おんちゃんのブログ

想うことを素直につぶやくブログ

まーぶるびーと

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

イメージ 1
仙台市教育委員会において、今年3月にリーフレットを作成したようです。
このリーフレットって、先生方や保護者の皆様に広く知ってもらえるように・・・と書いています。
???
先生方?身内だよね。

保護者って書いているけど、実際の配布はすでに(支援級に通っている保護者様)のみで、
電話して確認しましたが、
普通級の保護者には、渡していないとのこと。
理由・・・部数が少ないので・・・

おかしいですよ。
まず、先生方って
カラーの立派なリーフレットいりますか?まず、自分で学ぶことやOJTにて教育されるでしょ!!
ましてや、なぜ(配布)されないといけないの。
自分の学びまた、知っていて当たり前では?

次に、保護者への配布
なんで、すでに通っているこの保護者?
(広く知ってもらう)って、
すでに(知っている)保護者には、
いらないでしょ。

今の仙台市ってこんなのばっかりですかね?

このリーフレットは
仙台市教育委員会HPから
ダウンロードできるといわれたのですが
ページが見当たりません・・・

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

先日、厚労省より調査結果がPDFにて公表されました。

厚労省HP

宮城県は
平成26年度 65.5%
平成28年度 66.7%
数値を見ると
上がっているよね!!って思いますが、1.2%です。
全国平均は、75.7%です。

この数値は、特別支援学校の先生が本来持つべき
特別支援学校教諭等免許状を取得している方が
実際に勤務(配置)されているかを示しています。

なので、特別支援学校教諭等免許状をお持ちでない
先生方が、特別支援学校の先生として勤務しているということで
現場が混乱することもあるでしょう。
なぜ、支援が必要なお子さんたちの先生が
資格を持たなくてよい状況で働くことができ、
毎年のように人事異動で移動になるのでしょうか?
その子のライフステージを考えて、指導していますか?
小学校→中学校→高等学校→就労

宮城県は、本当に特別支援教育に力を入れているのでしょうか?

先日、地元紙にも掲載されましたが
仙台市では、
発達障がい児ケア強化と一面に掲載されていましたが
何をどのように、行うかも具体的策がなくては
やるやる詐欺にしかなりません。

福祉や行政と連携ってよく言いますが、
本当に連携したことあるのでしょうかね?

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

5年目に入ります。

平成25年5月1日

まーぶる株式会社の前身

株式会社 焔楽が誕生しました。

正式には、

個人事業主として設置したのは、

4月1日でしたが・・・
イメージ 1













あれから早4年が過ぎ、

今日、5年目に突入致しました。

1人だけの会社が

今では、9名の会社になり

4月からは、新卒の作業療法士が

入社してくれました。

先日、大々的にはできませんでしたが

歓迎会を開催!!

盛り上がりました〜
イメージ 2














震災を経験し、意を決しての起業。


色々な事を経験させていただき、

様々な方に出会い、支えて頂き、

山あり、谷ありの4年間・・・

本当に感謝です。

ありがとうございます。

今年は、新年に掲げた「実」の年。

色々な「実」の実行に向け、

改めてスタートします。

これからもよろしくお願い致します。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

保育士試験受験‼

この週末、東北大学にて平成29年前期 保育士試験を受けてきました。

過去に受験した際は、試験3日前に人生初の帯状疱疹の為

受験すらしませんでした・・・

今回は、通信教育も申し込み意気込んでいましたが、

実際、会社の業務や決算やらと

何かとバタバタしており、勉強ができない状況。

前の日にお休みを頂き、一夜漬け・・・

土曜日の試験・・・そんなに甘くありません・・・

わ・わけわからん。

日曜日の試験・・・???

ムリっす。

溜息しか出ない試験でしたね。

でも、保育士の方々はこのような内容を勉強し

国家試験を受け、現場に立っていることを

学ばせて頂きました。

本当にすごいなって思います。

今回、私が受験したのは

・受験資格があったことと

・まだ若かったころ教員・保育士になりたかったこと

・法律の変更により、放課後等デイサービス事業にて

保育士が必要になったこと

です。

特に、法改正により放課後等デイにて保育士の配置を基準化したことは

大きな問題です。

うちは、保育士1名 作業療法士 6名

作業療法士の配置は・・・仙台市としてはどうとらえるかですが

記載がないのが問題なので、来年4月までの猶予期間に策をとらなくてはなりません。

一般の保育所・保育園でも保育士不足な中、

放課後等デイでも保育士を採用しなくてはならないという事は

保育士争奪戦がはじまります。


今回の結果は 6月。

どうなることやら・・・

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

手を使う

昨日は、ツバメ製作所のソフトグライダーでしたが、

今日は、河合商会 1/38スケール スーパージュニアカー

イメージ 1
















お父さん・・・小さかったころに作って、走らせて遊びませんでしたか?

当時、駄菓子屋で100円(今から40年ぐらい前(笑))

今では、メーカーも廃業したため、ヤフオクのみ・・・

イメージ 2
















チョロQが、はやる前にゼンマイを使用した、駆動型の玩具。

そして、男のロマン・・・スーパーカーでプラモデル。

今の時代、このクオリティーではなかなか販売は厳しいかもしれませんが、

自分で作った物をゼンマイ仕掛けで動かすことができる。
イメージ 3
















もちろん、電池を使用する(ミニ四駆)もいいですが、

動きが早すぎます・・・・残念。


これは、

説明書通りにパーツを道具を使って切り取り、

組立てて、ゼンマイをまいて走らせて遊ぶ。


では、

どのような活動が必要?

この玩具は、

道具を使い、切る行為が必要です。

この場合、ハサミではなく

ニッパーを使います。

また、説明書通りに組み立てないと組立できなくなります。

イメージ 4
















動かすためには、ゼンマイをまく動作も必要となり、

最終的には、塗装もしてもらいます。※塗装は、油性ペンです。

となると、

絵を書くのが苦手、塗り絵もしないといったお子さまは

やらないのでは?ってなりますが、

そこは、みんな楽しくやるんですよ。

見本の通りに塗装しなくても良いとなれば

自由に色もデザインもできるし、

何より、自分が作った物が走るのですから!!

プラモデルって、

根暗、オタク、シンナーくさいといったイメージがあるかもしれませんが、

実は、説明書通りに作成すれば

簡単にイメージ通りに作れる良い玩具なのですよ。

今のプラモデルは、パーツ点数が多すぎるので

逆に複雑ですが・・・



ただ遊んでいるだけでなく、

次の活動の為に今、

上手に体を使うことを学ぶ事!!

なので、このような製品も活用しますよ。

お父さん!!

今年のゴールデンウイークは、

お子さまとプラモデル作ってみたらいかがですか?


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事