マコトのフォト日記

ようこそ私のページへ。「過去の記事全一覧」はページの最下段クリックで閲覧できます。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

裁判員制度その問題点

イメージ 4

元総理の小泉氏↓。数の論理で充分な審理もせず国会を通過させ、実施段階でもめるパターン。「裁判員制度」もその代表例でしょう。

イメージ 7

導入が予定されている裁判員制度。でも全ての裁判に適用されるわけではありません。死刑、無期懲役、などの重大刑事事件だけです。

平成17年の全国の地方裁判所で受理した概数11万件強のうち、裁判員制度が施行されていれば対象となり得た事件の数は3600件程で、割合は3.2%に過ぎません。

イメージ 6

全裁判のたった3.2%で?。しかも死刑か無期懲役かを決める重大事件だけに?。それは何故?

現在の裁判員制度を決めた当時の審議会には、3つの勢力が主張を述べたといわれます。

 \鐐阿瞭本の陪審制を復活させたい勢力。

◆仝明党などに根強い死刑廃止論勢力。

 陪審制絶対反対勢力。

この3者が激論の末の妥協の結果、陪審制以外のやり方で、死刑が覆せる可能性を残し、司法への国民参加を導入する、という妥協の産物が出来たわけです。

イメージ 8

そして小泉元総理のお得意のスピード審議(衆議院3週間、参議院1週間)で決まってしまいました。

イメージ 5

そして死刑か、無期か、はたまた無罪か、を決める裁判で、素人の6人が「俺は死刑がいいと思う」、「私は無罪がいいと思うけど…。」、「いや無期だろう。」とやりあうことに何の意味があると言うのでしょうか。しかも9人での多数決で決まるのですから、とんでもない判決が出される事もあるでしょう。

イメージ 11

被害者の遺族にとっても、裁判官の判決だと思うから、意に即しない判決でも仕方がないと諦めるけど。普通の人が個人的持論で協議した判決に、納得できるとは到底思われません。

イメージ 10

裁判員制度の模擬練習。また同制度を推進する政党の選挙マニフェストクリック

しかも裁判員の負担を軽減するため「数日」の集中審理で片付けるというのです。

何人も殺人を犯した犯人の裁判でも、犯人にとって運良く裁判員に選ばれた多くが、死刑廃止論者であったら、超ラッキーな結果になるでしょう。

逆に「人をあやめたら死刑は当然」という意見の裁判員が多数を占めてしまったら、被告にとっては最悪でしょう。

イメージ 9

     法案審議で参議院で賛成の熱弁を振るう議員 HPクリック

今回の裁判員制度は、被告人の運命も、被害者の遺族の心情も、日本の司法の理念も、なにもかもが置き去りにして制度だけが導入されてしまいました。

2009年5月から、実際に導入されて始めて分かるでしょう。「この制度って何か意味があるの?」ということが。

そして死刑の決まった被告には、「あの人、運がわるかったわね」という国民の感想。それが実に虚しく響くことになるでしょう。

イメージ 13

          裁判員による裁判の流れ。 クリック
イメージ 14

ウキペディア「裁判員制度」 クリック

2009年4月28日裁判員制度延期の法案提出へ〜超党派議連クリック

イメージ 1

イメージ 3

         ネット新聞。「夕刊ですよー」クリック

イメージ 1

イメージ 12

ブッククロッシングのご紹介。写真は創始者のRon氏とかおりさん。

読み終わった本に、BCID番号を記入したステッカーを本に貼り、友達に渡したり、ベンチにおいてきたり、カフェに忘れてきたり。

本を手にした人が、本に書かれているBCID番号をBookCrossing.jpのウェブサイトで検索すると、どんな旅をしてきたかが分かります。現在位置や本の感想(ジャーナル)をウェブサイトで報告して、また本を世界に解き放つ。 そして、本は旅を続けていく…。

ブッククロッシングのHP クリック

イメージ 1

↓私の時事記事

○混迷する日本のオリンピック水着問題。 クリック
○ニンポスさん記事 クリック
○タバコ自販機 タスポの混乱。 クリック
○三浦和義を殺人罪と共謀罪容疑で逮捕。クリック
○救急医療 たらい回しの問題点。 クリック
○F1グランプリ2008全戦速報、結果。クリック
○熱気球冒険家、神田道夫さんの捜索近況。クリック
○東芝 HD−DVD撤退へ BD勝利。政府の無策が招いた消費者無視。「青木が原」戦争の結末クリック
○青色街路灯、問題と疑問がいっぱい。クリック
○日本の捕鯨問題。クリック
○原油価格の上昇は何だったのか!クリック
イメージ 2

                    http://img.tenki-yoho.com/m_map.gif



過去の記事全一覧('05年12月〜)です過去記事を参照されたいときご利用ください。クリック
このページのホストサイトはこちらです。創作などを掲載しています,お寄り下さい。クリック
                 http://assets.espn.go.com/photo/2007/0115/tmq_porkypig_195.jpg

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事