京の【佐野家&若みや】日記

さぁ!GWは明けました。春の修学旅行シーズン到来です。

全体表示

[ リスト ]

 
毎年、4月末の日曜日になると地元のお祭りがございます。
伏見稲荷大社の氏子の地域にある御旅所に御神輿が担ぎ込まれるというお祭りです。
毎年、大人達が担ぐ御神輿と子供達が担ぐ小さな御神輿と両方、
元気よく勇ましい掛け声とともに、京都駅周辺を練り歩き、御旅所まで担がれます。
その途中、休憩所として当館に立ち寄られます。
 
だんだん、小さな掛け声から大きな掛け声に変わってくると、
もうすぐ休憩に来られるんだと、忙しなくお酒や麦酒、ジュース、お菓子の準備を整えます。
 
 
イメージ 1イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今年は、何故かいつも以上に大人数でお越しになられました。
毎年、日本の国を象徴しているかのように高齢の方々で御神輿を担がれておられましたが、
今年は、一転、日に焼けた筋肉隆々の勇ましい若人が沢山、神輿を担いでおられました。
とても良い事です。
 
休憩所もいつも以上に、麦酒やジュースやお菓子が出て、想定していた量よりも多く振舞わせて頂きました。
ちょっと、例年にない盛況ぶりでビックリしましたが、我社の商売もこのように活況になればと祈りながら、
皆さまの労をねぎらってお世話しておりました。
 
一見、強面のやんちゃそうな方々も口々に丁寧にお礼を仰って出発されており、
やはりこういう地域の行事が人を育てるのだと地域行事の大切さを実感させられました。
 
挨拶ひとつできない若者が多い現代においては、とても有効な教育現場となるのではないでしょうか。
と偉そうにも年寄りじみた事を考えてみたりもしました。
 
稲荷祭に携われた皆さまのご健康とご多幸をお祈り致しております。
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事