全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

Peg / Steely Dan

ねえペギー、デビューしたんだね

No.334

 バリバリのロック少年だった中学高校時代、なぜかスティーリー・ダンの曲に興味を持ちました。アルバムThe Royal Scamの中の曲(Kid Charlemagne「キッド・シャルメーン」、The Fez「トルコ帽もないのに」、The Caves of Altamira「アルタミラの洞窟」)が気に入って、ラジオでエアチェックして録音したテープを繰り返し聞いていました。この「ペグ」が収録されたアルバムAja(77年発表)も同様、気に入った曲が何曲もあり、聞いたんです。おそらく、大人になるとこんな曲を聴くんだろうな、という、少年が背伸びしたような感覚、だったんじゃないかなと推測しています。耳に残るドナルド・フェイゲンの声とともに、印象深いギターソロにも魅かれたんだと思います。
 さてこの曲、その印象深いギターソロは、ジェイ・グレイドン。前作のKid Charlemagneはラリー・カールトンでしたが、今回もカッコいいソロを弾くミュージシャンを起用。もちろん、当時は彼のことは知らなかったんですが、良いセッションプレーヤーを連れてくるのも才能の一つだと思います。(ジョージ・ハリスンが、クラプトンやビリー・プレストンを連れてきたのにも通じるんですよね)
 しばらくしてから知ったんですが、ラリー・カールトンの代表曲Room 335は、このPegのピアノの弾き方(ピアノの場合、リフ、とは言わないんでしょうが)、コード進行をモチーフにして作られたそうなんですね。言われてみると確かに同じピアノのバッキングです。

 さて歌詞の方ですが、解釈方法が三通りありそうですね。
 一つは、昔の彼女だったペグ(ペギー)が映画デビューしたことをうけて、嬉しさと懐かしさが混ざった感情を見せている僕、という解釈。これが一番自然な見方でしょうね。私もこれだと思って、訳詞しています。

 二つ目は、そのデビューしたのが、あれあれヌードグラビアだぞ、というもの。(*2)のblueprint blueは、直訳すれば「青写真」だけど、考えようによってはblue film、すなわちヌードグラビア、ともとれます。(*1)でIt's like a dream come true(夢が叶ったようなもの)って言っているんで、眉唾もののデビューなのかも、と推測できるからです。

 三つ目は、Peg Entwistleという実在の女優さんをイメージした、と言う解釈。彼女は、デビューした後、精神的な悩みを抱え、撮影所で自殺を図ったそうです。(*4)で、映画の世界と現実の世界に悩む姿を表している、ととれます。

 どれが正解、というのではないでしょう。いくつにでも解釈が出来るところが歌詞の面白良い所でもあります。

 さて、映像ですが、2006年のもの。ギターソロはオリジナルとちょっと違います。
http://www.youtube.com/watch?v=7ETwkwOMJ6A

そんなライブでのソロの違いをまとめたものがyoutubeにありました。

http://www.youtube.com/watch?v=eUMVC7ezVF8


//////////////////
ねえペギー、デビューしたんだね

君の写真を見たよ、
写真の上に、君の名前が光ってたね。
君もついにデビューしたんだね。
夢がかなった、と言っていいかな。(*1)
カメラに向かって微笑む姿、
みんな君のこと好きになると思うよ。

君のピンナップも気に入ったよ。
君の手紙と一緒に取っておくよ。
君の青写真(blueprint blue)に通りだね。(*2)
君、良い表情しているよ。
カメラに向かって微笑んでごらんよ。
君のこともっと好きになりそうだよ。

ペギー、君も思い出すことになるよ。(*3)
ペギー、君だって忘れられないはずさ。
シャッターが降り、
3Dの世界(現実の世界)にいるとわかるのさ。(*4)
それって君のお気に入りの外国映画みたいだよね。

<注釈>
*1,2,4については本文記事参照

*3 It will come back to you
 これがどんな意味を持っているのか、難しい所。
 come back to は文字通りなら「〜へもどってくる」。よって、「それが君に戻ってくることになるよ」というのが基本的な意味。私は、it=歌詞の中の「私」が昔君と付き合っていた頃のことを思い出したんだけど、同じことを君を思い出すはずさ、と解釈して訳しました。そのスタンザでのitはみな同じ内容。表面的なグラビアの世界でなく、3Dのような立体の、つまり現実の世界に戻ると、普通の恋をしてきたことに気付き、外国映画にそんなのあったよね、というわけ。
 また、ヌードグラビア、と考えた場合、そんな世界にいて、現実に戻ったら辛くなるんじゃない、その現実は君に跳ね返ってくるよ(come back to)、という風にもとれます。

Translated by hotel_zhuatanejo

閉じる コメント(6)

顔アイコン

pegは、ajaの中でも、好きな曲です!
ありがとうございます。。

2010/9/1(水) 午後 9:18 くっすん 返信する

顔アイコン

くっすんさん、
私もAjaの中ではこの曲が一番好きです。タイトル曲も好きですよ。

2010/9/1(水) 午後 9:23 hotel_zihuatanejo 返信する

顔アイコン

おばんです ジェイグレイドンのギターがウジャウジャいってる曲ですねえ。
確かにRoom335ですね。 どちらも名曲なんでだれもパクリだとは
言いませんね。 読んでるうちにはて、It will come back to you
ってのは、、と思ってたら歌詞のあとに考証がありましたね。
自分はやはり、あとで自分に返ってくるよ、その時はお金もらえて
いっぺんで名前が拡がるけど、あとでしっぺ返しがあるよ、、って
意味なんじゃないかと、、、
アメリカにはこんな歌が多いですね、、J.Giles Band にもそんな意味
の歌がありまして、、なんとかshot って曲。

2010/9/1(水) 午後 9:42 だい 返信する

顔アイコン

だいさん、
そうですね。この歌詞の解釈を論議した英語のサイトがあったんですが、私の記事の中の2番目のもの(ヌードグラビア)の声が多いんですよね。フェイゲンは結構その手の歌詞はお得意なので、きっとそうなんでしょうね。そうなると、サビの部分はだいさんのおっしゃる通りになるんですね。迷って、結局「穏やかな」方にしたんですが。
やっぱり「ヌードグラビア」かなあ、、、。記事変えようかなあ、、、。
Jガイルズは、Centerfoldじゃないですか?

2010/9/2(木) 午後 9:05 hotel_zihuatanejo 返信する

顔アイコン

この頃、パンクというものが発生してなかったら、きっとこの世界を突き進んでいたと思います。小洒落た感じが小気味いいサウンドでした。いろんな解釈ができるんですね。

2010/9/3(金) 午前 7:31 BBコシ 返信する

顔アイコン

コシさん
私の場合、パンクに向かわず、こっちやプログレ、ヒュージョンに進みました。もちろんロックが基本ですが。
いろんな解釈が出来る歌詞、大好きです。

2010/9/3(金) 午後 7:07 hotel_zihuatanejo 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事