蓬莱電鉄(ほうらいでんてつ)の雑記帳

福岡近辺の鉄道・バスの話題がメイン。初心者・一般人歓迎。コメントはお気軽にどうぞ〜。分からない言葉とかあったら聞いてくださいね。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全781ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

JR九州では今日からダイヤ改正となり、各地でいろいろな変化がありました。



私は香椎線で運転開始のDENCHAことBEC819系の出発式を見に行きました。

DENCHA自体は早朝の始発列車から運行されていましたが、さすがに出発式を始発から行うわけにもいかず、10:30からセレモニーとして開催されました。




イメージ 1
園児たちも一緒に出発合図。
10:35発の西戸崎行が、JR九州の社歌「浪漫鉄道」と来場者の拍手に見送られ、軽やかに走り去りました。



イメージ 2
その後、くす玉が撤去されるまでの間、後続のDENCHAと絡めて撮ったりしました。



イメージ 3
香椎駅は一夜にしてDENCHAだらけの駅になってしまいました。
今後はこれが日常となるのですね。




また、今回のダイヤ改正で私的に注目していたのが、新型電車821系の運用入りです。



イメージ 4

ちょっと分かりにくいですが、運行スケジュールを出してくれるのはとてもありがたいです。

ほとんどが811系との併結で、821系は下り方に連結されるようでしたので、夕方の海老津発鳥栖行下り列車を地元で狙うことに。



イメージ 5
来ました!
ライト周りや輪郭のLEDは明らかに今までの鉄道車両とは異質なのですが、走ってくるのをパッと見た感じそんなに違和感がありませんでした。
夜に見たらLEDの存在感が半端ないらしいので、デコトラみたいに見えることでしょう。

後ろには811系のリニューアル車がつながってますが、それと比べると、821系の側面窓の天地寸法が小さいことがよく分かりますね。




今回の改正では他にも、
 ・折尾駅の若松線のりば変更(立体交差の下段ホーム廃止)
 ・キハ31定期運用消滅
 ・門司駅での415系門司港行・下関行切り離し消滅
などがありました。

折尾駅はそのうち見に行きたいです。

JR貨物のダイヤ(特に地元通過時刻)や機関車の運用なども、ぼちぼち調べていきたいところです。


この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

いよいよ明日3月16日からJR九州のダイヤ改正ですね。


色々と変わることがあるようですが、近場では香椎線のキハ(ディーゼルカー)からDENCHAへの置き換えですね。




イメージ 4
鹿児島本線と接続する香椎駅には、キハたちが憩う姿が日常的に見られましたが、それも過去の話に。



イメージ 5
香椎線専用色の「アクアライナー」。



イメージ 6
九州色もたくさんいました。



イメージ 7
朝は切り離しシーンも見られましたね。



イメージ 8
「アクアライナー」の名称の元となったと思われる、西戸崎方面の海べり。




イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
元は同じ会社だった西鉄貝塚線と接続する和白では、いろんな形でコラボがありました。




イメージ 15
今週実現した、「A列車で行こう」とのコラボ。





イメージ 1
宇美方面は、田園地帯と住宅地が混じり合う路線ですね。



イメージ 2
スッキリとした鉄橋もあります。




イメージ 3
福北ゆたか線との交差地点の長者原駅も、名所です。







イメージ 13
朝のラッシュ終了後、竹下への返却回送の長大編成は、迫力ありましたね。





イメージ 14
キハでサンドイッチするマヤ検測も名物でした。



イメージ 16
LED行先表示になる前は、サボ差しも手作業でしたね。




イメージ 17
引退寸前のキハ58・28の入線にビックリ。




イメージ 18
その58・28が普通に走っていた頃。




イメージ 19
西戸崎から博多への直通列車もありました。



イメージ 21
民営化間もなくデビューした博多直通の「アクアエクスプレス」。
水戸岡コラボ第1号だったかと。
「アクアライナー」の名称やロゴデザインにその余韻が残ってますね。




イメージ 20
いろんな思い出のある香椎線のキハたちですが、香椎線からは姿を消します。



明日からは、「DENCHA」ことBEC819系蓄電池車が走ります。

沿線利用者には快適な車両でしょうし、頑張ってほしいですね。


この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

今日は標題のとおり珍しい列車が走ったので、撮りに行きました。


普段は特急「A列車で行こう」として三角・天草方面の観光客を運んでますが、今回は鳥栖プレミアムアウトレット15周年記念企画として、アウトレットと海ノ中道マリンワールドを巡るツアーが企画され、D&S列車の乗車体験も兼ねて「A列車で行こう」のキハ185が充当されたものです。


イメージ 4


A列車が香椎線に来るなんて珍しい!!

ここ10年ちょい撮り鉄してますが、撮ったことないし、入線したという記憶もないな〜。
(実際は入線したことがあるかもしれません・・・)

身近な路線ですし、これは撮っておきたい!




イメージ 1
まずは、海バックのここで。
晴れたり曇ったりでしたが、何とか晴れてくれました〜(焦)




イメージ 2
海ノ中道でツアー客を降ろし、A列車は西戸崎(さいとざき)で3時間ほど休息。
撮影会状態でした(汗)




イメージ 3
香椎線専用塗装の青いアクアライナーとの並び。

電柱の根元にゼロキロポストがあるので、香椎線はここ西戸崎が起点なのかな。


3月16日からのDENCHA導入でディーゼル車がいなくなる直前ということで、鉄道ファンからの注目が集まっている香椎線ですが、珍しい列車の入線にビックリです。


この団体ツアー、3月15日(金)にも同じように走るので、また違った撮り方にチャレンジしてもよさそうです。


この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

今日は朝から標題のイベントに見に行きました。

あいにくの雨の中ではありましたが、多くの鉄道ファンや家族連れなどで賑わいました。



国の重要文化財に指定されている門司港駅の保存修理工事は2012年に始まり、6年ほどかかって老朽化対応や耐震補強が行われ、大正3年の創建時の姿に「復原」(原形に復す)されました。
(大正7年に取り付けられた大時計は残置)


イメージ 1
レトロな駅舎が戻ってきました。
大きなひさしがなくなり、駅舎本体が見えるスッキリした感じになりましたね。



イメージ 2
保存修理工事前の駅舎。 '10.11.23
1階部分に大きなひさしがあり、駅舎は2階部分が見えている感じでしたね。

ひさしは後付けとはいえ戦前の昭和4年につけられたそうですから、ほとんどの方はひさし付のこの状態に親しみがあるはずですね。
今回の「復原」によるヒサシなしの状態は、むしろ新たな装いとして目に映ることでしょうね。




イメージ 3
さらに前。 '91.4.1
駅前は広場ではなくタクシーやバスが入ってくるロータリーでした。
カマボコ形の西鉄バスも懐かしいです。

現在はバスタクシー乗り場は画面左に移設されてますね。



イメージ 4
保存修理工事中。 '17.8.19
囲いを作り、その中で作業されてましたね。



イメージ 5
そして今日の姿。
原形に近い姿というのを初めて目にしましたが、これはこれでカッコいいですね。

駅舎内にスタバもOPENしてましたが、長蛇の列で近づけず・・・。




イメージ 6
そして、何と言っても今日のメインは、「SL人吉」で活躍の8620形蒸気機関車が来るということ!
熊本での運転開始が近いということもあり、火の入った状態での展示です。

しかも、「SL人吉」用の客車を使った熊本までのツアー列車(ディーゼル機関車牽引・右)もコラボするという、気合の入った内容。



イメージ 7
堂々としたホームに客車列車が佇む光景はいいですね〜。



イメージ 8
ツアー列車発車の鐘を鳴らす式典前のひととき。
来賓としてタモリさんもいらしてました。



イメージ 9
昼まで駅舎を見て回り、こんどはラッピンク車の出発式。
北九州で育ったわたせせいぞうさんのイラストを纏った新しい門司港ラッピング車の運行開始に合わせ、式典が執り行われました。

わたせさんご本人(中央)も参加されました。



イメージ 10
そのあと、運行中のラッピング車を撮影。



イメージ 11
洗練されたイラストが側面全体に掲示され、PR効果もありそうですね。

ラッピング車は、3か月運行とのこと。
また晴れた時にしっかり記録できたらいいな。



寒かったし、雨粒がレンズに付くのを何度も何度も拭きながらでしたが、行ってよかったです。



明日は仕事。

明後日は休暇。晴れたらいいな・・・。

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

今日は午前中恨めしいほどの晴天下、消防団のポンプとかの点検。
昼からカメラ持って北上し、標題のものを撮りました。





イメージ 2
牽引してきたDE10は切り離されて単機の状態。
チキは黄色いスイッチャーで移動。

黄色いスイッチャーがここで働いている姿を数年ぶりに見ました。




イメージ 1
スイッチャーとチキはつながったままこの位置。
積荷であるレールが載った状態です。



イメージ 3
後ろ側から。





イメージ 4
黒いチキ4両のうち前2両はチキ6000形、後ろ2両はチキ5200形です。

チキ5200形は大分所属で私には縁が少なく、ほとんど撮ったことがありません。




イメージ 5
チキ5200はコンテナ車から改造された形式。
もっと長い車体のコキ10000の余剰車を切り詰めて製作されたもので、コンテナ車っぽい側面が特徴です。



イメージ 6
<参考>
 コキ10000形コンテナ車。
 チキ5200形よりだいぶ長いです。



イメージ 7
その後しばらくして、1195が下り向きに発車するところを、黄色いスイッチャーと絡めて。



次に来た電車で撤収しました。





明日は門司港へ行こうかな。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全781ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事