全体表示

[ リスト ]

曲が鳴り始めて数十秒、跳び上がろうとした瞬間に浅田真央(中京大)の足は「かくっ」と震えそうになった。最初のトリプルアクセルが決まる。絶対にやると譲らなかった得意技を、五輪の舞台で、苦手のショートプログラムで成功させたら気持ちがぱっと晴れた。
 待ちわびた五輪のリンクは、徐々に気持ちを高めてくれた。宿舎では緊張していた。でも、大技が2回転トーループとの連続ジャンプで決まると「オリンピックで滑っているんだ、という感じにどんどんなった」と乗ることができた。
 73.78点はSPの自己最高ではないが、昨季終盤の世界国別対抗戦で出した点数に迫る。その大会は、浅田にSPでもトリプルアクセルを跳ぶことを決意させた分岐点。一度も揺らぐことのなかった強い意志が、報われた。
 演じ終えた浅田は、かつて天真らんまんだった少女の姿に戻った。締めのポーズを解くとひざの力がすっと抜け、氷上で何度か跳ねた。目にした得点の高さに「すごい、すごい」と目を丸くして喜んだ。五輪の勝負はまだ半分。でも、こうやって無邪気に喜べた自分がうれしかった。
 自分の出来に満足すると、他者と比べることへのこだわりを手放す。全身に拍手を浴びた自分が去ったリンクで、金妍児(韓国)が冒頭の連続3回転を鮮やかに決めたのが目に入った。「完ぺき。本当にすごい」。心からそう思っただろう。
 金妍児を追う展開になった。差は4.72点。でも、3連敗中の最近の大会ではすべて10点差以上をつけられていたから「やっとSPで近づけた」と考えられた。2日後のフリーは逆に金妍児の直後に滑る。ジャンプ一つの成否でひっくり返る可能性を秘めた戦い。追う浅田は何も考えず、ただ自分の滑りをすればいい。(時事通信社)






今日の話題は、やっぱり真央ちゃんでしょう。

ミスが無くて、良かったですよね。

さてフリーは、どういう結果になるでしょうか?

今までのキムさんはSPで良い点とると、フリーでダメな事が何度かありましたよね。

何となく金メダルの予感もしてきました。

フリーがメチャメチャ楽しみです。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(7)


.


みんなの更新記事