カルト・ミュージック・コレクション

プログレ、ジャズ、現代音楽から歌謡曲まで。読め!聴け!(本家http://www.cultzone.net/)

ガールズ・ポップ

すべて表示

Noise From The Basement / Skye Sweetnam

イメージ 1
 
前回紹介したFreyaが天使の声だとすれば、このSkye Sweetnamは小悪魔だ。いかにも今どきの女の子風のジャケット写真そのままだ。このジャケットから、レコード会社によって作られたタレント歌手、といったイメージを持ったとすると、それは大きな誤算だ。
 
アルバム1曲目「Number One」の冒頭、ギターのアルペジオをバックにした巻き舌のボーカルが印象的だ。このアップテンポの曲はギターのリフも若々しくてスピード感があり、いかにもアルバムの最初を飾るにふさわしい。余計なエフェクトを極力排したボーカルの録音も、生々しく声を聴かせてくれるものになっている。
 
ミドルテンポの2曲目「Billy S.」は名曲だと言っていいだろう。覚えやすいメロディー、印象的なリフは、思わず体が揺れ、コーラスを口ずさんでしまう。この曲では、部分的にあえてLo-Fiに加工したボーカルが加えられており、まるでAMラジオから流れてくるような音になっている。これが実に効果的だ。またソロボーカルとコーラスを加える部分をうまく織り交ぜながら、効果的にメロディーを際立たせている。素晴らしいアレンジだ。
 
3曲目にはスローな曲「Tangled Up In Me」が置かれている。静かなギターのアルペジオをバックに、語りかけるようなボーカルで始まる。ドラマチックな曲だ。4曲目「I Don't Really Like You」はメタルっぽい要素を用いた曲。しかしあくまでポップに仕上げられている。5曲目「I Don't Care」は軽快なポップス。
 
6曲目はブロンディの名曲「Heart Of Glass」だ。ハート・オブ・グラスはブロンディの1978年のアルバム「恋の平行線」に収められ、シングルとして発売されてから有名になり、アメリカやイギリスなどで音楽チャートの1位になった。当時の音楽シーンは「ニュー・ウェイブ」というカテゴリが巻き起こっており、ブロンディも「ニュー・ウェイヴ」のグループとしてジャンル分けされることが多いが、実際にやっていた曲は限りなくポップである。ここでは原曲のイメージを損なうことなく、今日的なアレンジに仕上げている。ややハードなイメージだ。
 
7曲目「Sharada」も軽快で印象的な曲だ。曲の一部に4+2の6拍子が使われている。変拍子は曲のメロディーを際立たせる効果を持っている。いい使い方だ。8曲目「It Sucks」はロック的な曲。9曲目「Fallen Through」はアコースティックギターをバックに語りかけるように歌う曲。ドラマチックに展開し、重厚な曲だ。10曲目「Hypocrite」はアップテンポの軽快な曲。11曲目「Unpredicable」は音が途切れるような面白い演出が面白い。12曲目「Shot To Pieces」はパンク風。13曲目「Smoke + Mirrors」はストリングスで始まるスローなバラード。アルバムをどっしりと締めてくれる。
 
とにかく、どの曲もシングルカットにふさわしい印象的なものばかりだ。このアルバムは2004年にCapitolから発表された。このCDはEMIから発売されたEU盤だ。(20100911/yoc/カルト・ミュージック・コレクション)

.


みんなの更新記事