マコトのフォト日記

ようこそ私のページへ。「過去の記事全一覧」はページの最下段クリックで閲覧できます。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 4

私は「火山噴火は満月・新月に多く発生する」との仮説を発表します。

イメージ 5

火山噴火は「マントル物質が溶解したもの」が上昇し、地表内面にマグマ溜まりが形成されます。このような過程でマグマだまりのマグマは、様々な作用を受けて地表に噴出します。これが火山噴火です。

イメージ 6

さて、海水での満潮干潮は月の引力と太陽の引力から生れます。

海の両端に働く月の引力と遠心力です。遠心力は地球のどの地点でも同じです。しかし引力は月に近い側が大きく、その違いが潮汐を生んで、満潮干潮が生じます。

満潮干潮を起こす力を潮汐力といいますが、月による潮汐力を1とすると太陽のそれは0.45です。しかし満月新月は太陽と月が一直線上にくるので潮汐力は最大となります。

イメージ 7

さて潮汐力は海水以外にも、地球の表面とかマグマにも働いています。地球表面も満月新月のときは赤道では10センチほど膨らんでいます。しかし地表の岩盤は固いので、満月新月と地震の関係は特にありません。

しかしマグマ溜まりのマグマに働く潮汐力はマグマが流体であるので、海水よりは小さいですが岩盤よりは大きな変化が生じます。

イメージ 8

マグマ溜まりに働く潮汐力により、マグマの上方または下方への圧力は満月新月で最大となります。勿論噴火はいろんな条件の一致でおこりますので、必ず満月新月に噴火が起こることはありません。しかし潮汐力は噴火の大きな要素となりますので、結果として満月新月のときは火山噴火が起こり易くなります。

イメージ 9

尚、お断りしておきますが、満月新月で火山噴火が起こることがあると主張するもので、必ず起こるとの主張ではありません。またこの仮説は世間に騒動を起こさせる意図はまったくありません。またこの仮説での損害賠償とうの請求は一切応じられませんのでご承知置きください。

イメージ 2

以上私の火山噴火にかんする仮説でした。

イメージ 1

イメージ 1

    今日の詩
          新川和江   冬はあまりに…

   野原に萌え出す草のような
   やわらかな文字で
   てがみを書こう
   ことしはじめて咲く花のような
   微笑(ほほえみ)をうかべて
   あのひとと会おう
   冬はあまりに長すぎました
   鏡の中にも 木枯しが吹き荒れ
   雪が降り積みました
   かたくなに閉ざしたままの この心にも
   もういちど 
   春がめぐって来てくれるなら
   来てくれるなら

[作者ウキぺデ クリック]
過去の詩一覧

今日のパロディー

[[attached(,center)]]

「」

パロディー集クリック
イメージ 3

         ネット新聞。「夕刊ですよー」クリック

           http://jyoho.hokkaido-np.co.jp/ski-livecam/kokusai.jpg
              札幌国際スキー場
           http://www.shokoku-ji.or.jp/kinkakuji/webcam/fullsize.jpg
               金閣寺
           http://www.jigokudani-yaenkoen.co.jp/livecam/image/image01.gif
         地獄谷、猿の入浴ウエブカメラクリック
http://tv.eenet.ee/siga
エストニアの森ウェブカメラ。スタート押す
クリック

                     http://www.beachfm.co.jp/beachlivebb.asx
                     BGM:湘南FM
                   http://scr.j-wavemusic.com/meta/live.asxJ-WAVE FM
             
     ↑チャットですが、ヤフーからはアルファベット入力のみ可能です。
     日本語入力はこちらから。最大50文字→クリック。文は適時消去します。
イメージ 1

↓私の時事記事

○感動物語
  ホイ父子のトライアスロンへの挑戦。クリック
  ウイリアム・タンさんの車椅での挑戦。クリック
  インドネシアへ車椅子を贈る戸津さん。クリック
○ブッシュに靴を投げつけた事件その後。クリック
○アメリカ発金融危機での日本の今後を予想。クリック
○筝曲で作曲でも頑張る佐竹真生子ちゃん。クリック
○地球温暖化調査隊「キャットリン北極調査隊」クリック
○日本の捕鯨問題。クリック
○進めたい日本の地熱発電。クリック
○オーストラリアの「世界一素晴らしい仕事」特集。クリック


イメージ 2

                    http://img.tenki-yoho.com/m_map.gif


管理者メモ:一覧clk/ 基本フォーマットclk/
       http://swf.epiano.jp/bin/embed.php?mid=fygEWh5Wrxg
   プレイして10秒程で終了します。その後ご自由にピアノをお弾きください。
       http://strictlysudoku.com/externaldata/strictlysudoku.swf
★数独の中央のウインドーを「CLOSE」して、左上の「strictly sudoku.com」をクリックすると、「easy(初級), medium(中級), hard(上級), fiendish(難関)」が表示されますのでお好みをクリックしてゴー。
   http://www.yoasobitai.net/ranking/ranking_b/qpara8831.gif
過去の記事全一覧('05年12月〜)です過去記事を参照されたいときご利用ください。クリック
このページのホストサイトはこちらです。創作などを掲載しています,お寄り下さい。クリック
          http://petswf.bunnyherolabs.com/adopt/swf/penguin
            moreをクリックして餌をやってください。
                 http://assets.espn.go.com/photo/2007/0115/tmq_porkypig_195.jpg
2. FINA requirements for swimwear approval (valid from January 1, 2010) 

a. SWIMWEAR SUBJECT TO APPROVAL: Any swimwear used in FINA competitions and Olympic Games shall comply with these new rules and shall be a model approved by FINA in accordance with these new procedures. It is further clarified that results achieved in other competitions may only be recognised as world records by FINA if approved swimwear has been used. 

b. PERMEABILITY: In addition to the thickness and buoyancy scientific independent tests already included in the previous requirements, FINA will define the use of non-permeable materials based on a ‘permeability value’ test. The non-permeable material can only be used for a maximum 50% of the total surface of the swimsuit for full-body models. For these models, the maximum surface of non-permeable material to be used on the upper and lower part of the swimsuit shall be respectively 25% on each part. Non-permeable material shall be distinguishable. 

c. SUBMISSION DATES: The first submission deadline under these rules is November 1, 2009, followed by a submission on August 1 every year (example: August 1, 2010; August 1, 2011). Submission to approval 12 months in advance of the forthcoming FINA World Championships or Olympic Games. Moreover, the approved model shall be available on the market at least 6 months prior to the forthcoming FINA World Championships or Olympic Games. 

d. LIST OF APPROVED MODELS: FINA will publish a list of approved models. The publication is without prejudice to the fact that criteria and conditions of approval must be effectively met by products in use. 

e. APPLICATION: These new rules are applicable from October 1, 2009. They are applied to swimwear to be used in competition from January 1, 2010. Further amendments, if necessary, shall be issued by the FINA Bureau. 

3. FINA Monitoring Programme on swimwear

FINA will continue monitoring the evolution of the sports equipment and watch innovations in shape, material and other elements which may need to be addressed. 

FINA will consult with its National Federations, its Athletes, Coaches and Legal Commissions, Swimming Committee and manufacturers on any further developments in this respect. 

FINA will consolidate the independent scientific support from Jan-Anders Manson and his team, from the Swiss Federal Institute of Technology (EPFL) and Laboratory of Polymer and Composite Technology.

2. スウィムウエア承認(2010年1月1日から有効)用のFINA必要条件a. SWIMWEAR SUBJECT TO APPROVAL:FINA競技およびオリンピック大会の中で使用されるどんなスウィムウエアも、これらの新しい規則に従うものとし、これらの新しい手続きに従ってFINAによって承認されたモデルであるものとします。良いとされたスウィムウエアが使用されている場合、他の競技で達成された結果がFINAによって世界記録と認められるかもしれないだけのことがさらに明確にされます。b. PERMEABILITY:科学的な独立したテストが前の必要条件に既に含んでいた厚さおよび浮力に加えて、FINAは、「浸透性価値」テストに基づいた非浸透性の材料の使用を定義するでしょう。非浸透性の資料は、単に、十分な身体のモデル用の水着の表面の合計の最大50%で使用することができます。これらのモデルについては、水着の上部で、より低い側では使用される非浸透性の資料の最大の表面は、各部分上にそれぞれ25%であるものとします。非浸透性の資料は識別可能であるものとします。c. SUBMISSION DATES:これらの規則の下の最初のサブミッション・デッドラインは、8月1日に毎年(例: 2010年8月1日; 2011年8月1日)サブミッションを後に続けて、2009年11月1日です。次回のFINA世界選手権大会あるいはオリンピック大会の12か月より進んだ承認へのサブミッション。さらに、良いとされたモデルは、次回のFINA世界選手権大会あるいはオリンピック大会の少なくとも6か月前に市場に出て入手可能であるものとします。d. LIST OF APPROVED MODELS:FINAは、良いとされたモデルのリストを公表するでしょう。その出版は、使用で製品によって有効に承認の基準および条件を満たさなければならないという事実を失うことなくあります。e. APPLICATION:これらの新しい規則は2009年10月1日から適用可能です。それらは、2010年1月1日からの競技の中で使用されるスウィムウエアに適用されます。さらなる修正は、必要な場合、FINA事務局によって出されるものとします。3. スウィムウエアに関するフィナ・モニタリング・プログラムFINAは、スポーツ用品の発展をモニターし続け、取り組まれる必要があるかもしれない形、資料および他の要素の中の革新を見るでしょう。FINAは、それ以上の開発の委員会およびメーカーをこの点で泳がせて、その国立連合、そのスポ�[ツ選手、コーチおよび法的な委任と相談するでしょう。FINAは、ポリマーおよび合成技術のスイス工科大学(EPFL)および研究所から、ジャン=アンダーズ・マンソンおよび彼のチームからの独立した科学的な支援を統合するでしょう。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事