おんちゃんのブログ

想うことを素直につぶやくブログ

日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

イメージ 1相談支援事業所ってご存知?色々、私もFBやここで書いていますが、

今回も・・・書かなくてはなりませんね〜













ある自治体を管轄している相談支援専門員さんは

350名のプランニングを1名で行っているとのこと。

さぞかし、専門知識と優秀な事務スキルをお持ちで

効率よくお仕事しているのでしょう。



相談支援事業所は、介護保険制度で言えば

居宅介護支援事業所等に所属するケアマネージャー(介護支援専門員)に近い存在。

ざっくり、ケアマネージャー(以後 CM)は

介護を必要とする方が介護保険サービスを受けられるように

ケアプラン(サービス計画書)の作成やサービス事業者との調整を行う方です。

担当できる方の人数は最大39名のようです。

報酬単価も1名 ざっくり 15,000円程(加算等あります)


では、本題の相談支援事業所は

福祉の居宅介護支援事業所的なところでCM的役割を持つのが、相談支援専門員です。

相談支援専門員の役割は、一般的な相談として、福祉サービスを利用するための情報提供や相談、

社会資源を活用するための支援、社会生活力を高めるための支援,カウンセリング、専門機関の相談のほか

サービス等利用計画・障害児支援利用計画の作成等を行います。

CMと大きく違うのは、

担当できる方の人数に限りがない事・・・10名でも500名でもOK・・・

報酬額は、CMよりも若干少なく、且つ、基本半年に1度のみ・・・

となれば、経営者としてはどうするか・・・


基本1名のプランニングで、年間3万円(ざっくりです)

年間売上 400万を得るためには、最低135名のプランニング。

経費等踏まえ、会社経営上では

最低 405名のプランニングを1名にさせなくては、

相談支援専門員の雇用はできません。


この事業の問題点は、基本の報酬単価が低いことなのです。


しかし、


1名で400名も担当することは、

果たして(質の高い)サービスを提供できるのでしょうか?正直、無理でしょう。


こんなことが過去にありました。

・保護者様に対し逆ぎれ

・お子さんとも合わないのに支援計画作成 及び受給者証申請許可

・モニタリング・支援者会議をされたことがない

・毎年変わらない支援計画内容

・施設訪問時の無愛想な態度と言動

等など・・・


相談支援専門員としてだけでなく、人としてどうよ!って言う方でした。

困って困って、相談しているのに、寄り添う気持ちも行動もできないのでしょうね〜


先日お話しした保護者様のケースは、

担当の相談支援専門員より、

お母さんは、お子さんがいろいろできると思っていると

お思いでしょうが、五体満足の姿で見えているだけで違うんですよ。

といわれたそうです。

お母様は、相談支援事業所の担当者に言われ、

相当、ショックだったようです。

違うのは分かっている。でも、少しでもわかることを増やしたい、

出来る事を増やしたい、だから支援級に通い、放デイも使っている。

家でも頑張っているのに・・・


相談支援事業所・相談支援専門員にも

保護者は頼れない場合どうすればいいの?

本人、保護者に寄り添い、本人も保護者も安心・安全に

地域で暮らしていくことは無理なのでしょうかね?

共にお子さまを一緒に見ていってくれる、

安心して相談できる相談支援事業所は、あるのでしょうか?

開く コメント(0)

タイトル

イメージ 1














最近のブログのタイトルは、
某アニメのタイトルを参考にしてます。

新〇紀エ〇ァン〇リオン

私が20代のころ、ホームセンターに勤務し

残業して、自宅に戻ると

大体23時〜25時・・・

今だと完全に(ブラック〇業)ってなり、

大問題になると思いますが、

当時は、それが当たり前の時代だったのです。


帰宅してから、食事をとるのですが、

ふとTVをつけたときにやっていたのが、このアニメでした。

内容よりも、このタイトルに引かれて

なんだかんだ毎週見ていました。

このタイトルを参考にしたブログの内容はかなり・・・ですが、

色々な方に見て頂き、

どのようにお感じになり、

行動に移していただけるか、

自戒と想い・願いを込めて書いています。

そんな

個人ブログですが、よろしくお願いします〜

開く コメント(0)

知らぬ、接遇

イメージ 1

5W1HとかPDCA〜

高校を卒業し即、地元の小売業に入社。

当時、勤めていた会社では、

新人研修やOJT・OFFJTをよく、

開いていただき、常に出てきた言葉でした。


小売業の従事者として、

販売士の勉強をして、3級・2級と取得しましたが、

その時も、5W1H・PDCAってでてたよね〜


あれから28年・・・

今、改めてよく見聞きします・・・

・・・医療・福祉・教育では今なの・・・

当時から、この業界でも

出回っていた話かもしれませんが、であればこそ、

周知徹底されていななかった事なんでしょうね。

PDCAなんかは最たるもの。

5W1H・・・いつ・どこで・だれが・なにを・なぜ・どのように

PDCA・・・計画・実行・評価・改善

サービス業では極て当たり前の事です。

特に、営利法人は業績を上げることが使命。

PDCAなくしては、次がありません。


ふと、考えたとき

この業界(医療・福祉・教育)って

・OJT

・OFFJT 

少ないよねって。

企画している所はあっても、参加できる時間帯が合わなかったり、

曜日も合わなかったり、特に思うのは、(ビジネス)的な

研修内容が少ないのではって?

例えば、ビジネスマナーや接遇

サービス業では当たり前ですよねって言えることが

医療・福祉・教育の場では・・・ってことないですか?

・電話応対

・来客対応

・あいさつ

・接客対応

販売士3級の内容

高校生も取得してますよ。


以前、娘が発熱し休日診療に行ったとき

Drに言われた言葉です。

私が・・・(朝から熱があって、様子をみていたのですが、夜になって熱が上がり、咳もひどくなったので風邪かなと思うのですが)

Dr(あんた、医者?誰が風邪って診断したの?だったらここに、来る必要ある?風邪かどうかは、医者が決めるものだ!)


ありえませんよ。

これ、飲食店にたとえたらこうなりますよ。

私(朝から食欲があって、我慢していたのですが、夜になっておさえきれなくなり、喉も渇いたのでビールかなと思うのですが)

従業員
(あんた、ばか?あんたの朝から夜までの経過なんか知らんよ。話したいのならここに来る必要ある?ビールのみたいならビールっていえよ!)

例もひどいですが

こんな応対する飲食店はまあ、無いと思います。

サービスを提供する者以前に

人としてどうよ?っておもいますよ。


医療や教育はサービス業ではないなどもよく聞きますが、

日本産業分類でもサービス業と

教育・学習支援業

医療・福祉

は明確に分かれており、いわゆるサービス業ではありません。

しかし、業とは事業としての意味があります。

事業を継続するうえでは、

適切かつ、適正なサービスを提供することは

既に当たり前ではないでしょうか?

人と関わる仕事なのですから・・・



ビジネスマナー講座

法人として講座開催するかな〜

開く コメント(0)

学校の価値は

イメージ 1私は、正直勉強はできるようではなく、

高校も何とか入れたぐらいの学力でした。

赤点のオンパレード((笑))

でも、こんな私も一時期、教員にあこがれ、

中学で柔道部の顧問になりたい!

といった夢ももっていたことは、今でも覚えています。


しかしながら、大きく道は変わり、

現在、立場はまったく異なりますが、

お子さま達を関わる仕事をして、

学校とも(連携)することが可能な

法人を持つことが出来ました。


一部の保護者様とのお話しではありますが

今の学校の現状を聞くと、

自分自身が夢や憧れを抱いていたこと自体に

無性に腹が立ちます。


放課後等デイサービス事業には

地域の
・普通級に通うお子さま
・支援級に通うお子さま
・支援学校に通うお子さま

小学生から高校生までお越しいただいております。

保護者様から色々なお話をお伺いいたしますが、

学校って何なのか?と耳を疑いたくなるケースもあります。

今、現場で活躍している先生たちの多くは、

私達の同世代(1965年〜1975年)だと思います。


なんで、貴方たちは声を上げ、行動をおこさないのでしょうか?


先日、〇年生で支援級に通う保護者様から、このようなことを言われました。

〇年生の漢字を書かせられている。

でも、本人は◆年生の漢字もわからない。

なんで◆年生を指導してくれないのでしょう・・

宿題の範囲も言われたのかもしれないのですが、

本人は解らない・・・連絡帳にも記載がない・・・


▼年生で支援級に通う別の保護者様からは、

泣いて子どもが帰ってきた。話を聞くと、

先生からの傷つく言葉があった。

今回だけではないとのこと。


また、別の保護者様からは、

来年もうちの学校に通うのであれば、

学校の指示(ルール)に沿ってもらわないと

困るんだけど・・・的な話をされたとのこと。


私は、この子たちを学校に行かせることは賛成だけど、

行って先生から何を学ぶことができますか?って思ってしまう。

だって、学ぶ(環境)が整っていないのだから、

子ども達に申し訳なくって(ゴメンナサイ)って言いたくなります。


現場では、色々な配慮や工夫、支援方法が必要なのはわかります。

でも、貴方たちは教育のプロなんですよね。

単純な話、プロなら、プロとして対応しなさい。

(塾等に通ってまで(勉強)を教わる必要あるの?私達がしっかり教えます!!)

(放課後等デイに行かなくても、児童館でしっかり対応しますよ)

(不安なことはないですか?いつでも学校で対応しますよ)

って言えませんか?

貴方たちが出来ないから、

子ども達は苦しみ、

保護者や支援者が関わりを持たせていただき、

国も法律や制度を定めたわけです。

その、法律も制度も遵守せず、利用も制限するようであれば、

子ども達に(社会のルール)

を教えることも、できないのでは?

人がいなくて・・・

他の生徒の・・・

それはできません・・・


できない理由を探すのではなく、

できる仕組みを作ること、且つ、速やかに行うことが重要なのです。



いつまでも、いつまでも、時間ばかりかけても

子ども達は進級します。

新学期始まり、既に半年経過したのです。

あと半年で何をしてくれるのでしょう?

学校の価値は、なんでしょうか?

開く コメント(0)

固着した塊の中で

イメージ 1

固着って大変です。

今、趣味であるバイクの整備をしていますが、

古いバイクなので、ブレーキ、キャブレターの部品が

固着していて、スムーズに動かすまで、

かなり時間と潤滑油的な物が必要になります。

また、

サビもがっちがちで、

ものすごい錆の塊があって、

サンドペーパーやワイヤーブラシでは対応できず、

電動工具のジスクグラインダーで削って取っています。

こちらも、道具や部品を揃えるので

費用が掛かってくるのですが・・・・趣味なんで・・・


さてさて、今日は、私達は

宮城県の教員給与資料という物を見ることができます。

同世代は、年収 500〜700万

役職が付いたり、残業が出ればこれを上回っていることでしょう。



一方、

私達放課後デイサービスや

国会でも取り上げられた保育士の給与はどうでしょう?


同世代の平均値はなかなか検索できませんが

①放課後デイスタッフ(正社員)年収 220万〜400万程

②保育士(正社員)年収 320万〜400万程 

ほぼ間違いないと思います。


①と②は、厚生労働省管轄事業となり、

①に至っては、来年から報酬単価が引き下げられ5%〜20%所得は

下がると私は、予想しています。

②に至っては、国家資格ですよ!!

なぜ、こんなにまで開きがあるのでしょうか?

もし、放課後デイに勤めているあなたの彼氏・旦那様が

来年給与下がるって予告されていたらどうします?

転職して!!って思いませんか?

しかし、経営者は、対策を講じていると思いますので安心してください。

たぶん・・・

でも、介護保険事業を同じく、今後は、

間違いなくどんどん基本報酬額は下がる事業です。

脱線しましたが、私は

教員の給与が高い、低いといったことを述べたいのではなく、

競争の原理が働かない組織になるからこそ

声も行動も出さない・出さなくて良いのかと考えるのです。


学校(私学除く)に関しては、

基本(倒産)はなく、転勤はあっても不祥事を起こさない限り、解雇はないでしょう。

給与に至っても、数年に一度の法改正によって

10%〜20%も下がることはないでしょう。

逆に例年間違いなく昇給が約束されているのではないでしょうか?


私達、法人(株式・NPO・社団・医療)は、

常にライバル(強豪)とのサービス競争下にあります。

質・価格・味・量・立地等など

常に時代の変化に対応し無くては、生き残れません。

法人がなくなれば、解雇。

明日から無職になるのです。

なくならないようにどのような行動を起こすのか?

その為に、何をするか常に考え行動しているから

(時間)を有効に使おうをしているのです。

・声を上げて、白い目で見られる・・・

・余計なことはしない方が・・・

・言っても無駄・・・

・後○○年で定年・・・

・〇年我慢すれば転勤だし・・・


もし、こんな事を考えていたら、

アウトですね、ハッキリ言って。


経営者として、戦力外通知をすることでしょう。

でも、元は何とかしたいと考えていたのかもしれない。

組織の中で

もがき

苦しみ

悩み

至った結果が、(今なんです)

って、もし言ってきたとしても、


(で)


と言うでしょう。

だって、

もし、仮にそうだったとしても

貴方がいた環境も変わっていない。(結果として)


且つ、向き合っている子ども達は

毎日のように変わって、その都度、

向き合うべき課題は変化する。


過去ではなく、今、未来が重要なんですよ。

先が見えている、見えていないにかかわらず、

様々な変化に対応できる子(法人)にしなくては、

ならないって、理解し即、実行してほしいですね。

開く コメント(0)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事