京の【佐野家&若みや】日記

さぁ!GWは明けました。春の修学旅行シーズン到来です。

若だんな日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全14ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

消防訓練

 
全国的に被害をもたらした台風15号が去った後、
残暑厳しい日々から一転、京都市内は、急激に肌寒くなりました。
秋の京都を感じさせられる気候となっております。
 
春から夏になった時も、急激に気候が変化して戸惑ったのですが、
夏から秋に変る時も急激という面では全く同様です。
体調管理の面で気温の変化に対応できず(年のせい?)季節の変化を楽しむ事もできず、
年々、全く心の準備という猶予を与えてもらう事すら厳しくなってきております。
 
温暖化のせい???
 
さて、異常な気候が続く事による防災もさることながら、基本的な防災訓練といえば
 
そう!消防訓練です。
 
本日の爽やかな天候の中、旅館若みやでは、年1回ですが消防署員数名立会いのもと
消防訓練を実施いたしました。常日頃から自主訓練をしている成果を消防隊員に見てもらい、
評価して頂くということで、訓練始まる前から、大変な緊張感が漂います。
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
火災の発生した場所を秘密にしたまま、火災報知器が作動し
けたたましいベルの音とともに訓練が開始されます。
 
初期消火から、通報、非難誘導、消防隊員への報告まで通して、
厳しい監視の目のもと全ての非難訓練を行います。
 
訓練の実地を終えて、講評のタイムとなります。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
結果として、合格点を頂く事ができましたが、
まずは、火災が起こらないように日頃から安全という面で
気持ち新たに引き締めて、予防していかなければならないと思いました。
そういった意味で、大変緊張感のある有意義な訓練となりました。
 
 

湯豆腐といえば。

今日の京都は、嵐のような天気ですね。。。
暑さは少し和らいで過し易い気候なのですが、
雨天はやはり気分的に晴れない感じが致します。

自転車で京都市内を散策できる爽やかな
気持ちよい天候が待ち遠しい今日この頃です。

ところで、先日JTB九州の社員研修が京都でございました。
北は福岡から南は鹿児島までのJTB各支店の社員さんが1名ずつ集合されました。
研修の主な目的は、旬の日本というJTBグループ各社が
日本を、国内旅行を活性化させようと取り組んでおられる
プロジェクトの一環で、その中の関西エリアに的を絞った「旬の関西」
プロジェクト研修という事で関西にお越しになられました。

つまり関西地区の誘致の為に、京都をはじめ関西エリアを視察し
見識を深め地元のお客様へのご案内に役立てると同時に、
関西エリアを販売促進していこうという内容でございました。

私はJTBと協定している旅館連盟の一つの委員会に所属しており、
その委員会の役割として此度のJTB社員研修の懇親会の部において
社員さんのお世話、お手伝いをするという事で研修に参加致しました。

場所は、京都で湯豆腐料理といえば・・・・。

そぅ。

南禅寺の順正です。

私は京都に住んでおいて恥ずかしながら今だ一度も
利用した事がなく、初めてお店に行くという事で
お世話しなければならないという役割がありながらも
楽しみに研修に参加致しました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

南禅寺エリアという京都らしいエリアで
日本庭園を眺めながら湯豆腐料理を食べるという
如何にも京都という雰囲気のもと研修が行われました。

やはり日本人の心の奥底には、無意識レベルで
日本庭園と畳の和室という雰囲気に囲まれると
気分が和やかになるのでしょうか。

終始和やかな雰囲気の中、旅館の方々とJTB社員の方々と
情報交換や懇親を深める事ができたのではないかと思います。

やっぱり京都はいいもんですなぁ。(*´∀`)

龍馬伝コース♪

先日、近旅連教育旅行京都地区会主催の研修旅行がございました。
近旅連教育旅行部会とは、近畿日本ツーリストと提携して
教育旅行を受け入れしている旅館の集まりの事を指します。

昨年の同時期のブログにも書いていたかと思いますが、
毎年、4月入ってすぐの桜のシーズンにこの研修会は開催されます。
目的は、旅館の新入社員向けの研修という事です。

昨年は、伏見・醍醐エリアを散策、その前は源氏物語をテーマに宇治エリア、
その前は、京都市内の桜スポット散策、その前は大阪エリア散策など、
毎年、コースを工夫して作成されており見所が沢山あります。

今年は、京都観光ガイドのスペシャリストで
京都の書店で必ず見かける小さな本の京都観光ガイドの
「らくたび文庫」を出版されている

らくたび さん
の代表である山村氏ガイドの下、
現在NHK大河ドラマで放映されている【龍馬伝】の縁の地をテーマに
コースを作成して頂き、散策させて頂きました。

東山エリアの霊山護国神社からスタートし

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

霊山歴史館(幕末の情報が目一杯あり幕末マニアには、たまらないそうです。)
伏見エリアに場所を移動し、
龍馬の定宿で有名な寺田屋(実際の場所は庭側にあったそうです。現在も宿泊できるそうです。)
寺田屋さんの入り口に私たちと同じ京都観光旅館連盟の看板が掲げてあった事には驚きました。

イメージ 4

イメージ 5

寺田屋周辺の龍馬通商店街・長建寺・酒蔵など伏見エリアを散策しました。

次に場所は京都市中心街、三条河原町、木屋町に移し
池田屋、酢屋(昔と変わらず材木のご商売をされている歴史あるお店)
土佐藩邸跡、土佐稲荷神社、近江屋(龍馬が暗殺された地)など
詳しいガイド付きで繁華街を団体で散策致しました。

山村氏の細かいガイドには、「へぇ。そうなんや。」など
口々に皆が呟いていたのが印象的でした。

例えば、龍馬が暗殺された近江屋の跡地には、
現在サークルKが立っており、日本全国のサークルKの店舗の中でも
龍馬グッズを高らかに販売しているのは、この店舗だけ・・・。
当時、暗殺される前に龍馬が、万が一に備え逃走経路を確保していた
可能性がとても高い近江屋の裏地など見せてもらったり、
とても普通では聞く事のできないガイド内容にとても楽しませてもらいました。

このらくたびさんのスタッフによる京都観光コースは
この春の時期も定期的に実施されているようですので、
是非、一度予約をしてお楽しみ頂ければご満足頂けると思います。

詳細は、↓


京都さんぽ

見事!桜満開♪

昨日は久しぶりに清々しい穏やかな天気でした。
これぞ春!というようなお出かけ日和、行楽日和の一日でした。

仕事柄、行楽シーズンの一番忙しい時期だったのですが、
家族でゆっくりと京都府立植物園に行ってきました。
この植物園は私の家の近くにあるのですが、
思い出すに小学校の写生大会以来、
一度も足を踏み入れてませんでした。

懐かしい気持ちと清々しい気持ちと家族ほのぼのと
なんとも穏やかな気分で園内を散策していたところ
なんとも立派な桜の木々が広がっているではありませんか(*゚ロ゚)!!

イメージ 1

イメージ 2

↑満開!!!って感じでしょ。
約70品種で500本の桜が咲き乱れておりました。
なかなか見ごたえのある桜でした。

晴天の綺麗な青空と桜色がマッチした
とても綺麗な写真を撮ることができましたので
皆さんへお裾分け致します♪

こんな見事な桜のライトアップも期間限定で
開催されているそうです。必見だと思います。

場所   京都府立植物園(園内桜林内ライトアップ会場 )
日時   2010/4/2(金)〜4/11(日)
照明時間 日没〜21:00(入園は20:00まで)
交通   京都市営地下鉄烏丸線 北山駅徒歩1分
HP   http://www.pref.kyoto.jp/plant/

期間があまりありませんが機会があれば是非。

宿フェア初日♪

本日、京都初のホテル・旅館フェアの初日が無事に終了。

初めてのイベントという事で、どんな風に1日が流れるか
大きなお世話ながらも少々不安だったのですが、
トラブルもなく何とか無事に進行する事ができたのではないでしょうか。
約1000人強の集客ができ賑やかなフェアになりました。

開会セレモニーでは京都府知事のご挨拶や京都市長の基調講演など
少し堅めの開会式だったと思いますが、ほぼ満席だったように思います。

イメージ 1

↑この席がほとんど埋まったそうです。

イメージ 2

↑旅館のゆるキャラマスコットのわれ等が【とま朗君】も大活躍。
 知事がブースに近づいてきたら、思わず一緒に写真を…とお願いしました。

イメージ 3

↑私の担当である観光資料ブースにもお立ち寄り頂きました。
 京都府全域網羅していて良かった…。(*´Д`)=3ホッ

それにしても今日一日、私は立ちっぱなしでのお手伝いだったので、
情けなくも足がパンパンなってしまい正に足が棒のようでした。

明日は、里見さんをはじめとする著名人の講演があり
本日よりもフォーマル色が薄れて楽しさが増す事だと思います。
それゆえ今日よりも沢山のお客様がこられると予想されます。

明日は朝から晩までの長丁場となりますが
棒のような足を引きずりながら晩張りますヽ(^O^)ノ

全14ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事