マコトのフォト日記

ようこそ私のページへ。「過去の記事全一覧」はページの最下段クリックで閲覧できます。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 4

アメリカ交流板のルイーズさんは、カナダにお住まいです。カナダはやっと春を迎えたばかり。ですのでチューリップの開花も日本より遅れます。

イメージ 7

植えてあったチューリップが開花しました。カナダの皆さんは長い厳しい冬の終わりを、花々の開花で感じられるのでしょう。

イメージ 5

日差しのなかで四角いお花畑を耕されました。ある意味楽しい時間でしょうね。

イメージ 8

チューリップは群れで咲いても綺麗ですし、1本咲きでも見ごたえがあります。

イメージ 6

カナダではつい半月前まで、緯度がたかいので雪が見られていました。

イメージ 9

花畑ではパンジーも咲き始めていました。

イメージ 10

ルイーズさん、畑仕事でお疲れさまでした。

イメージ 2

以上、まだ春浅いカナダからのお便りでした。

イメージ 1

テレビ番組批評:フジテレビ月9ドラマ「チャンジ」


「チェンジ」番組予告編

テレビ番組評「チェンジ」主演:木村拓也

「チェンジ」は今夜が2回目の放送でした。フジテレビの社風がモロに番組化されたドラマで、「現在の自民党の凋落現象を何とかてこ入れしたい」という、うがった見方はさておいて内容をチェックしてみたいと思います。

ただ、1作目の「旧来のドラマ作り」の傾向を、2作目も一層際立たたせていました。キムタク新人議員を庶民感覚にしようとする製作意図が、逆にドラマそのものを「低レベル」に仕上げてしまった感はぬぐえません。

キムタクを取り巻く(自民党)長老議員のステレオタイプした面々に、低レベル仕立ての演出は首をかしげたくなります。

私の感じでは、早々に番組てこ入れが必要とされるような、危ないドラマでした。ドラマ作りにヨコシマな意図(政治的意図)を込めると、かくも無残なドラマになってしまうかと、沈痛な思いにかられました。1分間の黙祷。

具体的には脚本の貧弱さを指摘します。過去の政治的、あるいは選挙戦術的なネタをいくら羅列したところで、ドラマに感動は生れるはずもありません。
もともと与党には、感動が発生する要素は少ないでしょうが、そこは脚本家の腕の見せどころでしょう。
例えば泉谷しげるがキムタクに相談する内容でも、せっかくキムタクの人柄をアピールするチャンスであるにもかかわらず、一般視聴者さえ「いらいらする」ような相談ないようでは、番組が盛り上がるはずもありません。
1回目の放映では、逆転勝利の場面で感動を与えてくれました。しかし2回目では、感動を感じる場面はどこにもなかった。これで3回目を見たい気持ちになるかどうかは微妙。
同番組のフジテレビプロジューサーは製作意図をこのように述べています。
「若い人に政治に関心をもってもらいたかった…。」と。なんとおせっかいな製作意図でしょうか。
私たちが政治に感心を持つか持たないかは、こちらサイド(視聴者サイド)のことです。確かに私たちが知らない政治的な感動的な「政治要素」があり、それを知ることによって政治に親近感をもつことは考えられます。
しかし現実は、私たち視聴者はテレビニュースなどを通じて、「政治の裏側」を知りつつあります。具体的には、「道路予算で健康器具が購入されていた」という事実を知りました。
「チェンジ」の第1回、2回が提示しようとした政治的事実は、何も新しいものではありません。
今までの放映を見る限り、担当プロジューサーの述べた製作意図とは、結局こう集約できるのではありませんか。
すなわち、「若い人に自民党政治に関心をもってもらいたかった…。」ではありませんか。
そうでないか、そうであるかは、今後の3回以降の放映で視聴者が判断するでしょう。
ドラマはいろんな要素で盛り上がりを見せる場合もあります。私の一面的な切り口が全てではありません。今後の展開を注意深く見守っていきたいと思います。

テレビ番組評「CHANGE第1回から最終回までの目次」クリック

イメージ 1

イメージ 3

         ネット新聞。「夕刊ですよー」クリック

イメージ 11

日本の少数民族を認めさせる会

↓私の時事記事

○混迷する日本のオリンピック水着問題。 クリック
○ニンポスさん記事 クリック
○タバコ自販機 タスポの混乱。 クリック
○三浦和義を殺人罪と共謀罪容疑で逮捕。クリック
○救急医療 たらい回しの問題点。 クリック
○F1グランプリ2008全戦速報、結果。クリック
○熱気球冒険家、神田道夫さんの捜索近況。クリック
○東芝 HD−DVD撤退へ BD勝利。政府の無策が招いた消費者無視。「青木が原」戦争の結末クリック
○青色街路灯、問題と疑問がいっぱい。クリック
○日本の捕鯨問題。クリック
○原油価格の上昇は何だったのか!クリック
イメージ 2

                    http://img.tenki-yoho.com/m_map.gif



過去の記事全一覧('05年12月〜)です過去記事を参照されたいときご利用ください。クリック
このページのホストサイトはこちらです。創作などを掲載しています,お寄り下さい。クリック
                 http://assets.espn.go.com/photo/2007/0115/tmq_porkypig_195.jpg

閉じる コメント(6)

アバター

私も北海道育ちなので、春は本当に待ち遠しいのが良く解ります。
土が少しずつ見えてきたときの嬉しさは、今でも思い出しますよ!!
チューリップはそんな北国にはよく似合いますよね(^^♪

2008/5/20(火) 午前 9:08 レイ 返信する

顔アイコン

★レイさん、そうそう北海道とカナダは似ていますね。
私の地方ですら春の到来が嬉しいくらいですから、北の国ではなお更でしょうね。冬が厳しいだけに春は特別な意味があるのでしょう。
私にとってはネットでそういった緯度の違う地方の印象が理解できるのも、楽しさのうちの一つです。

2008/5/20(火) 午前 9:24 hotcreationjp 返信する

チューリップを見ているだけで幸せな気持ちになれますね♪
「チェンジ」は深読みし過ぎないで単なる娯楽ドラマとして見ればまあまあでは・・・(笑)

2008/5/20(火) 午後 10:16 ぴあ 返信する

顔アイコン

★ローズさん、どちらかというと単調な部類の花ですが、こういった環境でチューリップをみると、本当に綺麗ですね。
「チェンジ」は必死で、単なる娯楽としてみようと務めています。ですから2回とも見てしまっています。
私が何回まで見るか、自分で興味のあるところです。

2008/5/20(火) 午後 11:57 hotcreationjp 返信する

顔アイコン

素敵♪こちらはまた冷え込んでいますのでお花も開花できなくて我慢してるみたい♪この時期はハーブもよいですね

2008/5/23(金) 午後 3:53 maririn7ny 返信する

顔アイコン

★マリリンさん、お花をみると気持ちが落ち着きます。
ハーブの香りも気持ちが癒されます。
もうすっかり初夏の陽気になっています。

2008/5/23(金) 午後 4:31 hotcreationjp 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事