全体表示

[ リスト ]

72() 愛知県名古屋市の女性会館において、東海ブロック研修会が行われましたので報告をいたします。

○講演『嚥下障害と食事』 名古屋市立東部医療センター 言語聴覚士 横山智氏
 
 横山先生は,老健で介護職に就いていた経験から言語イメージ 1聴覚士の技能の必要性を感じ,資格を取得されたとのことで,現在は名古屋市立東部医療センターで活躍されています。
まず講義では,嚥下機能の評価や訓練方法について,実際の患者さんの発声を録音したものを聞かせていただいたり,嚥下内視鏡検査(VE)の画像を見せていただいたり,とても分かりやすく説明をしていただきました。次に,嚥下障害がある場合に適した食事形態の選択方法として、嚥下ピラミッドについての説明と食事を用いた直接訓練の方法についてお話をいただきました。
そして,待望の実習です。
実習① :とろみについて
お茶・牛乳・オレンジジュース・味噌汁の4種類の食品に,とろみ剤でとろみをつけてみました。
同じとろみ剤を同量使用しても,食品によってとろみのつき方が違います。また,違う種類のとろみ剤を使った場合にも,とろみのつき方や濁り方などが違うこともよく分かりました。
患者さんの嚥下機能や摂取する食事内容により,とろみ剤の種類や量を調節する必要があることを体験できたと思います。
 
実習②:頸部聴診法
聴診器を用い,呼吸音→嚥下音→呼吸音が聞こえることを確かめました。が,普段,聴診器を使う機会の少ない私たち・・・。
大部分の方の感想は,「 ?? ごっくんは聞こえた感じがするけど,その前後の呼吸音が聞きとれないです・・・」
まず,正常な呼吸音を聞き取ること(嚥下音検出部位を特定すること)から四苦八苦です。
横山先生に,聴診器を当てる場所を教えていただきながら,「正常な呼吸音」を確認して,もう一度,嚥下音の聴診へ!!
 イメージ 2    イメージ 3
「あぁ!聞こえた!!」「難しいなぁ・・・」などなど,終了時の反応は様々でしたが,とても興味をもって参加していただけたようです。
嚥下音を確実に聞きとれるようになるには訓練が必要ですが,一度身につけてしまえば栄養士としては心強いスキルになること間違いなし!と思われました。
 
○東日本大震災災害支援活動報告
  『震災 命を繋ぐ食 訪栄研ボランティア支援の報告』 東海ブロック長 井上啓子氏

 311日に発生した東日本大震災に際し,井上啓子ブロック長が53日から5日の3日間,宮城県石巻市でのボランティア支援に参加され,現地での被災者の生活や食事環境,地元の栄養士やボランティア支援に参加している栄養士の活動状況などが紹介されました。地震発生から2ヶ月が過ぎた5月の時点でさえも,十分とは言えない食事環境の中で生活される方が多くみえるとのことでした。
 この地方では将来,東海地震,東南海地震が発生する言われています。その時,私たち栄養士は何をしなければいけないのか,その時の為に何を準備しておくべきなのか,十分な議論と体制作りが必要だと感じました。
 
○症例発表『嚥下評価と食事形態』 
       介護老人福祉施設 なごやかハウス希望が丘 管理栄養士 内藤夕記子氏
 なごやかハウス希望ヶ丘では,嚥下食として「軟菜ソフト食」を提供されています。

 「軟菜ソフト食」を導入する際の問題点としては,入所者の咀嚼・嚥下機能が様々であるため,どの段階の形態を提供するのか,基準を決定することだったとのこと。そこで,入所者に合わせた食事の目標と,定義を明確にすることによって,施設オリジナルの「軟菜ソフト食」を作成していったとのことでした。また,何度も試作を繰り返したり,入所前に入院していた病院の嚥下食を見学に行ったり,多職種の方にも意見を聞いたりと大変な労力をかけられており,見せていただいた料理の写真は,どれも再形成や盛り付けがとても丁寧で,「安全で食欲をそそる美味しい食事」を提供したいという熱意を強く感じました。

 
≪質疑応答より≫

訪問看護師や,ケアマネージャー,ソーシャルワーカー,医師,また一般の方への訪問栄養指導の認知度はまだまだ低いと言わざるを得ない状況です。日栄での研修制度も開始されますが,会員それぞれが実績を重ね,組織として他職種へのアピールを行っていくことが,ますます必要になっています。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事