マコトのフォト日記

ようこそ私のページへ。「過去の記事全一覧」はページの最下段クリックで閲覧できます。

全体表示

[ リスト ]

日本の捕鯨問題

日本の捕鯨問題 目次ページ

私の記事2008年2月10日「日本の捕鯨問題」 クリック

私の記事2008年6月24日「IWC国際捕鯨委員会 年次会議開催される 08」 クリック

私の記事2009年2月8日 「変化の兆しが出てきた日本の捕鯨問題」クリック

私の記事2009年3月7日「日本、150頭のミンククジラを要求」 クリック

私の記事2009年4月30日「アイスランドの捕ゲイとホエールウオッチングの板ばさみ」 クリック

イメージ 1

イメージ 1

イメージ 4

↑グラフは「商業捕鯨に賛成か反対か」を問うた調査結果です。

2006年6月の調査です。調査は日本リサーチセンターがインターネットで15〜59歳の男女から行いました。サンプル数1047。単位は%。依頼者はグリーンピースJapanです。
調査内容参照、PDF。クリック
イメージ 5

世界の捕鯨賛成派国↓

日本→調査捕鯨:2005/06年〜2010/11年。ミンククジラ850頭(±10%)、ザトウクジラ50頭、ナガスクジラ50頭を捕獲。

日本→網走、鮎川、和田、太地、函館で沿岸小型捕鯨:ツチクジラ66頭、タッパナガ36頭、マゴンドウ50頭、ハナゴンドウ20頭、の捕鯨。この沿岸捕鯨は「容認」されている。日本は沿岸捕鯨でミンククジラの捕獲を要求しているが、認められていない。

ノルウェー:北大西洋でミンククジラ546頭の商業捕鯨。商業捕鯨と宣言しているが、北大西洋での捕鯨のため非難は少ない。

アイスランド。デンマーク。ロシア。モロッコ。カンボジアほか。


世界の捕鯨反対派国↓

英国、米国、ブラジル、オーストラリア、ニュージーランド、フィンランド、フランス、スペイン、ドイツ、イスラエルほか。

容認されている原住民生存捕鯨国↓

国名・地域      捕獲対象種      年間捕獲頭数 
米国・アラスカエスキモー
ロシア・チュクチ先住民  ホッキョククジラ  67頭 
米国ワシントン州マカ族
ロシア・チュクチ先住民  コククジラ     140頭 
デンマーク・グリーンランド住民 ナガスクジラ  19頭 
             ミンククジラ    175頭 
セント・ビンセント    ザトウクジラ    20頭 
イメージ 1

さて現在日本の捕鯨に対する意見は二分されています。また世界の中でみると、日本だけが世界の捕鯨反対国から攻撃の矢面にされています。北欧国が沿岸捕鯨であるのに対し日本が南氷洋での、また保護区での調査捕鯨に対しての非難だと思われます。また調査捕鯨と称して実質は「商業捕鯨」ではないか、という疑念ももたれています。

イメージ 6

日本は国際捕鯨委員会(IWC)に加盟しています。そうであれば、今後の捕鯨に関する取り決めに従わなければなりません。また日本の主張を、IWCに納得させるためには、加盟国に日本の主張を分かりやすく伝えなければなりません。

イメージ 7

しかし、インターネットが発達した現在、日本の主張の中でも、過激な、また暴論的な主張が諸外国に伝わっています。冷静な討論から外れた感情論による応酬は良い結果をもたらさないでしょう。結果として日本と諸外国との外交関係に悪影響をもたらす可能性もあります。

イメージ 8

IWC総会の時だけ水産庁の役人が「商業捕鯨賛成」の主張をいい、かといって国内のメディアなどで捕鯨に関する討論もせず、多くの国民はなにが何だかわからないまま決められていく。この構図から抜け出さなければなりません。

イメージ 9

今までの経過

53回(2001)IWC会議で、「日本の鯨類捕獲調査(調査捕鯨JARPA供砲遼明沼席人里任粒萋絢粛決議」が過半数での賛成で採択された。
また、「日本の鯨類捕獲調査(調査捕鯨JARPA供砲瞭酩考里任粒萋絢粛決議」が過半数での賛成で採択された。但しこの決議には拘束力がないため日本はその後も調査捕鯨を継続している。
また「南太平洋でのサンクチャリー設定提案」は4分の3の賛成に満たないため否決された。
また日本の「沿岸捕獲でミンク鯨50頭の要求」案は否決。その後現在にいたるまで日本の沿岸捕鯨ではミンク鯨は認められていない。

57回(2005)IWC会議で、「日本の鯨類捕獲調査(調査捕鯨JARPA供砲瞭邏乏い任粒萋絢損榿紳亰莎帖廚過半数(賛成30、反対27、棄権1)での賛成で採択された。しかし決議の拘束力がないため日本はその後も調査捕鯨を継続。

58回(2006)IWC会議で、日本提案の「南大洋サンクチャリーでの鯨保護を撤廃する案」は反対多数で否決。

59回(2007)IWC会議で、デンマーク提案の「先住民生存捕鯨枠案」は賛成多数で可決。
また日本提案の「沿岸小型捕鯨の捕獲対象にミンク鯨を加える提案」は否決された。

イメージ 10

冒頭の円グラフのように日本では商業捕鯨に反対より賛成者のほうが多いです。ですので、反対諸外国を粘り強い説得と、正しい主張を繰り返すことが大事だと思います。

イメージ 2

日本の調査捕鯨に対しては、2001年IWC総会で「自粛しなさい」とする決議が可決されています。しかし拘束力がないため日本は継続して実施しています。その決議から、日本は関係諸国に対し「配慮」は求められます。また「調査捕鯨」も、反対国からは実質は「商業捕鯨」ではないかと疑いがもたれています。日本は、約1000頭ほどの鯨を捕って調査していることが、「商業捕鯨」でないことを実証する必要があります。真剣にその説明をし、諸外国を納得させないと、反対諸国からは「偽装捕鯨」と言われても仕方がない状況に追いやられます。

イメージ 2

高村外相は先のオーストラリア外相との会談で、「日本の捕鯨活動は科学的根拠に基づく調査目的のもので、完全に合法な活動だ」と述べました。「調査捕鯨の自粛決議」は無視ですが、自粛決議には拘束力がないから、日本の調査捕鯨は「合法」です。しかし水産庁と違い、外務省は諸外国との外交関係も大事です。日本の国益、外国から見た日本の評価、などを勘案する必要があるでしょう。

イメージ 1

★私から見て客観論の述べられている天木直人(元外務省職員・豪州大使館勤務経験もあり)さんのブログ。
○「捕鯨問題ー今こそ外交の出番ではないのか」→クリック
内容→日本が強気出られないもう一つの理由がある。水産庁に主導された日本の捕鯨外交がある。天下り団体の利権が見え隠れする。
○「欧米から悪者扱いされる日本の調査捕鯨」→クリック
内容→実は私は95年―97年に、豪州の日本大使館に勤務していた。その時政府代表の一人としてIWCの会議に参加したことがある。とはいっても主導権は日本の水産庁にあるので外務省はその方針に従うだけだ。水産庁は今も昔も徹底して商業捕鯨推進派である…。

★クジラ 未来への共通の解決策はあるか?)と題したシンポジウム08・2月3日クリック

★財団法人日本鯨類研究所に関するブログ。クリック
内容→水産庁の天下り団体である、財団法人日本鯨類研究所は水産庁から、4人が役員として再就職しているため、第三者機関ではない。

★町村官房長官、IWC議長の申し出により、ザトウ鯨50頭の調査捕鯨を中断。07年12月。クリック

私の記事2008年6月24日「IWC国際捕鯨委員会 年次会議開催される 08」 クリック



イメージ 1

イメージ 3

         ネット新聞。「夕刊ですよー」クリック


イメージ 2

                    http://img.tenki-yoho.com/m_map.gif


過去の記事全一覧('05年12月〜)です過去記事を参照されたいときご利用ください。クリック
このページのホストサイトはこちらです。創作などを掲載しています,お寄り下さい。クリック
                http://pkmuscle.50megs.com/images/dbshoulderpress%5B1%5D.gif

閉じる コメント(25)

わたしは反対です。
わざわざこんなに問題になっている鯨を食べなくても他に食べ物はたくさんあります・・・・
誰がそんなにしてまで食べたがっているのか不思議です・・・・。

2008/2/11(月) 午後 7:03 ぴあ 返信する

顔アイコン

★ロースさん、これには天下りが絡んでいるという話があります。日本政府から特別許可証を発給された財団法人日本鯨類研究所に何人かが。その利権がからんで、しゃにむに捕鯨に走っているようです。
誰かが「諸悪の根源は天下り」だと言った方がいますが、どうもそのような感じがします。もしそうだとしたら、世界に対し「調査捕鯨で千頭捕獲」の説得は無理でしょう。見守りたいと思います。

2008/2/11(月) 午後 8:27 hotcreationjp 返信する

顔アイコン

私はもともと鯨肉は苦手なので・・・

2008/2/11(月) 午後 10:16 r***u* 返信する

顔アイコン

★ジェリーさん、例えばチンパンジーの研究をしている研究者が、「チンパンジーの生態研究には年100頭ほど解剖しないと分からないんです」と言ったします。でも聞いた人はびっくりしますよね。
水産庁の、「調査に年1000頭捕まえるのが必要なんです」の主張を正当化するにはかなりの、リポートを出さないと納得してもらえないかも。
ノルウエーのように「商業捕鯨で600頭捕りました」の主張は、賛否は別として分かりやすい。

2008/2/11(月) 午後 11:31 hotcreationjp 返信する

顔アイコン

たしかに・・・・何事も言い回し・・・言葉を選ぶことが大切ですよね〜・・・

2008/2/12(火) 午後 6:34 r***u* 返信する

顔アイコン

可哀相・・複雑ですね お祈りを

2008/2/15(金) 午後 1:54 maririn7ny 返信する

顔アイコン

★日本は、捕鯨賛成の水産庁の意見だけを、IWCで述べます。同行の外務省は、外交関係を考えて発言すべきなのに、水産庁の意見を丸呑みします。
日本の少数意見の捕鯨自粛意見は完全に無視されています。
この構図が公平でないといえます。
衆参選挙の時に、各党はマニフェストで捕鯨問題の意見を書くべきだと思います。

2008/2/15(金) 午後 4:51 hotcreationjp 返信する

顔アイコン

捕鯨賛成です。
アメリカやロシア他で認められているのに
日本では商業捕鯨が何故認められないのでしょうか?捕鯨をしている国は伝統的なものがあって認められてるんですよね?だとしたら日本も12世紀からの伝統がありますよね。疑問だらけです。
そして世界は食料危機になってますよね?
日本人はまだ実感がないけど確実にその時は近づいていると思います。その時のために伝統とその技術は保つべきだと思います。世界食糧危機が本格化した場合に外国では日本に牛や豚や魚を輸出してくれる確実な保証はありません。自給率が低い日本では必要な食料源だと思います。
なので日本は調査はやめて堂々と商業捕鯨に切り替えるべきだと思います。
私も鯨は口にしたことはありませんが
将来のためにも技術は継承していくべきだと思います。 削除

2008/6/20(金) 午前 2:23 [ くじら ] 返信する

顔アイコン

★くじらさん、ご意見ありがとうございます。

2008/6/20(金) 午前 7:08 hotcreationjp 返信する

顔アイコン

くじらさん、

アメリカやロシアで認められているのは原住民生存捕鯨と呼ばれ、彼らの生存にとって捕鯨が必要であると認定されたことによりIWCで認められているものです。彼らは原則として、自分達の食べるためだけにしか捕鯨をしてはいけないのです。日本のように企業が商業目的で鯨を捕って、日本全国の流通網にのせるのとはわけがちがいます。

そもそも、南極海や北大西洋まで繰り出して船団で鯨を狩ることのどこが、日本の伝統文化なんでしょう? 日本が12世紀から行っていた捕鯨というのは、木造の小舟と手投げ銛を使った沿岸捕鯨じゃないんですか?

将来の食糧危機を危ぶむならば、調査捕鯨に毎年使われている補助金を、沿岸での小型鯨類の養殖研究に費やすほうが建設的でしょうね。
60億人の世界人口と共有する鯨資源を、日本だけが好き勝手に利用しようなどという考えはとても受け入れられるものではありません。日本人は、南極で鯨を捕らせろと大騒ぎする前に、まず自分たちの眼前の水産資源を再生させることに全力をあげるべきだと思いますよ。

2008/6/30(月) 午後 7:50 [ gen*es2* ] 返信する

顔アイコン

★ [ gen*es2* ]さんありがとうございます。
政府は従来の、水産庁の代表が(天下りのための商業捕鯨賛成)の主張を続けることは得策でないと判断しました。
政府の、先のオーストラリア首相との日本での会談でも、従来の調査捕鯨の主張を通すことは出来ませんでした。
チリのIWC総会でも日本は沿岸捕鯨へ舵を切ったかに見えます。
来年にはオバマ大統領就任で、日本はEU、アメリカ、豪州の包囲網に入ります。日本の沿岸捕鯨への舵取りは来年の状況を見越したものだと思われます。
高だか20人ほどの水産関係への天下りのために、日本が世界の袋叩きにあうことにメリットはありません。だれが考えても分かることです。
IWC総会は今後も4分の3の壁で、身動きできません。結局政府間レベルの会談で、捕鯨関係の議事は決まっていくでしょう。その方が私はベターだと思います。

2008/6/30(月) 午後 9:56 hotcreationjp 返信する

顔アイコン

鯨を殺す人って軽蔑します。

2008/12/24(水) 午前 9:50 サンバの良心 返信する

顔アイコン

★サンバさん、エスキモーのように生活の糧としての捕鯨は理解できます。
しかし日本のように現在蛋白源が豊富な食料事情において、しかも南氷洋まで行って捕鯨する好意は、よほどの理由がない限り世界の理解は得られないでしょう。
なぜ日本が調査捕鯨を続行するかの原因の1つが、農水省の天下り問題が浮上しました。農水省の役人にとって少数な天下りでも、その確保に必死です。
天下りを確保したいために、年間千頭ほどのクジラを捕っているとしたら、これは世界の理解は得られないどころか、日本は軽蔑されるでしょう。

2008/12/24(水) 午前 10:03 hotcreationjp 返信する

顔アイコン

日本が国際的に非難されているのは、調査捕鯨と偽って、鯨を殺していることですね。調査捕鯨は実質、商業捕鯨。水産庁の利権も絡んでいます。
日本の誠が示せないのが日本人として恥ですね。

動物愛護的には鯨殺しは不要な殺生だ、と思います。

2008/12/24(水) 午前 11:22 サンバの良心 返信する

顔アイコン

今はクジラが増えすぎているのは、私たちの食糧にまで危険を及ぼす地球の海の魚を食べつくした時は、自滅する。バランスが崩れるときが、人類も食糧危機になります。

2009/3/8(日) 午後 8:17 坂本廣志 返信する

顔アイコン

★りょうしんさん、おっしゃるとおりです。何度も言いますが、ゴリラの調査に日本からアフリカに行っています。しかし、調査のためゴリラを殺して胃のなかの食べ物を調べたという話は聞いたことがありません。クジラの食べ物を調べたかったら、糞でもわかりますし、もっと調べたかったらクジラに下剤でも飲ませて調べればいくらでも調べられます。
水産庁の利権のために、国民の3分の一の捕鯨反対者の意見が抹殺されるのは民主的ではありません。

2009/3/8(日) 午後 10:01 hotcreationjp 返信する

顔アイコン

★ggc*k*75ufosg8さん、クジラが地球上に現れてから数億年がたっています。その間ずっと地球は食物連鎖の輪の中でバランスをとって生きてきています。
ここ100年の間、地球の生態系のバランスを崩してきたのは人間です。
水産庁の主張では「最近はクジラは増加している。だから商業捕ゲイしても問題はない」と言っています。私たちはその主張が真実かどうかを考えています。しかしもし水産庁の利権が本心だったら、結果として取り返しのつかない事態になります。
官僚はそんな悪いことをするはずがない、と信じたいです。しかし昨今の官僚の不祥事を目にすると、むしろ官僚は自分達の利益のことばかり考えている、と結論づけられます。

2009/3/8(日) 午後 10:18 hotcreationjp 返信する

顔アイコン

以前もkkneko氏の件でお邪魔しましたtoripanです。

氏が鯨肉生産の環境負荷だけを不当に高く見積もり、逆に比較対照である牛肉LCAを小さく見せかけるような嘘と誤魔化しをネット中に撒き散らしておりましたので、氏のまやかし鼎任皀屮蹈圧事・嘘で固めた捕鯨悪宣伝を各論逐一全て覆してあります↓。
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=552019607&tid=ja7dfa4ha5afa58a5ijdd8n&sid=552019607&mid=62970

↑の投稿から全18投稿分で氏の「鯨肉はエコじゃない」を事細かに潰しましてみました♪
↓はその概略です。

http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=1834578&tid=a45a4a2a1aabdt7afa1aaja7dfldbja4c0a1aa&sid=1834578&mid=41948
(↑とその次の投稿まで)

この「告発の行方」に御期待下さいw

2010/2/12(金) 午後 1:16 [ toripan1111 ] 返信する

顔アイコン

★新政権の赤松農水大臣がどういった方向性をしめすか、見守りたいと思います。

2010/2/13(土) 午後 10:43 hotcreationjp 返信する

顔アイコン

赤松農相は残念ながら水産官僚と族議員に丸め込まれてしまったようですね・・

古い記事へのコメントでたいへん恐縮ですが、このたび沖縄辺野古への米軍基地移設と南極海での調査捕鯨について、日米両政府に中止を求めるインターネット署名を始めました。
−「いっせいのせ」でやめよう!! 辺野古移設と調査捕鯨!!
(URLリンクより)
賛同人には、米国から作家兼文学者ロバート・シーゲル氏、日本からは著名な動物学者の女子栄養大学名誉教授・小原秀雄氏に手を挙げていただきました。
よろしければご協力をいただければ幸いです。

(Webを炎上させるイタイ人の投稿でご迷惑をおかけしました) 削除

2010/3/7(日) 午後 4:13 [ ネコ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事