全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

For Tomorrow / Blur

明日のために頑張るんだよ

No.460

 ブラーが若手ブリット・ポップの代表格と言われるようになったきっかけとなった曲。彼らのセカンドアルバム"Modern Life Is Rubbish"(93年発表)からのファースト・シングル。当時は、ヒップホップ全盛期。アメリカでは、ニルヴァーナのブレークを始めとした、グランジ・ムーブメント。それまでの伝統的なロックやポップが不遇の時代、とも言えます。ブラーはオアシスと並び、ビートルズ・テイスト満載の伝統的ブリット・ポップ系統を受け継いでいたバンドでしたね。この曲の歌詞の中で、

*5 London's so nice back in your seamless rhymes
「ロンドンは君の縫い目のない韻(ライム)の中で、とっても素敵なんだ」

と言う箇所がありますが、seamless rhymes(縫い目のない韻)とは、私が思うに、韻を踏むだけでメロディの起伏のないラップ音楽、およびグランジを蔑称しているんじゃないかな。ロンドンでも流行っているヒップホップとグランジを揶揄している、というわけ。「そんな音楽ばかりで、ロンドンって素敵」は、ブリット・ポップ真髄のアイロニーなんじゃないかと思うんです。そんな状況の中で、

*4 So we hold each other tightly, hold on for tomorrow
「だから僕たち、強く抱き合って、明日のために頑張るんだよ。」

明日=未来のために僕たち頑張る、という「ヒップホップやグランジには負けないぞ」宣言、なんだと私は思っています。

 いかがでしょうか。


//////////////////////
明日のために頑張るんだよ

彼は20世紀を生きる男の子。
手すりに手をかけている。(*1)
また嫌な気分にならないように、と、
未来のために頑張っているんだ。
ロンドンの氷は縫い目がない所から割れるんだよ。(*2)
彼は素敵な生活に向かって頑張っているんだよ。(*3)

だから僕たち、強く抱き合って、
明日のために頑張るんだよ。(*4)

さあ、歌おう!
明日のために頑張るんだよ。

彼女は20世紀を生きる女の子。
車のハンドルに手をかけている。
彼をまた嫌な気分にさせないように、と、
何か借りれるものはないかと様子を見ている。(*5)
ロンドンは君の縫い目のない韻(ライム)の中で、とっても素敵なんだ。(*6)
でも僕たち、ウエストウエイではぐれちゃったんだ。(*7)

だから僕たち、強く抱き合って、
明日のために頑張るんだよ。

さあ、歌おう!
明日のために頑張るんだよ。

また気分が悪くならないようにして、
明日のために頑張るんだよ。
彼女は20世紀を生きる女の子。
素敵な暮らしに向かって頑張ってるんだ。
だから僕たち、強く抱き合って、
明日のために頑張るんだよ。

さあ、歌おう!
明日のために頑張るんだよ。

ジムは車を止め、車から降りてきて、
エンペラーズ・ゲートにある家に行く。(*8)
ドアを開け、部屋に入り、
テレビをつける。
テレビを消し、お茶を入れ、
こう言うんだ、「現代生活なんてクズな生活さ」(*9)
明日のために頑張っているんだけどね。
それからスーザンが部屋に入ってくる。
彼女、素敵な笑みを浮かべるお高くとまった女性。
こう言うんだ、「プリムローズ・ヒルまでドライブしましょう。(*10)
風が強いけど、景色は最高よ。」って。
ロンドンの氷は君のつま先を凍らすよ。(*11)
みんなと同じさ、僕が思っているように。

明日のために頑張るんだよ。


<注釈>

*1 He's a twentieth century boy, with his hands on the rails
21世紀が近づいている中での20世紀少年なんですから、ロック好きの昔ながらの男の子、ってことでしょう。railsとは、手すりのこと。with A Bで「AをBにした状態で」つまり、両手を手すりの上に乗せて、の意味。テムズ川沿いの公園か歩道とか、アパートの階段とか、彼の身の回りにある手すりでしょうね。

*2 London ice cracks on a seamless line,
 「ロンドンの氷は縫い目のないラインの上で割れる」。縫い目というのは、ひび割れの前兆ということかな、そんな前兆なしに割れる、いきなり大変な困難に陥る、ということかな。ロンドンで暮らすのは大変だよ、と言う風に解釈しました。

*3 He's hanging on for dear life
hang on:ぶら下がるほど何とかしがみつく、頑張る

*4 本文記事参照

*5 Seeing what she can borrow
 彼女が借りられるものを見ている、つまり、苦しい生活なんで、借りられるならお金でも何でも借りよう、ということかな。

*6 本文記事参照

*7 But we're lost on the Westway
Westwayはロンドンにある道路の名称。be lost:道に迷っている

*8 Goes to a house in Emperor's Gate
Emperor's GateもLondonにある地名。若き日のジョン・レノンとシンシア・レノンが住んでいたアパートがあった場所。なんと、デーモンの両親が彼らと同じアパートに住んでいたそうです。1964年頃のこと。

*9 Say modern life it's rubbish
 このアルバムのタイトルModern Life is Rubbish(現代生活はゴミクズさ)がここに出てきます。

*10 and says let's take a drive to Primrose Hill
Primrose HillもLondon にある地名。

*11 London ice can freeze your toes
 「ロンドンの氷は君のつま先を凍らす可能性がある」*2と同様、ロンドンでの暮らしは大変だよ、という比喩かな。ロンドンで暮らすと、足が凍えるほどだ、っていうこと。

Translated by hotel_zihuatanejo

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事