マコトのフォト日記

ようこそ私のページへ。「過去の記事全一覧」はページの最下段クリックで閲覧できます。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 4

出勤途中でしょうか、乗客の皆さんも点検作業を覗きこんで見えます。

5月9日、名古屋市で起こった地下鉄エスカレーター事故。メーカーは日本オーチス・エレベーターです。

他のマスコミがメーカー名を言わないのに、あえて私がオーチス・エレベーターというのは、去年のシンドラー社のエレベーター事故を思い出すからです。あの時は原因も分からない時から「シンドラー」「シンドラー」と、アク宣伝をしたマスコミが、松下電器系列のオーチスの今回は、一言も「オーチス」と言わないアンフェアさを指摘したいからです。

イメージ 13

それはさておいて、今回のエスカレーター事故、実にオーチス社のいい加減さが伺われます。この事故はメンテナンスは別系列のサービス会社です。ですからこれから責任の所在が明らかにされるでしょう。

イメージ 5

↑原因となったモーター、ギア架台を留めるボルトの折損を示しています。手前(下)左のボルトと、その向こう側左のボルトの計2本は既に折れていて、昨年に応急処置がされています。今回は手前右2本と、向こう側の3本の計5本(溶接ボルトを含めると計6本)が折れたものです。

架台の下列は3本のボルトが見られます。一番左のボルトは昨年夏に追加されたボルトです。一番左のボルトの更に左側が補修跡が見られます。もともとその補修跡に1本ボルトがありました。そのボルトは昨年夏に折れました。それだからオーチスはそのボルトキャップを外し、その部分を溶接しました。
今回その溶接部分と直ぐ隣のボルトは折れていません。溶接による耐加重が増加したため持ちこたえました。しかし右側ボルト2本が折れたため、今度は架台そのものが変形してしまいました。向こう側のボルト事情は手前側と同じ事情です。ですのでボルトは合計8本あったということです。折れなかったボルトは手前左の1本と、補修した1本の計2本で、それ以外は折れました。尚ボルトの直径は16ミリ。
また変速機駆動軸から見て、ステップ回転軸は上方向に位置するので、モーター架台は引っ張り挙げられることになり、特に向こう側は上部にそりあがっています。
イメージ 6

近々月間の定期点検をする予定だった。とのことです。しかし仮に点検が事故の前になされていても、ボルト折損を見つけられたかどうか疑問です。

というのは、先に左の2本のボルト折損が見つかったのも定期点検での発見ではありませんでした。他の場所でのエスカレーターで同様のボルト折損があり、昨年9月の年次法定点検に合わせて修理したものです。またその際、きちんとボルトの芯から取り替えて修理すべきでした。昨年の9月の修理では、同部分を溶接して修理完了としました。

イメージ 14

エスカレーターの基本構造。但しオーチスのものではありません。

その後毎月の定期点検で、このボルトを確認した痕跡はありません。昨年から現在までの8ヶ月間の間に、1本、また1本とボルトが折損したものと思われます。

そして5本目のボルトが折損したと同時に、一気に架台が引っ張られ、仕切り板に当たり、ステップと接触し緊急停止したと考えられます。

イメージ 8

エスカレーターの機械収納場所は狭いところです。点検も思うに任せない場合もあるでしょう。しかし昨年9月にボルト折損を起こしているんだから、その後の定期点検でも、折損の有無を調べる超音波診断とかの専門的診断をしてしかるべきです。

イメージ 9

もう1点はブレーキが利かなかった点です。これは架台がずれたことによるものでしょう。

ブレーキが利かなかった原因は幾つか考えられます。
まず制動よう電磁ブレーキが作動しなかった可能性です。モーター・変速機架台がずれたことによって、何らかのことで電磁ブレーキが作動しなかったことが考えられます。ただこの場合、逆転する場合もモーターは回転することから、モーターなどの慣性があることから逆転スピードは緩やかなものでしょう。
もう一つの可能性は、変速機駆動スプロケットに絡むチェーンが緩んで、チェーンが空回りした可能性があります。この場合はステップの下降スピードは早くなり怪我人も出やすくなります。後ろ向きにフリーファール状に下がった時に、再びチェーンが噛むと、後ろ向きに加速度がかかります。今回はこちらの原因が指摘されています。
イメージ 10

私は機械には詳しくないのですが、その素人の私でも今回の事故の原因は、オーチス・エスカレーターの構造上の欠陥と、以後の点検の不備からきたものであると、結論づけられます。

イメージ 11

今後は点検を密にしていただきたいです。それと、マスコミの、「シンドラーは徹底的に叩いて」、「松下電器系列のエスカレーターはできるだけ名前を出さない」と言う「ちゃらんぽらん」な態度はなんとかなりませんかぁ?

アメリカの複合企業体、ユナイテッド・テクノロジーズの完全子会社であるオーチス・エレベータの日本法人(直接の親会社はオーチスパシフィックホールディングス(Otis Pacific Holdings))。松下電器産業が28.1%を出資しており、同社の持分法適用関連会社(松下グループには含めない)となっている。このほかにも三井住友銀行、住友信託銀行などの住友グループも出資している。
イメージ 12

それと原因検証される警察の方、上の写真のようにバラバラにしてしまうと、実負荷のブレーキテストがしにくいと思いますが、その点も抜かりなくお願いしますね。今回の事故はブレーキさえ利いていれば怪我人はなかったわけですからぁ。

イメージ 1

オーチス社員ら書類送検 過失傷害容疑で愛知県警
2009年2月20日 中日新聞朝刊

 名古屋市中区の市営地下鉄久屋大通駅で昨年5月、上りエスカレーターが急停止後に後退し14人が軽傷を負った事故で、愛知県警捜査一課などは19日、業務上過失傷害の疑いで、事故機の製造元「日本オーチス・エレベータ」(東京都中央区)本社のエスカレータ設計課長(52)ら5人を書類送検した。

 ほかに送検されたのは、同社中部支店の工事部長(57)ら3人と、同社から事故機の補強工事を請け負った会社社長(52)。

 容疑では、オ社は、事故機の駆動機が載った鉄製架台を固定するボルト6本のうち2本が折れていたため、一昨年9月22日、架台の4カ所に金具を溶接する補強工事を実施。だが、5人は必要な溶接施工要領を指示しなかったり、工事内容の説明を求めないまま施工したりして、強度が不十分な溶接をした。検査でも強度不足を見逃し、昨年5月9日の事故を起こしたとしている。

 設計課長は、設計図の略図や金具を担当者に送っただけで「現場で判断して(工事を)やってくれるだろうと考えた」と話しているという。県警によると、溶接が不十分だったため、エスカレーターが動くうちに金具などが外れて駆動機が元の位置からずれ、エスカレーターが止まった。日本オーチス・エレベータは「書類送検を真摯(しんし)に受け止め、エスカレーターの安全と安心に最優先に取り組む」とコメントしている。

    ◇

 名古屋市交通局は「今後も安心安全なサービスの提供に努力する」とコメント。市は昨年12月までに負傷した14人との示談を終え、オ社に対しては「まだ白紙だが、損害賠償請求も検討課題」としている。

イメージ 3

         ネット新聞。「夕刊ですよー」クリック

イメージ 7


イメージ 2

                    http://img.tenki-yoho.com/m_map.gif



過去の記事全一覧('05年12月〜)です過去記事を参照されたいときご利用ください。クリック
このページのホストサイトはこちらです。創作などを掲載しています,お寄り下さい。クリック
                 http://assets.espn.go.com/photo/2007/0115/tmq_porkypig_195.jpg

この記事に

閉じる コメント(10)

アバター

言われて見れば・・・・オースチー社という名は今始めて知りましたね。
マスコミは知っててあえて言わないんでしょうかね〜
それは変ですよね〜

2008/5/10(土) 午前 9:22 レイ 返信する

顔アイコン

エスかレターといえばこちらでもよく事故で人が倒れてるの見かけた事何回かありますまさに↑の画像のようなじょうきょううちのアパートは今エレベーター修理で数ヶ月かかるとか・・叉使用できなくなりガ〜〜ンときてます

2008/5/10(土) 午後 0:10 maririn7ny 返信する

顔アイコン

★レイさん、マスコミの報道には、明確な意図があります。
シンドラー社の事故の時は、東京都の区の責任を隠すために、ことさらシンドラー社をバッシングしました。結果は実に完全に、所有者である区の責任はうやむやになりました。もっともシンドラー社も同様責任はありませんでした。
今回は明らかに所有者である市の責任はなさそうだから、メーカーをバッシングしてもいいところです。
しかし日立、三菱に比べるとオーチスはシェアが低い国産メーカーであるのと。松下産業(最近はパナソニック)の系列会社です。スポンサーの機嫌まで損ねてメーカー名をだすことはマスコミはしません。
この事故で原因究明はどうなることやら。

2008/5/10(土) 午後 3:01 hotcreationjp 返信する

顔アイコン

★マリリンさん、どうぞどうぞ、構いませんよ。
マリリンさんのお母さまに素敵なプレゼントがされるといいですね。
アメリカ交流板でも、エレベーターで閉じ込められた、というスレッドをよく目にします。信じられないようなガタガタのエレベーターがいまでも稼動しているようです。
良い週末を!

2008/5/10(土) 午後 3:07 hotcreationjp 返信する

顔アイコン

メンテナンスはメーカー系列では無く、市営地下鉄系列の保守会社です。ちゃんと調べてから書かれたほうがいいと思います。シンドラーの時もそうですが、製造会社名はマスコミに取り上げられ、バッシングの対象になりますが、保守会社にいたってはなかなか名前が明かされません。設置から19年間保守をどこの会社がどのように行ってきたのかに論点が行かないことが残念です。 削除

2008/5/10(土) 午後 3:29 [ z ] 返信する

顔アイコン

★ご指摘ありがとうございます。早速訂正します。
シンドラーの時は保守会社が二転していました。また死亡じこということもあり明確になっていました。
ご指摘感謝します。

2008/5/10(土) 午後 3:36 hotcreationjp 返信する

顔アイコン

同じ事故が東京ビッグサイトで起こってしまいましたね。残念です。というか怖いです。 削除

2008/8/3(日) 午後 0:30 [ mc ] 返信する

顔アイコン

★mcさん、怖いですね。
ここの事故は何らかの原因で停止したあと。自重で逆流を始めました。
その後、下へ逃げようとした人がいたのかもしれません。下部分で怪我が発生しているところから、人に押されて転倒した可能性があります。
エスカレーターの設置基準を変更して、停止したとき、完全停止する機能にしないといけないかも。
先日私もエスカレーターに乗っていて停止しました。でも乗客はそのまま歩いて昇って行きました。自重で下がり始めると、乗客は怖がります。
ですので完全にストップする機能にすればパニックはなくなるかも。
現在の機器は、停止すると自重でゆっくり下がります。これが問題かも。
いずれも調査結果を見ないと何もいえません。

2008/8/3(日) 午後 2:08 hotcreationjp 返信する

顔アイコン

★ただし今回の事故もオーチス製のエレベーターでした。
60人が横倒しになったのですが、通常、人が押した程度では60人も倒れませんね。
可能性として名古屋の事故と類似性があるかも。
名古屋のエスカレーターでは16ミリのボルトを使っていて、他社は21ミリでした。もし同事故で更に16ミリボルトだったら監督官庁も責任が発生しますね。

2008/8/3(日) 午後 11:49 hotcreationjp 返信する

顔アイコン

どちらに しても保守料金をケチって 安い 保守会社に任せてるんではないでしょうか? メーカー傘下の直系保守会社だと ココまでいくとは 考えづらいかと・・・自動機械を 入札制で構造も理解できていない料金が安いほうを 選択した結果がシンドラー事件ですからね。。。おまけに エス エレ 保守会社の社員って 睡眠時間が 十分に取れないほど仕事してるのも 一要因と思いますね

2016/2/1(月) 午後 11:32 [ ・.:゚。┣\('ロ´\) ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事