全体表示

[ リスト ]

 今回の(昨年10月の)日本一周の旅も予定した行程の道半ばで挫折、残された越前〜加賀〜能登〜越中〜越後は次の機会に訪ねます。
 
 福井県最後の訪問地、福井県南条郡今庄にある板取宿を訪ねたあと、県境を越え岐阜県に入り、西国三十三観音霊場満願の地谷汲山華厳寺にお参りし、今回の日本一周の旅を終えます。
 
 
 
 戦国時代までの越前への陸路は、山中峠を越える古道(万葉道)と木ノ芽峠を越える北陸道(西近江路)だけでした。柴田勝家が「北ノ庄」に封じられ、信長の居城安土城に赴く最短距離として天正6年(1578)北国街道栃ノ木峠の大改修を行いました。以来人馬の往来は煩繁となり、板取宿を置き宿馬・人足も常備されました。
 慶長5年(1600)徳川家康により結城秀康が越前に封じられると、越前・近江の国境である栃ノ木峠下の板取をもっとも重要視し、関所としての口留番所を置き、往還の旅人を取り締まりました。
 
 
 木ノ芽峠、あるいは栃ノ木峠を下って来ると板取宿の入口です。
イメージ 1
 
 
 板取関所跡です。平屋建ての棟に、役人3人、足軽1人が常駐し、厳重な取り締まりをしていたとか。
イメージ 2
 
 
 板取宿は北国街道(東近江路)の玄関口として、あるいは近江・越前両国を結ぶ要の宿として発達します。幕末の頃の板取宿は、上板取(ここ)・下板取りあわせて旅籠7軒、茶屋3軒、問屋3軒あり、全部で53軒300人ほどでした。
イメージ 3
 
 今でも茅葺の建物が残っており、往時の雰囲気を色濃く残しています。
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
 妻入り兜(かぶと)造り型民家というのだそうです。正面から見ると、兜の形にみえることから兜造りと呼ばれるとか。妻側の茅葺の屋根のすそを切り上げて、二階の採光と通風をよくしています。軒桁が美しく飾られていますね。
イメージ 7
 
 
 苔むした茅葺屋根に長年の風雪を感じます。往時を偲ぶ建物は、この茅葺妻入り兜造り型建物2棟と、茅葺妻入り入母屋造り建物2棟の4軒のみとなっています。しみじみと懐かしい郷愁を感じさせる建物群ですが、やがて滅びゆくものの美しさを十分に醸し出しています。
イメージ 8
 
 
                                                                                               
 
 板取宿から栃ノ木峠方面に向かうのが北国街道。木ノ芽峠方面に向かうのが北陸道(西近江路)です。木ノ芽峠は、福井県の嶺北地方と嶺南地方を分ける峠で、道元禅師や明治天皇も越えた由緒ある峠です。
 峠には峠の茶屋(前川家)がありました。茶屋といっても旅人に湯茶を接待する茶屋でなく、代々峠を越える大名に湯茶を接待する「茶屋番」だったそうです。 
イメージ 9
 
                                                            2010.10.16

閉じる コメント(26)

顔アイコン

関所跡の雰囲気が古の空気をかんじさせますね。
ドラマの水戸黄門を見ているので、ついつい黄門様と重ね合わせてしまいます(笑)

2011/3/6(日) 午前 2:40 やまさん 返信する

妻入り兜(かぶと)造り型民家、初めて拝見しましたが、日本建築のまさに芸術作品ですね。 ポチ。。
貴重な建築物なので、なんとか維持していけるといいのですが。

2011/3/6(日) 午前 11:53 got*t*711 返信する

顔アイコン

これはまた凄い茅葺きの家ですね@@
タイムスリップしたような風景ですね、
維持していくのも大変でしょうね。ポチ!

2011/3/6(日) 午後 1:16 ser*k*iko 返信する

顔アイコン

やまさん、はい、時代劇に出てくる雰囲気がここにはあります。
黄門さま、お好きなんですかぁ〜(笑)

2011/3/6(日) 午後 2:35 houzan 返信する

顔アイコン

goさん、はい、茅葺そのものもいいのですが、裾を切り上げたラインが美しいですね。
ポチありがとうございます。

2011/3/6(日) 午後 2:37 houzan 返信する

顔アイコン

おけいさん、はい、とても素敵な風景です。
ただ、この茅葺の家は個人ではもはや維持できないでしょうね。
ポチありがとうございます。

2011/3/6(日) 午後 2:39 houzan 返信する

アバター

今晩は
苔むしたかやぶき屋根、まだ残っているのですね。
残しておきたい風景、懐かしさが残りますね。

ポチ(*^。^*)

2011/3/6(日) 午後 7:57 doradoratoshi 返信する

顔アイコン

御無沙汰しておりました。
断念・・と言っても、きちんと見て周っておられるで大変と思います。ポチ。
何度も立ち寄った所もありますが、、なにも見ていないことに再確認いたしました。。
小浜の街は、参考にさせてもらってきちんと見てきたいものです。
新潟の方面も又楽しみですね。。

2011/3/6(日) 午後 9:35 aoi 返信する

顔アイコン

スーさん、はい、今まで見てきた茅葺の家の中でも、素晴らしい建物の一つですね。
ポチありがとうございます。

2011/3/6(日) 午後 11:42 houzan 返信する

顔アイコン

aoiさん、お久しぶりです。はい、車の旅も2週間ぐらいが私の場合限界かと。
北陸道の旅は、諸藩の事情が許せば5月ごろを予定したいと思っています。

2011/3/6(日) 午後 11:46 houzan 返信する

顔アイコン

おひそしぶりでのコメントです
海岸沿いとの造りが違いますね
かねて裏日本といわれていました
道のりの厳しさ伝わってまいります 削除

2011/3/7(月) 午前 2:06 [ 野花 ] 返信する

顔アイコン

板取宿〜〜〜映画のシーンを見ているようで、今にも振り分け荷物の旅人が、出てきそうですね! 削除

2011/3/7(月) 午前 7:08 [ 奈良屋 ] 返信する

顔アイコン

奈々さん、はい、このあたりの冬の生活の厳しさが想像できます。

2011/3/7(月) 午後 6:09 houzan 返信する

顔アイコン

奈良屋さん、いつもコメントありがとうございます。
はい、本当にそういった雰囲気を持っているところでした。

2011/3/7(月) 午後 6:12 houzan 返信する

顔アイコン

素敵な民家ですね。
苔の緑が、また味がある。
こういう風景をみるとホッとしますが、
住んでおられる方は大変なんでしょうね。

2011/3/7(月) 午後 8:05 どどんぱ 返信する

顔アイコン

どどんぱさん、はい、滅びゆくもののもつ美しさでしょうか。
電気は来ているようですが、TVはダメなようです。

2011/3/7(月) 午後 9:28 houzan 返信する

顔アイコン

板取は済んでる気配がないようですね!廃村時期を知っておりますが、また昔のように廃村になるのでしょうか?

木の芽の前川さんはお元気だったでしょうかね。。。

2011/3/29(火) 午後 9:33 ルナルナ 返信する

顔アイコン

ルナルナさん、お久しぶりです。2軒に住まわれているという話でしたが、姿は見かけませんでした。
入口のわずかな菜園でお年寄りを見かけました。

2011/3/29(火) 午後 11:53 houzan 返信する

顔アイコン

前川さんは豪快な方でしたよ。

2011/3/30(水) 午後 8:26 ルナルナ 返信する

顔アイコン

ルナルナさん、お話し好きな方ですね。

2011/3/30(水) 午後 10:55 houzan 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事