全体表示

[ リスト ]

第27回フェブラリーステークス(21日、東京11R、GI、4歳上オープン国際、定量、ダ1600メートル、1着本賞金9400万円=出走15頭)今年の中央競馬のGI開幕戦となったレースは佐藤哲騎手騎乗の圧倒的1番人気エスポワールシチー(牡5、栗東・安達厩舎)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒9(良)。


 2馬身1/2差の2着に岩田康騎手騎乗の5番人気テスタマッタ(牡3、栗東・村山厩舎)、3着には内田博騎手騎乗の2番人気サクセスブロッケン(牡5、栗東・藤原英厩舎)が入った。4着には14番人気と人気薄だったケイアイテンジン(牡4・栗東・白井厩舎)、5着には6番人気グロリアスノア(牡4、栗東・矢作厩舎)が入った。

 芝からの転戦組は果敢に逃げたローレルゲレイロ(牡6、栗東・昆厩舎)の7着が最高位に。武豊騎手騎乗の4番人気リーチザクラウン(牡4、栗東・橋口厩舎)は10着、前走の東京新聞杯(GIII)を快勝していた3番人気レッドスパーダ(牡4、美浦・藤沢和厩舎)は12着に大敗した。

 レースは最優秀短距離馬のローレルゲレイロが逃げる展開に。勝ったエスポワールシチーは好スタートを決めると2番手の好位につけた。4コーナーを手応え抜群に回ると、直線は持ったまま先頭に。後続のテスタマッタやサクセスブロッケンの熾烈な2着争いを尻目にそのまま悠々とゴール板を駆け抜けた。

 エスポワールシチーは、父ゴールドアリュール、母エミネントシチー、母の父ブライアンズタイムで、JRA通算16戦8勝(地方2戦2勝)。重賞は09年マーチS(GIII)、09年かしわ記念(交流GI)、09年マイルCS南部杯(交流GI)、ジャパンカップダートに続いて5勝目。騎乗した佐藤哲騎手、管理する安達調教師はともにこのレース初勝利となった。

 払戻金は単勝が170円、枠連は(2)−(2)で910円。馬連は(3)−(4)で890円、馬単は(4)−(3)で1190円。3連複は(3)−(4)−(6)で1160円、3連単は(4)−(3)−(6)で4190円。ワイドは(3)−(4)が330円、(4)−(6)が210円、(3)−(6)が840円。(除外、出走取消などで返還がある場合もございます。各レースの成績、及び配当金は、念のため必ずJRA発表のものでご確認下さい)(サンケイスポーツ)







荒れるかな?と思って見ていました、今年初のG1「フェブラリーステークス」。

終わった瞬間

「かたっ」

と言ってしまいました。

それに芝馬は、やっぱり芝馬でしたね。

クロフネやアグネスデジタルらが、特別なんでしょうか。

もし馬券買ってたら、ローレルゲレイロとかえらく大穴に行ってたはず。

買わなくて良かった(笑)

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

エスポワールシチーは強かったですね。
完勝でした。
芝路線組は初めてのダート戦で相手が悪かったということでしょうか?

2010/2/21(日) 午後 5:32 黄金旅程 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事