黄門ちゃま漫遊記

訪問していただいてありがとう

全体表示

[ リスト ]

№11  西山田天満神社
 
イメージ 1
 
所在地   姫路市山田町西山田707
主祭神     菅原道真  スガワラノミチザネ
配祀神                       
 由 緒
    天満神社の御祭神は、学問と受験の神さまであるが、天満神の勧請は、山田平地一帯の雷神信仰からで、菅原道真の怨霊と火雷天神が結び付いて雨の神、水の神としてもまつられ、山田地方は早魃地帯であるので水と学問を兼ねた道真が祀られた。
 石鳥居は、安永3甲午年(1774)12月吉祥日、灯籠は文化9壬申年(1812)造立。拝殿には、江戸後期作の立派な絵馬が掲げられている。
 江戸初期に、西山田村の氏宮となり、後期には、社殿と境内が整えられたと思われる。
 社殿は西より東に向かって約2間の本殿と三間程の拝殿が整えられて、夏祭には、村の役員及び崇敬者が参拝し、神事の湯立行事が行われている。受験時期は、入学や入社を願って、若人が参拝祈願に朝夕其々に詣で、樫の木を撫でて固い決心をお願いしている。
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
 地中に埋もれている鳥居です。由緒や案内の説明がなかったため詳細は分かりません。参道入り口の立派な鳥居と比べて、古そうなので以前のものでしょうか。それにしても社殿との位置関係が・・・・。
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5
 
 
イメージ 6
 
 
イメージ 7
 
ここにもあった「力石」です。保存状態はよかったです。
イメージ 8
 
 
イメージ 9
 
 
イメージ 10
 
 
イメージ 15
 
※ 生蓮寺と地蔵堂
  天満神社のすぐ側にあった生蓮寺と地蔵堂です。
 あったと言うより迷い込んだお寺です。
  地蔵堂の建築様式が気に入ってます。
 
イメージ 11
 
 
イメージ 12
 
 
イメージ 14
 
 
イメージ 13
 
 
※ 神社が鎮座する西山田は、西山田の山頂から北に延びる山並みの山麓に階段状に集落が形成されている地域である。
 この付近は、平田川が流れているものの、水量が少ないため、多くの溜め池に頼っている。
 
 

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

ここも行ってみたいですナイスです

2014/6/30(月) 午後 1:49 eigekaii 返信する

顔アイコン

ご訪問ありがとうございます。
神社漫遊もいろいろな出会いに恵まれています。

2014/6/30(月) 午後 9:01 [ 黄門ちゃま ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事