換え済み
しかもブローバイも大量に排出し、ブロックには思いっきり割れた後がありましたので、チェンジです!!
今回チョイスしましたのはGMパフォーマンスパーツからリリースされますクレートモーターのZZ4
いまや定番中の定番
そしてエアコンのキットはビンテージエア
こちらもいまや定番です
エアコン、エンジンと来て気にならないわけがない水周り
もともと小さなラジエターが付いているC2コルベット
これでは現代の灼熱大渋滞をエアコンつけて涼しい顔なんて無理です
そこでBeCool社製のモジュールキットへ交換
こちらも定番です
 
オールペイントの際にぼろぼろで気になるであろう箇所はある程度新品パーツをもっていたのでそいつを奢り
足りない部分で、気になるところは追加注文
 
オーナーさんの希望は外装が白くてエアコンが効く車
そして後々にはサイドマフラーにしたいと・・・
そうなると後ろの穴をふさがなくてはかっこ悪いわけでして
それなら絶対オールペイントの際に一緒に穴埋めした方がいいわけでして
でも・・・予算も決められていましたので、サイドマフラーは又今度!
と言いたい所でしたが
もともと付いてたマフラーが決してお世辞にも素敵なマフラーとは言い切れないマフラーが付いていまして
錆び錆なうえヘダーから出口まで溶接された1本マフラー
クロスメンバーの中を通った代物で、綺麗に仕上げる為には切った張ったの大忙し・・・
どうせマフラーはいずれやらなくちゃいけないのなら
どうせやるならサイドマフラーにするというのなら
やっぱり今回やった方がいいよねってな具合でサイドマフラーにコンバートする事に
 
どれもこれも高価な部品たち
いやはや大丈夫だろうかと、プロジェクトスタート前から赤字ランプがチラついていましたが
受けたからには手を抜くわけには行きません
細かなパーツまで選定し、パーツオーダー
 
部品が来る間に板金屋さんに入庫
あっという間にばらされていきます
イメージ 2
本来であればばらばらの状態で板金屋さんに入庫させ
綺麗に塗り終わったところでエンジン載せたりするところですが
部品待ちの間でもあり
何より板金屋さんもなるべく動く状態でもってきて欲しいという要望もあり
近所の板金屋さんですので、多少の行ったり来たりはそんなに手間ではない
先にある程度の下地を作ることになりました
 
これにはもう一つ理由がありまして
下地を作ってからなるべく時間を置いて塗った方が下地が強くなるし、パテのやせも少なくなるってことです
イメージ 3
 
ある程度ばらばらになりました
 
 
ここから下地を作っていくわけですが
元の塗装がお粗末な部分もたくさん有り
ドアなんかは、チョットペーパーあてただけでパラパラと剥がれて来る始末
ドアはほぼ剥離してました
イメージ 4
裏側までバッチリです!
 
 
さてさて
ここまではほぼ順調!?
 
とりあえず序章ですね
 
また時間有るときにアップします!
 
 
 
 
 

この記事に

早くかえりゃ良いのに
まだやってます・・・

メカさん大変そう・・・


久々にお気に入りブログを徘徊してると・・・

面白い物見つけてしまいました
これです

Nさん64yクーペこんな感じでどうですか?
イメージ 1


いいな〜カッコイイな〜

この記事に

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事